作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか?
清潔な容器ですぐに食べるのでればそれほど気にする必要はありませんが、作り置きで心配な食中毒を防ぐためには、やはり消毒は欠かせません。
では、どのような方法で消毒すればいいのでしょうか。
作り置きを作るコツや注意点と併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。 し...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

文房具をアレンジで簡単可愛くさせるコツ!仕事の効率もアップ

文房具は簡単にアレンジするだけで自分だけのオリジナル文房具へと変身できちゃいます。 では、簡単...

市販のパック餅をつきたてに再現する3つの方法

スーパーに行くとパックに入った餅が売られていますが、そのパック入りの餅を、なんとつきたての餅に再現で...

綺麗なママについ嫉妬してしまう!でも態度に出すのはNGです

綺麗なママって、何をしたわけでは無くても周りから嫉妬されてしまうことがあるんですよね・・・。 ...

アラサーで一人暮らしを始める。そのきっかけと必要性につてい

アラサーで一人暮らしを始めるきっかけとは? 逆に言うと、アラサーまで一人暮らしだったなんてと周...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

雲の流れが早いのはなぜ?流れや動きと種類・天気の関係を解説

ふと空を見上げると、雲の流れが早いことに気がつく事もあります。雲の流れが速い時、天気にはどんな影響を...

鍵の交換を自分でする方法!交換手順と注意するポイント

鍵の調子が悪く、開け締めがスムーズにいかない場合や、お子様が鍵を落としてしまった場合など、鍵の交換を...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。 ...

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

主婦のランチは節約ランチ!毎日のランチの予算と節約アイデア

主婦が一人で食べるランチはどのようなものを食べているのか気になりませんか?主婦が家で一人で食べるラン...

福神漬けがカレーに添えられる理由について調べました

カレーの横に添えられている赤いもの、そう誰もが知っている「福神漬け」ですよね。 福神漬けとカレ...

猫に睡眠を邪魔される!カワイイけど寝たい!そんなあなたへ

猫に睡眠を邪魔されて、いつもいつも寝不足状態…。 かまって欲しくて起こしに来る姿はとってもカワ...

車のブレーキが効かない!原因や覚えておきたい対処法と修理相場

車のブレーキが効かないのは大変危険です。走行中に突然ブレーキが効かないと焦ってしまいますが、そんなと...

スポンサーリンク

作り置きをする時、容器の消毒は必ず必要なのか

作り置きおかずは、忙しい主婦の救世主ですよね。
一品あるだけで、ご飯支度はグンッと楽になります。

しかし、不安になることもありますよね。
作ってすぐに食べきるわけではないので、傷んでしまわないかなという点です。
そんな時に気なるのは、「保存容器の消毒」ではないでしょうか。

面倒でしていないという方もいるかも知れませんが、作り置きする時には必ず容器を消毒するようにしましょう。

消毒していない容器では、早い段階で傷んでしまう可能性が高いからです。

作り置きのために作ったおかずが一晩で傷んでしまって食べられないなんてことが無いとも限りません。
それでは、時間と食材の無駄ですよね。

作り置きおかずは、保存できる点がメリットですから、翌日や翌々日もしくはそれ以上先にに食べる予定で作る方もいらっしゃいます。
安心して食べるためには、消毒は必須と言えるでしょう。

