自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。自転車を使っていると気がつくとサビが発生していることがあります。キレイにサビを取って塗装すれば、見違えるようなピカピカな自転車に変身します。

そこで、自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法について、必要な道具やサビの取り方、自転車を自分で塗装する方法や塗装後のサビ予防、自転車をサビから守るポイントなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、自転車の塗装とサビ取りを自分でするときに何が必要なのか、どんなことに気をつけたらいいのかがわかり、スムーズに行うことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大相撲の力士の気になる給料や退職金について解説します

大相撲のテレビ中継を見ていると、力士はどのくらい給料がもらえるのだろうと気になる人も多いでしょう。...

添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませなが...

子供が遅刻する場合の連絡方法?学校によっても違いアリ

学校を遅刻する場合、学校への連絡はどうするのが正しいのでしょうか。小学校であれば、あらかじめ予定され...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

男性にはわからない!女性がマスクをする本当の理由

マスクと言うのはインフルエンザなど感染するウイルスから身を守るために着用するのが本来の使い方ですよね...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

七五三の着物の着付け方法!3歳の女の子の着付けとポイント

女の子の七五三は3歳の頃と7歳の頃の2回です。七五三は、子供の健やかな成長を願って行われる行事でもあ...

家の玄関の方角に迷ったときの決め方のポイントや気をつけること

家の玄関の方角を決めることで、他の部屋の配置や庭の位置などが変わってきますよね。なので、玄関の方角や...

夜に洗濯物を干しっぱなしにすることが良くない理由を教えます

仕事しているママは、夜夕食を食べてから洗濯する人も多いのではないでしょうか。しかし、夜に洗濯...

ジムに必要な持ち物!バッグの選び方から便利グッズまでご紹介

運動不足解消のためにもジムへ通おう!となったら、ジム用のバッグ、ジムに必要な持ち物まで色々揃えなくて...

猫の習性を知れば気持ちがわかる!面白い行動に隠された意味

猫を飼育しているとその独特な習性や行動を面白く感じたりと魅力をたくさん感じますよね。今猫が何を感...

ハムスターの床材は新聞紙でもいい?ハムスターの飼い方

ハムスターの床材として新聞紙は適している?適していない?消耗品となる床材はできれば、コストがかからな...

うさぎが足ダンする理由と夜中に行った場合の対処法を徹底解説

幼稚園などでうさぎを飼っていると「うさぎを飼いたい。」と子供にねだられることもあるかもしれません。...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤の種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。たっぷりとダシの効いた美味...

スポンサーリンク

自転車の塗装とサビ取りをするときに必要な道具

自転車の塗装をするときにはサビ取りから始めます。

塗装とサビ取りに必要な道具を準備しましょう。使う道具を最初に用意しておくと作業が効率よく進みます。

サビ取りに必要な道具は3点です。

  1. サビ取り(紙やすりやサビ取り剤)
  2. 軍手
  3. 雑巾、古布

サビ取りをするときは、怪我防止のために軍手をしましょう。サビ取りは、紙やすりで削っても良いですし、サビ取り剤を使っても良いです。雑巾や古布は2~3枚は用意しましょう。サビ取り剤を付ける用や削ったサビをぬぐい取る用などが必要です。

 

塗装に必要な道具は6点です。

  1. 塗装剤
  2. サビ防止剤
  3. 新聞紙
  4. マスキングテープ
  5. マスク
  6. ゴム手袋

塗装中はゴム手袋とマスクを付けましょう。塗装剤やサビ防止剤はスプレータイプを使うと簡単でお勧めです。新聞紙やマスキングテープは、塗装剤が余計な場所につかないようにするために使います。

道具ではありませんが、塗装が終わったら乾くまで置いておける日陰になる屋根付きのスペースがあるとベストです。

自転車を塗装する前にサビを取りましょう

自転車にサビが付いている場合は、塗装をする前に必ずサビ取りをしてください。

前述でサビ取りに使う道具は紙やすりでもサビ取り剤でもどちらでも良いとご紹介しましたが、サビの程度によって選ぶと良いでしょう。

自転車のサビの付き方が部分的などの軽めなら、サビ取り剤を使うと簡単です。

紙やすりを使っても良いですが、他の部分を傷つけないように注意しましょう。サビ取り剤を使う時は、古布や雑巾に付けてサビに馴染ませてから拭き取るのが一般的ですが、使い方は商品に書かれている使い方に従ってください。

