革製品をクリームで再生させよう!100均グッズも使えます

長く革製品を使っているとどうしてもツヤがなくなってきてしまいますが、クリームを使って磨くことで再生させることができます。

しかし、磨き方や使用するグッズを間違えると、傷がついてしまう可能性もあるので注意が必要です。

今回は、革靴や革財布などの革製品をクリームを使って磨く方法を説明します。さらに100均グッズも一緒に使用することで、革製品を再生させることができるのです。

まずは革靴から始めてみましょう。見違えるようにピカピカになるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスタオルを使わない割合って結構多いの?の疑問について

バスタオルを使わない家庭の割合って、どのくらいか知ってますか? 私も常々疑問に思っていました。...

男性の太ももの平均的な太さとは?細くするための方法も解説!

スピードスケートや自転車競技などのスポーツをしている人の太ももってかなり太く感じますが、男性の平均的...

うさぎが足ダンする理由と夜中に行った場合の対処法を徹底解説

幼稚園などでうさぎを飼っていると「うさぎを飼いたい。」と子供にねだられることもあるかもしれません。 ...

石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

シャンデリアの掃除方法は?簡単にできるシャンデリアの掃除方法

自宅にシャンデリアが飾られている人もいますよね。とっても豪華できれいですから、見ていてうっとりするこ...

No Image

プロ野球の契約更改の仕組みとは?一般人とは違う世界を解説!

個人事業主であるプロ野球選手。シーズンが終了すると年棒の金額が発表になったり、FAするというニュース...

外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはか...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

目を大きくする方法は?子供も大人も気になるその方法を紹介!

目を大きくする方法が知りたい! 子供の目が小さいから大きくする方法を知りたい人、また、大人でも目を...

髪の毛の外ハネを直す方法!外出先でも直せる方法と外ハネ対策

髪の毛が外ハネするとなんだか気が滅入りませんか?キレイにスタイリングした髪の毛ので外出する方がテンシ...

免許【合格するコツ】学科試験の重要なポイントと注意点

免許合格のコツについては、日頃からの準備が大切です。学科試験にはなんとか一回で合格して、次の実技試験...

目つきが怖いのを治す方法!怖く見える原因と改善方法

周りの人から「目つきが怖い」とか「何か怒ってるの?」と言われたことはありませんか?自分では、普通の真...

チンチラのケージに必要な大きさとケージ選びのポイント

チンチラを飼う場合には色々な飼育道具が必要になりますが、中でも重点を置きたいのがケージです。 チン...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

スポンサーリンク

100均のクリームなどを使った革製品の磨き方【革靴編】

革靴を100均グッズできれいにお手入れ

靴やカバン、ジャケットなどに革製品を愛用しているという方も多いでしょう。

革製品は、素材の独特な質感が魅力的ですよね。

そして、革の手入れをしながら使えば、長く使うこともできます。

使うごとに革にツヤやシワなどの味が出て、革が”育つ”とも言われています。

革製品を大切に使うためには欠かせないお手入れですが、専門店でお手入れグッズを購入すると、結構な金額に驚くことがあります。

特に、頻繁に使う革靴を磨くのに使うクリームはすぐなくなってしまうので、お手入れグッズにお金をかけるのはちょっと…と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな時には手軽に入手できる100均のお手入れグッズを使って、革靴のお手入れをしてみてはいかがでしょう。

靴を磨くためのクリームや、ブラシ、クリーナーなど、靴に使う様々なアイテムが100均には豊富に揃っています。

靴に塗る専用のクリームも色別に揃っているため、自分の靴に合わせた色のクリームを選ぶことが出来ます。

革靴を磨くためには、いきなりクリームを塗ってもきれいにはなりません。

靴の表面に付いた土埃などをまずはきれいにしましょう。

靴の凹凸に入り込んだ埃も、細かいブラシ(使い古しの歯ブラシなど)を使って、きれいに落としましょう。

さらに、ウェットシートを使って、表面の汚れを落とします。

100均で手に入る靴用クリーナーシートが活躍します。

そして、靴用クリームを靴全体に塗って、クロスなどで磨くという流れが靴磨きの方法です。

革製品のメンテナンスに100均グッズを使う方法【革財布編】

100均のマイクロファイバークロスが革製品のお手入れに大活躍

革製品に使われている革は、お手入れ次第で革独自のツヤが出て、長持ちさせることが出来ます。

革製の財布は、柔らかい革を使っていることが多いため、お手入れは優しく行うようにしましょう。

革財布のお手入れには、100均で売っている”マイクロファイバークロス”が活躍します。

マイクロファイバークロスは、繊維が非常に細かいので、革の凹凸に入り込んだ汚れも簡単にしっかり落としてくれます。

革財布の表面に付いた汚れ落としのための乾拭きから、クリームを付けた後に行う仕上げ磨きまで、マイクロファイバークロスを複数使えば、革財布のお手入れに便利です。

毎日使う大切な革財布は、適度はお手入れをしながら長く愛用したいですね。

100均のクリームを使って革製品を磨いてみましょう

革製品にクリームを塗ることの意味とは

革製品のお手入れに、クリームも欠かせないものです。

革にクリームを塗ることで、革の持つ本来の色やツヤを蘇らせることが出来るばかりではなく、表面出来るクリームの油脂膜が革製品に汚れや傷が付くことを守るという役割もあります。

言わば、人の肌に塗る乳液や美容液のようなものです。

革に必要な栄養成分も含まれているので、クリームを塗ったお手入れで革製品を長持ちさせることが出来ます。

革製品をお手入れするには、革靴のお手入れと同様、全体の汚れをウェットシートやクリーナーシートで拭いてから行いましょう。

革財布のような小物にクリームを塗る時には、大きさに合わせて使うクリームの量も少量にし、乾いた布巾やタオルでクリームを全体に行き渡らせるようなイメージで磨きます。

革の表面に付いた傷やくすみも、クリームを塗って磨くことで革のツヤが戻り、新品のような状態にすることができます。

クリームを使った革製品のお手入れの頻度と注意点

革製品の頻繁なクリームのお手入れは革の劣化につながる

革製品をクリームで手入れしてみると、くたびれていた革が買ったばかりのような状態に戻ってビックリしたという人もいるでしょう。

私も、長年放置していた革製品を初めて磨いた時、まさに革が生き返った状態に驚きました。

でも、革の手入れは、”たまに”行うのが効果的です。

植物に毎日たっぷりの水を与えていたら枯れてしまうように、毎日クリームを塗っていると、革が弱って傷んでしまいます。

革製品は大体、月に1回のお手入れが理想的です。

汚れを取るために革製品を乾拭きするのは、こまめに行う方が良いですが、クリームを使ったお手入れは革へのご褒美として月一度を目安に行うようにしましょう。

100均の靴用クリームにはいろいろな種類があります

100均に売っている靴クリームの種類

靴の専門店で革靴のお手入れグッズが置いてありますが、ひと通り揃えるとなると、靴1足買えるくらいの金額になることもあります。

靴ブラシなどに良いものを使うとなれば、それなりの金額になることも。

靴の手入れの目的は、靴の汚れを落として革のツヤを引き出すということです。

道具を安く揃えて、目的に到達できればそれに越したことはありません。

100均の靴のお手入れグッズは、前項までにご紹介したように豊富に揃っています。

靴クリームだけでも、色を出す物やツヤを出す物、ワックスのように塗った部分を光らせることが出来る物、また防水効果も併せ持ったものなど、用途に応じて様々な種類があります。

お手持ちの革製品と目的に合った靴クリームを使って、革靴を正しくお手入れして長持ちさせたいですね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691