洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンションでは防水パンが設置されていることの方が多いですが、戸建て住宅の場合は自分たちで用意しなくてはなりません。
では、洗濯機の設置に防水パンなしでも問題はないのでしょうか。防水パンを設置する意味とは?
防水パンを設置するメリット、デメリットもありますので参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

孫に会えないのは自業自得?私の何が悪かったのですか

孫に会えないのは、自業自得ですか?お姑さんの悩みです。自分に都合の悪いことはひたかく...

友達に誘われない子供に親ができる友達力の育て方のコツとは

友達に誘われない子供が友達から好かれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?では、子供が...

庭の芝生の代わりとなるクラピアの特徴や育て方について

庭のお手入れはできるだけしたくないという人におすすめなのが「クラピア」です。芝よりも柔らかく、白や薄...

バレンタインの手作り友チョコにおすすめ!大量生産できるレシピ

バレンタインの友チョコ用に毎年たくさんのチョコのお菓子を作るという方も多いと思います。周りの友達...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

顔が揺れる女子が嫌われる理由と緊張で揺れないための対処法とは

顔が揺れる女子に対して嫌悪感を抱く人が多いのはどうしてなのかご存知でしょうか。そもそも顔が揺...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。ちょうど...

ショパンの「革命のエチュード」の弾き方のコツを徹底解説!

ショパンの曲は全体的に難易度が高くなっていますが、「革命のエチュード」も上級の中でも高い方ですよね。...

ホイップクリームを保存するなら冷蔵?冷凍?オススメの保存方法

ホイップクリームって意外と余ってしまい困りませんか?冷蔵保存でどの位持つのかが気になりますよね。...

女性の肩幅が狭いのが悩みなら広くする方法やおすすめコーデテク

女性は肩幅が狭いと華奢に見えるので、憧れる女性も多いものです。しかし、そんな肩幅が狭いことに...

韓国語の勉強法が知りたい!独学でも簡単に楽しくできるポイント

韓国のドラマを字幕無しでみたい!K-POPの歌を理解したい!色んな理由で韓国語を学んでみたいとい...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。...

鼻毛が出てるときの伝え方は?相手を傷つけないように伝える方法

デートをしていたら彼氏の鼻から鼻毛が出てる!そんな時、どんな伝え方をすればよいのか悩んでしまいますよ...

粘土工作が幼児に与えるメリット!粘土は子供の脳を発達させる

粘土を使って工作を作ると、幼児の発達に色々な嬉しいメリットを与えます。小さいうちから粘土を使って子供...

スポンサーリンク

洗濯機の設置に防水パンなしでも問題はないのか

「水関連」の問題は、特にアパートやマンションだと、気になりますよね。一戸建てだとそれ程近所迷惑にならないので、あまり気にならないかも知れませんが、これからアパートやマンションに入居する方は、洗濯機に防水パンなしでも問題はないのか、やはり設置はされていた方が良いのか、気になる点だと思います。

あった方が断然良いと思います。水の問題は面倒ですし、何か対応策の様な物は常にあった方が良いと思います。もし、仮にあなたが入居しようとしているアパートやマンションに色んな理由で設置されていないとしたら、その理由も言い訳にしかならないと思います。

防水パンですが、露結を防止してくれる作用もあります。洗濯をしていて、あまり気にした事がないかもしれませんが、洗濯の周りは状況によっては、露結もします。それを防水パンで予防してくれる事もありますので、絶対に設置すべきだと思います。

防水パンなしで洗濯機を設置するデメリット

水関連の問題を事前に予防する為にも、洗濯機の近くに防水パンはあった方が良いと思います。

でも、実際、設置されていないアパートやマンションもあります。

防水パンですが、上記でも触れている通り、「露結」に関しても対応が出来ます。防水パンを設置していないアパートやマンションですが、恐らく洗濯機も色々な面で改良されて来ているので、防水パンの役割ももう果たされているのだろう。だから、設置を辞め始めた。それが理由だと思います。

