バレエのコンクールは何歳から受けられる?対象年齢について

バレエのコンクールは何歳から受けることができるのでしょうか?先生からお声をかけてもらった、そろそろコンクールを受けさせてあげたい、などバレエを習っているお子さんのお母さんであれば気になるのがコンクールを受けるタイミングですよね。

コンクールはどんなタイミングで受けるといいのでしょうか?

コンクールを受けることによって、もしかしたら自信をなくしてしまうかもしれません。逆にもっとバレエに励むようになるかもしれません。受けてみなくてはわかりませんが、伸びる子は後者です。バレエのコンクールを受ける時期についてを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔が揺れる女子が嫌われる理由と緊張で揺れないための対処法とは

顔が揺れる女子に対して嫌悪感を抱く人が多いのはどうしてなのかご存知でしょうか。そもそも顔が揺...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

土間コンクリートをDIY!必要な道具や作業工程などを解説

土間コンクリートをDIYできたら…と思っていませんか?ちょっとした広さであれば業者に依頼しな...

圧力鍋で時短できるのはどれくらい?こんなに時短できます

圧力鍋はどれくらいの時短ができるのでしょうか?扱いが難しいのでは?失敗しそう…など時短は気になるけれ...

100均の材料でDIYアクセサリーハンドメイド初心者でも簡単

ハンドメイドでアクセサリーを作る方も多いですが、ハンドメイドの材料もいろいろと揃えると、市販のアクセ...

待ち合わせに遅刻する人の対処方法連絡なしの場合は帰るのもアリ

待ち合わせではいつも待たされてばかり。毎回のように遅刻してさらに連絡なしの彼氏や友人に振り回されて疲...

小学校の先生へ上手にクレームを言うには?伝え方について

小学校の先生にクレームを言うときにはどのようにして伝えたらいいのでしょうか?クレームを言うと...

肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい!力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。...

体を柔らかくする方法【バレエ】股関節を柔かく背中をしなやかに

体を柔らかくする方法。バレエダンサーのしなやかな動きは、鍛え上げられた筋肉と、しなやかな柔軟性に...

仕事の失敗で落ち込む時の対処法!失敗を自分の成長に活かすには

仕事で失敗やミスをしてしまうと落ち込むことがあります。どうして失敗したのか、自分は仕事ができないので...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

子猫を捕獲したい!ダンボールで捕獲する方法とポイントを解説

近所にいる野良猫の子猫を捕獲して飼いたいと考えている人もいますよね。子猫を捕獲する時は、捕獲器を使う...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。私立の理...

セキセイインコの性別の見分け方。「ろう膜」や体や性格の特徴

セキセイインコを飼う場合に、ヒナから飼いたいと思うでしょうが性別の判断はどこでするのでしょう。ペ...

スポンサーリンク

何歳から受けることができる?バレエのコンクール

お子さんがバレエを習っていて、これからバレエのコンクールにも出場させたいと思っています。何歳からバレエのコンクールに出場できるのか、年齢制限が気になります。

認知度の高いバレエのコンクールになると、それだけ技術も求められているからなのか、年齢は15歳ごろからになります。ただ、それは日本中心ではなく、海外も含まれています。

私の子供はそこまでのレベルに達する事ができるのかもわからないという方。地域のバレエのコンクールとなると、年齢制限はもっと若くなります。大体のコンクールは小学校に入学していれば、出場は可能なので、あなたのお子さんが幼稚園であれば、もう少し、小学校であれば、これからバレエのコンクールに出場が可能になります。

