アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても徐々に効果が薄くなっているような…。

長持ちさせるには、いつもとは違った香りを選ぶといいのかもしれません。香りによって持ちが違うので、どのように香らせたいかでぜひ選んでみてください。

アロマの香りを長持ちさせる方法や楽しむためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人から見た日本人の印象はこんなイメージだった!

日本にも多くの外国人の観光客が訪れますよね。 有名な観光地では、必ず海外の観光客の姿を多く見かけま...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

鍵の交換を自分でする方法!交換手順と注意するポイント

鍵の調子が悪く、開け締めがスムーズにいかない場合や、お子様が鍵を落としてしまった場合など、鍵の交換を...

猫のトリミングのポイントやコツとは?やり方を紹介します

猫のトリミングはどんなことをしたらいいのでしょうか?また、猫のトリミングのやり方とは? 愛猫を...

玄関のタイルに付着する白い粉の正体と掃除に必要な物と手順

ふと見た時に、玄関のタイルの部分に白い粉のような物が付着していることはありませんか? どこから...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。 まだまだ体が未発達な2歳児...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか? ...

雨で湿度が高い!ジメジメした嫌な湿度を下げる方法を教えて!

雨が降っていると家の中の湿度が高くなってジメジメ・・・。湿度が原因で気が滅入ったり、なんだかイライラ...

夫婦の生活で感じるストレス。解消の為に出来る事と円満のコツ

恋人同士の時は少しでも一緒にいたい、長くいたいと思っていた時期もあったでしょう。 夫婦になり一緒に...

ご飯を使った簡単安心おやつ!お子様に人気のレシピをご紹介

皆さんはお子様のおやつにはどんなものを出していますか? 理想は手作りという方も多いと思いますが...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか? そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

旦那が自己中で子供!そう!旦那という生き物はそういうものです

旦那の自己中っぷりに、本当にもう腹しか立たない。 子供より子ども! イライラする気持わか...

パーティーに差し入れするならコレがおすすめ!大人数でも大丈夫

大人数のパーティーの差し入れはどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。 みんなが...

スポンサーリンク

アロマは香りによって長持ちするかが違います

お店に行って、アロマの香りを探してみると、様々な種類がある事が理解りますよね。迷ってしまう。あなたの選択肢としては、「色んな種類の中でも、長持ちする物」という考えが頭にあると思います。

長持ち重視で選ぶのなら、柑橘系がお勧め

より香りが持つ物を買いたいなとあなたの優先順位が「香りがどれだけ長持ちするか」にこだわるのなら、様々な種類の中でも、リフレッシュな香りがする柑橘系をお勧めします。

柑橘系の香りは、香りが周囲に充満しやすい特徴を持っています。ですので、持続性も高い物があります。

柑橘系と言われると、どうしてもフルーツ系の香りを意識しますよね?それ以外の物で何か良い香りが持続する物は無いのか?そう思っているのなら、ラベンダーをお勧めします。

ラベンダーも他の香りと比べると香りが長く保たれます。お店でも購入しやすいアロマの種類になって来るので、柑橘系がラベンダーを買って見ましょう。特に柑橘系の香りは、心を安らげる効果があります。あなたの心が和らぐと思います。

混ぜるといい?アロマの香りを長持ちさせる方法

手元にお気入りのアロマの香りはあるけれど、中々この良い香りが長持ちしない事で悩んでいる方。解決法はあるので、安心して下さい。

香りには、実は3種類あります。トップ、ベース、ミドルという物になります。この3種類を混ぜた方が、あなたが気に入っている良い香りは長持ちして行くんです。

持続性のある良い香りは、ベースとミドルという香りが多く含まれている為、その良い香りが保たれます。あまり聞いた事がないかも知れませんね。どういった種類があるかというと、ベースには、バニラやミルラという香りがあり、ミドルには、ネロリ、パイン、ヒノキなど、あなたが聞いた事がある香りが多く含まれています。

柑橘系の香りが好きな方は多いと思います。この柑橘系の香りも、上記で紹介している、ベースとミドルの香りを混ぜてみると、より良い香りが持続して行きます。

「この香り、もう少し持って欲しい」と感じている方は、ベースとミドルの香りも混ぜて使用してみて下さい。あなたが想像している以上に、その良い香りが保たれて行くと思います。

アロマの香りが弱いときにはスティックに一工夫

アロマの香りが好きで、お部屋で使っているのだけど、なんだかその香りが弱く感じてしまう。私の使い方が間違っているのかしら?

あなたが使用しているスティック、古くなって来ているかも?

香りが以前より弱くなったと感じているのなら、スティックを確認してみて下さい。正直、古くなっている物は、香りも弱くなって来ているので、持続性はありません。

香りや弱くなって来ていたら、スティックを変えるサインだと思いましょう。新しいスティックだと、香りの強さが違ってきます。

部屋が乾燥していませんか?

乾燥していると、アロマの香りを発するスティックも乾いてしまい、香りが十分に部屋に漂う事が出来なくなってしまいます。もし、部屋が乾燥している、スティックも乾いているなと感じるのであれば、お部屋の湿度を上げてみましょう。

アロマの香りを長持ちさせるためにも場所に合わせてあげましょう

アロマの良い香りを部屋の中に充満させたいのなら、場所によって、やり方を変えるべきだと思います。家にも、小さな部屋やリビングの様な大きな部屋、様々な部屋があります。その部屋のサイズによって、アロマの香りを散らす方法を変えるべきだと思います。

広い部屋には、アロマディフューザーを使用する

アロマディフューザーの良さは、広いスペースに香りを発するのに適切なアイテムになります。よくお店に行ったら、このアイテムを見かける事も多いと思います。狭いスペースに使用すると、効果が有りすぎると思いますが、ある程度の広さがあるリビングにはアロマディフューザーの使用が適切だと思います。

よりほのかな香りを求めているのなら、アロマランプがお勧め

「ランプ」というだけあって、暗いお部屋に置くと、キャンドルの様な輝くを放ってくれます。少し提灯の様な雰囲気もあると思いますが、アロマランプの良さは、ハッキリとした香りではなく、ほのかな香りに憧れる方にお勧めになります。

アロマディフューザーは少しきつめの香りになります。より弱い香りを部屋に充満させたいのなら、アロマランプをお勧めします。

アロマの香りを楽しむにはこんな方法もおすすめです

アロマは本当に数多くの方法で良い香りを楽しむ事が出来ます。例えば、良い香りがして欲しい家の場所で大体トップに来るのは、玄関ですよね?

玄関に、アロマの香りを置くと、来客が来た時、「この玄関良い香りがしますね」と評判も良くなります。でも、ただ単純にアロマを玄関に置くだけではなく、重曹とブレンドして、可愛い容器に入れて上げると可愛らしいインテリアになります。

重曹は、嫌な臭いを消す効果があります。玄関は靴の臭いなど、嫌な臭いが漂う場所でもあります。その嫌な臭いを消し、アロマの良い香りをミックスして、玄関に置く。これで、急な来客が来ても、「日頃から香りに対して、きちんと対処しているのね」とあなたに対する好感度は高まります。

アロマにも重曹と混ぜて楽しむやり方があります。良かったら試して見て下さい。

良い香りを探しに、お店にアロマを探しに行くこともあります。どうやったら、そのアロマの香りを長持ちさせる事が出来るのか、その方法を上記の記事で説明して来ました。あなたの参考にはなりましたか?使うアイテムや部屋が乾燥している事も関連して来ます。アロマの状態にも注意が必要ですが、部屋の状態も注意深く観察して見て下さい。使用している物も古かったら、新しい物に変えましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691