日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

チンチラのケージに必要な大きさとケージ選びのポイント

2019.3.9

チンチラを飼う場合には色々な飼育道具が必要になりますが、中でも重点を置きたいのがケージです。
チンチラの住処になるので、しっかりと選んであげましょう。

チンチラのケージを選ぶ時にポイントになるのが大きさです。
チンチラはジャンプ力が優れていますので高さが必要ですし、移動するための幅も必要です。
具体的なサイズをご紹介します。

また網目にも注目です。間隔が広いと脱走する可能性もあありますので確認しておきましょう。

またケージは普段の扱いやすさも考えると良いでしょう。チェックポイントを紹介します。
デリケートなチンチラのケージ選びの参考にしてみてください。

チンチラのケージに適した大きさを紹介

チンチラはハムスターの様にメジャーなペットではなく、専用の飼育セットなどを取り揃えているペットショップは多くありません。
そのため、チンチラの特性を知った上でよりよい飼育環境を作ることが大切。
今回は、チンチラを飼う時に最も重要になる、ケージのことについて詳しく説明していきます。

まずはケージの大きさについて検討していきましょう。
チンチラは体は小さいですが、運動量が多く、小さなゲージでは運動不足によってストレスを溜め込んでしまう可能性があるので、ケージの大きさは慎重に選ばなければなりません。

ハムスター用のケージは小さすぎるので、絶対に選んではいけません。
うさぎやフェレットなど、小動物用のケージはある程度の幅が確保できますが、十分にチンチラが動き回れるように、60cm以上の幅があるものを選びます。
ケージを置くスペースが十分にある家庭では、100cm以上あるものを用意してあげればチンチラも満足でしょう。

ジャンプ力のあるチンチラを入れるケージは、高さも重要なポイントになります。
チンチラは1m近くジャンプできるので、ケージの高さも1m以上あるものが望ましいです。最低でも1m以上、できるだけ高さのあるものを用意しましょう。

できるだけ高さがあり、動き回るスペースが幅広く確保できるケージが、チンチラに合った大きさのケージになります。

チンチラのケージは網目の間隔や大きさにも注意

つぎに重要なのが、ケージの網目です。
運動量が多く、なんでもかじってしまうチンチラは、網目の広いケージだと脱走してしまうことがあります。
飼い主が見ている時の脱走だと良いのですが、見ていない時に抜け出してしまうと、探すのが大変です。

また、網目に頭がすっぽりと入って抜けなくなってしまうこともあります。

できるだけ網目が細かく、頭が挟まらないようなものを選ぶと安心です。

チンチラの故郷はアンデス山脈の山岳地帯。
気候が寒く、湿度が低い場所で暮らしていたことから、高温、多湿には弱い生き物です。
ケージの網目は小さめのものを選ぶのが大切ですが、プラスチックの衣装ケースや、網目のないケースなど、通気性の悪いケージの中では適応できません。
そのため、網目は小さいながらも、通気性が良いものを選ぶ必要があります。

ケージに底網が付いているものは、掃除がラクで便利なのですが、動き回るチンチラにとっては足を挟んでしまう危険なものになりかねません。
底網は取り外して、ケージの底には牧草やウッドチップなどを敷いてあげると良いでしょう。

入り口の大きさなどケージの扱いやすさも考えよう

チンチラの飼育にぴったりな大きさ、網目のケージが見つかっても、すぐに購入するのは避けてください。
長くチンチラを飼育していく上で大切なのは適したサイズだけではなく、「飼い主が扱いやすいこと」も必要な要素になります。

チンチラを飼うときには、清潔にケージ内を保つために、定期的にケージの掃除をしなければなりません。
ケージを掃除するときのことをイメージして、掃除がしにくい部分はないか、汚れが溜まってしまいそうな箇所はないかをあらかじめ確認しましょう。

ケージに開閉できる場所が複数あったり、天井が開くようになっていると、掃除やお世話するときに便利です。

また、チンチラをケージの外に出してあげるときには、チンチラを出し入れしやすい出入り口の大きさが確保できるかどうかも確認しましょう。

扱いやすいケージを意識して選べば、チンチラのお世話もスムーズにできますし、積極的にケージから出してコミュニケーションをとることもできます。

「扱いやすさ」はケージ選びの中でも忘れてはいけないポイントの一つです。
飼った後のことをイメージしながら、ケージ選びをしてみましょう。

チンチラのケージ選びは材質にも注目

先程さらりと触れましたが、チンチラは何でもかじってしまう癖があります。
かじる力も非常に強く、鋭い前歯は、固い草や繊維をすり潰すために使われます。

木製のケージや樹脂で塗装されているようなケージは、チンチラがかじってボロボロにしてしまう可能性があります。

本体は金属製の金網タイプ、網の太さが太くて頑丈なものを選ぶようにしましょう。
チンチラがかじっても、塗装などが剥がれて口に入れてしまうことがないように、ステンレス無塗装のケージがあるとより良いでしょう。
ステンレスのものは割と値が張るので、用意が難しいときには、樹脂塗装のものは避けてメッキのものを選べば安心です。

チンチラに猫用のケージは使えるかどうか

チンチラ専用のケージを取り扱っていないペットショップでは、他の動物の物を代用してチンチラのケージにすることもあると思います。

猫用ケージなどを代用することで最も注意したいのは、やはり「怪我」です。
網目の間隔が広い猫用ケージなどは、はじめに紹介したように、脱走の心配もありますが、金網の接合部に足を挟むことによる怪我や骨折などが一番の心配です。

そのため、代用する他のペット用ケージは、金網の接合部にチンチラの足が入る隙間がないものを選びます。
チンチラの足は細いので、金網の接合部の他にも、隙間やつまずきそうな場所の確認をしてあげましょう。

気になる方はペットショップの店員さんに相談したり、ネットで取扱のあるチンチラ専用のケージを手に入れると安心でしょう。

 - 簡単な問いに対する答え