 

全体的にサビが付いていたりサビが重めなら、荒めと細かめの2枚の紙やすりで削り取るか、荒めの紙やすりで削り取ってからサビ取り剤を使うのが良いでしょう。

サビ取り剤だけで取ろうとするとサビ取り剤が沢山必要になってコストがかかる可能性もあります。

なお、紙やすりで強く擦りすぎると傷が付いてしまうので、一部分だけ擦りすぎたり強く擦ったりしないでください。

最後に雑巾などでしっかり拭き取り、サビが残っていないか確認しましょう。

サビを取りした自転車を自分で塗装する方法

自転車のサビが取れたら、塗装をし直しましょう。

塗装後は乾くまで動かしにくいため、作業場所は選びましょう。

塗装剤はスプレータイプがお勧めですが、周囲に塗装が付いてしまうこともあるので自転車の周りの地面や壁等を新聞紙で保護します。スプレータイプは塗装剤が広範囲に広がりやすいので、広めに保護しておいたほうが良いでしょう。

自転車のタイヤなど塗装を付けたくない部分も新聞紙やマスキングテープを使って保護しましょう。

自転車本体のマスキングは丁寧に行ってください。雑にマスキングしてしまうと、塗装がはみ出たり塗り漏れが発生することがあります。塗り漏れがあるとそこからまたサビが発生しやすくなってしまいます。

自転車本体や周囲の保護をしたら、塗装に入ります。

塗装剤の付着や吸い込み防止のためにゴム手袋とマスクを付けてから塗装し始めましょう。服装は念のためエプロンを付けたり汚れても良い服を着た方が安心です。

塗装は、吹きかけたい部分から30センチ程離してスプレーします。一か所だけ厚くならないように動かしながら吹きかけます。一度で塗り終わらせようとせず、薄く塗り重ねるイメージで手を動かしながらスプレーしましょう。

自転車を塗装したらしっかりとサビ予防もすること

自転車の塗装が終わったら、風通しのいい日陰になる場所でしっかり乾かしましょう。

乾燥させる時間は、使用した塗装剤の説明書きを確認して下さい。乾燥時間30分程度の速乾タイプや乾燥時間が数時間必要なタイプなど様々あります。

自転車の塗装がしっかり乾燥したら、サビ防止剤を付けます。

サビ防止剤もスプレータイプが使いやすいのでお勧めです。自転車本体を保護していた新聞紙やテープを剥がしてからサビ防止剤を散布しましょう。

塗装剤にサビ防止効果があるものを使ったら塗装して完成でも良いですが、別途サビ防止剤を使った方がサビ防止により効果的です。

最後に、壁や地面を保護していた新聞紙を剥がして完成です。

自転車をサビから守るポイントは保管場所

自転車のサビ取りをして塗装をしたら、今度は出来るだけサビが付かないようにしたいですよね。そのためには、自転車の保管場所に注意する必要があります。

雨に濡れるとサビは付きやすくなるので、出来るだけ屋根があって濡れない場所に保管しましょう。出来れば車庫など完全に雨風が当たらない場所に置き、無ければ屋根付きの雨に濡れにくい場所がお勧めです。

雨ざらしの場所しか保管場所を確保できない場合は、自転車にカバーを掛けると良いでしょう。濡れた場合はすぐに拭き取るのもサビ防止に効果があります。

また、金属は塩分が含まれる海風にも弱いので、海沿いの街に住んでいる人は、風にも注意しなければいけません。出来るだけ、シャッター付きの車庫や物置の中などの雨風が完全に遮断できる場所に保管するようにします。

海沿い以外の街でも高潮や台風の後などは塩分を含む雨が降ることもあります。塩分を含む水が付くと、ただの雨よりもサビやすくなるので、そういう時だけでも室内に避難させるようにしましょう。