誕生日の過ごし方!家族が誕生日を祝ってくれない主婦の過ごし方

世の中の主婦たちは、どんなふうに自分の誕生日を過ごしているのか、誕生日の過ごし方が知りたい女性もいるのではないでしょうか。

毎年自分の誕生日が来るたびに家族に祝ってもらえず、憂鬱な気持ちになっている主婦の方もいることだと思います。

夫も子供も自分の誕生日に何もしてくれない。お祝いをしてもらえないときは、一体どのように過ごせばイライラを感じないのでしょうか。誕生日を素敵な日にするためにも、考え方を変えて幸せな誕生日を過ごしましょう。

ここでは、家族に誕生日を祝ってもらえない主婦におすすめの誕生日の過ごし方についてお伝えします。誕生日を素敵な日にするための参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部屋に蜘蛛が!でも大きい蜘蛛ならそっとしておく手もある

部屋に蜘蛛がいるだけでもびっくりしますが、それが大きい蜘蛛だともっと怖いものです。すぐに追い...

断捨離とは単純に片付けや掃除の類義語ではない。

断捨離とは単純に片付けや掃除のことを指しているのではありません。モノを通して、そのモノへの執...

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

よさこいの歴史と魅力!高知や北海道など各地のよさこいについて

高知ではよさこい祭りが、北海道ではYOSAKOIソーラン祭りが開催されていることは日本全国でも知られ...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

粘土工作が幼児に与えるメリット!粘土は子供の脳を発達させる

粘土を使って工作を作ると、幼児の発達に色々な嬉しいメリットを与えます。小さいうちから粘土を使って子供...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

うさぎがハーネスを嫌がる時の装着方法とハーネスに慣らす方法

「ハーネスを付けてうさぎと散歩をしたい」と思っている飼い主さんもいますよね。ですが、うさぎがハーネス...

夜のオムツが必要なのは何歳まで?その年齢について徹底調査!

「いつになったら夜のオムツが外れるんだろう・・・。」そう悩むママが多いのではないのでしょうか?...

平成生まれと昭和生まれの違い!こんな言動が時代を感じる

高度経済成長時代に生まれた昭和生まれと、バブル崩壊後に生まれた人が多い平成生まれ。生まれた時代が...

小学校の先生へ上手にクレームを言うには?伝え方について

小学校の先生にクレームを言うときにはどのようにして伝えたらいいのでしょうか?クレームを言うと...

嫁が介護を苦に離婚したいと言っている…。当たり前だ!

嫁の介護問題。義両親の介護で離婚される夫婦が増えているようです。日本には「嫁」が「夫の両...

セキセイインコの性別の見分け方。「ろう膜」や体や性格の特徴

セキセイインコを飼う場合に、ヒナから飼いたいと思うでしょうが性別の判断はどこでするのでしょう。ペ...

市販のパック餅をつきたてに再現する3つの方法

スーパーに行くとパックに入った餅が売られていますが、そのパック入りの餅を、なんとつきたての餅に再現で...

スポンサーリンク

主婦の誕生日の過ごし方!祝ってくれない夫の心理を解説

せっかくの年に一回の誕生日にも関わらず、家族がお祝いをしてくれないのは悲しいですよね。
自分の夫がなぜ誕生日にお祝いをしてくれないのか、その心理を見ていきましょう。

それには誕生日のお祝いすることに対して特別な感情を抱いていない場合があります。

あなたが誕生日は大切な日だと考えていても、夫にとっては実はそこまで祝い事という気持ちはないのかもしれません。
育ってきた環境も違うため、お互いの誕生日に対する思いというのにギャップが生じてしまっているのでしょう。

特別誕生日だからと言って本人も祝ってもらわずに生きてきていればそういったことはあり得ます。
また、お祝い事をすることに慣れていないという場合も考えられます。

一方、誕生日は特別な日だとわかっていてもお祝いをしないケースもあります。

その場合は、金銭面で負担がかかるためお祝い事をしたくないと思っているかもしれません。
また、誕生日を盛大にお祝いしてしまうと毎年同じようにお祝いしなくてはならないので習慣にするのがめんどくさいと感じている人もいるのでしょう。

