作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか?
清潔な容器ですぐに食べるのでればそれほど気にする必要はありませんが、作り置きで心配な食中毒を防ぐためには、やはり消毒は欠かせません。
では、どのような方法で消毒すればいいのでしょうか。
作り置きを作るコツや注意点と併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ホイップクリームを保存するなら冷蔵?冷凍?オススメの保存方法

ホイップクリームって意外と余ってしまい困りませんか?冷蔵保存でどの位持つのかが気になりますよね。...

父親・母親から受け継ぐ遺伝。二つの遺伝子の行方について

父親の遺伝が強いとか、母親からしか受け継がれない遺伝子があるとか、子供への遺伝については諸説様々あり...

旦那が転職?離婚したいなんて言わず旦那を支えるのが得策

旦那が急に転職すると言い出したら、妻としてあなたはどうしますか?妻が離婚したいと思うタイミングに夫の...

目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

桃の色々レシピ。シロップがジュースやゼリーやジェラートに変身

そのまま食べても美味しい桃ですが、たくさんあったりちょっと固いなという場合には桃を使って色々な食べ方...

スモック【保育園・幼稚園用】の簡単かわいいアレンジアイデア

保育園や幼稚園で着るスモック。もう少しかわいくアレンジしたいと思うことがあると思います。そこで、...

雨の日にスニーカーではなくサンダルを履く場合の注意点

雨の日はどうしても靴が濡れてしまいますよね。「どうせ濡れるなら」とあきらめてスニーカーを履く人も多い...

粘土工作が幼児に与えるメリット!粘土は子供の脳を発達させる

粘土を使って工作を作ると、幼児の発達に色々な嬉しいメリットを与えます。小さいうちから粘土を使って子供...

快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によって...

セキセイインコが野菜を食べない場合に飼い主ができることとは

セキセイインコの健康のためにも飼い主としては野菜を食べてもらいたいですよね。でも、中には野菜...

高校の卒業式に保護者が出席する割合と親や子供の気持ち

お子さんの小学校・中学校の卒業式には出席された保護者の方も多いと思います。仕事の都合で出席で...

卵のカラザの簡単な取り方、カラザの役割や栄養について

卵を割ると黄身の横に白いカラザがありますが、その取り方に苦戦する方も多いのではないでしょうか。...

水彩色鉛筆の使い方!初心者向けのポイントやコツを紹介します

水彩色鉛筆の使い方は初心者には難しい?普通の色鉛筆よりもなんだか敷居の高い水彩色鉛筆ですが、コツやポ...

スポンサーリンク

作り置きをする時、容器の消毒は必ず必要なのか

作り置きおかずは、忙しい主婦の救世主ですよね。
一品あるだけで、ご飯支度はグンッと楽になります。

しかし、不安になることもありますよね。
作ってすぐに食べきるわけではないので、傷んでしまわないかなという点です。
そんな時に気なるのは、「保存容器の消毒」ではないでしょうか。

面倒でしていないという方もいるかも知れませんが、作り置きする時には必ず容器を消毒するようにしましょう。

消毒していない容器では、早い段階で傷んでしまう可能性が高いからです。

作り置きのために作ったおかずが一晩で傷んでしまって食べられないなんてことが無いとも限りません。
それでは、時間と食材の無駄ですよね。

作り置きおかずは、保存できる点がメリットですから、翌日や翌々日もしくはそれ以上先にに食べる予定で作る方もいらっしゃいます。
安心して食べるためには、消毒は必須と言えるでしょう。

