色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。
ピンクが持つ意味や、効果を上手に使うとコミュニケーションを円滑にするために応用することもできます。
では、ピンクを選んだ女性の、本当の気持ちをのぞいてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。 主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

車のブレーキが効かない!原因や覚えておきたい対処法と修理相場

車のブレーキが効かないのは大変危険です。走行中に突然ブレーキが効かないと焦ってしまいますが、そんなと...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

犬がトイレシートからずれるのを防ぐには?対処方法をご紹介

犬がトイレシートからずれてしてしまうときには、どのようにして教えてあげたらいいのでしょうか? ...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。 入園式はあ...

バレエのコンクールは何歳から受けられる?対象年齢について

バレエのコンクールは何歳から受けることができるのでしょうか?先生からお声をかけてもらった、そろそろコ...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

職場でお菓子を配る行為は迷惑かどうか。上手な断り方の方法とは

職場でお菓子を配る人がいます。どこかのお土産を買って来ましたという他にも毎日のようにお菓子を持ってき...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。 寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

嫁が嫉妬しても可愛いと思う旦那さん!でも重い嫉妬は注意です!

結婚してからもお嫁さんが嫉妬すると、それを可愛いと思う旦那さんもいるようです。 恋人時代を思い出す...

夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいの...

夏休みの課題【家庭科編】オススメ簡単作品や攻略ポイントとは

夏休みの課題の中には、家庭科からも課題が出されることがありますよね。 家庭科の課題に何を作った...

義父と同居する時に迷う間取り、将来を見越して設計を立てよう

義父と同居となり家を新築する場合、どのような間取りにするべきか迷ってしまいます。 起床時間、寝る時...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

父親・母親から受け継ぐ遺伝。二つの遺伝子の行方について

父親の遺伝が強いとか、母親からしか受け継がれない遺伝子があるとか、子供への遺伝については諸説様々あり...

スポンサーリンク

色占いでピンクを選んだ人の心理

女性の中にはピンクが好き、無意識にピンクのものに目が行く、という人が多いようです。

単純に女性らしくて華やかな色だからというだけではなく、ピンクを選ぶには深層心理が隠れています。

ピンクは愛情を表す色と言われていて、愛情を与えたいとき、反対に愛されたいときに選ぶ傾向があります。
また、幸福感や安らぎ、トキメキを感じているような気持ちが満たされているときにも、ピンクを好むようになります。

今までは白や黒を好んでいた女性も、恋愛をしているときはピンク色を選ぶようになるとされているほどです。

気持ちが満たされているので、周囲に対しても思いやりの気持ちを持つことが出来る心理状態で、負のイメージを感じることは少ない色です。

色の中でピンクが好きという人の性格

ピンク色が好きな人の本来の性格は、心優しく思いやりの気持ちを持っています。

困っている人を放っておくなんてことは出来なくて、深い愛情で献身的に尽くそうとします。
情が深く、包容力もある豊かな心の持ち主です。

男女問わず、異性からモテることも多いです。
ただ相手を突き放すことは出来ないので、誰にでも気のある態度に見られてしまい、注意が必要な部分です。

と言っても愛情豊かなので、周囲から頼られることも多く、人間関係でトラブルを抱えることも少ないようです。

 

ピンクにはトラブルを抑制する効果があると言われ、人の気持ちを平和で穏やかにしてくれます。

トラブルが少ないのは、いつも心が穏やかでいられる証拠かもしれません。

ピンク色は女性ホルモンに働きかける効果もあると言われ、ピンクのものに囲まれていると若々しさを保つ手助けをしてくれるそうです。
なので美意識が高い人は、ピンクを好む傾向があります。

色の効果!ピンクを選ぶ心理を仕事やプライベートに応用

ピンク色には深層心理や本来の性格が隠れていましたが、ピンク色を取り入れることで相手に与える印象も変えることが出来ます。

同じメイクや髪型でも、黒い服とピンクの服という違いだけで、印象はガラッと大きく変わります。
それほど色から与えられる印象は、意識はしていなくても強いのです。

ピンク色から私達が受ける印象は愛情や安心感、また品の良さも感じます。
恋愛をイメージしやすい色なので、気になる相手に会うときは、ピンク色を取り入れると意識してもらいやすくなります。

また場面によっても、ピンク色を応用して取り入れることが出来ます。

仕事の場合

親しみやすさを出したいときは、ピンクがおすすめです。
ピンクがあるだけでパーッと華やかになり、人柄まで明るく見せてくれます。
明るい人には自然と話しかけたくなりますよね。

仕事という緊張感のある雰囲気を、柔らかく和ませてくれます。

そして、身につけていると思いやりが生まれる色なので、細かな気配りを意識したいときにもおすすめです。

プライベートの場合

好きな人とのデートのときには、小物などでも良いのでピンクを取り入れましょう。
女性らしさを引き出してくれます。
品の良い愛情や優しさ、笑顔を強調してくれる効果があります。

なかなか素直になれない人も、甘え上手にしてくれます。
気持ちをストレートに伝えることが苦手な人は、ピンクに後押ししてもらいましょう。

インテリアにピンクを取り入れている人の心理

ピンクを部屋のインテリアで取り入れている人もいます。

インテリアにピンクを選ぶのは、どのような心理なのでしょう。

インテリアの中でも、どの部屋にピンクを取り入れているかによって、心理的な意味合いが変わってきます。

部屋別に見ていきましょう。

リビング

リビングは家の中で、一番多くの時間を過ごす場所です。
来客があった場合も、リビングに招くことがほとんどでしょう。

自分自身も、そして人の目にも触れやすい空間にピンクを取り入れることは、愛情を与えたい温かな気持ちが表れています。

素直で思いやりがあり、誰かと一緒に過ごす時間を心から楽しめる人です。

またセンスの良さにも優れています。

ダイニング

ダイニングは家族が集まり、食事などリラックスした時間を過ごす場所です。
気を張らず、自然体でいられる空間でしょう。

ダイニングにピンクを取り入れることは、愛情を与えられたいという気持ちが隠れています。
自分のために時間を使い、いたわってあげるといいですね。

寝室

寝室は来客が入ることがない、最もプライベートば部屋です。
本来の自分を解放出来る場所にピンクを取り入れることは、細かいことを考えずにリラックスして、子供のような気持ちを取り戻したい気持ちがあります。

寝室に取り入れているピンクの量が多いと、強い愛情やエネルギーを蓄えているので、周囲に無条件の愛とエネルギーをもたらすでしょう。

ピンクと相性が良い色

ピンク色は、ブルーやグリーンといった色が相性が良いとされています。

ピンクには愛情や甘えの心理があるので、ブルーやグリーンが冷静な判断を与えてくれます。

ピンクの花とグリーンの葉、お互いの色を補うもので、自然界にもこのように組み合わされているのです。

ピンク色だけでは弾みすぎてしまう気持ちを、ブルーやグリーンで調和させるようにするとバランスが良くなります。

グリーンを好む人も、気持ちが穏やかな傾向があるので、人としての相性も良いと言えるでしょう。

気分を前向きに明るくしたいときは、ピンクとオレンジを組み合わせると効果的です。
ファッションや小物に取り入れると、いつも目に入るのでおすすめです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691