日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

ハムスターのトイレ砂として代用できるもの!困った時の代用品

2019.3.8

ハムスターのお世話で、トイレ砂を交換しようと思ったら、トイレ砂が切れていた…。

買いに行ける明日まで、何とか家であるもので代用したいと考える方も多いと思います。

そこで、ハムスターのトイレ砂の代用になるものをご紹介します。

あくまで代用品としてのご紹介なので、なるべく早めに使い慣れたトイレ砂に交換してあげましょう。

ティッシュをハムスターのトイレ砂として代用

大きな動物を飼うことができないため、ハムスターを飼ってる人も少なく無いと思います。そこで、今回はハムスターのトイレについて詳しく紹介していきたいと思います。
一般的なハムスターのトイレと言ったら、ねずみ色の粒の細かい砂を専用の器に入れるといったタイプなのですが、その砂も交換頻度が増えれば増えるほどあっという間に減ってしまったなんて事もよくあります。
しかも、普通のスーパーになかなかおいてないので、ペットショップ専門店やホームセンターに行ってわざわざ仕入れなくてはいけません。
都会に出れば出るほど手に入りやすい素材ではありますが、買うのを忘れて帰ってきてしまったなんて場合も多々出るでしょう。
そんな、ハムスターの砂を家にあるもので代用できれば急いでお店に行かなくても安心して飼育していられますよね。
代用品について何点か紹介したいと思います。

トイレ砂の代用にティッシュペーパーを使う

砂の素材とは全く異なるティッシュペーパーですが、代用品としては尿の吸収もしてくれるので全く問題ありません。
ただし、ティッシュペーパーを永遠に使い続けるということはオススメできません。
飼い主さんのお掃除頻度にもよりますが、尿を吸収する一方で状態によってはベチャベチャになり衛生的には良い状態とは言えません。
しかも、そのトイレ用ティッシュペーパーを別の場所へ持っていってお家に詰めてしまったりする事も考えられるため、お掃除頻度はより多く、丁寧に行わなくてはいけないデメリットが出てくるからです。
砂と違い尿の水分のみを吸収してくれるティッシュペーパーですので、臭いの方も気になりますよね。
(トイレットペーパーという意見もあるかと思いますが、ティッシュペーパーより水に溶けやすい素材のため、ハムスター用トイレにはオススメできません。)

新聞紙をハムスターのトイレ砂の代用に

次に紹介したい代用品は、「新聞紙」です。
実はわたし自信も代用していたことがあります。
ホームセンターによっては、ハムスターを販売している時にトイレ用の砂ではなく新聞紙を使用しているお店もあるくらい代用品としてはすぐれものだと思います。
こちらも紙ですので、ティッシュペーパー同様吸水性は高く、もともと読み終わったら廃品として捨てる新聞紙ですので「エコ」な方法でもありますよね。
使用する時はなるべく細かく切ってから使用することをオススメします。
ティッシュペーパーのようにすぐに吸水するわけでは無いため、細かく切って使用しないと尿の水分が別のところに流れてしまうというアクシデントもあるためです。

この新聞紙にもデメリットはあります。
それはティッシュペーパー同様、軽い紙なので他の場所に運んでしまい衛生的に汚くなってしまうという点です。
しかも新聞紙はインクがついていますので、ハムスター自体にも色がついてしまうという意見も聞いたことがあります。
(わたしが飼っていたジャンガリアンハムスターは色は付きませんでした。)
ですので、ハムスターの種類によっては少し汚い色が付着してしまうなんてことも考えられますので、使用する時はその事も念頭に入れて使用しましょう。

ハムスターのトイレ砂の代用にペットシーツ

他にも代用品はまだあります。
それは、ペットシーツです。
ペットシーツとは、犬専用の尿シートのことを言います。
犬を室内で飼っている人は、ペットシーツを敷いてそこの場所に尿や便をすることを教えます。いわゆる犬専用の排泄場所です。
これを砂の代わりに代用することはかなりオススメで、他の場所へ自分で移動してしまうということはありませんので、代用品としては1番かもしれませんね。

ただし、犬専用のシートなだけあって、どこの家庭でも常備しているわけではありません。こちらも基本的にはホームセンターやペット専門店でしか購入できず、最近ではドラッグストアでも見かけることはありますが、スーパーにはなかなか販売していません。
そのため、専用の砂と同じお店に販売されているというデメリットがあげられます。
わざわざホームセンターにペットシーツを買いに行くのなら、その時ハムスター専用の砂を購入すればよいのですから、購入してまで使用するという意味はあまりありません。
自宅にもともと犬がいるからおいてあったなんて場合だと重宝されるのですが、なかなかそんな環境の人は多くはないですよね。
ですので、なんと言ってもそこの部分が、唯一のデメリットととして言えるのです。

トイレ砂の代用に猫用のトイレ砂がNGな理由

犬用のシートが良いのであれば、猫用の砂はどうでしょうか?
しかも、ハムスターと同じ「砂」の素材なのでより代用としては生かされそうな気もしますよね。
そんな猫用のトイレ砂についても検証してみました。

代用する素材によっては危険性も

猫用のトイレ砂は、種類によって命の危険さえ伴いますので、使用しないことをオススメします。
まず最初に紹介したいのは、紙製のトイレ砂です。
猫は、もともと柔らかい土や砂に排泄を行う習性が備わっているため、トイレ砂を排泄場所として認識しているので猫の排泄専用として猫の排泄専用として販売されています。
ただし、ハムスターはそうはいきません。
背中をスリスリして遊んでしまったり、トイレという場所の認識が無いのもハムスターの特徴ですので、遊んでいる時に間違って猫用トイレ砂が口の中にでも入ってしまったものなら、紙は水分を吸収して固まり、窒息させてしまうというような危険性が高くなってしまうのです。
もし、どうしても使用するならば、水分を吸収しても固まらない素材のトイレ砂を使用して下さい。

ただし、これも犬用のペットシーツ同様、どこの家庭にもあるわけではないので、わざわざ用意する必要はないでしょう。

ハムスターのトイレ砂は砂遊び用とは必ず分ける

ハムスターのトイレ用砂の粒子はとても細かく、水分を吸収すると丸く固まる特徴があるため、お掃除するときも掃除がしやすいというメリットがありますよね。
ただし、そんなハムスターもトイレと遊びの砂を分けて設置してあげることで、自ら分けて使用するという事は知っていますか?

そのため、事前に両方をわけて設置することで、一日でも長く清潔な空間を保つことができるのです。

縁があって出会ったハムスターです、生涯を幸せに全うできるよう大切に飼って頂きたいと願っています。

 - 簡単な問いに対する答え