作り置きの容器を消毒する一番簡単で便利な方法

作り置きおかずを保存する時には、必ず必要になる容器の消毒。

食品関係の消毒というと「熱湯消毒」が思い浮かぶと思いますが、それよりももっと手軽な方法があります。
それは、アルコールスプレーです。

作り置きおかずを保存したい容器の内側と外側にアルコールスプレーを吹きかけるだけです。

そのまま自然乾燥でも良いですし、すぐに使いたいなら綺麗な布巾やキッチンペパーで拭くと良いでしょう。
蓋も忘れずに消毒してくださいね。

保存容器は洗った後に消毒していても、使う前には必ずもう一度消毒するのがおすすめです。

アルコールスプレーはドラッグストアやホームセンターなどで購入することが出来ます。

容器の消毒だけじゃない!作り置きを作る時の注意点

作り置きおかずを容器で保存する時に気をつけたいことは、容器の消毒以外にもあります。

取り分ける為につかう端やスプーンに雑菌がついていては、せっかく容器を消毒しても意味が失くなってしまいますよね。

取り分けにつかう端やスプーンもアルコールスプレーでしっかりと消毒しましょう。

また、舐めた端やスプーンを使うのもおすすめできません。

また、調理に使う包丁やまな板、お鍋などの調理器具も、消毒してから使うとより安心です。
もちろん、調理前には手洗いも忘れずに行ってくださいね。

作り置きおかずを調理する時のポイントは、しっかりと加熱すること、少し濃いめの味付けにするです。

また、味付けの調味料の水分などはできるだけ飛ばすようにしましょう。
この作業は雑菌の繁殖だけでなく、風味を風味を保つ為にも重要です。

容器に入れた作り置きおかずは、よく冷ましてから冷蔵庫へ入れることが大切

作り置きおかずとは、「数日間の保存が可能であること」が大前提ですよね。
でなければ、まとめて作る意味がありません。

保存期間をできるだけ長くする為に必要なことは、傷みの原因となる雑菌を減らすことです。
そのために、容器をしっかり消毒してから使いましょうというお話をさせていただきました。

できるだけ長く保存したいなら、もうひとつ注意してほしいことがあります。
それは、冷蔵庫へ入れる時の温度です。

作り置きおかずがまだ温かいうちに蓋をして冷蔵庫に入れると、水蒸気が冷えて蓋に水滴がついてしまいます。
雑菌は水分を好みますから、繁殖の手助けをしてしまうことになるのです。

雑菌が繁殖してしまうと、食品は傷んでしまうので当然食べることはできません。
これでは、せっかくの作り置きも無駄になってしまいます。
さらに、作り置きを食べる予定だった日には、他のおかずを準備しなくてはいけなくなりますから、調理の労力も食費も、倍必要になってしまいますね。

その様なことを避けるためにも、作り置きおかずは冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。
冷めるまでの時間は、調理を頑張った自分を労ってゆっくりとティータイムでも楽しむのがおすすめです。

作り置きは手間がかかるが、食材カットだけでも料理の時短になるのでおすすめ

「1週間分のおかずを作り置き」などを耳にしますが、それではかなりの量のおかずを作らなくてはいけませんよね。
家族の人数にもよりますが、食べ盛りの子供が2人もいれば一品の量も増えますから、相当大変な作業です。
私も一度チャレンジしましたが、3日以上たったおかずを食べることに抵抗があったのと、買い出しと料理で休日が丸一日潰れてしまうことに耐えきれなくなり、やめてしまいました。

私と同じ様な方には、「ながらカット」の野菜を作り置きするのがおすすめです。

例えば、「当日の夕食のメイン料理用に玉ねぎをカットするついでに、朝食のみそ汁分もカットして冷蔵庫にれておく。」と言うような具合です。
翌朝は鍋に前日の玉ねぎを入れて火にかけるだけですから、とても楽ですよ。

数日分のレシピを先に決めてしまう方なら、野菜のカットだけは時間のある時に終わらせておくと、調理の時間がグッと短縮できます。
カットした野菜は、痛みやすいので翌日もしくは翌々日には使い切るのがおすすめです。
また、たくさんのおかずを作るのは面倒でも、少し多めに作るのはそれほど手間ではありませんよね。
ですから、どうせ作るなら2日食べる予定で多めに作るのがおすすめです。

毎日多めにおかずを作れば、前日の残りと当日作ったもので2品のおかずが揃うことになります。
多めに作るおかずを副菜にして、メインは毎日作るとしたら、「一汁三菜」も可能になります。

作り置きはとても便利な方法ですが、そのために自分が辛くなるのでは本末転倒ですよね。
自分の生活スタイルに合った作り置き方法を見つけるのがおすすめです。