趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。

では女性で趣味がドライブというのはどうなのでしょう。
女性の趣味がドライブでも問題ないのではないでしょうか。

女性の一人ドライブは有りでも、夜間や長距離でのドライブはやはり注意しましょう。

一人ドライブにはこんなメリットがあるといいます。
やはり車内は一人の空間なので自由、自分を見つめなおす時間が作れるという意見もうな頷けますね。

また車が好きな女性もいます。ドライブ好き、車好きといういう女性によくみられる傾向も紹介します。

女性でも安全で快適な一人ドライブを楽しんでください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

待ち合わせに遅刻する人の対処方法連絡なしの場合は帰るのもアリ

待ち合わせではいつも待たされてばかり。毎回のように遅刻してさらに連絡なしの彼氏や友人に振り回されて疲...

大学受験に失敗した人の立ち直り方!考えすぎないようにしよう

大学受験に失敗すると、「こんなはずではなかった。」と立ち直ることができない人も多いでしょう。...

うさぎが怒るとする『足ダン』について。うさぎの気持を知ろう

うさぎが怒ると見せる姿の一つに『足ダン』がありますよね?足ダン(スタンピング)には大きく2つ...

保育園って祝日はお休み?仕事がある場合の対処法について

保育園を利用している共働き夫婦にとって、保育園がお休みの時に万が一仕事が入ってしまった場合はどうすれ...

上司の紹介で付き合うのはアリ?上司の紹介も出会いのひとつ

上司の紹介で付き合うと別れたときに気まずいのでは・・・。そもそも会ってみて気に入らない、気に入られな...

川エビのミナミヌマエビの飼い方!初心者向け飼育の基本

川エビの一種、ミナミヌマエビは育てやすく、初心者にも育てやすい種類です。大きさも小さめで、透明なかわ...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

男性へ贈りたい!料理好き男子へ贈るこだわりのプレゼント

料理が趣味という男性も最近は多いですよね。料理に凝る男性は、女性以上にアイテムや食材にこだわりを持つ...

雨の日の休日は家族で何をして過ごす?雨の日を楽しく過ごす方法

せっかくの休日なのに雨!家族でお出かけの予定を立てていたのに、雨が降ってその予定がキャンセルになって...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか?卵かけご飯やす...

床の張り替えは一部だけでも可能だが、高い技術が必要なため注意

床の傷が気になり、一部だけでも張り替えることができれば…と誰しも思うのではないでしょうか。そ...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。縫い目の方が気に...

スポンサーリンク

女性でも趣味がドライブというのは有り

ドライブが趣味の人は男性に多いため、ドライブを趣味にしている女性の中には、趣味がドライブとは人に言いにくいと思っている人もいるのではないでしょうか。

かっこいいイメージがありますし、女性の趣味がドライブであっても良いではありませんか。それにドライブは気分転換になるので、良い趣味だと思います。

ただ、世の中には偏見を持っている人もいます。ドライブが趣味と言うと、車にお金をかけているのでは?と思われたり、無茶な運転をするのでは?と考える人もいるでしょう。変に決めつけられたり誤解されたくない人は、どうしてドライブが好きなのかというところまで話をすると良いでしょう。

一人での長距離ドライブや夜間の走行には注意が必要

女性だから注意が必要なのではなく、長距離や夜間は予想外のトラブルが起こることもあって、性別に関係なく事故などのリスクが高まります。嫌なことがあったりすると仕事が終わってから夜にドライブに行きたくなることもあると思いますが、リスクの高い運転は極力避けて、趣味を楽しみましょう。

よく聞く趣味がドライブ。女性の場合は

自分の趣味を人に話す時は、純粋に趣味の話をしている場合もありますが、他人や異性へのアピールとして話をする人もいます。例えば、料理が趣味と言えば家庭的なイメージをアピール出来るというような下心を持って話すケースです。

しかし、女性が自分の趣味はドライブと言っている場合は、他意はないでしょう。趣味がドライブという女性は比較的少ないため偏見を持っている人もいるでしょう。それでも、自分の趣味がドライブだというなら、ただ純粋にドライブが好きな女性であるはずです。

また、ドライブ好きだけど、趣味って言って良いのかな?と趣味って言えるレベルはどの程度なのか迷うことはありませんか?