世界レベルになると、年齢も高校生くらい、地域的なコンクールであれば、小学生でもバレエのコンクールに出場は可能です。

ただ、上記は一例なので、もしかしたら活躍の場はもっと広いかもしれません。通っている教室の先生にも確認するべきです。

バレエのコンクールは何歳から受けるかは先生が決める

お子さんがバレエを習っていて、レベルが上がってきたのでは?と保護者の目から感じられると、つい「私の子供はバレエのコンクールに出れるのでは?」と期待します。

お子さんのレベルがバレエのコンクールに出れるまでに達すると、先生の方から「これからバレエのコンクールがあるのだけど、出てみませんか?」と声がかけられます。

ご両親ができる事は、お子さんの成長をじっくりと見守ってあげる事だと思います。お子さんがバレエの分野で活躍する事ができて、先生の目にも「これからどんどんレベルが上がってくるな」と認められているのなら、遅かれ早かれ、先生から声がかかります。

先生からその「見極め」の判断が下されたら、お子さんも保護者の方々も忙しくなります。先生にあなたのお子さんがバレエのコンクールに出る事ができるか、判断は任せましょう。

ついつい、「私の子供はもう出場できるのでは?」と思いがちです。年齢の事も考えて、先生に判断を委ねましょう。

バレエのコンクールを受けることで意識が変わる

お子さんがこれからバレエのコンクールに出ます。保護者の方は、お子さんがバレエのコンクールに出ると、成長します。

保護者の方もより成長したお子さんの姿を見れます。でも、それ以上に、お子さんも「自分以上にレベルの高い選手がいるんだ」とライバル意識を持ったり、今まで以上に自分を高める意識を持ち始めます。

例え通っている教室であなたのお子さんのレベルが高くても、他の教室でよりレベルの高い方もいます。国際大会になると、他国の選手の方で、バレエのダンスでも本場の選手を見かけ、どうしても勝てないなんて悔しい経験もします。

そこから伸びるのか伸びないかはお子さん次第です。伸びる人もいれば、伸びない人もいます。でも、バレエのコンクールに出る事で、今の自分のレベルでは満足できない自分を発見できます。

バレエのコンクールに出るという事は、更に高いレベルに触れる事になります。

何歳からバレエのコンクールを受けたらいいかは本人にも確認をとりましょう

お子さんがバレエ教室に通っていて、先生から「バレエのコンクールに出てみませんか?」とお声をかけて頂きました。

保護者の方はお子さんの実力を認めてもらったのですから、とても嬉しいニュースで心が弾んでいます。でも、ここが難しいのですが、お子さんがバレエのコンクールに出たいのか、意思確認は行いましょう。

子供によっても異なりますが、そんなにバレエが好きではなく、コンクールまで目指す気は無いと思っているお子さんもいます。そんなお子さんにとって、いくら技術はコンクールレベルであっても、「コンクールに出る」というのが相当な負担な場合があります。

強制的にお子さんをバレエのコンクールに出場させても、本人の心の傷になります。そこはお子さんの意志を尊重するべきです。

バレエの先生に「出てみませんか?」と聞かれるのは、それだけ本人に実力があることです。ですが、実際に出るかどうかは本人の意志に任せましょう。

バレエのコンクールは糧になりますが最終的な目標を忘れずに

バレエのコンクールに出場し続けて、自分にある実力を高めるのは、素晴らしい経験になります。

自信も付きます。ですが、何をするにしても、どのゴールに向かって走っているのか、ゴールは明確にすべきだと思います。

バレエを本格的にやりたいのであれば、日本で行われるコンクールばかりで優勝をしていても、そこからは成長はしません。海外のコンクールも視野に入れ、将来は何になりたいのか、その為には何をすれば良いのか、どの道を進めば良いのか、見極めるべきです。

あなたが将来進みたい道に進むにも、どの進路を進むべきなのか、道順があるはずです。それをはっきりさせて、あなたが掲げているゴールに辿り着ける様にしましょう。

バレエのコンクールは何歳から出れるのか、大体の年齢について説明しました。あなたの参考にはなりましたか?先生からその様なお声がかかるのは、あなたのお子さんが優秀な証拠です。ただ、お子さんにコンクールに出る意志があるのか、よく話し合う事が大切です。将来何になりたいのか、バレエ関連なのか、お子さんと良く将来についても話し合いましょう。