生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。

縫い目の方が気になってしまいがちですが、裁断がずれてしまうと出来上がりが不格好になってしまったり。縫い合わせが上手くいかなかったりと、ハンドメイドは生地の裁断からすでに始まっているのです。

そこで裁断のコツについて、ハサミの使い方から事前準備、またハサミを使わない裁断についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫の居場所は?雨の日に野良猫がいる場所とエサや過ごし方を解説

しとしとと雨が降っている雨の日、野良猫たちが一体どこで過ごしているのか気になる人もいますよね。家の中...

部屋の掃除のやる気を出す方法。曲や時間や場所にこだわってみる

キレイな部屋は気持ちの良いものです。逆に部屋の中が散らかっていたり、物で溢れていると何となく落ち...

福神漬けがカレーに添えられる理由について調べました

カレーの横に添えられている赤いもの、そう誰もが知っている「福神漬け」ですよね。福神漬けとカレ...

洗面台の掃除で水垢を簡単に落とす方法と綺麗を保つポイント

洗面台の掃除について水垢は便利なアイテムを使って簡単に落とすことができます。洗面台は毎日使っているう...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。ニー...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

車のブレーキが効かない!原因や覚えておきたい対処法と修理相場

車のブレーキが効かないのは大変危険です。走行中に突然ブレーキが効かないと焦ってしまいますが、そんなと...

ホットプレート焼肉での油対策!できることと跳ねた油への対処法

ホットプレート焼肉では油対策をはじめる前にしておきましょう。何もせずに焼肉をはじめてしまうと、床など...

異性からの電話の断り方の上手なコツや相手を傷つけない方法とは

異性からの誘いの電話がしつこいときに上手な断り方とはどうしたらいいのでしょうか?では、相手が...

男性にはわからない!女性がマスクをする本当の理由

マスクと言うのはインフルエンザなど感染するウイルスから身を守るために着用するのが本来の使い方ですよね...

返信が来ない!友達から返信が来ない時に考えられる原因

友達にメールやLINEを送ったのに中々返信が来ないこともありますよね。友達に嫌われてしまった?何かあ...

建築学科の就職先にはどんなところがある?女子の就活

建築学科に通っている女子の就職先にはどのようなところがあるのでしょうか?男性社会のイメージが強い建築...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

職場の虐めが退職理由だった場合の注意点と転職する時のポイント

職場の退職理由が虐めということもあると思います。職場で虐めに合うのはとても辛いものです。1日の大...

スポンサーリンク

生地の裁断のコツは事前準備も重要

子育てが一段落し、何か趣味を始めようと考えた時に洋裁をはじめてみよう思う主婦の方もいますよね。

ミシンできれいに縫い目が飛ばないように縫うことも大切ですが、実は一番大切なのは生地を裁断する時にしておく「地直し」と言う作業が最も大切なのです。

生地を裁断をする時にしておきたい事前準備の「地直し」

洋裁がわからない人にとって、「地直し」は何を意味するのかわからないですよね。

地直しとは?

簡単に説明すると、生地の端の耳と呼ばれる部分に定規をあててまっすぐに生地のプリントがされているかを確認することを言います。

さらには、生地を裁断した際に、横の部分の糸がきとんと曲がってないか、たるんでいないかを確認します。

もし生地のプリント部分が曲がっていたりたるんでいる場合には、アイロンを使って直して行く作業を行います。

こうした下準備をしていくことで、生地を裁断する時に布目に沿って上手に裁断することができるのです。

生地裁断はハサミの使い方がコツ

地直しを行い、布に型紙をあてチャコペンなどで印をつけていき、最後は生地を裁断することになります。

切れるハサミを使うことはもちろんですが、裁断する場合に、実はハサミの使い方にもコツがあるのをご存知ですか?

ここでは、ハサミの上手な使い方をご紹介していきたいと思います。

生地を裁断する時のハサミの使い方ポイント

よく手芸屋さんで生地を裁断をするのを見ていると、自分の体と同じ方向に生地を机の上に置き、ハサミを机から離さずに並行にして裁断するのを目にしますよね。
とても上手に手際よく裁断していて、裁断した布地の端の部分は曲がっていることはなく、とてもきれいです。

わかりやすく説明すると、この方法が生地を上手に裁断する方法なのです。

また、布をゆっくり裁断するのではなく、スピードに乗ってリズムよくジャキジャキ裁断するするのがポイントです。

この時注意したいことは、裁断しながら生地を動かすとズレてしまうので、自分が裁断したい方向に向かって切り進んでいくことと、ハサミを押すように切るのではなく、ハサミを手前に引くように裁断することが、上手に裁断するポイントです。

生地裁断のコツはまち針を使わないこと?その理由について

生地を裁断する前に、布にまち針を使う方が大半ではないかと思いますが、実はこの方法だと生地を裁断する時に、ズレてしまうのを知らない方も多いのではないでしょうか。

その理由は、まち針で止める時の方法に問題があるのです。

裁断したい型紙を布にまち針で止めた時、なんだか布地が盛り上がってしまう…なんてことありませんか?

布地が盛り上がってしまうと、その時点でもう裁断したい箇所にズレが生じてしまっているのです。

しかしまち針を使わないと、布を裁断する時に上手に裁断できないという方もいると思います。

裁断時のまち針を上手に使う方法

型紙と布地を2枚重ねます。

まち針を止める際には、布地が盛り上がらないように優しく生地を伸ばします。

縫い始める場所の布地を型紙の位置がずれないように、きちんとまち針で止めます。

これらのことを注意するだけでも、生地を上手に裁断することができます。

ハサミで上手に生地を裁断できない方はコレを使ってみて

生地の種類によっては、裁断する時にズレたりして失敗するなんてこともありますよね。私もその一人です…。

どうしたら生地を上手に裁断できるのか方法を調べていくと、ハサミではなく刃の部分がロール式になったーカッターと言うものがあることを知りました。

使い方はとても簡単で、布に定規をあてて普通の紙を切るカッターと同じように使うだけで、とても簡単です。

このカッターには数種類のサイズがあり、生地を裁断する用途にあわせて選ぶと良いのではないかと思います。

カッターの刃の部分がスライド式になっていて、見えづらいこともあるので使用後はきちんと刃がしまっているかを確認するように注意が必要です。

裁断のコツは生地によっても違ってきます

手芸用の生地にはたくさんの種類があります。

その中でも生地によっては、切りやすい生地や切りづらいと言うのがあります。
生地の種類によってコツを覚えておくと、裁断をする時にスムーズに裁断することができますよ。

切りづらいと言われる布地を上手に裁断するコツ

  • 伸縮性があり丈夫な帆布生地…生地の中でもしっかりとしている丈夫な生地なので裁断しやすいです。生地の耳と言われる部分から裁断しましょう。
  • ふわふわした厚みのあるキルティング生地…ステッチがあるのが特徴の生地なので、ステッチにそって裁断をしていきましょう。
  • 薄くてやわらかい布地…生地を裁断する時にチャコペンなどで印をつけるのも一苦労する生地ですが、勢いよく裁断するのではなく、布に沿うようにゆっくりと裁断してきましょう。