夫婦歴が長くなればなるほど一緒にいる時間が長くなるので、誕生日などのお祝い事がどんどんおろそかになってしまうことも考えられます。

誕生日を祝ってもらえずストレスを感じている主婦の過ごし方・自分から自分へのプレゼントを用意する

せっかくの自分の誕生日に家族からお祝いをしてもらえない場合はどの様にすればよいのでしょうか。

誕生日になにもお祝いしてもらえないと寂しいですが、無理にお祝いするように言うのも気が引けますよね。
そういった場合は自分自身で誕生日を祝い、ご褒美を用意してみてはどうでしょうか。

誕生日にはやはりおいしいものを食べ、自分の欲しいものを買ってみるのもよいでしょう。

旦那さんがお祝いをしてくれないのであれば、自分でレストランを予約して連れて行ってもよいですし、少し奮発しておいしい食材で料理を作って食べるのもおすすめです。

プレゼントについては、誕生日に買い物に行って自分のご褒美に前から欲しかったものなどを自分で購入してしまいましょう。

誕生日はいつもと違うわくわくした気持ちになりたい、という人は部屋にお花を飾ってみるのもおすすめです。
お花一つで特別な気持ちになりますよね。

主婦も誕生日くらいはサボりたい!誕生日は家事や育児を最低限しかしないのもおすすめの過ごし方

先ほど述べたように、だれもお祝いをしてくれないならば自分で誕生日にはおいしいものを食べて自分の欲しいものを買うのがおすすめです。

それ以外にも、いつも頑張っている自分のご褒美として、家事などを一日何もしないと決めてみるのはいかがでしょうか。

主婦は毎日家事や育児に追われて休みというものはありません。
その為、誕生日ぐらいは全て夫に家事をお願いして自由な時間を貰ってみてはどうでしょうか。

料理もどこかに食べに行ってもよいですし、ピザなどの出前を利用してパーティーをしてもよいと思います。
旦那さんがもしかすると手料理をふるまってくれるかもしれませんし、誕生日には一日何もしない日と宣言しておくとよいでしょう。

どうしても誕生日を祝ってもらいたい時に実行したい作戦

もし誰も誕生日を祝ってくれない場合は自分でご褒美を与えるという方法をお勧めしましたが、それでもやはり誰かにお祝いしてほしいですよね。

そういった場合は事前に相手に誕生日を知らせることが大切です。
しかし、せっかく誕生日を教えたのにも関わらず当日になったら忘れてしまう場合もあります。

そういったことを防ぐために誕生日当日をほかのことと関連付けることでふとした時に思い出してもらえるでしょう。

そして当日までカウントダウンをするようにすれば嫌でも誕生日は忘れないのでお勧めです。

やはり誕生日を祝ってほしいなら積極的に態度に出していくことが大切でしょう。
欲しいものがある場合はしっかり伝えるなどすれば相手もあなたの気持ちにこたえてくれることでしょう。

誕生日を祝ってもらえなくても落ち込まないで!自分で誕生日を素敵な日にしよう

誕生日を祝ってもらうためにアピールするのはどうしても気が引けてしまうという人もいることでしょう。
上手く伝えられずに誰も誕生日を祝ってくれないこともあるかもしれません。

しかし、誰にも誕生日を祝われないとしてもあまり悲観的になるのはやめましょう。

誰も祝ってくれなくても自分自身で祝ってしまえばよいのです。

おいしいものを食べて自分の欲しいものを買って自分にご褒美を与えましょう。
いつもよりちょっとおしゃれをしてショッピングに行ったり、少し高級なレストランへ行ったりすると気持ちが上がりますよね。

誕生日といえばやはりケーキですよね。
一人だからと言ってケーキを食べなかったり小さな物を選ぶのではなく、ホールケーキを買って気分を高めるのもおすすめです。

誰からも誕生日を祝ってもらえなくても誕生日はいくらでも良い日にすることはできるのです。