日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

仕事の失敗で落ち込む時の対処法!失敗を自分の成長に活かすには

2019.3.31

仕事で失敗やミスをしてしまうと落ち込むことがあります。どうして失敗したのか、自分は仕事ができないのではないかと、なかなか立ち直れないこともあるでしょう。

仕事で失敗してしまうと、そのことが頭から離れずに前を向けないこともあります。では、一体どのような方法で失敗から立ち直れば良いのでしょうか。

ここでは、仕事で失敗した時に立ち直る方法についてお伝えします。失敗を次の成長に活かすことで、前に向かって進めるようにしましょう。

失敗をいつまでも悔やむのではなく、自分の仕事に活かせるように考えることで、一つ成長した自分になりましょう。

仕事で失敗したら落ち込むもの!でもミスはいつまでも引きずらないこと

仕事で失敗する人は多くいます。
決してあなただけではありませんし、その数も少数ではありません。

仕事で失敗をしてしまうと、自分がおかしてしまった事の重大さから落ち込む人が多い

そうすると仕事へのモチベーションも下がり、自暴自棄になってしまうこともあり、あまり良い環境ではありません。

失敗から立ち直れないのは「失敗」という言葉の印象のせいかもしれません。
基本的に失敗というワードはネガティブな印象があります。
しかし多方面から考えることでポジティブにもなることを知っておいてください。

失敗は引きずっていては何も得られません。
失敗をしてこそ学ぶものがあり次に繋げられます。
同じ失敗を繰り返さないように対策を考えられますが、失敗をしないと対策を練ることもありませんし、失敗経験が無いということから過信に繋がってしまうこともあるのです。
失敗という経験をしてこそ、次に繋げて会社のために貢献できることも多いということを忘れないでください。

「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、失敗は成功するための通過点であります。
ここで立ち止まっては何も起こりませんし、何も成し遂げられません。

この経験から立ち直る強さを身に付け、前へ進みましょう。

仕事で失敗して落ち込むときは落ち込む期日を決める

誰でも仕事で失敗をすることはあります。
失敗を引きずって落ち込む人は少なくないですが、立ち直るためにはどうすれば良いか考えてみましょう。

立ち直る方法としてこのようなアイディアがあります。

仕事で失敗して落ち込む時は無理に立ち直ろうとしないで落ち込む期間を決めてみること

すぐに立ち直ろうという努力がかえって裏目に出ることもあります。
だからといって、ずっと落ち込んでいても何にもなりませんし、誰のためにもなりません。

落ち込む期間を決め、その間徹底的に落ち込むことで、気持ちの切り替えに繋げやすいのではないでしょうか。
きっとその間は落ち込むだけではないでしょう。
落ち込みながらも、どうすべきだったか、これからどうすべきかを考えられるでしょう。落ち込む半面、そのようなことを考えられる時間にもなります。
それがこれからの対策にもなって役立つことでしょう。

仕事の失敗を信頼できる人に話すことで気持ちを切り替える

悩みごとがある時、皆さんはどのように解消しますか。
その解消法は人それぞれだと思います。

出かけること、映画を見ること、体を動かすことなど挙げるとキリがないですよね。

悩み事を友達や親に話して解消ができる人もいれば、うちに秘めてしまう人もいます。
うちに秘めてしまうと解決策になるヒントも得ることがなく立ち直れないことがあります。

もし後者であれば、友達や親に限らずに信頼出来る人に話してみると、その人が立ち直れるヒントを与えてくれるかもしれません。
そうすると気持ちを切り替えやすく、頑張ろうという気持ちになります。

このように仕事で失敗すると落ち込んでしまいますが、まず気持ちを切り替えることが大切です。
切り替えなければ解決策やこれらの対策もなかなか考えられないですよね。

仕事で失敗して落ち込むことから立ち直れなかったら、「信頼できる人に話してみる」ということも検討してみましょう。

仕事の失敗を反省することは大切!でも後悔はしないこと

仕事の失敗を引きずり落ち込むことは悪いことではありません。

むしろ、落ち込まない人の方が事の重大さを理解していないと思われることが多いかもしれませんね。
ですが、きっと誰もが落ち込むことでしょう。

落ち込むことは悪い子ではありません。
落ち込むことによって、だいたいのケースは反省に繋がります。
失敗を反省することはとても大切です。

反省といっても、「どうしよう、、」「やっちゃった、、」ということではなく、なぜ失敗をしてしまったのか、失敗の分析をするのです。
そうすると、失敗を繰り返さないためにはどうすればよいのかという今後の対策に繋がってきます。

失敗すると後悔はしてしまうものです。
しかし、後悔をしても状況は何も変わりません。

後悔よりも反省、そして今後の対策を考えることで結果に繋がります。

仕事で失敗して落ち込む時に立ち直るポイント

「仕事ができる人は失敗をしない」という印象がありますが、仕事での失敗はどんな人でも1度は経験するでしょう。

むしろ、失敗を経験してる人こそ仕事ができるのかもしれません。
仕事ができる人、できない人の違いには、失敗後の行動にあるのかもしれません。

失敗後にどう反省しているか、失敗を繰り返さないための対策をとっているかによって失敗をしていない印象となり、仕事ができる人と見られているのです。

次第にその行動は結果としても繋がってくるでしょう。

 

失敗して落ち込む時に立ち直るポイント

  1. 失敗を受け入れる
  2. 失敗した学びを次に活かす
  3. 実行する

 

仕事で失敗したらこの3つのポイントを忘れずに行動してみましょう。

 - 簡単な問いに対する答え