兄弟の結婚祝い【披露宴なし】相場や地域差・経済事情について

兄弟が結婚する時の結婚祝いは【披露宴なし】でも10万円包むのが相場であり、一般的だと言われています。

ですが、地域差や、経済事情、家族の付き合い、マナー、風習によっても変わってくると思います。

結婚は、人生の門出。

お祝いしてあげたいという気持ちで考えるのか、お金がかかるからイヤだな…と考えるのかはあなたしだいです。

感情は入れず、相場や風習に従い金額を決めるのか、感情を優先させ自分で金額を決めるのかは自由です。

今までの兄弟付き合いを振り返ってみましょう。

常識・非常識については、一般論で当てはめることはできません。

様々な事例を紹介しますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ショパンの「革命のエチュード」の弾き方のコツを徹底解説!

ショパンの曲は全体的に難易度が高くなっていますが、「革命のエチュード」も上級の中でも高い方ですよね。...

玄関のタイルをDIYで貼り替える方法と貼替え時の注意点

玄関の古いタイルを新しいタイルにしたいなら、思い切ってDIYに挑戦してみませんか? プロに頼むのも...

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。 男性に対...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。 寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

拘置所の差し入れに食べ物は制限あり!差し入れで嬉しいものとは

拘置所の差し入れに食べ物はできるのか疑問に思う人もいるでしょう。 拘置所では食べ物の持ち込みは...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。 し...

セキセイインコがおしゃべりが上手で得意な理由!

犬や猫などのペットを飼育している人は、この子はどんな話をするんだろうと一度は話しをしてみたいと考えた...

目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね...

木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。 この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っています...

反抗期の息子。母子家庭だからひどいの?母子家庭は関係ない!

反抗期の息子。 どのように接していいのか悩んでしまう…。 ウチが母子家庭だから、こんなにもひどい...

太もも裏側のストレッチ・ハムストリングスを伸ばす方法と効果

太ももの裏側にはハムストリングスという筋肉があります。この部分のストレッチを行うと、一体どんな効果が...

掛け布団と毛布がずれるのはどうして?毛布がずれるのを防ぐ方法

掛け布団と毛布が寝ている間にいつの間にかずれるのはどうしてでしょうか? そんなに寝相が悪いわけ...

ニートの息子を追い出す方法とニートにさせない事前予防とは

ニートの息子を追い出すために日々苦労をしているご家族もいるでしょう。 現在成人なのに働かないニ...

スポンサーリンク

兄弟の結婚祝いについて。披露宴なしの場合

自分の兄弟への結婚祝いに関しては、それまでのお互いの関係性や、結婚祝いをあげる側の状況などによっても、包む金額が違ってくるものです。さまざまな事情を考慮せず、兄弟間であればいくら位包むべきだといった意見もあるかもしれませんが、結婚祝いとなるとそう簡単にポンと出せる金額でもありませんので、ここは慎重に決めたいところですよね。

地域によって風習はことなりますが、一般的に結婚披露宴を行う場合に関しては、自分(あげる側)が独身か、夫婦や家族単位で披露宴に出席するかどうかで、結婚祝いの金額を決めるケースが多いようです。

【披露宴に出席する場合】

  • 独身 5万円
  • 夫婦もしくは家族 10万円

【披露宴なしの場合】

  • 独身 3~5万円
  • 夫婦もしくは家族 5~10万円

結婚披露宴なしの場合に関しては、料理や式場代などの負担がないことを考えると、やはり披露宴を行う場合よりも結婚祝いを少なめに包むといったケースが多いようですが、先に自分が結婚祝いを貰っていた場合などは、その時と同じ金額を包むのが妥当だと考える方も多いようです。

ただし、たとえば自分が結婚した時は兄弟がまだ独身だったとして、今回こちら側はすでに結婚していることを考えると、結婚祝いをあげる方の立場には違いがあるため、貰った金額にこだわらず、これからの親戚づきあいを考えて、金額を多めにするといった考え方も必要かもしれませんね。

