日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

2019.4.3

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。
そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としてはネズミを持って見せ来られても、ただ気持ち悪いですしどうにかやめさせたいものです。
猫がネズミを捕食するのはなぜなのでしょうか。
追いかける理由、猫がネズミを飼い主に見せにくる理由とは?
思わず「ギャー」と驚いてしまいますが、その反応では喜んでさらにネズミを持ってくる可能性があります。
また、ネズミを食べてしまうのは危険だということも知っておきましょう。

猫がネズミを捕食して暮らしてきたのには理由がある

猫を飼っていると、ネズミを捕食して飼い主さんの元へ持ってくることがありますよね。
こうした行動は飼い主さんからすると止めて欲しい行動ではありますが、猫がネズミを持ってくるのには理由があります。

猫はなぜネズミを捕食するのか?

活動時間帯が同じだから

猫がエサを捕まえるための狩猟に出るタイミングとネズミが活動するタイミングが重なることから、猫はネズミを「捕まえやすい獲物」と判断していたようです。

ネズミが出す音に刺激されたから

猫が嗅覚に優れているのは皆さんご存知かと思いますが、猫は「耳」にも優れている動物です。
そのため、ネズミが出す微かな音に猫は反応し狩猟本能が刺激されることから、捕食していたとも言われています。

獲物と判断したから

猫は獲物と認識したものを狩猟しますが、獲物と認識するのには「大きさ」や「動き」が関係しています。
猫にとってネズミは捕食するのに丁度良い大きさであり、ネズミ特有の逃げ回る動きは猫にとって「獲物」と判断するものだったようです。

このように猫がネズミを捕食するのには様々な理由があり、ネズミは猫にとって外の世界で生きていく上では欠かせない「食料」であったと言えるでしょう。

猫が捕食したネズミを飼い主に見せにくるのはなぜか

猫が捕食したネズミを飼い主さんに見せにくる行動には様々な理由がありますが、主な理由は「褒めてもらうため」や「元気になってもらうため」の行動なのです。

猫はネズミを捕獲することを凄いことだと認識しています

そうしたネズミを飼い主さんの元へ持っていけば「凄いね!」と褒めて貰えると思っており、褒めてもらいたさからわざわざ飼い主さんの元へネズミを見せにくるのです。

一方で、飼い主さんの様子がいつもと違うと感じた場合には、元気になって欲しいという想いからネズミを持ってくる場合もあります。
「これ食べて元気出して!」こんな気持ちを込めて、猫は飼い主さんの元へネズミを持って来ているかもしれません。

猫が捕食したネズミを見せにきた時の対処法

猫なりの気持ちを表現してくれているとは分かっても、捕食したネズミを見せにこられるのは正直迷惑な話でもあります。

捕食したネズミを見せにきた場合には、対処の仕方が重要になります。
飼い主さんの対処法によっては、猫がネズミ狩りに更に力を入れてしまうことになりますので注意しなければいけません。

実際に行う対処法としては、猫がネズミに興味を示していないタイミングで処理してしまうのが良いです。
多くの飼い猫は狩猟した段階で満足してしまい、食べることは殆どないと言われています。そのため猫が満足してネズミから離れた段階でそっと片付けてしまいましょう。

一方で実際にネズミを見ると驚いて大きなリアクションを取ってしまう場合もあると思いますが、そこはグッと堪えて冷静を保つことが大切です。
大きなリアクションは、猫にとって「飼い主さんが喜んでいる」と判断してしまう原因になりますので注意して下さいね。

猫がネズミを食べてしまった時はすぐに病院へ行きましょう

前述したように多くの猫は狩猟した段階で狩猟本能が満たされて満足してしまいますが、場合によっては捕獲したネズミを食べてしまうこともあるかもしれません。
万が一ネズミを捕食してしまったという場合には、すぐに動物病院で診察を受けさせることが大切です。

ネズミは様々な病原菌を持っています

そうしたネズミを食べてしまうと猫の体内にも病原菌が入ってしまい、病気に感染してしまったり食中毒を起こす場合があります。
もし、食中毒を起こしてしまうと元気をなくすのはもちろんのこと、嘔吐や下痢、体温の低下などの症状が見られるようになり、命に関わるような状況になってしまうことも少なくありません。

そのため、猫がネズミを捕食してしまった場合には、速やかに動物病院に連れて行くようにして下さい。
猫がネズミを食べたこと、食べてからの経過時間やどの程度食べたのかなど、状況を詳しく獣医師さんに伝えるようにしましょう。

猫のためにも外に出さないことが一番

家の中と外を自由に行き来している猫は、外でどんなことをしているか分かりません。

捕獲したネズミを飼い主さんの元へ持ってくる場合もあれば、持ってこないで外で食べてしまっている場合もあるのです。
また、猫は狩猟する必要のない状況でも狩猟してしまう「満腹狩り」という習性を持っていると言われており、このような行動は生態系を壊してしまうことにも繋がります。

「外」は猫にとって楽しい環境である反面で多くの危険があるのも事実です。
猫の安全を確保する上ではもちろんのこと、こうした生態系に影響を与えないようにするためにも猫は外に出さないことが大切です。

大切に愛猫に何かあってからでは遅いのです。
可能であればお家から出さずに、家の中で飼ってあげることをオススメします。

 - 簡単な問いに対する答え