中学受験で失敗しないために親が心得ておくべきこと

中学受験をするというお子様の場合には、ご両親も教育熱心が方が多いと思います。
熱心なあまり、つい自分の意見を押し付けたりしていませんか?
そこで、中学受験に失敗しないために、気を付けたいお子様への態度や、親としての心得をご紹介します。

大切なお子様だからこそいい学校に行って欲しいという気持ちは皆さん同じです。
そこで、親はどのようなサポートができるのか、今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

100均の材料でDIYアクセサリーハンドメイド初心者でも簡単

ハンドメイドでアクセサリーを作る方も多いですが、ハンドメイドの材料もいろいろと揃えると、市販のアクセ...

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果とは

ブリッジのやり方を子供に教えるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?では、子供...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

ゴーヤの葉っぱがしおれる原因とゴーヤを栽培する時のポイント

ゴーヤを栽培している人の中には、ゴーヤの葉っぱがしおれることに頭を悩ませている人もいますよね。ゴ...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

風呂場に洗濯物を干すと、部屋干しよりもこんなにいいことが!

皆さん洗濯物はどこに干していますか?リビングで部屋干しや使っていない部屋に干すという人もいる...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。し...

ハムスターの鳴き声がクックッとする時の気持ちと対処法

ハムスターは様々な鳴き声をしますが、「クックッ」という鳴き声をすることがあります。なんだか苦しそうな...

よさこいの歴史と魅力!高知や北海道など各地のよさこいについて

高知ではよさこい祭りが、北海道ではYOSAKOIソーラン祭りが開催されていることは日本全国でも知られ...

クマを隠すメイク術とは?クマの種類によってメイク方法は違う

クマがあると疲れた印象になってしまいますよね。自分としては沢山寝ているつもりでもクマは出現します...

猫の長毛種!毛玉のとり方と予防のブラッシング方法をご紹介

猫を飼っている方は毛玉が出来ないように、日々ブラッシングをしていらっしゃると思います。特に長毛種は毛...

洗面台の掃除で水垢を簡単に落とす方法と綺麗を保つポイント

洗面台の掃除について水垢は便利なアイテムを使って簡単に落とすことができます。洗面台は毎日使っているう...

スポンサーリンク

中学受験で失敗しないために。NGな親のパターン

周囲の目もあると思いますが、子供が中学に進学する時つい「この受験の失敗は絶対に許されない」と親として意気込んでしまう方もいますよね。

親として受験に失敗して欲しくないから、子供に対して「塾に通いなさい」ととにかく塾に通わせたりして、親として対策をとっていると胸を張っていると思います。

この場合少し立ち止まって見るべきだと思います。この時期のお子さんはまだ親とのコミュニケーションを重視するべき時期です。なので塾に通わせている、学校の授業外で何かやらせているだけでは、成績の向上、受験の合格にはなりません。

ではどう改善すれば良いか?その答えは親と子供のコミュニケーションをとる事だと思います。ただ単純に塾に通わせるだけではなく、「今日学校は面白かった?」「授業は理解出来ているの?」など親と子供の会話も重視すべきだと思います。

そうする事により、お子さんのストレスも軽減されます。勉強に対するやる気も出てくると思うので、塾だけではなく親子のコミュニケーションにも力を入れましょう。

中学受験を失敗しないために親の気持ちを子供に押し付けない

子供の将来の事も考えて、出来るだけ良い中学に入って貰いたい。ついつい親として「この中学に入りなさい」など、少し親から一方的に子供に言ってしまう事がありがちですよね。

親は子供の事を心配しています。でも同時に「自分の子供には何が向いているのか」など、子供が何が得意でどういった中学に上げさせるべきか、また子供は中学はどの中学に行きたいと言っているのかなど、子供の意見も聞いて、中学受験に挑むべきだと思います。

子供にも得意不得意がありますし、あなたが行かせたい中学が子供にとって不得意な分野続きだったら、恐らく受験には失敗すると思います。お子さんの得意分野に目を向けたり、お子さんの実力にも目を向けるべきだと思います。

また、お子さんの将来を考えるのなら、お子さんがやりたい事、目標を知るべきだと思います。そのお子さんが立てているゴールに似合う様に、親としてサポートをする、行きたい中学に入れる様にサポートして上げる。そんな姿勢が保護者の方に求められると思います。

生活を受験勉強のみに縛らない

中学受験という言葉だけに囚われていたら、中々若い時にしか経験出来ない楽しみなどが失われてしまいます。それは、お子さんだけではなく、保護者であるお母様、お父様にも言えることだと思います。

あまり点数だけに囚われて、お子さんを褒めたり怒ってばかりいると、お子さんもストレスを感じます。「猿も木から落ちる」ということわざもありますが、成績の良い人でも何かのキッカケで成績が落ちる事もあります。

いつも頑張れているのであれば「次は頑張ろうね」など親も子供をあまり追い詰めない様に、言葉遣いにも気をつけるべきだと思います。精神的に追い詰められると、お子さんもテスト本番で実力が発揮出来なくなったり、熟睡出来なくなるなど、要らない障害の様な物が発生してしまいます。

時には体を動かして貰うですとか、友達とおしゃべりをして、ストレスを発散させてあげるなど、子供にも楽しい一時を過ごして貰う、そんな気持ちも保護者の方には必要になると思います。

中学受験を控えた子供に親がしてあげられること

中学受験を意識していると日程が近づくにつれて、お子さんの方が神経質になったりもします。親の方も「いよいよだ」とプレッシャーを感じてしまいます。

そんなナーバスになっている時、親として子供にして上げられる事を紹介します。

良い所を褒める

出来ていない所を見るのではなく、出来ている所に焦点を当てて、褒めて上げることです。人は、自分の弱点ばかり干渉されると、自信も無くしますし、気落ちします。中学受験の日程が近づくにつれて、自信がどんどん無くなって来ると思います。自信はつけさせてあげて下さい。この時期、褒めることも大切です。

全教科で満点を求めない

誰にでも得意科目、不得意科目はあります。全てについて「100%出来なきゃダメ」なんてお子さんがいかにもプレッシャーを感じる事は口にするべきではありません。あなたの期待のラインを落とすべきです。合格点が取れていたら、「よく頑張ったね」と褒めてあげましょう。

もし中学受験に失敗してしまった時の親の対応

人生はどんなに努力しても、失敗する時は失敗します。あんなに努力したのに、結果は報われなかった。早い段階ではそれが「中学受験」だったりもします。

中学受験に失敗してしまった時

そんな事もあるよ、と励ます

子供が結果を聞いて落ち込んでいるので、同じ態度は親が見せるべきではありません。それよりも、「そんな事もあるよ」と優しい態度を示して下さい。

子供がしたい事をさせて上げる

お子さんが望まない結果を目の当たりにしている事になりますよね?泣きたいのであれば泣かせてあげて、他の友達と遊びたいのなら遊ばせてあげて下さい。お子さんがしたい事をさせてあげる時期だと思います。

次があるよと励ます

中学受験は失敗しても、高校受験では挽回出来るなど、次のチャンスに目が行くように励ましていく。

中学受験に失敗するのは、どんな事が要因にありえるのか、親がとるべき行動について上記の記事では説明してきました。親もナーバスになる時期なので、「私もこんな事してしまっているかも」と反省すべき点もあると思います。息抜きも大切です。あまり追い込ませる事はせずに、もう少しリラックスした態度で中学受験に望みましょう。