日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

2019.3.21

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大切です。
何も対策をせずに湿度の高い部屋にフローリングカーペットを敷いてしまうと、気が付かないうちにカビが発生してしまう可能性があるからです。
カビが生えてしまう原因や対処法、カビの掃除方法について説明します。
カビだけでなく、ダニの温床にもなります。ご注意を!

畳にフローリングカーペットを敷くメリットはあるが、カビに注意が必要

家の中に畳があると、それだけで一気に和の雰囲気を演出してくれます。
しかし、特に若い方は部屋全体を洋の雰囲気にしたいので、畳にカーペットを敷いて生活しているという方もいるようです。

敷くだけで部屋の雰囲気を手軽に変えることが出来るフローリングカーペットは非常に便利です。
賃貸でリフォームが出来ない環境でも、この方法なら簡単に好みの部屋に出来ます。

しかし、便利に使えるメリットだけではなく、注意しなければならないこともあります。
それはカビの発生です。

畳は湿気や水分の多い環境を好みません。
常にカーペットが敷かれている状態では、畳に必要な通気性に蓋をした状態になっているので、湿気がこもりカビが発生しやすい環境が作られてしまいます。

少しのカビでは気付きにくいので、見つけたときにはたくさんのカビが発生しているなんてことも少なくありません。

畳にフローリングカーペットを敷くとなぜカビてしまうのか

フローリングカーペットを常に敷いた状態では、畳にカビが生えてしまうことがありますが、ダニの発生も高めてしまいます。

カビもダニも通気性の悪いジメジメした環境を好むので、カーペットで蓋がされて湿度が高くなりやすい場所は要注意です。

梅雨時期のようにただでさえ湿度の高い季節は、通気性が極端に悪い環境ではなくてもカビが発生することがあります。

カーペットで畳に必要な通気性をシャットダウンされていると、梅雨時期に吸収した湿気を放出することが出来ずに溜まったままになってしまいます。
久々にカーペットを外してみると、畳の色が変わるくらいカビが生えているなんてことが起こってしまうのです。

フローリングカーペットを敷く場合は、定期的に畳部分を露出して呼吸出来るように心がけましょう。

畳にフローリングカーペットを敷く前のカビ対策が重要

畳にフローリングカーペットを使うときは、敷く前にも対策が大切なのです。

フローリングカーペットを敷いてからこまめに畳の様子を見ることも大切ですが、カビを発生させないための最初の準備も重要です。

フローリングカーペットを敷く前に、まずきちんと畳を綺麗にしましょう。
畳に汚れや菌が多く残っている状態だと、カビの発生をさらに早めてしまうことになるので、事前の掃除は不可欠です。

畳の目に入っている汚れもあるので、掃除機で綺麗に吸い取ります。
掃除機をかけるときは、必ず畳の目に沿って掃除していきます。

畳の目を無視して掃除機をかけても、目の中の汚れが完全に取れませんし、畳を傷めてしまうことになります。
ゆっくりと掃除機を動かし、念入りな掃除で準備を整えましょう。

より入念に掃除をしたい場合は、掃除機にあとに水拭きをして表面の汚れを拭き取る方法があります。
ただ、先ほども説明したように畳は水分や湿気に弱いです。

必ず雑巾の水は固く絞り、乾拭きをして多くの水分を与えないこと、水分を残さないことを守って下さい。

フローリングカーペットは、完全に水分が乾燥するまで敷かないで下さい。

畳の部屋が日当たりの良くない湿気のたまりやすい場所なら、いくら対策をしてもカーペットを敷くとカビの発生は防げないことが考えられます。
条件の良くない部屋なら、カーペットを敷かないという選択肢もあります。

畳にカビが生えてしまった時の掃除方法とは

注意していたけど畳にカビが生えてしまった、というときは、そのままにせずに必ず掃除をしましょう。
そのままにしてしまうと、カビ菌がどんどん繁殖して、他の綺麗な部分まで汚してしまうことになります。

 

濃度が70%~80%の消毒用アルコール・スプレーボトル・使い古した歯ブラシなど・雑巾・ゴム手袋・マスクを用意しましょう。

 

畳に水分を残さず掃除をするために、揮発性の高いアルコールを使用していきます。

 

  1. カビ菌を部屋に充満させないために、掃除の前に部屋の換気をします。
  2. カビが発生している部分に、消毒用アルコールを吹きかけます。
  3. アルコールがカビに浸透するように、20分くらい時間をおきます。
  4. 歯ブラシなどを使って、表面だけではなく畳の目のカビもかき出していきます。
  5. カビのある部分がなくなるまで、ここまでを何度か繰り返します。
  6. 仕上げに消毒用アルコールを吹きかけて、乾いた雑巾で乾拭きします。
  7. あとはしっかり水分を乾燥させます。

 

アルコールで落ちないカビには、重曹を使って掃除します。
粉末の重曹をカビのある畳に振りかけ、上からアルコールを吹きかけ歯ブラシでカビをかき出します。

畳にカビが生えないようにするには

畳にカビを発生させないための対策を紹介していきます。

吸湿シート

カビが好む湿気をそのままにしないために、畳の上に吸湿シートを使ってみましょう。
カーペットを敷くことで発生してしまう湿気を吸収してくれるので、そのまま使用するよりもカビの発生を防ぐことが出来ます。

換気と掃除は定期的に

これも湿気をそのままにしないための対策です。
徹底的な掃除をこまめにすることは難しいと思いますが、換気なら毎日のように出来ます。
換気をして湿気を溜めないこと、そして掃除でカビの栄養となる汚れやホコリを取り除き、カビの発生を防ぎましょう。

除湿機を使う

換気だけでは物足りない場合は、除湿機を使って湿気を取り除きましょう。

酢で拭き掃除

酢には殺菌効果があるので、カビ菌の発生を防ぐ効果があります。

バケツ一杯の水に対して、酢を大さじ2程度なのでにおいもあまり気になりません。
この酢水で畳全体を丁寧に拭き、殺菌効果を浸透させます。

拭き終わったら必ず乾燥を忘れずに。

 - 簡単な問いに対する答え