【包丁の研ぎ方】シャープナーの使い方とデメリットについて

簡単に包丁を研ぐことができるグッズとして人気のシャープナー。しかし、使ったことがない人にとってはどんな種類があるのか、また研ぎ方はどうすればいいのかわからないのではないでしょうか。

そこで今回は、シャープナーを使った包丁の研ぎ方やシャープナーの種類について説明します。とても簡単なので、初心者でもすぐに使えるようになるでしょう。

しかし、シャープナーだけでは本当の意味で包丁を研いだことにはなりません。包丁を長持ちさせるためには、定期的に砥石を使って研ぐことも必要になります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓サッシから入り込む隙間風対策!簡単な方法と窓の調整法を解説

築年数の古い家に住んでいると、窓サッシから入り込む寒い隙間風が気になってしまうことがあります。...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

お弁当のおかずに煮物を冷凍して使う場合の工夫と注意

毎朝のお弁当作りは本当に大変。できるだけ作り置きや冷凍を活用したいものです。食卓の定番である...

1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

自治会の役員の上手な断り方!円満な断り方と引き受けるメリット

自治会や町内会の役員をどうしてもやりたくないとき、どんな風に断れば良いのでしょうか。上手な断り方が分...

靴底のゴムの音鳴りが気になる!原因と対処法・靴の音の改善方法

靴底のゴムからキュッキュッと音が鳴ってしまうことが気になってしかたないという人もいますよね。歩いてい...

誕生日の過ごし方!家族が誕生日を祝ってくれない主婦の過ごし方

世の中の主婦たちは、どんなふうに自分の誕生日を過ごしているのか、誕生日の過ごし方が知りたい女性もいる...

うさぎが足ダンする理由と夜中に行った場合の対処法を徹底解説

幼稚園などでうさぎを飼っていると「うさぎを飼いたい。」と子供にねだられることもあるかもしれません。...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか?...

卵のカラザの簡単な取り方、カラザの役割や栄養について

卵を割ると黄身の横に白いカラザがありますが、その取り方に苦戦する方も多いのではないでしょうか。...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

外国人から見た日本人の印象はこんなイメージだった!

日本にも多くの外国人の観光客が訪れますよね。有名な観光地では、必ず海外の観光客の姿を多く見かけま...

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

スポンサーリンク

シャープナーを使った包丁の基本的な研ぎ方

包丁の切れ味が悪くなったと感じたとき、砥石で研ぐ必要があります、砥石だとちょっとハードルが高く感じてしまいます。こんな時、包丁を簡単に研ぐことができるシャープナーが便利です。

シャープナーは溝に包丁の刃を差し込んで引くだけで簡単に切れ味を良くする便利な道具です

刃に直接触れることがないので、安全に使うことができます。砥石を使って研いだ方が切れ味は良くなりますが、シャープナーだと気がついたときに気軽に使うことができます。

シャープナーを使うときは必ず平らな台の上に置いてください。布巾を濡らしてから、その上に置くと滑らずに安定します。シャープなーの溝に包丁の刃を差し込んだら、10回位を目安にして包丁を前後に引きます。シャープナーの中に砥石が組み込まれているので、包丁の刃を研ぐことができます。

包丁を研ぐためのシャープナーにもいろいろな種類があります

シャープナーには溝に包丁の刃を差し込んで使うものが一般的ですが、他にもいくつか種類があります。

溝の包丁の刃を差し込んだら、数回前後に引いて刃を研ぐ一般的なシャープナーはロールシャープナーと言います。中にある砥石が回転するタイプのものや、電動式タイプもあります。

手に持って使うハンディタイプのシャープナーもあります。ハンディシャープナーは片手で柄を持ったら、やすりの部分で包丁の刃をこすることで研ぐことができます。コツがあるので、ロールシャープナーに比べるとちょっと難しくなります。

この他にもおろし金ような形の両面シャープナーもあります。

シャープナーを初めて使う人なら一番簡単で安全に使えるロールシャープナーを選んでください

包丁のメーカーがシャープナーも出していることもあります。お使いの包丁に合ったものになるので、包丁と同じメーカーのものを選ぶのも良いでしょう。

ダイヤモンドシャープナーを使った包丁の研ぎ方と注意点

気軽に使えるシャープナーの中でもダイヤモンドシャープナーも人気があります。ダイヤモンドシャープナーは収納場所にも困らず、気軽に使うことができます。包丁と一緒に保管しておくと必要なときにすぐに使うことができます。

ダイヤモンドシャープナーは包丁を研ぐやすりの部分がダイヤモンドの粒子でできています。ダイヤモンド粒子は非常に硬く、研ぐ効果が優れているので、包丁の刃を軽くこするだけで研ぐことができます。

ダイヤモンドシャープナーの使い方

包丁の刃の面に対して15度くらいの角度でダイヤモンドシャープナーを当てたら、前後、左右に動かして研ぎます。両刃の場合は反対側も同様に研ぐことを忘れないでください。

ダイヤモンドシャープナーは簡単にしっかりと包丁の刃を研ぐことができますが、何度も使っていくうちに刃体が厚くなってしまいます。その場合は砥石で研ぐ必要があります。砥石で研ぐ代わりにダイヤモンドシャープナーを使うのでばなく、砥石と併用すると考えて使うようにしてください。

シャープナーのデメリットを理解して、砥石も使うようにしましょう

シャープナーは簡単に使うことが出来てとても便利ですが、砥石と同じくらいに刃を研ぐことができるわけではありません。シャープナーは刃を研いでいるわけではなく、刃先を荒らすことで一時的に切れ味を良くしています。シャープナーを使った後はよく切れるので刃を研いだように思われますが、シャープナーだけでは不十分です。砥石を使う必要があります。
シャープナーだけを使っていると、刃先の強度が落ちてしまい、刃が欠けたり割れてしまうこともあります。シャープナーは一時的に切れ味を回復させるだけのもので、砥石で研ぐことは必要です。

シャープナーを使っている場合でも、月に1回から2回くらいを目安に、砥石で研ぐようにしてください。シャープナーだけに頼っていると、包丁自体をダメにしてしまいかねません。

砥石を使った包丁の研ぎ方を説明します

シャープナーは便利ですが、砥石を使って研ぐことも必要です。定期的に砥石も使うようにしましょう。

砥石で包丁を研ぐ方法

  1. 砥石を十分濡らしたら、濡れ布巾の上に砥石を置きます。
  2. 砥石に対して45度の角度に包丁を置いたら、包丁の背の 部分を5ミリ程度上げた状態にします。
  3. 刃の部分に指を3本添えたら、手前と奥に向かって動かしてください。最初のうりはゆっくり動かし、慣れてきたらリズミカルに動かします。刃の位置をずらしながら、まんべんなく研いでいきます。
  4. 包丁を研ぐと、刃先に金属がめくれたような部分ができます。これを「カエリ」と呼びます。カエリができたらきとんと研ぐことができた証拠です。
  5. 表側を研いだ後は、裏側も同様に研いでください。最後に砥石にある木台に刃を当てて引き、刃のカエリを取ります。

砥石を使って包丁を研ぐときは、刃先を45度の角度で砥石にあてることと、背の部分を少し浮かせた状態で研ぐことがポイントになります。研いでいるときには粉が出てきますので、こまめに水で流すようにしてください。最後に包丁も水で洗い流し、水分を拭き取ってください。

包丁を自分で研ぐことができるとわざわざ業者に依頼しなくても良いので便利になります。切れ味が悪くなったときはシャープナーを使えますが、シャープナーは一時的なものです。月に1~2回は砥石も使って研ぐようにしてください。