イランイランのアロマ効果を上手に楽しむコツについて紹介

イランイランのアロマの効果は女性にとって嬉しいものばかりです。香りには好みが分かれるかもしれませんが、相性のいいオイルとブレンドしたり、生活の一部に上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?

そこで、イランイランのアロマ効果について、心を落ち着かせるリラックス効果、女子力のアップや疲れた身体も癒やす効果があること、使用する時の注意点や上手な取り入れ方などお伝えしていきましょう。

イランイランの甘い香りは香水などにもよく使われています。ぜひ効果や使い方を参考にして香りを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

粘土工作が幼児に与えるメリット!粘土は子供の脳を発達させる

粘土を使って工作を作ると、幼児の発達に色々な嬉しいメリットを与えます。小さいうちから粘土を使って子供...

趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。 では女性で趣味がドライブと...

男装メイクのやり方!コスプレでなりたい顔に近づけるポイント

最近、コスプレのイベントは増えてきていますよね。趣味で楽しむものから本格的なものまで、たくさんの方が...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

雨の日の休日は家族で何をして過ごす?雨の日を楽しく過ごす方法

せっかくの休日なのに雨!家族でお出かけの予定を立てていたのに、雨が降ってその予定がキャンセルになって...

先生との生徒のLINE交換は禁止って言われました。そのワケ

携帯やスマホは必需品で、いつもLINEやSNSをやっているという学生さんも多いでしょう。 連絡...

男性へ贈りたい!料理好き男子へ贈るこだわりのプレゼント

料理が趣味という男性も最近は多いですよね。料理に凝る男性は、女性以上にアイテムや食材にこだわりを持つ...

本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判...

上司の紹介で付き合うのはアリ?上司の紹介も出会いのひとつ

上司の紹介で付き合うと別れたときに気まずいのでは・・・。そもそも会ってみて気に入らない、気に入られな...

No Image

プロ野球の契約更改の仕組みとは?一般人とは違う世界を解説!

個人事業主であるプロ野球選手。シーズンが終了すると年棒の金額が発表になったり、FAするというニュース...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

実家暮らしでのストレス!30代女性が感じる悩みと対処法

仕事を持つ30代の女性でも、実家暮らしの方は大勢います。 食事の心配はいりませんし、金銭的にも一人...

背中についている贅肉の落とし方を知りたい!

背中って、自分で認識しにくい身体の部位ですよね。 意識的に見ようとしても身体をひねらないと、見るこ...

電車に赤ちゃんと一緒に乗車する!周囲に迷惑をかけない方法

子育てをしていると赤ちゃんと一緒に電車に乗らないといけない場合もあります。出来るだけ電車に乗りたくな...

スポンサーリンク

イランイランのアロマはリラックス効果が抜群

イランイランの花の香りは、アロマオイルの中でも花の香りが強く、香水のような香りに感じるときがあります。

イランイランの香りの特徴

緊張や不安感情を柔らげ、心が落ち着きます。また眠れない時に香りをかぐと安眠に導きます。多幸感を感じることができロマンティックな時間をすごしたい時にお部屋に芳香すると良いでしょう。

穏やかな気持ちになりたい時や緊張をやわらげたい時は、イランイランの香りをカバンの中に忍ばせて持ち歩くと香りの効果でリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。

イランイランのアロマ効果で女子力もアップ

イランイランの香りは男性がもっとも女性を意識する香りです。女性にとっても不安や緊張を和らげリラックス効果があるため女性として素敵なエネルギーが高まります。

仕事や家事などで一生懸命の時間ばかりだと疲れてしまい周囲にもゆとりがない雰囲気を与えてしまいます。イランイランの香りを取り入れてゆったりした時間をすごすことで、自身の心も体も穏やかになり周囲にも良い影響を与えることができるでしょう。

どんな香りでもいつも近くに香りはあるはずです。香りと生活は密接な関係にあります。香りで生活を豊かなものにしましょう。

イランイランのアロマの効果で疲れた身体も癒やされます

濃厚でどこか優雅な香りを放つイランイランのアロマの香りには女性が感じる体調の変化や心の不安感を落ち着かせてくれる香りの効果があります。

香りで気分や体調が左右されるのかと思ってしまいますが、ふと懐かしい香りや季節の変わり目に感じる香りなど人間の記憶の中に香りは残っています。そしてその香りとセットで良い思いでも残っている場合が多くあります。香りの不思議な効果は何か良い影響がありそうです。

リラックス効果も期待されています。体が緊張し呼吸が落ち着かない場合や、色々な心配事や不安なことによって精神的に疲れてしまっている時など、心を穏やかに鎮めてくれる作用があります。

イランイランを使用するときに気をつけたいこと

イランイラン精油を使用する時の禁忌

成分に注意

イランイランのアロマ精油には他の成分を混ぜて香りを強くしている場合があります。使っている成分によっては直接肌や、髪につけることを注意しなければなりません。肌や髪につける時は成分をしっかり把握し、オーガニックのものを使うことをお進めします。

芳香に使うときは

イランイランのアロマオイルは香りが強く、体調や気分によっては受け付けない時があります。香りを欲している時でも濃度が高いと体調がすぐれない状態になることがあるので芳香の際には使用時間に注意し、芳香中に濃縮してしまい香りが強くならないよう注意しましょう。

直接肌に使うときは

肌につけるアロマオイルはキャリアオイルというアロマの精油を希釈するオイルで薄めて使います。アロマオイルの精油は一滴一滴少しずつ出てくる仕組みになっていますがその一滴が0.05ミリリットルになるようなつくりになっています。濃度1パーセントまでキャリアオイルで希釈しパッチテストを行いましょう。キャリアオイル5ミリリットルに対しアロマオイルを一滴で少量のパッチテスト用のオイルを作って行いましょう。

使う方に注意

血圧効果作用があるため、血圧が低い方には使わないようにしましょう。また女性ホルモンを調整する作用もあるため妊娠中の方も使用を控えましょう。香りが強いため乳幼児が居る場合も使用を避けましょう。

イランイランを上手に生活に取り入れて楽しみましょう

生活に使用する際は芳香浴や沐浴、スキンケアなどにつかってみましょう。

イランイランの取り入れ方

スキンケア

アロマオイルは必ずキャリアオイルで希釈して使いましょう。肌につかう際はキャリアオイルで1パーセントまで薄めて使います。キャリアオイルはどんな肌質にも合うホホバオイルを使用すると安心でしょう。また顔に使うときや敏感肌の方は0.5パーセント以下で使用しパッチテストは必ず行いましょう。まずはお風呂上りなどリラックスした状態でハンドマッサージから行ってみましょう。

沐浴

お風呂に使用するときはお風呂に入れるアロマオイルは5滴以内にしましょう。イランイランの香りは強いため少しずつ入れて様子を見てみましょう。またイランイランオイル少量にし牛乳や蜂蜜などを使い保湿を高めたアロマバスを楽しむこともできます。使用量には注意しましょう。

芳香浴

リラックス効果があるため、リラックスした時間が持てる時間帯にリビングで仕様したりその時間に足浴、手浴などもお進めします。また寝室で芳香浴することで、ゆっくり眠ることができるでしょう。

芳香浴などに香りのおすすめブレンド

  • グレープフルーツ…気分を爽快にし心を軽やかにしてくれる作用
  • ベルガモット…イライラした気持ちをリラックスさせ良いエネルギー循環を作る

これらの精油に少量のイランイランのアロマオイルを加えて使うと穏やかでゆったりした時間をすごすことができるでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691