温水洗浄便座の取り付け方法!自分での取り付け方と注意点

温水洗浄便座が壊れてしまったり、新しく買い替えをしようと思ったり、そんなときに自分で取り付けることが出来るのか?気になりますよね。

そこで自分で取り付ける際の注意点、取り付け方法についてご紹介をいたします。

取り付ける前には、止水栓や必要な工具、部品の確認を行うことも必要です。自分では難しいと感じたら、無理をせずに業者さんに取付をお願いしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【猫の返事】無駄鳴きするときは何かを訴えている可能性も!

名前を呼ぶと返事する猫ちゃんもいますよね。名前を呼んで返事をしてくれると、とっても可愛くて思わずにや...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

セラミックフライパンが焦げ付く原因は2つ!使い方に注意

表面が白くおしゃれな印象が強いセラミックフライパン。滑りが良く料理がしやすいフライパンですが、間...

男性の太ももの平均的な太さとは?細くするための方法も解説!

スピードスケートや自転車競技などのスポーツをしている人の太ももってかなり太く感じますが、男性の平均的...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。最近は健...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。たっぷりとダシの効いた美味...

体が柔らかくなる期間は?柔軟の効果を感じるのに必要な時間とは

体が柔らかくなるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?個人差があり、どのくらいのストレッ...

ハムスターの鳴き声がクックッとする時の気持ちと対処法

ハムスターは様々な鳴き声をしますが、「クックッ」という鳴き声をすることがあります。なんだか苦しそうな...

旦那のこんな言い方にムカつく!奥さんのイライラを解消する方法

今、これを読んでいるあなたは、旦那さんにイライラしていますね!旦那のこんな態度がムカつく、こんな...

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。縫い目の方が気に...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

川エビのミナミヌマエビの飼い方!初心者向け飼育の基本

川エビの一種、ミナミヌマエビは育てやすく、初心者にも育てやすい種類です。大きさも小さめで、透明なかわ...

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

パンにバターを塗りたくても固い!塗り方のコツを紹介します!

トーストしたパンにバターを塗って食べる!美味しいですよね!でも、バターが固くて塗り方が難しいって...

スポンサーリンク

温水洗浄便座の取り付け方法!そもそも自分で取り付けは可能か

温水洗浄便座の取り付けは、自分ですることができます。
しかし、水と電気を扱う温水洗浄便座ですので、取り付けの際には慎重に作業をする必要があります。
取扱説明書を読んだり、製品の取り付けにある程度の自信がある方であれば大丈夫!
手順通りに作業すれば、初心者でも簡単に取り付けができますよ。

まずはじめに、温水洗浄便座を取り付ける前に確認すべき点をいくつか紹介します。
作業をするときには事前準備が肝心です。備えあれば憂いなしですよ。

温水洗浄便座の取り付けを自分でするなら取扱説明書をしっかり確認をする

まずは説明書をよく読んで、これから行う作業の流れをある程度確認しましょう。
1回目を通しておくだけで、作業がスムーズになります。

部品と工具の確認

説明書を見ながら、部品が全て揃っているか確認しましょう。
取り付けを始めてから不備に気づくのでは遅いですからね。
また、取り付け時に必要になる工具(ドライバー、バケツなど)を確認し、準備しておきましょう。

元栓を閉める

水道の元栓は必ず閉めておいてください。
作業中に水が溢れてくることも多く、大変危険です。
すでに古い温水洗浄便座を使用しているという方は、コンセントのプラグを抜いておくことも絶対に忘れないで下さい。

温水洗浄便座の取り付け方法、自分で便座を着脱する方法

それでは、温水洗浄便座の取り付け方法について紹介していきます。

温水洗浄便座の取り付け手順

  1. 便座の後方裏側にあるナットを緩めて、ナットを取り外し、元の便座を取り外します。
  2. 固定プレートを取り付け、仮止めしておきましょう。
  3. 新しい便座をはめたら、固定プレートをしっかり締めて固定します。

 

ここまでで、便座の取り付けは一旦完了です。
便座を取り外すと、普段の掃除では見つけられなかった汚れを目にするかもしれません。せっかくの機会なので、掃除を済ませておくとよいでしょう。

ここまでの作業は、意外と簡単にできますね。
次に紹介するのは、少し難易度が高くなる、給水管の着脱方法です。

温水洗浄便座の自分での取り付け方法、給水管の取り外し

給水管の取り外しをするまえに、再度止水栓の確認をします。
きつく閉めたことを確認した後で、トイレの水を流してみて下さい。給水されなければ成功です。

給水管は、接続部分のナットを緩めると外すことができます。
管内に残った水が漏れてくるので、バケツや雑巾の用意をし、配置しておきましょう。

給水管の取り外しができたら、次に温水洗浄便座に付属されている分岐金具を取り付けます。
止水栓と分岐金具の間には、必ずパッキンを入れてからナットを締めてくださいね。

これで給水管の取り外しと、分岐金具の設置は完了です。

温水洗浄便座を自分で取り付けする際には給水ホースも忘れてはいけません

分岐金具には、給水ホースを2つつなぎます。
1つはロータンクにつながる給水ホース、もう一つは温水洗浄便座の本体につながる給水ホースです。

ロータンクの形状によっては、ロータンクの蓋を開けて、タンク内部を抑えながらナットの調節をしなければいけないものがあります。
ナットと一緒に接続部分が回ってしまうような場合は、タンク内のボールタップを手で抑えながらナットを緩めて下さいね。

分岐金具に給水ホースが接続されたことを確認したら、止水栓を開けて水漏れの確認をします。
一気に緩めてしまうと、沢山の水が漏れ出てしまいますので、少しずつ開けてみてください。締め足りない部分が見つかったら、一度止水栓は閉めてからナットを締め直しましょう。
水漏れがなければ、取り付けは完了です。

よくあるトラブル!温水洗浄便座の取付でトイレが水浸しになることも

自分で温水洗浄便座の取り付けをする際には、次の事に気をつけましょう。

取り外したの便座の劣化

元の便座が古い場合には、便座を固定しているパーツも古くなっていて取り外しが難しい場合があります。
無理に取り外そうとして、便器が壊れてしまうこともあります。陶器が割れてしまうと、その部分だけの補修は難しく、総取り替えが必要になる場合もありますので、無理やり外そうとするのはやめましょう。業者に依頼すれば、特殊な工具で簡単に取り外してくれます。金額は発生しますが、壊してしまうよりも安上がりです。

部品の破損

使い慣れない工具の使用で、止水栓や分岐金具などの部品を壊してしまうことがあります。特に止水栓の破損の場合には、水が溢れて止まらなくなってしまうので、注意が必要です。万が一破損させてしまった場合には、水道の元栓を締めることで対応できますが、止水栓の修理に時間がかかりますので、大変です。

元栓を締める

簡単に作業できるとの思い込みから、元栓を閉めずに作業をしてしまう方も多いようです。アパートの下の階への浸水や、業者にレスキューをお願いする事態にもなりかねませんので、安全のためにも必ず元栓を閉めてくださいね。