温水洗浄便座の取り付け方法!自分での取り付け方と注意点

温水洗浄便座が壊れてしまったり、新しく買い替えをしようと思ったり、そんなときに自分で取り付けることが出来るのか?気になりますよね。

そこで自分で取り付ける際の注意点、取り付け方法についてご紹介をいたします。

取り付ける前には、止水栓や必要な工具、部品の確認を行うことも必要です。自分では難しいと感じたら、無理をせずに業者さんに取付をお願いしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

役立つ本の収納術、大量にある本の収納のコツや便利なアイテム

本やマンガが好きな人にとって大変なのは、本の収納をどうするかです。数冊や数十冊くらいでしたらさほ...

兄弟の結婚祝い【披露宴なし】相場や地域差・経済事情について

兄弟が結婚する時の結婚祝いは【披露宴なし】でも10万円包むのが相場であり、一般的だと言われています。...

かぼちゃの収穫について。食べごろは収穫後すぐ?それとも…

かぼちゃの収穫って、かぼちゃがどのくらい大きくなったらするのでしょうか?かぼちゃの収穫は大きさで...

長時間運転をする時の休憩の目安!眠気や疲労を感じた時は休憩を

長時間運転をする場合、事故を防ぐためにもこまめに休憩をはさみながら運転をすることが大切です。...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

幼稚園バスがあるのにナゼ送迎は自家用車?その理由と注意点

幼稚園には園バスがあり園児の送迎を行ってくれます。しかし自家用車で送迎をする保護者の方も。な...

栄養満点バナナの美味しい食べ方と長持保存方法!

バナナって手頃に食べられて美味しいですよね。そのままでも十分に美味しいバナナですが、食べ方によっては...

絵が上手い人の特徴!絵が苦手な人が参考になるヒント

絵やイラストが得意という方がいますが、そのような方達にはどうやら特徴があるようです。絵の上手い人...

PTAが廃止されている小学校も多い!現在のPTAの形と現状

最近の小学校ではPTAが廃止されているところも増えてきています。以前は当たり前だったPTAの活動も、...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。新たに腕時計を買い...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい!力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。...

スポンサーリンク

温水洗浄便座の取り付け方法!そもそも自分で取り付けは可能か

温水洗浄便座の取り付けは、自分ですることができます。
しかし、水と電気を扱う温水洗浄便座ですので、取り付けの際には慎重に作業をする必要があります。
取扱説明書を読んだり、製品の取り付けにある程度の自信がある方であれば大丈夫!
手順通りに作業すれば、初心者でも簡単に取り付けができますよ。

まずはじめに、温水洗浄便座を取り付ける前に確認すべき点をいくつか紹介します。
作業をするときには事前準備が肝心です。備えあれば憂いなしですよ。

温水洗浄便座の取り付けを自分でするなら取扱説明書をしっかり確認をする

まずは説明書をよく読んで、これから行う作業の流れをある程度確認しましょう。
1回目を通しておくだけで、作業がスムーズになります。

部品と工具の確認

説明書を見ながら、部品が全て揃っているか確認しましょう。
取り付けを始めてから不備に気づくのでは遅いですからね。
また、取り付け時に必要になる工具(ドライバー、バケツなど)を確認し、準備しておきましょう。

元栓を閉める

水道の元栓は必ず閉めておいてください。
作業中に水が溢れてくることも多く、大変危険です。
すでに古い温水洗浄便座を使用しているという方は、コンセントのプラグを抜いておくことも絶対に忘れないで下さい。

温水洗浄便座の取り付け方法、自分で便座を着脱する方法

それでは、温水洗浄便座の取り付け方法について紹介していきます。

温水洗浄便座の取り付け手順

  1. 便座の後方裏側にあるナットを緩めて、ナットを取り外し、元の便座を取り外します。
  2. 固定プレートを取り付け、仮止めしておきましょう。
  3. 新しい便座をはめたら、固定プレートをしっかり締めて固定します。

 

ここまでで、便座の取り付けは一旦完了です。
便座を取り外すと、普段の掃除では見つけられなかった汚れを目にするかもしれません。せっかくの機会なので、掃除を済ませておくとよいでしょう。

ここまでの作業は、意外と簡単にできますね。
次に紹介するのは、少し難易度が高くなる、給水管の着脱方法です。

温水洗浄便座の自分での取り付け方法、給水管の取り外し

給水管の取り外しをするまえに、再度止水栓の確認をします。
きつく閉めたことを確認した後で、トイレの水を流してみて下さい。給水されなければ成功です。

給水管は、接続部分のナットを緩めると外すことができます。
管内に残った水が漏れてくるので、バケツや雑巾の用意をし、配置しておきましょう。

給水管の取り外しができたら、次に温水洗浄便座に付属されている分岐金具を取り付けます。
止水栓と分岐金具の間には、必ずパッキンを入れてからナットを締めてくださいね。

これで給水管の取り外しと、分岐金具の設置は完了です。

温水洗浄便座を自分で取り付けする際には給水ホースも忘れてはいけません

分岐金具には、給水ホースを2つつなぎます。
1つはロータンクにつながる給水ホース、もう一つは温水洗浄便座の本体につながる給水ホースです。

ロータンクの形状によっては、ロータンクの蓋を開けて、タンク内部を抑えながらナットの調節をしなければいけないものがあります。
ナットと一緒に接続部分が回ってしまうような場合は、タンク内のボールタップを手で抑えながらナットを緩めて下さいね。

分岐金具に給水ホースが接続されたことを確認したら、止水栓を開けて水漏れの確認をします。
一気に緩めてしまうと、沢山の水が漏れ出てしまいますので、少しずつ開けてみてください。締め足りない部分が見つかったら、一度止水栓は閉めてからナットを締め直しましょう。
水漏れがなければ、取り付けは完了です。

よくあるトラブル!温水洗浄便座の取付でトイレが水浸しになることも

自分で温水洗浄便座の取り付けをする際には、次の事に気をつけましょう。

取り外したの便座の劣化

元の便座が古い場合には、便座を固定しているパーツも古くなっていて取り外しが難しい場合があります。
無理に取り外そうとして、便器が壊れてしまうこともあります。陶器が割れてしまうと、その部分だけの補修は難しく、総取り替えが必要になる場合もありますので、無理やり外そうとするのはやめましょう。業者に依頼すれば、特殊な工具で簡単に取り外してくれます。金額は発生しますが、壊してしまうよりも安上がりです。

部品の破損

使い慣れない工具の使用で、止水栓や分岐金具などの部品を壊してしまうことがあります。特に止水栓の破損の場合には、水が溢れて止まらなくなってしまうので、注意が必要です。万が一破損させてしまった場合には、水道の元栓を締めることで対応できますが、止水栓の修理に時間がかかりますので、大変です。

元栓を締める

簡単に作業できるとの思い込みから、元栓を閉めずに作業をしてしまう方も多いようです。アパートの下の階への浸水や、業者にレスキューをお願いする事態にもなりかねませんので、安全のためにも必ず元栓を閉めてくださいね。