作り置きの容器を消毒する一番簡単で便利な方法

作り置きおかずを保存する時には、必ず必要になる容器の消毒。

食品関係の消毒というと「熱湯消毒」が思い浮かぶと思いますが、それよりももっと手軽な方法があります。
それは、アルコールスプレーです。

作り置きおかずを保存したい容器の内側と外側にアルコールスプレーを吹きかけるだけです。

そのまま自然乾燥でも良いですし、すぐに使いたいなら綺麗な布巾やキッチンペパーで拭くと良いでしょう。
蓋も忘れずに消毒してくださいね。

保存容器は洗った後に消毒していても、使う前には必ずもう一度消毒するのがおすすめです。

アルコールスプレーはドラッグストアやホームセンターなどで購入することが出来ます。

容器の消毒だけじゃない!作り置きを作る時の注意点

作り置きおかずを容器で保存する時に気をつけたいことは、容器の消毒以外にもあります。

取り分ける為につかう端やスプーンに雑菌がついていては、せっかく容器を消毒しても意味が失くなってしまいますよね。

取り分けにつかう端やスプーンもアルコールスプレーでしっかりと消毒しましょう。

また、舐めた端やスプーンを使うのもおすすめできません。

また、調理に使う包丁やまな板、お鍋などの調理器具も、消毒してから使うとより安心です。
もちろん、調理前には手洗いも忘れずに行ってくださいね。

作り置きおかずを調理する時のポイントは、しっかりと加熱すること、少し濃いめの味付けにするです。

また、味付けの調味料の水分などはできるだけ飛ばすようにしましょう。
この作業は雑菌の繁殖だけでなく、風味を風味を保つ為にも重要です。

容器に入れた作り置きおかずは、よく冷ましてから冷蔵庫へ入れることが大切

作り置きおかずとは、「数日間の保存が可能であること」が大前提ですよね。
でなければ、まとめて作る意味がありません。

保存期間をできるだけ長くする為に必要なことは、傷みの原因となる雑菌を減らすことです。
そのために、容器をしっかり消毒してから使いましょうというお話をさせていただきました。

できるだけ長く保存したいなら、もうひとつ注意してほしいことがあります。
それは、冷蔵庫へ入れる時の温度です。

作り置きおかずがまだ温かいうちに蓋をして冷蔵庫に入れると、水蒸気が冷えて蓋に水滴がついてしまいます。
雑菌は水分を好みますから、繁殖の手助けをしてしまうことになるのです。

雑菌が繁殖してしまうと、食品は傷んでしまうので当然食べることはできません。
これでは、せっかくの作り置きも無駄になってしまいます。
さらに、作り置きを食べる予定だった日には、他のおかずを準備しなくてはいけなくなりますから、調理の労力も食費も、倍必要になってしまいますね。

その様なことを避けるためにも、作り置きおかずは冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。
冷めるまでの時間は、調理を頑張った自分を労ってゆっくりとティータイムでも楽しむのがおすすめです。

作り置きは手間がかかるが、食材カットだけでも料理の時短になるのでおすすめ

「1週間分のおかずを作り置き」などを耳にしますが、それではかなりの量のおかずを作らなくてはいけませんよね。
家族の人数にもよりますが、食べ盛りの子供が2人もいれば一品の量も増えますから、相当大変な作業です。
私も一度チャレンジしましたが、3日以上たったおかずを食べることに抵抗があったのと、買い出しと料理で休日が丸一日潰れてしまうことに耐えきれなくなり、やめてしまいました。

私と同じ様な方には、「ながらカット」の野菜を作り置きするのがおすすめです。

例えば、「当日の夕食のメイン料理用に玉ねぎをカットするついでに、朝食のみそ汁分もカットして冷蔵庫にれておく。」と言うような具合です。
翌朝は鍋に前日の玉ねぎを入れて火にかけるだけですから、とても楽ですよ。

数日分のレシピを先に決めてしまう方なら、野菜のカットだけは時間のある時に終わらせておくと、調理の時間がグッと短縮できます。
カットした野菜は、痛みやすいので翌日もしくは翌々日には使い切るのがおすすめです。
また、たくさんのおかずを作るのは面倒でも、少し多めに作るのはそれほど手間ではありませんよね。
ですから、どうせ作るなら2日食べる予定で多めに作るのがおすすめです。

毎日多めにおかずを作れば、前日の残りと当日作ったもので2品のおかずが揃うことになります。
多めに作るおかずを副菜にして、メインは毎日作るとしたら、「一汁三菜」も可能になります。

作り置きはとても便利な方法ですが、そのために自分が辛くなるのでは本末転倒ですよね。
自分の生活スタイルに合った作り置き方法を見つけるのがおすすめです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691