しかし、実際は洗濯機は家主さんが思っている程改良はされていません。洗濯機に何か故障があった時の為、また、洗濯機周辺で起こり得る露結防止の為にも、防水パンを設置した方が、入居者の方からもより信頼を得ることが出来ると思います。

防水パンが無いと、いつか露結が起きたりして、入居者も対応が困る日が近づいているのかもしれませんね。

防水パンなしで洗濯機を設置するメリットは、掃除がしやすいこと

露結を防止してくれる防水パンですが、無いと良い点は、その分、掃除がしやすい事は事実だと思います。

防水パンを使用している方なら理解ると思いますが、防水パンの部分の掃除が思っている以上に面倒くさいと感じると思います。

防水パンの部分にホコリやゴミも溜まるので、掃除が面倒だからと放って置くと、気がついたら悪臭が起きる事もあります。

何か設置すると、その分の掃除をしなくてはいけないデメリットもついて来る事も利用者としては覚悟の上なのだと思います。

また、「防水パン」にこだわっていると、それに対応する洗濯機の種類が限定されるのも、防水パンを使用するデメリットとして考えられます。「この洗濯機を家で使用したい」と思っても、中々物事は上手く進まない事もあると思います。何かプラスするとなんだかの制限がかかることも考慮するべきなのだと思います。

洗濯機を設置したいのに防水パンがない時の対処法

何処にいても、水漏れなど、水関連のトラブルは出来るだけ避けて行きたい。洗濯機はあるけれど、防水パンが無い。他の方はどのようにしてその問題に対応しているのか知りたいです。

有料にはなりますが、防水パンを取り付けてもらっている

専門の業者に頼んで、防水パンを設置している方もいます。ただ、これだと大掛かりな工事になってしまうので、家主さんの許可などが必要な事もあります。また、アパートやマンションによっては、「工事してもいいけれど、出る時には元に戻してね」なんて言われる事もあります。どちらかというと、下記の方法の方がお勧めになります。

洗濯トレイを置いている

こちらの方が料金も安いですし、手軽だと思います。洗濯トレイには穴が空いていないので、その分の機能が落ちることは覚悟の上です。

でも、経済的ですし、ある程度の効果は期待出来るので、上記より、洗濯トレイで露結対策をしている人の方が多いのが現状だと思います。あなたも洗濯トレイで対応してみたらいかがですか?

おすすめの防水パンは「かさ上げ型防水パン」

洗濯機の露結から出る水を上手に受け取ってくれる防水パンに、「かさ上げ型防水パン」というものがあります。

防水パンですが、大きくわけて、3つのタイプがあります。

その3つのタイプの中でも、お勧めなのが、上記でも触れている「かさ上げ型防水パン」になります。

掃除が楽になるのが、かさ上げ型防水パンの魅力

どうしてかさ上げ型防水パンをお勧めするかというと、防水パンのデメリットとして上げられる、「掃除のしにくさ」を上手にカバーしたのが、このかさ上げ型防水パンタイプだからです。

防水パンは水関連の問題を防止してくれますよね?でも、掃除が面倒だと感じてきた主婦の方も多かったはず。そんな問題を上手に対応してくれるのが、かさ上げ型防水パンになります。

また、防水パンに対応している洗濯機も限定されていると上記で説明しましたが、このは、ドラム式洗濯機にも対応出来るので、あなたの洗濯機に対する悩みもまた一つ解決されるタイプと言えると思います。

アパートやマンションに入居する際に、水回りに関する問題は一つでも対応して置きたいのが本音だと思います。洗濯機は是非防水パンを設置して置いて欲しい。無い場合には何をどうすれば良いのか、上記の記事では、それにも対応出来る解決策を提示しています。あなたの悩みは一つでも解決されましたか?かさ上げ型防水パンもお勧め出来るタイプになります。是非利用していって下さい。