字を綺麗に書くなら文字を綺麗に書く練習をしないこと

字を綺麗に書くコツは、ひたすら練習すること!?

そんなことはありません。

綺麗に書けない字を一生懸命反復練習しても、上達しないでしょう。

今回は、お手本を見ながら文字を書くのではなく、どのようにすると文字が上手に描けるようになるのかについて考えてみましょう。

文字を書くことへの考え方を変えるだけで、あなたも綺麗な文字を書くことができるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

自治会の役員の上手な断り方!円満な断り方と引き受けるメリット

自治会や町内会の役員をどうしてもやりたくないとき、どんな風に断れば良いのでしょうか。上手な断り方が分...

旦那の転勤。子供なしで転勤。孤独とさみしさを乗り越えるには

旦那の転勤による、精神的不安定さを抱えてしまう奥様はたくさんいらっしゃいます。転勤族だって知...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

車のブレーキが効かない!原因や覚えておきたい対処法と修理相場

車のブレーキが効かないのは大変危険です。走行中に突然ブレーキが効かないと焦ってしまいますが、そんなと...

バレエのコンクールは何歳から受けられる?対象年齢について

バレエのコンクールは何歳から受けることができるのでしょうか?先生からお声をかけてもらった、そろそろコ...

体を柔らかくする方法【バレエ】股関節を柔かく背中をしなやかに

体を柔らかくする方法。バレエダンサーのしなやかな動きは、鍛え上げられた筋肉と、しなやかな柔軟性に...

青い着物にぴったりのメイク。基本のメイクやリップやチークの色

一生に一度の成人式は思い出に残るものにしたですね。晴れ着の色も何色にしようか迷ってしまいます...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。し...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

風邪や熱があり寝るときの服装とは?寝巻きや布団のかけ方

風邪をひいてしまい寝るときにはどんな服装で眠るといいのでしょうか?寒いときには厚着をしたほう...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

電車に乗る時の子供の暇つぶし方法!ゲームやおすすめグッズ紹介

小さな子供を連れて電車に乗る時、長い時間電車を利用することで、子供が飽きてしまうことがあります。...

弟の結婚祝いの相場が知りたい!式なしの場合のお祝い事情

最近は色んな事情から、結婚式はしない「式なし婚」も増えていますね。兄弟が「式なし婚」の場合は...

幼稚園のランチ会の進め方とは?幹事でもこの流れでいけば大丈夫

幼稚園のランチ会で幹事となったときにはどんな進め方をしたらいいのでしょうか?一番、緊張するラ...

スポンサーリンク

字を綺麗に書くには〇〇を書く練習をしよう!

時代とともにパソコンやスマホの使用が多くなり、字を書く機会は少なくなっている傾向にあります。
久々に字を書いてみると、思ったようにペンを走らせることが出来ない、という経験した方もいるのではないでしょうか。

綺麗な字を書くために、たくさん練習をしなくてはと思うかもしれませんが、たくさん練習をすることが必ずしも上達につながるとは限りません。
綺麗に書けない字をいくら書いても、同じ字しか書けません。
上達するということとは違うのです。

では、字を綺麗に書くためには何をしたらいいのでしょう。

なんとその練習方法は、まずぐるぐると渦巻きを書いたり、規則的なジグザグを書くことです。
どちらもスムーズにペンを走らせないと、綺麗に書けない形です。

渦巻きの曲線を練習すると、字に必要な綺麗な丸みを書けるようになります。
また、規則的なジグザグを練習すると、自分の狙い通りの線を書くことが出来るようになります。

意外にも字が綺麗に書けないという方は、字の形そのものが悪いというよりも、丸みの付け方や狙い通りの線を書くということが出来ていないようです。

たった一日で!?字を綺麗に書くことができる!?