結婚祝い。披露宴なしで結婚する兄弟への対処に迷ったら

兄弟のこれまでの関係性にもよりますが、兄弟への結婚祝いの金額に関しては、まずは両親に相談してみるのが一番良いと思います。

結婚に関するマナーが紹介されたサイトなどによると、兄弟の結婚式に出席する際はもちろん、披露宴なしの場合に関しても、やはり相場どおりに結婚祝いをあげるべきだという意見もあるようですが、それぞれの事情によっては、絶対にこの金額を包まなければならないというものではないでしょう。

両親の考え方によっては、身内の結婚に関しては、結婚祝いを包む必要はないと言われる場合もあるかもしれませんが、それはあくまでもこちら側が学生もしくは独身のうちの場合でしょう。もともと、兄弟や家族間で結婚祝い等のやりとりはしないという取り決めがある場合は別ですが、よほどの事情がない限りは、やはり兄弟間であっても結婚祝いくらいは包んでおいたほうがよいのではないかと思います。

兄弟への結婚祝い。披露宴なしの場合の渡し方について

兄弟の結婚式に出席する場合はご祝儀として包めば済みますが、披露宴なしの場合は結婚祝いをあげるタイミングが難しいですよね。普段から頻繁に行き来する機会のある間柄であれば良いのですが、めったに顔を合わせる機会がなかったり、兄弟が遠方に住んでいる場合などは、入籍後に兄弟の結婚相手と初顔合わせになるケースもあるでしょう。

本人から直接結婚の報告がない場合には、親から聞いたからと入籍前に結婚祝いを渡すのではなく、やはり入籍が済んだタイミングで渡すようにしましょう。

また、直接渡せない場合は、なるべく早いうちに郵送するようにします。現金書留で送る際にも、そのまま現金だけを送るのではなく、きちんとご祝儀袋に入れて、ひとことメッセージを添えることをお忘れなく。もちろんメッセージは兄弟に向けてだけではなく、結婚相手に向けて書くことも前提に、あまり堅苦しくなく、親しみをこめた文章を心がけて、丁寧に書くようにしましょう。

兄弟間でのお祝いのやり取りなど今後の付き合いについて

兄弟や親戚関係においての冠婚葬祭に関しては、今後もその都度頭を悩ませるケースが出てくることと思います。同じ兄弟間でも、どちらかが独身であったり、お互いに子供がいるかいないかなどによっても、今後のお祝い事に関するやりとりをどうするのかは、事前に決めておいたほうが良いでしょう。

我が家の場合は、兄が若いうちに結婚したため、当時まだ学生だった私からは、とくに結婚祝いやプレゼントを送った記憶はありませんが、のちに私が結婚した際には、披露宴なしだったということもあり、後日結婚祝いが送られて来ました。兄は遠方に住んでいるため、結婚披露宴をしないとなると、私の夫との顔合わせをするタイミングもなかったのですが、兄としてというよりも、兄嫁からの心遣いだったのではないかと思います。

お互いに子供が生まれてからは、出産祝いや入学祝いなど、節目ごとにお祝いのやり取りをしてきましたが、その際もとくに相談したわけではありませんが、お互いだいたい同じ金額でやりとりをしています。

各家庭ごとに経済的な事情もあるかとは思いますが、今後も親戚づきあいをしていく上では、お互いに無理のない範囲でやりとりができるように、機会をみて相談しておくことをオススメします。

お互いの結婚は『兄弟』から『親戚』へと関係性が変わる

兄弟のうちのどちらかが結婚すると、これまでの兄弟の関係性とはまた違ったものになります。もちろん、兄弟であることに変わりはないのですが、今までのように純粋に「兄弟」という関係性から、新たに「親戚」として付き合っていく必要性が出てくるのです。

結婚することによって、兄弟にはそれぞれ別の家族ができます。それまで自分の親と兄弟だけが家族という関係だったところから、新たな家族を持つことで、親や兄弟とは家族ではなく親族という関係になるのです。

これからは、自分の兄弟としてだけではなく、結婚相手やその親族も含めた親戚づきあいをしていくことになります。結婚祝いというものをその第一歩として考えるのであれば、相場だけで判断せずに、しっかりとお祝いの気持ちを込めて送られるのが一番ではないでしょうか?


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691