日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

犬がトイレシートからずれるのを防ぐには?対処方法をご紹介

2019.3.10

犬がトイレシートからずれてしてしまうときには、どのようにして教えてあげたらいいのでしょうか?

はやく覚えて欲しいからといって、怒るのはNGです。
ずれてしまうのを直すにはこのような方法でゆっくり向き合ってあげましょう。

また、トイレシートがずれるときには、どうしたらいいのでしょうか?ズレ防止に役立つ方法を紹介します。

犬がトイレシートからずれるのを怒ってはダメ

犬がトイレを失敗してトイレシートからずれてしてしまったら、怒っていませんか?しつけのために注意しようと叱ったり、繰り返されてイライラして怒ってしまうこともあると思います。

しかし、犬がトイレを失敗しても怒ってはいけません。

人間は犬がトイレシートからずれてしたことを怒っていても、犬はどうして怒られたのか伝わっていないことが多いです。言葉が通じれば後から発見したことを怒っても、怒られた方は何について怒られたのか伝わりますが、犬は後から怒られても何が悪かったのか理解できません。

失敗箇所を指さして怒ったとしても、犬は排泄自体を怒られたと思ったり、排泄物が見えてて怒られていると思ってしまうこともあります。そうなると、排泄を我慢したり、トイレシートと関係のない場所に隠れてするようになりかねません。

かといって、排泄中に怒っても、排泄自体がダメなのかと勘違いしてしまうことがあり、ずれてしている事を怒っていると伝わりにくいのです。

犬のトイレの失敗は怒ったり注意すると、犬は間違った解釈で学習してしまう確率が高いです。そのため、怒ったり注意せず、犬に対しては何もしない事です。失敗した部分はすぐに片づけます。臭いが残るとまた同じ場所でしてしまうことがあるので、臭いを残さないようにしましょう。

もしも、すでに知恵がついてしまっているのであれば、排泄自体を褒めてトイレトレーニングをやり直しても良いかもしれません。

犬がトイレシートからずれることなくできたらご褒美作戦

トイレシートからずれなくなって排泄をして欲しいなら、叱るより褒めて伸ばすようにしましょう。ただ褒めるだけでなく、正しく出来た時にだけに褒めてあげ、犬の好きなおやつをあげるのです。

褒めた後におやつを貰えると、褒められればおやつを貰えると学習します。最初はトイレの後に褒められておやつが貰えると思うかもしれませんが、もらえないときもあると、もらえる時ともらえないときの違いを犬自身が自分で考えます。

トイレシーツにちゃんとできたら、褒めておやつが貰えるのだと気付き、おやつが欲しいので正しくするようになります。

甘やかして何もなくてもおやつをあげる習慣が付いている場合は、この方法をしてもなかなか学習できません。この方法で犬に正しいトイレトレーニングをしたいなら、おやつは褒めるべき時のご褒美以外には使わないようにすると良いでしょう。

また、犬としてはちゃんとしているつもりでもずれている場合もあります。シートの周りを囲って体がはみ出ないようにして、的が絞れるような工夫もしてあげましょう。

犬のトイレシートからずれるところにしてしまうときの対処方法

犬は自分の臭いが付いている場所をトイレと覚えて、次回以降も同じ場所に排泄をするようになります。トイレシートからずれるということは、飼い主が決めたトイレの位置とは別の場所をトイレと考えている可能性もあります。

犬がトイレシートからずれることなくトイレトレーニングを成功させるためには、まずは的を大きくしてあげましょう。初めは的を大きくしてトイレを成功させることが重要です。

単純に大きなサイズのトイレシートを使って、的の範囲を大きくしてあげます。ペット用のトイレシートのワイドサイズを使って、ずれてしまう場所を覆うようにトイレシートを敷きましょう。

トイレシートの範囲を広げることで失敗しなくなったら、時間をかけてトイレシートの範囲を徐々に狭めていきます。徐々に的を小さくしていくことで、失敗しなくなっていくでしょう。

また、犬を飼う時にトイレのトレーを買う人が多いと思いますが、実はこのトレーの質感や段差が好きじゃなくてトイレの時にトイレシートからずれていることもあります。

トイレのトレーをやめて、トレーの代わりに人間の介護用防水シートやおねしょシーツを使うのがお勧めです。大きいので失敗しても防水シートが受け止めてくれますし、比較的安価で人間用のため機能的に出来ています。

犬のトイレシートがずれるときにはコレがおすすめ

犬がトイレを失敗する時の様子を見ていると、トイレシートの外にしているのではなく、トイレシート自体がずれてしまって失敗するケースもあります。

犬がトイレのために腰を下ろす前に、トイレシートの上で位置を迷うようにグルグルすると、その勢いでトイレシートがずれてしまうことがあります。この場合、犬はトイレの位置は理解しているので、トイレシートがずれない工夫をしてあげましょう。

トイレシートの4隅を固定出来るマットや粘着シートで固定出来るトレーなども販売されていますので、犬の好みに合いそうなものを検討してみてください。

犬のトイレシートがずれるのを手軽に予防する方法

もっとお金を掛けずに手軽にトイレシートがずれるのを予防したい場合には、手作りするのもお勧めです。

単純にトイレシートの隅に重りになるものを乗せると、犬が今までとの違いに戸惑ったり嫌がって、トイレの失敗につながる可能性があるので、見た目に変化のない方法で工夫しましょう。

おすすめは、100均などにも売っている滑り止めシートです。ラグなどの滑り止めに使えるシートをトイレのトレーのサイズに切って、トイレのトレーとシートの間に敷きます。完璧に固定出来るわけではありませんが、これだけでもずれにくくなります。

他には、両面テープでトイレシートとトレーやマットに固定する方法もお勧めです。トイレシートの交換ごとに作業しなければいけない手間はかかりますが、両面テープも100均でも買えるので、割安で工夫することが可能です。

トイレシートの周囲の吸収剤が入っていない部分の裏側に両面テープを貼り、トレーやマットに固定します。4箇所位に両面テープを貼れば結構ずれにくくなります。

見た目を気にしないなら、マスキングテープ等で上から止めてしまっても良いでしょう。

 - 簡単な問いに対する答え