綺麗な字のコツを知れば、一日で綺麗な字を書くことが出来ます。

綺麗な字である条件は、字の形ももちろん関係ありますが、線がなめらかに流れていることです。
線がぎこちなく強ばっていると、綺麗な字という印象にはなりません。

力を入れる部分、力を抜いてペン先を滑らせる部分の強弱をなめらかに付けられると、それだけで字の見栄えはアップします。

大人がなめらかな線を書けない原因は、ペンの持ち方が大きく関係しています。

大人になるとペンの持ち方はなかなか直す機会がないので、正しくない持ち方でずっと字を書いてしまいます。

 

  • 指を曲げたままの持ち方
  • 字を書くときに、利き手の方向に傾いてしまう
  • 親指に過度な力が入り、握り込むような持ち方
  • 指先全体でペンを握りしめる持ち方
  • 小指を土台にする持ち方

 

正しくない持ち方をしていることに自覚のないままでは、字を綺麗に書く道のりは遠いでしょう。

字を綺麗に書くコツをつかんだらひたすら練習!

字を綺麗に書くためのコツを知ったら、ようやく練習を始めるスタートラインに来ました。
実際に練習を始めていきましょう。

字を綺麗に書く練習をするには、見本となる字を参考にする必要があります。

字に関する本やテキストもたくさんあるので、参考に出来るものの一つです。

本やテキストの多くには、字の見本と一緒に書き方のコツも紹介されているので、覚えたコツをすぐに字で表現することが出来るでしょう。

パソコンやスマホを使用することの多い方なら、無料で用紙をダウンロードして練習することも出来ます。

無料でダウンロード出来るなら、お財布を気にせずたくさん練習することが出来ますね。

練習出来る字も漢字だけではなく、ひらがなやカタカナもあります。
字の基本から練習出来るので、根本的に字を綺麗に直したいという方にはおすすめです。

字をイヤイヤ書きながら練習しても綺麗に書くことはできません

字を綺麗に書けないという方には、字を書くことが嫌い、苦手という意識を持っている方も多いです。

反対に字が綺麗な方は思い通りの字を書けるので、字を書くことが楽しく苦痛ではないと感じる方が多いようです。

ということは、字が綺麗に書けるようになれば、字を書くことが嫌いという意識まで変わるかもしれないのです。

最初は綺麗な字ということだけにこだわらず、自分で好きだと思える字の段階を目指しましょう。
自分の字を見ることへの嫌悪感を抱いたままでは、綺麗な字を書くまでにはかなりの時間を要します。

自分の字を好きになることが出来れば、字を書くことが楽しくなるので、練習することにも抵抗がなくなるはずです。

嫌だという気持ちのままでは、練習している時間がもったいないですよ。

練習しないで!?字を綺麗に書く方法とは

字を綺麗に書くためには、もちろん練習をすることも大切です。
しかし、中には練習する時間をなかなか確保出来ない、という方もいるでしょう。

練習が出来なければ、字を綺麗に書くことは出来ないのか、と思ってしまいますが、練習をしなくても綺麗な字のポイントを押さえられたら大丈夫です。

 

練習をしなくても綺麗に字を書くためのポイント

字の隙間

意外と見落としてしまいがちなのが、この字の隙間に関することです。
綺麗な形、なめらかな線ということばかり意識をして、字の隙間を疎かにしていませんか。

特に漢字の場合は、隙間のバランスも含めた上で、字の印象をとらえます。
隙間が均一でなかったり、バランスが悪いと雑な字という印象になりがちです。

綺麗に字を書くときは、線同士の隙間にも意識してみましょう。

字の形

日本語にはひらがな、カタカナ、漢字とさまざまな字を使い分ける必要があります。
多くの字を均等に綺麗に書くのは大変なことのように思いますが、実はどの字も全て何かしらの形に当てはまっているのです。

例えば「の」「め」という字は、全体のシルエットが丸い形をしています。
「す」「百」はひらがなと漢字という違いはあっても、逆三角形の形にすっぽり当てはまる字なのです。

このようにそれぞれの字がどのような形になるのか、ということを考えることが出来るとバランスが良くなり字は綺麗に見えるのです。

字の大きさ

このポイントは知っている方も多いかもしれません。

字を単体で書く場合はあまり意識することではないのですが、文章を書く場合はこのポイントを意識して下さい。

ひらがなやカタカナのように、画数の少ない字は小さめに書く。
漢字は少し大きめに書く、ということです。

画数の異なる字の大きさを変えると、メリハリのある印象になります。
印刷物なんかもよく見てみると、字の大きさのバランスを変えていることがあります。
この若干の字の大きさの違いが、上手で見やすいと思わせるポイントなのです。