洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤の種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管理も楽になります。お風呂掃除やトイレ掃除に洗濯やキッチンとそれぞれに洗剤を分けていると家中洗剤だらけで管理をするのも大変です。

そこで、洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイントについて、節約もできて保管も楽になることや兼用出来る洗剤を選ぶこと、ナチュラル系の洗剤なら多様に使えて安心なことや洗剤は店頭で購入すること、収納スペースもできることなどお伝えしていきましょう。

これで、洗剤を減らすことでより生活が快適になることがわかります。ぜひ洗剤の見直しをはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産前産後に里帰りしない場合の食事問題を解決します!

出産のために実家に戻り、産後もそのまま過ごす「里帰り」。しかし、それを選択しない人も増えてきています...

多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか?もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの...

浴室の換気扇で洗濯物乾く!効率的な乾かし方のコツを紹介

浴室の換気扇は洗濯物乾くのにとても便利です。部屋干しでいつも洗濯物がなかなか乾かなくて困っているとい...

大学の入学式はスーツ以外でもOK!服装や靴の選び方について

大学の入学式というとみんな黒系のスーツを着ているという印象が強いですが、女子ならスーツ以外の服装を着...

飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

動物や子供が嫌いな人はいる!その心理と人に言えないホンネとは

動物や子供が嫌いだったり、苦手だと感じている人もいるのは事実です。そう公言しまうと、「冷たい...

夏祭りの浴衣に合うかわいい髪型!ミディアムヘアの簡単アレンジ

夏には楽しい行事がいろいろとありますよね。夏祭りや花火大会など、浴衣を着る機会もあると思います。 ...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか?調べてみると、やは...

日本の民族衣装「和服」と男性和服のオシャレなスタイルとは!

日本の民族衣装「和服」。主に男性や子供が着る甚平なども、伝統的な日本在来の衣服です。この...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

宝石を研磨する方法について。宝石の硬度と磨き方について

宝石を研磨する方法について興味があります!もちろん、ダイヤモンドを紙やすりで磨こうとはしませ...

幼稚園の年少さんに通園し始めたが友達が出来ない時の解決策

4月から幼稚園の年少さんになり楽しい幼稚園生活を送ってほしいと願うママも多いですよね。しかし友達が出...

アラフィフ独身女性の実家暮らしは悩みばかり?その実態とは

「アラサー」という言葉が生まれてから50代前後の人を「アラフィフ」を呼ぶようになりましたが、アラフィ...

スポンサーリンク

洗剤の種類を減らすと節約できて保管も楽になる

みなさんのお宅には、普段どれだけの種類の洗剤が置いてありますか?実際に見てみないと、果たして自宅にどれだけの洗剤があるのか、すぐには答えられないという方が多いのではないでしょうか?

1ヶ所に対して1種類の洗剤だけで済めばまだ良いのですが、たとえば台所用洗剤のように、毎日使う食器用の中性洗剤だけでなく、頑固な焦げ付きなどに使うクレンザーや、調理器具や布巾などの除菌や漂白に使うものまで用意しておくとなると、これだけでもかなり場所を取ってしまうものです。

多くのご家庭では通常、各洗剤はそれぞれ使用する場所の近くに置いていることと思われますが、時には洗剤の収納場所に悩むこともあるでしょう。とくに、安い時に洗剤などの日用品のストックを大量に購入する習慣のある方にとっては、洗剤の種類が増えれば増えるほど、収納場所の確保はかなり悩ましい問題となることでしょう。

用途によってその都度洗剤の種類を増やしていては、収納場所の問題だけでなく、金額的にもかさんでしまうことは言うまでもありません。これらの問題を解決するためにも、洗剤の使い道を見直すことによって、洗剤の種類を減らすことは、非常に有効であると言えるでしょう。

洗剤の種類を減らすためには兼用できる洗剤を選ぶこと

洗剤を厳選して少しでも種類を減らすためには、洗剤の各用途を理解する必要があります。そのうえで、まずはどうしても残したいものを選び、あとはなるべく1種類で色々な場所に兼用できる洗剤を選ぶようにすることが重要となります。

今使っている洗剤の種類を減らすには、その洗剤にはどれだけの用途があるかを考えるのが一番でしょう。そのうえで、一番手っ取り早く洗剤の種類を減らす方法としては、さまざまな場所で使えるマルチクリーナーを選ぶのがオススメです。

みなさんそれぞれに、この場所にはこの洗剤といったような、長年使い続けている洗剤がある方も少なくないでしょう。それらの多くの製品は、洗剤本体とともに詰め替え用が販売されているものが多いため、一度本体を購入したあとはそのまま同じ洗剤を詰め替えながら使っていることと思われます。

しかし、その洗剤の用途が1つしかない、その場所でしか使えないということであれば、洗剤の種類を減らすことは難しくなりますよね。今お使いの洗剤の種類を減らすためにも、なるべく用途の限定された洗剤は避け、使用用途の多い洗剤に変えることが、ムダを省くための第一歩です。

天然で安心できる洗剤を選べば種類を減らすことができる

ここ数年、さまざまな場所の掃除に使えると評判になっているのが、今やナチュラル洗剤の代表とも言える存在となった「重曹」でしょう。とくに小さなお子さんやペットのいる場合、環境への配慮と共に安全性も重視したうえで、掃除用洗剤として重曹を使われているご家庭もますます増えてきました。

洗剤の種類を減らしたいと考えている人にぜひ取り入れてほしいのが重曹

弱アルカリ性の性質をもつ重曹は、今や100円ショップなどでも手軽に購入できることから、一度は手にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

重曹はキッチンのシンク周りやガスコンロ、電子レンジなどの油汚れはもちろんのこと、お風呂やトイレの掃除などにも幅広く使用することができますので、これから洗剤の種類を減らすことを検討されている方にとっては、まさにピッタリのものだと言えるのではないでしょうか?

洗剤は店頭で購入するようにしましょう

なるべく今使っている洗剤の種類を減らすためには、安易にネット通販を利用せずに、実際に店頭に足を運んで、洗剤を購入することをオススメします。

たしかに、インターネットの通販サイト上では、店頭では見かけない数々の洗剤を、実際に使った人たちの口コミを見ながら選べるというメリットとともに、重たくなりがちな洗剤もまとめて購入することができるため、複数の洗剤をまとめ買いしてしまいやすくもなります。

そのため、便利そうな洗剤を見つけるとついつい手を出してしまい、結果的にどんどん洗剤の種類が増えてしまうことにもつながりかねないのです。

口コミに流されて気軽に洗剤を購入してしまわないためにも、洗剤はやはり店頭で購入した方が良いかと思います。

洗剤の見直しをすれば収納スペースもできる

私の夫は、普段はほとんど掃除や片付けに関して無頓着なのですが、いざスイッチが入ると、いきなり何の相談もなく、何種類もの洗剤を買ってきて、掃除を始めることがありました。黙っていても掃除をしてもらえるのはありがたいのですが、そのたびに増えていく洗剤をどこに収納したら良いものかということを、考えるこちらの身としては、これ以上洗剤を増やさずに、むしろなるべく減らしたいと考えていた時期もありました。

その後、我が家では徐々に洗剤の種類を厳選して、さまざまな用途に使える洗剤へと切り替えていくことで、収納スペースを確保できただけでなく、ムダにストックを眠らせることもほぼなくなったのです。

洗剤の種類を減らすと、収納スペースがスッキリするだけでなく、買い物自体が断然ラクになりますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。