不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだから、気づいたときにはレシートはすでに捨ててしまっていたという人は多いと思います。

そこで、レシートなしの場合の不良品交換について、レシートが無くても対応してくれるお店もあることや確認ができれば交換ができる場合、レシートなしの場合の不良品交換は店に相談することや基本的に不良品は返品や交換が可能なことなどお伝えしていきましょう。

これによって、まずは商品が不良品だと気がついたときにどんな対応をするべきなのかがわかりました。商品に不具合があるのは店の責任でもあり、交換や返品はサービスのひとつにもなります。ぜひこちらを参考に対処してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

韓国人の食べ方で気になる音、クチャクチャ食べる理由があった

韓国人はクチャクチャと音を立てる食べ方が多いといいます。 日本人がクチャクチャと音を立てて食べ...

1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう...

赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこする...

ゆるふわの巻き方でボブをふんわりともっと可愛くする方法

ふんわりとしたボブってとても魅力的です。こんな髪型になりたいと思っている女性も多いはずです。 ボブ...

嫉妬や妬みの違いとは?嫉妬や妬みに隠れた心理を紹介します

誰にでもある嫉妬や妬み・・このふたつの気持ちにはどのような違いがあるのでしょうか? 気にしなけ...

幼稚園の年少さんに通園し始めたが友達が出来ない時の解決策

4月から幼稚園の年少さんになり楽しい幼稚園生活を送ってほしいと願うママも多いですよね。しかし友達が出...

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

子猫を捕獲したい!ダンボールで捕獲する方法とポイントを解説

近所にいる野良猫の子猫を捕獲して飼いたいと考えている人もいますよね。子猫を捕獲する時は、捕獲器を使う...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

バレエのコンクールは何歳から受けられる?対象年齢について

バレエのコンクールは何歳から受けることができるのでしょうか?先生からお声をかけてもらった、そろそろコ...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。 入園式はあ...

小学校の先生へ上手にクレームを言うには?伝え方について

小学校の先生にクレームを言うときにはどのようにして伝えたらいいのでしょうか? クレームを言うと...

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

2層式洗濯機の基本的な使い方!全自動洗濯機との比較

今は家庭用の洗濯機は全自動が主流で、乾燥機能などが付いたものが多く使われていますよね。 若い方...

スポンサーリンク

不良品の交換はレシートなしでもできる場合もある

世の中、面白いですよね。返品には、大抵機関とレシートをお店側から要求されます。ですが、それが、不良品となると、交換には、レシートなしの場合もある様です。

実際には、必ずしもレシートだけで購入確認をしている訳ではない

どうして不良品の交換の際に、レシートが必要になるかというと、それは購入記録をお店側としては、確認したいからになります。あなたはいつ、このお店で何を購入しましたか?それを、レシートが証明してくれます。

不良品が手元にあるけれど、レシートがどうしても見つからない。では、諦めるべきなのか?いえ、人生簡単に物事を諦めてはいけません。あなたはどうやってその商品を買いましたか?クレジットカードですか?ポイントカードですか?お店によっては、レシートが無くても、そういった手段で購入記録を確認する事が出来ます。

レシートはあるに越した事はありません。でも、無いからといって、諦めるのではなく、別の方法で購入記録を確認出来る事も確かです。一度お店に確認してみましょう。

レシートなしでも確認ができれば不良品の交換は可能

場合によっては、不良品はレシートが無くても交換は可能になります。全ての場合ではありませんし、お店によっても、対応は変わって来ると思いますが、レシートが無くても、あなたがそのお店でその商品を購入したという事が確認出来れば、不良品の交換は、レシートが無くても可能になります。

お店によっては、ポイントカードなど、購入した事が確認出来るのであえば、返品可能。

お店によっては、ポイントカードなど、そのお店独自でのシステムを購入時に導入している事があります。あなたがその不良品を購入した時に、そのお店のポイントカードを利用したり、もしくは支払い方法がクレジットカードで、購入記録を確認出来るのであれば、あなたがその不良品をそのお店で購入した事を証明できます。そうであれば、レシートが無くても、不良品を交換してくれる確率は高まります。

ただ、これもお店によって、対応は異なってきます。お店によっては、「レシートは必ず持参して下さい」と厳しく記載されている所もあります。上記はあくまでも「そういった対応をしてくれるお店もある」という事ですから、一度お店に確認をとってみて下さい。

レシートなしの場合の不良品交換は店に相談してみましょう

買って見て気づいたけれど、手元にあるこの商品は、不良品だった。その時のレシートを確認してみたけれど、どんなに一生懸命探しても、見つからない。

お困りですよね。諦めるべきか諦めないべきか。ずばり、諦めずにお店に電話する、相談する事をお勧めします。

お店のホームページや、そのお店の会計コーナーに、返品には、何が必要なのか、具体的に記載されているケースが多いと思います。大体の場合は、レシート持参で、交換出来る期間も記載されています。期間はともかくとして、肝心なレシートが無い場合、皆さんはどうしているのでしょうか。

とりあえず不良品を持って、相談してみる

お店によっては、レシートが無くても、返品に対応してくれる所もあります。ただ、なんでもかんでも良いのではなく、返品には対応するけれど、返金はしないなど対応は様々です。

まずお勧め出来るのは、とりあえずは行動に移すこと。それで結果がダメならダメで良いですし、結果交換して貰えたのなら、それはそれでラッキーだと思います。

基本的には不良品の商品は返品や交換が店のサービス

レシートが必ずなきゃ返品はして貰えないか。それを聞いて、「でも、不良品を売っているお店側にも問題はあるよね」確かにそうです。不良品を売る事事態、お店側の責任問題にもなってきます。

商品が売り物の基準に満たないのであれば、交換は義務です。

そもそも、商品事態に問題があるのであれば、お店としても売る事が出来ません。問題が無い商品を売る事がお店としての義務ですから、不良品の返品や交換は、お店としては、やらなくてはいけない業務になります。

勿論、購入した後に、お客様が商品に傷を付けたなどの理由では、「不良品」にはなりません。交換の対象にはなりません。ただ、最初から商品として基準に満たしていない物であれば、不良品になりますから、お店としては、基準に似合った商品と交換する義務はあります。

レシートがあるに越した事はありませんが、そういったお店側の義務を理解する事も必要かと思います。

不良品の場合は返品や交換を早めに対処しましょう

幾らお店が不良品の返品や交換に対応してくれるとはいえ、何事も行動には早めに出すべきだと思います。

というのも、お店側が交換に対応してくれるとはいえ、それには、交換する期間も関係してきます。

例えば、ダイソーではレシートなしでも交換に対応はしてくれますが、購入後1週間という期間が決められています。買ってから「これ不良品じゃない?」と感じたら、出来るだけ早めに交換に行くべきだと思います。

大体の場合は1週間以内の交換

長ければ3ヶ月という長期間持たれている時もありますが、大体の場合は1週間以内が交換期間になります。不良品だと理解ったら、すぐに交換の為、お店に行きましょう。

購入した商品が不良品であった場合、レシートが無いと交換出来るかどうか不安になると思います。どうしたら良いのか、参考になる情報を上記で記述してきました。あなたの参考にはなりましたか?大体は交換出来るのも1週間を目処になっています。どちらにしろ、早めの行動が求められます。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691