中学受験で失敗しないために親が心得ておくべきこと

中学受験をするというお子様の場合には、ご両親も教育熱心が方が多いと思います。
熱心なあまり、つい自分の意見を押し付けたりしていませんか?
そこで、中学受験に失敗しないために、気を付けたいお子様への態度や、親としての心得をご紹介します。

大切なお子様だからこそいい学校に行って欲しいという気持ちは皆さん同じです。
そこで、親はどのようなサポートができるのか、今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場の虐めが退職理由だった場合の注意点と転職する時のポイント

職場の退職理由が虐めということもあると思います。 職場で虐めに合うのはとても辛いものです。1日の大...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。 ニー...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

ビジューを使ったピアスの作り方!レジンなしでも可能です

ビジューが付いたピアスは耳元が一気に華やかになりますよね。そんなビジューピアスは自分で作ることができ...

口癖『なんか』と使ってしまう。やめたい時の心がけとは

口癖を治したい! 会話の中ですぐに『なんか』と使ってしまうのをやめたいと思っています。 クセ...

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。 怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

単位を取れない夢をよく見る!そんな夢をみるのには意味がある

単位を取れない夢。起きた後も後味が悪いです。私は卒業をしてから何年もたつのに未だに、そんな夢を見るこ...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか? ...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。 ...

下っ腹の痩せ方!筋トレで効果的に引き締めるその方法とは!

下っ腹がぽっこり出ているのが気になっているそこのあなた!痩せ方、知りたいですよね?筋トレで効果的に引...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

お弁当のおかずに煮物を冷凍して使う場合の工夫と注意

毎朝のお弁当作りは本当に大変。できるだけ作り置きや冷凍を活用したいものです。 食卓の定番である...

字を綺麗に書くなら文字を綺麗に書く練習をしないこと

字を綺麗に書くコツは、ひたすら練習すること!? そんなことはありません。 綺麗に書けない...

アメフト部とチア部はアメリカスクールカーストのトップ?を調査

アメリカの高校を描いたドラマや映画を見ると、アメフト部やチア部が人気者で生徒のリーダー的存在というイ...

コミケに向かう電車は混雑必須!初心者が参加する際の心構え

東京ビックサイトで開催されるコミックマーケット、通称「コミケ」。 毎年多くの人が来場するイベント...

スポンサーリンク

中学受験で失敗しないために。NGな親のパターン

周囲の目もあると思いますが、子供が中学に進学する時つい「この受験の失敗は絶対に許されない」と親として意気込んでしまう方もいますよね。

親として受験に失敗して欲しくないから、子供に対して「塾に通いなさい」ととにかく塾に通わせたりして、親として対策をとっていると胸を張っていると思います。

この場合少し立ち止まって見るべきだと思います。この時期のお子さんはまだ親とのコミュニケーションを重視するべき時期です。なので塾に通わせている、学校の授業外で何かやらせているだけでは、成績の向上、受験の合格にはなりません。

ではどう改善すれば良いか?その答えは親と子供のコミュニケーションをとる事だと思います。ただ単純に塾に通わせるだけではなく、「今日学校は面白かった?」「授業は理解出来ているの?」など親と子供の会話も重視すべきだと思います。

そうする事により、お子さんのストレスも軽減されます。勉強に対するやる気も出てくると思うので、塾だけではなく親子のコミュニケーションにも力を入れましょう。

中学受験を失敗しないために親の気持ちを子供に押し付けない

子供の将来の事も考えて、出来るだけ良い中学に入って貰いたい。ついつい親として「この中学に入りなさい」など、少し親から一方的に子供に言ってしまう事がありがちですよね。

親は子供の事を心配しています。でも同時に「自分の子供には何が向いているのか」など、子供が何が得意でどういった中学に上げさせるべきか、また子供は中学はどの中学に行きたいと言っているのかなど、子供の意見も聞いて、中学受験に挑むべきだと思います。

子供にも得意不得意がありますし、あなたが行かせたい中学が子供にとって不得意な分野続きだったら、恐らく受験には失敗すると思います。お子さんの得意分野に目を向けたり、お子さんの実力にも目を向けるべきだと思います。

また、お子さんの将来を考えるのなら、お子さんがやりたい事、目標を知るべきだと思います。そのお子さんが立てているゴールに似合う様に、親としてサポートをする、行きたい中学に入れる様にサポートして上げる。そんな姿勢が保護者の方に求められると思います。

生活を受験勉強のみに縛らない

中学受験という言葉だけに囚われていたら、中々若い時にしか経験出来ない楽しみなどが失われてしまいます。それは、お子さんだけではなく、保護者であるお母様、お父様にも言えることだと思います。

あまり点数だけに囚われて、お子さんを褒めたり怒ってばかりいると、お子さんもストレスを感じます。「猿も木から落ちる」ということわざもありますが、成績の良い人でも何かのキッカケで成績が落ちる事もあります。

いつも頑張れているのであれば「次は頑張ろうね」など親も子供をあまり追い詰めない様に、言葉遣いにも気をつけるべきだと思います。精神的に追い詰められると、お子さんもテスト本番で実力が発揮出来なくなったり、熟睡出来なくなるなど、要らない障害の様な物が発生してしまいます。

時には体を動かして貰うですとか、友達とおしゃべりをして、ストレスを発散させてあげるなど、子供にも楽しい一時を過ごして貰う、そんな気持ちも保護者の方には必要になると思います。

中学受験を控えた子供に親がしてあげられること

中学受験を意識していると日程が近づくにつれて、お子さんの方が神経質になったりもします。親の方も「いよいよだ」とプレッシャーを感じてしまいます。

そんなナーバスになっている時、親として子供にして上げられる事を紹介します。

良い所を褒める

出来ていない所を見るのではなく、出来ている所に焦点を当てて、褒めて上げることです。人は、自分の弱点ばかり干渉されると、自信も無くしますし、気落ちします。中学受験の日程が近づくにつれて、自信がどんどん無くなって来ると思います。自信はつけさせてあげて下さい。この時期、褒めることも大切です。

全教科で満点を求めない

誰にでも得意科目、不得意科目はあります。全てについて「100%出来なきゃダメ」なんてお子さんがいかにもプレッシャーを感じる事は口にするべきではありません。あなたの期待のラインを落とすべきです。合格点が取れていたら、「よく頑張ったね」と褒めてあげましょう。

もし中学受験に失敗してしまった時の親の対応

人生はどんなに努力しても、失敗する時は失敗します。あんなに努力したのに、結果は報われなかった。早い段階ではそれが「中学受験」だったりもします。

中学受験に失敗してしまった時

そんな事もあるよ、と励ます

子供が結果を聞いて落ち込んでいるので、同じ態度は親が見せるべきではありません。それよりも、「そんな事もあるよ」と優しい態度を示して下さい。

子供がしたい事をさせて上げる

お子さんが望まない結果を目の当たりにしている事になりますよね?泣きたいのであれば泣かせてあげて、他の友達と遊びたいのなら遊ばせてあげて下さい。お子さんがしたい事をさせてあげる時期だと思います。

次があるよと励ます

中学受験は失敗しても、高校受験では挽回出来るなど、次のチャンスに目が行くように励ましていく。

中学受験に失敗するのは、どんな事が要因にありえるのか、親がとるべき行動について上記の記事では説明してきました。親もナーバスになる時期なので、「私もこんな事してしまっているかも」と反省すべき点もあると思います。息抜きも大切です。あまり追い込ませる事はせずに、もう少しリラックスした態度で中学受験に望みましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691