中学受験で失敗しないために親が心得ておくべきこと

中学受験をするというお子様の場合には、ご両親も教育熱心が方が多いと思います。
熱心なあまり、つい自分の意見を押し付けたりしていませんか?
そこで、中学受験に失敗しないために、気を付けたいお子様への態度や、親としての心得をご紹介します。

大切なお子様だからこそいい学校に行って欲しいという気持ちは皆さん同じです。
そこで、親はどのようなサポートができるのか、今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生姜の収穫時期の目安は?収穫時期を変えると色々な味が楽しめる

生姜を初めて育てる人の中には生姜の収穫時期の目安についてよくわからない人もいますよね。せっかく栽培す...

うさぎに赤ちゃんが生まれたら?生まれたてのうさぎの接し方

うさぎに赤ちゃんが生まれたら気になってしまいますよね、母親はちゃんとお世話をしているか?ときには赤ち...

うさぎがハーネスを嫌がる時の装着方法とハーネスに慣らす方法

「ハーネスを付けてうさぎと散歩をしたい」と思っている飼い主さんもいますよね。ですが、うさぎがハーネス...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

アメリカで子供を留守番させてもいい年齢と厳しいルールとは

アメリカでは子供を一人で留守番させてはいけない厳しいルールがあります。これは、州によっては子...

猫の居場所は?雨の日に野良猫がいる場所とエサや過ごし方を解説

しとしとと雨が降っている雨の日、野良猫たちが一体どこで過ごしているのか気になる人もいますよね。家の中...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

自転車の塗装を自分でするときのコツや簡単にできる手順方法

自転車の塗装を自分でしてみたいと思っているあなた。自転車を長年使っているとだんだん塗装が剥げていくの...

犬は亡くなる前に鳴くというのはホント?最期を見届けるために

どんなに長生きするようになったとは言っても、人間よりは先に愛犬は亡くなってしまいますよね。犬...

里帰り中の旦那の食事は?準備するべき?オススメな作りおき

里帰り中に実家に帰っている間の旦那の食事などが心配という奥様もいますよね。では、里帰り中の旦...

家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランター...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

外国人から見た日本人の印象はこんなイメージだった!

日本にも多くの外国人の観光客が訪れますよね。有名な観光地では、必ず海外の観光客の姿を多く見かけま...

子供が遅刻する場合の連絡方法?学校によっても違いアリ

学校を遅刻する場合、学校への連絡はどうするのが正しいのでしょうか。小学校であれば、あらかじめ予定され...

スポンサーリンク

中学受験で失敗しないために。NGな親のパターン

周囲の目もあると思いますが、子供が中学に進学する時つい「この受験の失敗は絶対に許されない」と親として意気込んでしまう方もいますよね。

親として受験に失敗して欲しくないから、子供に対して「塾に通いなさい」ととにかく塾に通わせたりして、親として対策をとっていると胸を張っていると思います。

この場合少し立ち止まって見るべきだと思います。この時期のお子さんはまだ親とのコミュニケーションを重視するべき時期です。なので塾に通わせている、学校の授業外で何かやらせているだけでは、成績の向上、受験の合格にはなりません。

ではどう改善すれば良いか?その答えは親と子供のコミュニケーションをとる事だと思います。ただ単純に塾に通わせるだけではなく、「今日学校は面白かった?」「授業は理解出来ているの?」など親と子供の会話も重視すべきだと思います。

そうする事により、お子さんのストレスも軽減されます。勉強に対するやる気も出てくると思うので、塾だけではなく親子のコミュニケーションにも力を入れましょう。

中学受験を失敗しないために親の気持ちを子供に押し付けない

子供の将来の事も考えて、出来るだけ良い中学に入って貰いたい。ついつい親として「この中学に入りなさい」など、少し親から一方的に子供に言ってしまう事がありがちですよね。

