生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。

縫い目の方が気になってしまいがちですが、裁断がずれてしまうと出来上がりが不格好になってしまったり。縫い合わせが上手くいかなかったりと、ハンドメイドは生地の裁断からすでに始まっているのです。

そこで裁断のコツについて、ハサミの使い方から事前準備、またハサミを使わない裁断についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

院試の面接で落ちた場合の選択肢と秋就活を成功させる方法

院試の面接で落ちた場合、この先どうすればいいのかと落ち込んでしまうのではないでしょうか。院試...

一人暮らしをもっと楽しい毎日に!寂しい気持ちの乗り越え方

念願の一人暮らしにワクワクして新しい生活を始めたのに、少し経つと部屋の中にポツンといることが寂しく感...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませなが...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか?...

中学受験で失敗しないために親が心得ておくべきこと

中学受験をするというお子様の場合には、ご両親も教育熱心が方が多いと思います。熱心なあまり、つい自...

ハムスターの初日の餌やりについて。水やケージの準備も万端に

ハムスターを自宅につれていく準備は出来ていますか。初日はどうやって迎えたらいいのか心配ですね...

お葬式に出席する場合の香典の渡し方と服装のマナーを理解しよう

お葬式に出席することになった場合、香典袋はどれがいいのか、渡す時のタイミングや渡し方はどうしたらいい...

異性からの電話の断り方の上手なコツや相手を傷つけない方法とは

異性からの誘いの電話がしつこいときに上手な断り方とはどうしたらいいのでしょうか?では、相手が...

夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいの...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。ちょうど...

バレンタインの手作り友チョコにおすすめ!大量生産できるレシピ

バレンタインの友チョコ用に毎年たくさんのチョコのお菓子を作るという方も多いと思います。周りの友達...

自転車の塗装を自分でするときのコツや簡単にできる手順方法

自転車の塗装を自分でしてみたいと思っているあなた。自転車を長年使っているとだんだん塗装が剥げていくの...

太もも裏側のストレッチ・ハムストリングスを伸ばす方法と効果

太ももの裏側にはハムストリングスという筋肉があります。この部分のストレッチを行うと、一体どんな効果が...

スポンサーリンク

生地の裁断のコツは事前準備も重要

子育てが一段落し、何か趣味を始めようと考えた時に洋裁をはじめてみよう思う主婦の方もいますよね。

ミシンできれいに縫い目が飛ばないように縫うことも大切ですが、実は一番大切なのは生地を裁断する時にしておく「地直し」と言う作業が最も大切なのです。

生地を裁断をする時にしておきたい事前準備の「地直し」

洋裁がわからない人にとって、「地直し」は何を意味するのかわからないですよね。

地直しとは?

簡単に説明すると、生地の端の耳と呼ばれる部分に定規をあててまっすぐに生地のプリントがされているかを確認することを言います。

さらには、生地を裁断した際に、横の部分の糸がきとんと曲がってないか、たるんでいないかを確認します。

もし生地のプリント部分が曲がっていたりたるんでいる場合には、アイロンを使って直して行く作業を行います。

こうした下準備をしていくことで、生地を裁断する時に布目に沿って上手に裁断することができるのです。

生地裁断はハサミの使い方がコツ

地直しを行い、布に型紙をあてチャコペンなどで印をつけていき、最後は生地を裁断することになります。

切れるハサミを使うことはもちろんですが、裁断する場合に、実はハサミの使い方にもコツがあるのをご存知ですか?

ここでは、ハサミの上手な使い方をご紹介していきたいと思います。

生地を裁断する時のハサミの使い方ポイント

よく手芸屋さんで生地を裁断をするのを見ていると、自分の体と同じ方向に生地を机の上に置き、ハサミを机から離さずに並行にして裁断するのを目にしますよね。
とても上手に手際よく裁断していて、裁断した布地の端の部分は曲がっていることはなく、とてもきれいです。

わかりやすく説明すると、この方法が生地を上手に裁断する方法なのです。

また、布をゆっくり裁断するのではなく、スピードに乗ってリズムよくジャキジャキ裁断するするのがポイントです。

この時注意したいことは、裁断しながら生地を動かすとズレてしまうので、自分が裁断したい方向に向かって切り進んでいくことと、ハサミを押すように切るのではなく、ハサミを手前に引くように裁断することが、上手に裁断するポイントです。

生地裁断のコツはまち針を使わないこと?その理由について

生地を裁断する前に、布にまち針を使う方が大半ではないかと思いますが、実はこの方法だと生地を裁断する時に、ズレてしまうのを知らない方も多いのではないでしょうか。

その理由は、まち針で止める時の方法に問題があるのです。

裁断したい型紙を布にまち針で止めた時、なんだか布地が盛り上がってしまう…なんてことありませんか?

布地が盛り上がってしまうと、その時点でもう裁断したい箇所にズレが生じてしまっているのです。

しかしまち針を使わないと、布を裁断する時に上手に裁断できないという方もいると思います。

裁断時のまち針を上手に使う方法

型紙と布地を2枚重ねます。

まち針を止める際には、布地が盛り上がらないように優しく生地を伸ばします。

縫い始める場所の布地を型紙の位置がずれないように、きちんとまち針で止めます。

これらのことを注意するだけでも、生地を上手に裁断することができます。

ハサミで上手に生地を裁断できない方はコレを使ってみて

生地の種類によっては、裁断する時にズレたりして失敗するなんてこともありますよね。私もその一人です…。

どうしたら生地を上手に裁断できるのか方法を調べていくと、ハサミではなく刃の部分がロール式になったーカッターと言うものがあることを知りました。

使い方はとても簡単で、布に定規をあてて普通の紙を切るカッターと同じように使うだけで、とても簡単です。

このカッターには数種類のサイズがあり、生地を裁断する用途にあわせて選ぶと良いのではないかと思います。

カッターの刃の部分がスライド式になっていて、見えづらいこともあるので使用後はきちんと刃がしまっているかを確認するように注意が必要です。

裁断のコツは生地によっても違ってきます

手芸用の生地にはたくさんの種類があります。

その中でも生地によっては、切りやすい生地や切りづらいと言うのがあります。
生地の種類によってコツを覚えておくと、裁断をする時にスムーズに裁断することができますよ。

切りづらいと言われる布地を上手に裁断するコツ

  • 伸縮性があり丈夫な帆布生地…生地の中でもしっかりとしている丈夫な生地なので裁断しやすいです。生地の耳と言われる部分から裁断しましょう。
  • ふわふわした厚みのあるキルティング生地…ステッチがあるのが特徴の生地なので、ステッチにそって裁断をしていきましょう。
  • 薄くてやわらかい布地…生地を裁断する時にチャコペンなどで印をつけるのも一苦労する生地ですが、勢いよく裁断するのではなく、布に沿うようにゆっくりと裁断してきましょう。