小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。

もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありますが、スタンダードではないようですね。

また、銀行は小銭の枚数によって『入金』だとしても『両替』扱いにされ手数料がかかることがあります。

ですから、家に大量の小銭がある場合や、財布の小銭をこまめに預け入れする『小銭貯金』をするなら、だんぜん郵便局がおすすめです!

小銭を扱う仕組みや、郵便局のATMについて詳しくご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

昭和に流行ったこんな言葉…。昭和死語でレッツバブリー!

昭和に流行った言葉はたくさんあります。平成生まれの方には理解の難しい言葉がたくさんあると思い...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。私立の理...

猫の居場所は?雨の日に野良猫がいる場所とエサや過ごし方を解説

しとしとと雨が降っている雨の日、野良猫たちが一体どこで過ごしているのか気になる人もいますよね。家の中...

風邪や熱があり寝るときの服装とは?寝巻きや布団のかけ方

風邪をひいてしまい寝るときにはどんな服装で眠るといいのでしょうか?寒いときには厚着をしたほう...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。ですが場合...

日本で面積が一番小さい県と世界で一番小さい国について解説

日本の中で面積が小さい県は「大阪府」だと聞いたことはありませんか。しかし、今は「香川県」が一番面積が...

まつげに白髪が生える原因と対策・長い時間目を酷使するのはNG

ふと鏡を見ると、まつげに白髪が生えているのを発見!まつげに白髪が生えるなんて思っても見なかったという...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

字を綺麗に書くなら文字を綺麗に書く練習をしないこと

字を綺麗に書くコツは、ひたすら練習すること!?そんなことはありません。綺麗に書けない...

セラミックフライパンが焦げ付く原因は2つ!使い方に注意

表面が白くおしゃれな印象が強いセラミックフライパン。滑りが良く料理がしやすいフライパンですが、間...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか?卵かけご飯やす...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。入園式はあ...

スポンサーリンク

今流行りの小銭貯金!買い物帰りに郵便局ATMに立ち寄ろう!

「しよう」と思っていても中々行動に移すことができない「貯金」。
貯金をするに越したことはありませんが、貯金の習慣が無かったり、経済的な事情がある場合には、一度に大きな額を口座に入れることを難しく感じる方も少なくありません。

そこで今流行っているのが「小銭貯金」です!
小銭貯金とは、買い物帰りなどで財布に余っている小銭を口座に入れる貯金の方法で、貯金が難しい方でも気軽にできる貯金です。

基本的に、小銭を入金する口座は金融機関であればどこでも問題ありませんが、金融機関によっては小銭の入出金を取り扱っていない場合も多くあります。
そのためオススメなのは「郵便局」です。
郵便局では、小銭の入出金を取り扱っており、また、全国のどの地域にもほぼ確実にあるため立地面でも安心です。

小銭貯金は日々の積み重ねで長い時間をかけて無理なく貯金をしていく貯金方法です。
大きな額の貯金は難しいと感じている主婦の方!簡単にできるこの「小銭貯金」を始めてみてはいかがでしょうか。

大量の小銭を貯金するなら郵便局へ持ち込むことをおすすめします

「貯金」の方法には様々な方法がありますが、その中のひとつで、100均等で販売されている貯金箱に小銭を入れてお金を貯める方法がありますよね。

この貯金箱が小銭でいっぱいになると、基本的には、銀行等の金融機関に貯金箱を持ち込んで貯まった小銭を口座に入金するのが一般的だと思いますが、この時「大量の小銭を銀行に持っていくのは少し気が引ける」と感じた経験はないでしょうか。
もちろん、銀行側からすればあくまでもお仕事となりますので、小銭を預けることに引け目を感じる必要はないのですが、どうしても感じてしまう場合もあると思います。

もし、そのような気持ちを感じるのであれば、郵便局での預け入れがオススメです。
実際に私も、郵便局の窓口に大量の小銭を持って行き、口座への預け入れをお願いしたことがありますが、何一つ嫌な顔をされることはなく、口座への入金をして貰うことができましたよ。
当然ながら銀行でもこれは同じだと思いますが、もし心配なのであれば、郵便局で預け入れをすると良いでしょう。

郵便局は銀行と違い小銭が何枚であっても手数料はかかりません

一方で、郵便局で小銭を預けるのが良い理由は、他にもあります。
それは「手数料」がかからないということ。

銀行で大量の小銭を入金したことのある方はお分かりかと思いますが、多くの銀行では、一定の枚数を超えた段階で手数料がかかるようになっています。
この手数料は、枚数が多くなるに比例して高くなるのが一般的で、どうしても枚数が多くなりがちな小銭を預ける場合には、殆どの場合で手数料がかかってきてしまいます。

「郵便局」での小銭の預け入れには手数料はかかりません。

無駄にお金を払うことなく、貯めたお金を「無料」で預けることができるのです。

手数料は、多くの場合で数百円程度でそんなに高いものではありませんが、数百円を毎日少しずつ繰り返し貯金してきた方からすると、手数料を勿体無く感じる方も多いと思います。
そんな高い金額じゃないし気にならないという方は良いですが、数百円であっても手数料でお金を払うのはちょっと…、という方は、ぜひ郵便局を利用してみて下さいね。

小銭の貯金は手数料がかからない郵便局の窓口が一番!

前述したように、小銭の貯金をする際には手数料が無料の郵便局がオススメなのですが、実際に小銭の預け入れする際には、「ATM」と「窓口」のどちらが良いのか?気になりますよね。

基本的にはどちらでも問題ありません。
しいて言うのであれば「小銭の枚数」で決めるのが良いでしょう。

日々のお買い物で財布に余った小銭を預ける程度であればATMで問題ありませんし、郵便局に寄ることが難しくて、自宅で貯めた小銭をまとめて預けるのであれば窓口がオススメです。
もちろんATMでも小銭の預け入れを行うことは可能です。
ただ、小銭の枚数が多ければ多いほど時間もかかってしまいますし、ATMの操作も繰り返し行わなければいけません。
ATMを占領してしまえば、他のお客さんに迷惑がかかることにもなりますし、枚数によっては柔軟に対処することが大切です。

郵便局のATMなら小銭も引き出せる

農協など、金融機関によっては「小銭の出金」ができない場合も多くありますが、郵便局では小銭の引き出しも可能です。
ただ、小銭の引き出しには「取扱時間」が定められており、年中無休で24時間いつでも引き出せるというものではありません。

平日の取扱時間は「7時~21時まで」、土日祝日の取扱時間は「9時~17時まで」となっており、この時間以外では硬貨の引き出しや預け入れなどの「入出金」を行うことができません。
また、この時間は店舗によっても異なる場合がありますので、硬貨の出し入れを行う場合には事前に店舗へ確認しておくことをオススメします。