親は子供の事を心配しています。でも同時に「自分の子供には何が向いているのか」など、子供が何が得意でどういった中学に上げさせるべきか、また子供は中学はどの中学に行きたいと言っているのかなど、子供の意見も聞いて、中学受験に挑むべきだと思います。

子供にも得意不得意がありますし、あなたが行かせたい中学が子供にとって不得意な分野続きだったら、恐らく受験には失敗すると思います。お子さんの得意分野に目を向けたり、お子さんの実力にも目を向けるべきだと思います。

また、お子さんの将来を考えるのなら、お子さんがやりたい事、目標を知るべきだと思います。そのお子さんが立てているゴールに似合う様に、親としてサポートをする、行きたい中学に入れる様にサポートして上げる。そんな姿勢が保護者の方に求められると思います。

生活を受験勉強のみに縛らない

中学受験という言葉だけに囚われていたら、中々若い時にしか経験出来ない楽しみなどが失われてしまいます。それは、お子さんだけではなく、保護者であるお母様、お父様にも言えることだと思います。

あまり点数だけに囚われて、お子さんを褒めたり怒ってばかりいると、お子さんもストレスを感じます。「猿も木から落ちる」ということわざもありますが、成績の良い人でも何かのキッカケで成績が落ちる事もあります。

いつも頑張れているのであれば「次は頑張ろうね」など親も子供をあまり追い詰めない様に、言葉遣いにも気をつけるべきだと思います。精神的に追い詰められると、お子さんもテスト本番で実力が発揮出来なくなったり、熟睡出来なくなるなど、要らない障害の様な物が発生してしまいます。

時には体を動かして貰うですとか、友達とおしゃべりをして、ストレスを発散させてあげるなど、子供にも楽しい一時を過ごして貰う、そんな気持ちも保護者の方には必要になると思います。

中学受験を控えた子供に親がしてあげられること

中学受験を意識していると日程が近づくにつれて、お子さんの方が神経質になったりもします。親の方も「いよいよだ」とプレッシャーを感じてしまいます。

そんなナーバスになっている時、親として子供にして上げられる事を紹介します。

良い所を褒める

出来ていない所を見るのではなく、出来ている所に焦点を当てて、褒めて上げることです。人は、自分の弱点ばかり干渉されると、自信も無くしますし、気落ちします。中学受験の日程が近づくにつれて、自信がどんどん無くなって来ると思います。自信はつけさせてあげて下さい。この時期、褒めることも大切です。

全教科で満点を求めない

誰にでも得意科目、不得意科目はあります。全てについて「100%出来なきゃダメ」なんてお子さんがいかにもプレッシャーを感じる事は口にするべきではありません。あなたの期待のラインを落とすべきです。合格点が取れていたら、「よく頑張ったね」と褒めてあげましょう。

もし中学受験に失敗してしまった時の親の対応

人生はどんなに努力しても、失敗する時は失敗します。あんなに努力したのに、結果は報われなかった。早い段階ではそれが「中学受験」だったりもします。

中学受験に失敗してしまった時

そんな事もあるよ、と励ます

子供が結果を聞いて落ち込んでいるので、同じ態度は親が見せるべきではありません。それよりも、「そんな事もあるよ」と優しい態度を示して下さい。

子供がしたい事をさせて上げる

お子さんが望まない結果を目の当たりにしている事になりますよね?泣きたいのであれば泣かせてあげて、他の友達と遊びたいのなら遊ばせてあげて下さい。お子さんがしたい事をさせてあげる時期だと思います。

次があるよと励ます

中学受験は失敗しても、高校受験では挽回出来るなど、次のチャンスに目が行くように励ましていく。

中学受験に失敗するのは、どんな事が要因にありえるのか、親がとるべき行動について上記の記事では説明してきました。親もナーバスになる時期なので、「私もこんな事してしまっているかも」と反省すべき点もあると思います。息抜きも大切です。あまり追い込ませる事はせずに、もう少しリラックスした態度で中学受験に望みましょう。