日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

免許【合格するコツ】学科試験の重要なポイントと注意点

2019.2.24

免許合格のコツについては、日頃からの準備が大切です。学科試験にはなんとか一回で合格して、次の実技試験に望みたいと思う人も多いでしょう。そのためには、学科試験に合格するために、しっかりと勉強をしなければいけません。

そこで、学科試験に合格するためのコツについて、重要なポイントや効果的な勉強方法、間違いやすい問題への対策や合格の基本は授業をしっかり聞くことなどお伝えしていきましょう。

これを読めば、学科試験に向けてどんな対策をするべきなのかがわかりますし、ポイントを抑えて勉強することできっと良い点数で合格することでしょう。頑張ってください。

運転免許の学科試験に合格するためのコツとは

運転免許を取得して、実際に日常的に運転をしている人はたくさんいます。
運転免許を取得していない人の方が少ないかもしれません。

これだけ多くの人が合格しているのですが、学科試験は誰でも必ず合格出来るような簡単な問題ばかりではありません。

常識的に考えればすぐにわかるような問題もあれば、文章の意味をきちんと理解しないと間違えてしまうようなひっかけ問題、過去問題を繰り返し勉強しないと覚えられないような問題など様々な問題が混在しています。

約3割の人は学科試験に一回で合格出来ないのが現実のようなので、勉強をして試験に臨むことは不可欠です。

運転免許の試験に一回で合格するコツとしては、過去問題を何度も繰り返し勉強することです。

過去問題を繰り返し勉強していくと、今までの問題の傾向が見えてきます。

一見正しいことを言っているようでも、少しの言い回しの違いで答えが変わるような問題もあるので、どのようなひっかけ問題があるのかということも頭に入れましょう。

また過去問題を勉強していくと、自分の得意分野、苦手分野も明確になってきます。
得意分野はそのままの状態をキープして、苦手分野を克服するようにさらに反復勉強を続けましょう。

免許の学科試験に合格するコツは効果的に勉強すること

免許の学科試験に合格するコツは、とにかく自動車学校の教科書を読み込むことです。
教習所の教科書には答えが載っています。
教科書を読み込み、内容を頭に入れておけば実際の試験でも悩むことはありません。

特にポイントとして書かれていることや、授業で説明があった場所は試験の問題として出題される可能性が高いので、確実に覚えられるようにしましょう。

学科試験の大半は○×問題によるものなので、難しい単語を絶対に暗記しなければ合格しないというものではありません。
教科書をきちんと読み込んだから大丈夫、という自信が持てる気持ちも大切です。

免許合格のコツは間違いやすい問題にもしっかり対策をすること

間違いやすい問題にも対応出来るようにしておくと、合格への道のりがかなり近づいてきます。

ひっかけ問題に騙されたり、似ている言葉の意味をきちんと区別出来ていないと、まんまと間違えて点数を失ってしまうので注意しましょう。

駐車と停車、追い越しと追い抜き

すぐに意味の違いがわかりますか。
区別が出来ていないと間違えてしまう可能性が高くなります。

駐車

駐車とは、車が5分以上継続的に停止している状態のことを言います。
荷物の積み下ろしや、運転者が車から離れていてすぐに移動出来ない様子を意味します。

停車

一方停車とは、車が5分以内の短時間停止している状態を言います。
同乗者が乗り降りしたり、運転者が車内にいてすぐに移動出来る様子を意味します。

 

追い越し

追い越しとは、進路を変えて進行中の車の前方に出ることを言います。
前方に同じ進路で走行している車がいる状態で、右車線に一旦進路変更をして追い越す車の右を通過します。
先ほどの車よりも前方に出たことを確認した後、元の車線に戻ることを意味します。

あくまでも追い越しをしても良いのは右車線からであり、どんなにスペースがあっても左車線からの追い越しは認められていません。

 

追い抜き

追い抜きとは、進路を変えずに進行中の車の前方に出ることを言います。
追い越しと違って、最初から前方の車とは別の車線を走行している状態です。

追い抜きは右車線、左車線のどちらからでも可能です。
交通法で制限されていることはありません。

このように似ている言葉でも、意味していることは違います。
覚えておくようにしましょう。

合格の基本は授業をしっかり聞くことが大事

当然ですが、授業をしっかり聞かずに一回での合格は至難の技でしょう。
免許の合格に限らず、学校でも授業をしっかり聞かなければテストの点数は伸び悩みます。
免許の合格も同じことです。

学科授業は、同じ授業は二度受けることは出来ません。
受けることが出来るのは一回きりです。

一回しか受けられない授業をウトウトしながら出席するのか、しっかり話を聞き大切な部分をノートにまとめながら出席するのかは自分次第です。

しかし一回きりの授業だと思えば、聞き逃すことがどれほどもったいないことなのかわかりますね。

当たり前過ぎることですが、合格を目指すのであれば授業はしっかりと集中して聞きましょう。

免許の学科試験に合格するためにはしっかりと準備をしましょう

先ほども述べましたが、免許の学科試験に合格するには、日頃からしっかりと勉強をしていく必要があります。

過去問題を何度も繰り返し、傾向と対策を理解します。
そして教科書を読み込み、言葉の意味の違いについても理解を深めておきます。

勉強をして知識と自信を身につければ、例え見慣れない問題が出たとしても焦ることはありません。
きっと解くことが出来ます。

標識問題は出題されることが多く、似ているものもあるので重点的に勉強しておきましょう。

勉強した知識はきっと実を結びます。

 - 簡単な問いに対する答え