日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

ベランダの目隠くしで隣の視線対策!おすすめの目隠し対策を紹介

2019.3.27

賃貸マンションで生活している人の中には、ベランダ越しのお隣の視線や周囲の視線が嫌だと感じている人もいますよね。目隠くししたいけど、賃貸マンションだからできないのではないかと、あきらめモードの人もいるかもしれません。

ここでは、賃貸マンションでもできるベランダの目隠し方法についてお伝えします。上手に目隠しをすることで、気になる視線をシャットアウトしましょう。

また、賃貸マンションのベランダに目隠しを設置するときの注意点についてもお伝えしますので、そちらも参考にしてベランダに目隠しを設置しましょう。

ルールやマナーを守り、快適な生活ができるようにしましょう。

ベランダの目隠くしで気になる隣の視線をシャットアウト!おすすめアイテム

ベランダに目隠くしを設置することによって、隣人や通行人たちからの視線をシャットアウトして快適に過ごせるように工夫しましょう。

ベランダに目隠くしをする方法はいくつかあります。
目隠くしのために設置したもので、家をオシャレに演出してくれるものもあります。

ベランダの目隠くしにおすすめのアイテムをご紹介していきます。

  1. すだれ
    目隠くしにすだれを使うことによって、視界をほどよくシャットアウトさせながら、すだれの隙間から適度に風を取り入れることが出来ます。
    すだれの自然な感じもおしゃれです。
  2. パーテーション
    色々なタイプのパーテーションが販売されています。
    自分の目指したいお部屋の雰囲気によってパーテーションの素材やデザインを選んでみてください。
  3. ウッドフェンス
    ウッドフェンスであれば目隠くしすることも出来ますし、雨などにも強いので長持ちします。
    ウッドフェンスに工夫をしたりすることによって、おしゃれな目隠くしを作ることもできます。
  4. すのこ
    100均ショップやホームセンターなどで販売されているすのこを使って、ベランダの目隠しを作ることも出来ます。
    身近なものでもベランダに目隠しすることが出来ます。

予め目隠くし用に作られている商品や、自分で目隠くしを作る方法もあります。
自分に合った方法を試してみてください。

お隣さんの視線も気にならない?すだれを使ったベランダの目隠くしの作り方

すだれを使って、実際にベランダに目隠くしを作ってみましょう。
すだれで目隠くしを作る方法をお伝えしていきます。
まずは準備をする物からです。

すだれ・麻紐や結束バンドなど・ハサミ。

用意するすだれはベランダの大きさに合わせて用意すると、隙間無く目隠くしを設置することが出来ます。
麻紐は結束バンドなどでも大丈夫です。

 

すだれを使った目隠くしの作り方

用意した複数のすだれを、麻紐を使って繋げていきます。
目隠くしできるくらいの大きさにまで、すだれ同士を繋げることが出来たらベランダの手すりに立てかけましょう。
すだれを手すりに立てかけるだけで簡易的に目隠くしすることも出来ますが、しっかりと固定させたい場合には、ベランダの手すりとすだれを麻紐や結束バンドを使用して固定していきましょう。
ベランダの手すりとすだれを固定すれば、風などが吹いても倒れてくることがありません。
すだれを使って簡単に目隠くしを作ることが出来るので、試してみてください。

ベランダにグリーンを置いて隣から目隠くし

ベランダに観葉植物などのグリーンを配置することで、目隠くしする方法もあります。

ベランダの柵などに引っ掛けたり、背の高い植物を配置したり、ツタの植物をベランダに這わせてみたりと色んな植物の設置方法があります。
植物の種類によっては置いておくだけで大丈夫なものや、丈夫な植物もあります。
ベランダに置いても大丈夫な植物を選びましょう。
ベランダに植物を置くことによって夏には日差しを遮ってくれる効果もあるので、夏でも部屋で涼しく過ごすことが出来るようになります。
植物のあるオシャレな部屋を演出することも出来ます。

シェードを使って隣の視線を目隠くしする方法

シェードを使用して、目隠くしする方法もあります。
キャンプのテントに使われているシェードですが、使える場所はキャンプだけではありません。
普段の生活の中でも、ベランダやテラスに使うことによって目隠くしアイテムとして使うことが出来るのです。
その他にも、日よけ用の可動式のシェードなどが家に取り付けてある場合には、シェードを開いておくことによって目隠くしに使うことも出来ます。
使わないときには畳んでおくことによって、ベランダやテラスがすっきりします。
傘タイプのシェードもあります。
傘タイプのシェードであれば、使用するときには傘を開くだけですし、使わないときには傘を閉じて閉まっておけるので便利です。

賃貸マンションのベランダに目隠くしをする時の注意点

住んでいる家が賃貸マンションの場合には、ベランダに目隠くしをするときに注意しなければいけないことがあります。
賃貸マンションの管理会社によって、マンションに住むときのルールというものが設定されています。
もしも、そのルールの中にベランダに物を置かないなどの禁止事項があるときには、そのルールを守らなければなりません。
ルールを守らなかったときには迷惑行為と見なされてしまう可能性があります。
自分の借りている家にどんなルールが設けられているのか、確認をしてからベランダに目隠くしを設置しましょう。

ベランダからの他の人の視線は気になるときには、目隠くしを設置してみましょう。
目隠くしは自分で簡単に作ることが出来るものもあるので試してみてください。
賃貸マンションの場合には、ベランダに物を置かないなどのルールが設定されている場合もあります。
ルールを確認してから目隠くしを設置するようにしましょう。

 - 簡単な問いに対する答え