どれくらいやっていたら趣味と言って良いのかという基準はありません

自分の中で趣味だと思ったら、堂々と趣味はドライブと言って良いでしょう。

話している相手もドライブが趣味だとすると、のめり込み具合によって自分のレベルでは趣味と言えないと思うこともあると思いますが、共通の話題がある方が親しみやすいし、相手も話していて楽しいはずなので、隠す必要はありません。

女性の一人ドライブのメリットを紹介

女性でドライブが趣味という人は、多くありませんが、それでもドライブを趣味にしている人は、ドライブのどんなところに魅力やメリットを感じているのでしょうか。

車があって運転が出来れば、思い立ったらすぐ行動出来る事が魅力です。公共交通機関を使う場合は、どうしても時間が縛られたり行動範囲が狭くなりがちですが、車があれば電車やバスではいきにくい場所まで行動範囲が広がりますし、時間を気にする必要もありません。一人でも自由に行動しやすく、思い立って寄り道するのも、休憩するのも、急に予定変更をして帰ることも出来ます。

日常ではあれこれと常に難しい事も考えてしまいますが、ドライブ中は運転に集中することで難しい事は考えずにいる時間を作ることが出来ます。頭を空っぽにしてリセットする時間を作ることが可能です。一人でドライブするときは、自分だけの空間のため思い切り大声で歌うのもお勧めです。運転に加えて歌を歌うことでより一層頭を空っぽにすることが出来るでしょう。

また、車を運転すると物理的にも前に進むため、精神衛生上も良いでしょう。

ドライブや車が好きな女性あるある

ドライブが趣味の女性は、興味のない女性に比べると車に詳しかったり車好きの傾向があります。より快適にドライブ出来る車について調べたりしているうちに詳しくなる人もいれば、好みの車があってその車に乗りたいという思いから車好きやドライブ好きになる人もいます。

しかし、やっぱりイメージ的に良くないのでは?と思ってドライブが趣味ということを隠している女性もいます。

ドライブが趣味、車が好きな女性の特徴

道行く車の車名を特定出来る女性

車好きレベルが高めです。車が好きな人の多くは興味があるため自然と覚えてしまったり、自分が乗っている車以外についても調べたりするため、車に詳しくなります。CMでよく見かける車は車好きじゃなくても知っていることはありますが、何気ない会話で色々な車の車名が出て来たら車やドライブが好きな女性の可能性が高いです。

スマホの待ち受けやSNSのアイコンを自分の車の写真にしている女性

車好きレベルが高いです。可愛がっているペットの写真を待ち受けにする人が多いように、車好きなら愛情を持っている自分の車を待ち受けにしたいと思っても不思議ではありません。

合コンなどでドライブが趣味という男性に食いつく女性

車好きの可能性が高いです。ただし、ドライブに連れて行ってもらうのが好きな女性もいるため、判断が難しい所です。少々マニアックな会話でも付いてこれる女性は、ドライブ好きな女性でしょう。

履歴書に趣味がドライブと書く場合

就職や転職でも自分の趣味について考える必要があります。ドライブが趣味の女性は、就職や転職の時に素直に趣味がドライブと言っても大丈夫なのでしょうか。

履歴書の趣味の欄や面接での質問の回答に、趣味は特にないと答えるのが一番ダメなので、ドライブが趣味なら素直に答えて問題ないでしょう。

ただし、その理由を答える時には少し注意が必要です。

趣味について答えるときは、仕事や自己PRに繋げられる内容で話をしたり、人となりが分かるように話をするのがポイントです。

例えば、ドライブで行ったことのない場所に行くのが好きなら、運転をすることで気分転換になり、視野を広げることも出来るので初めての場所に出かけるのが好きというような答え方が良いでしょう。

また、経歴やスキル、短時間ではその人の一面しか見えないため、趣味でギャップを感じさせることで、もっと知りたいと思わせることも出来ます。女性の場合は、ドライブが趣味というとギャップを与えやすいでしょう。