石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。
陶器のように焼く必要もなく、仕上がりは軽量なので、アクセサリーのアレンジにぴったりです。
そこで、石粉粘土を使った、ブローチの作り方をご紹介します。

今回のブローチは、初心者にも作りやすい簡単な作り方です。
とっても簡単なので、お子様と一緒に作っても楽しいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誕生日の過ごし方!家族が誕生日を祝ってくれない主婦の過ごし方

世の中の主婦たちは、どんなふうに自分の誕生日を過ごしているのか、誕生日の過ごし方が知りたい女性もいる...

絶叫系が苦手でも友達と遊園地を楽しみたいときの対処法と克服法

絶叫系が苦手でも友達と一緒に遊園地を楽しみたいと思う人は多いはずです。 しかし、絶叫系が苦手な...

長時間運転をする時の休憩の目安!眠気や疲労を感じた時は休憩を

長時間運転をする場合、事故を防ぐためにもこまめに休憩をはさみながら運転をすることが大切です。 ...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。 私立の理...

猫に睡眠を邪魔される!カワイイけど寝たい!そんなあなたへ

猫に睡眠を邪魔されて、いつもいつも寝不足状態…。 かまって欲しくて起こしに来る姿はとってもカワ...

旦那が怖い。話せない。それは異常な夫婦関係ですよ

旦那のことが怖い。 突然怒り出すから、話せない。意見を言うことは許されない。 そんな、夫婦関...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。 では、包丁の基本的な使い方とは、置...

足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法

足首が硬い子供が増えているといいます。 足首が硬い、曲がりが悪いのでしゃがむことが出来ないそうです...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。 ニー...

温水洗浄便座の取り付け方法!自分での取り付け方と注意点

温水洗浄便座が壊れてしまったり、新しく買い替えをしようと思ったり、そんなときに自分で取り付けることが...

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

幼稚園のランチ会の進め方とは?幹事でもこの流れでいけば大丈夫

幼稚園のランチ会で幹事となったときにはどんな進め方をしたらいいのでしょうか? 一番、緊張するラ...

隣人との騒音トラブル。一戸建てでも注意が必要

隣人との騒音トラブルといえば集合住宅の場合が多いものですが、一戸建てであってもたびたび起こってしまい...

スポンサーリンク

石粉粘土の特徴と普通の粘土との違い

石粉粘土とは名前の通り、石を粉状にしたものが原料となります。
石粉粘土は空気にさらすと固まり、素焼きの陶器のような質感になります。

石粉粘土は普通の粘土とは違い、粘土が固まってからも削ることができます。
固まるとある程度強度がでるので、やすりなので削って形を直すこともできます。
しかも、粘土をさらにつけてまた削ることできるので、納得できない仕上がりでも手直しができるので失敗しづらいのが特徴です。

石粉粘土はアクセサリー作りにも適している。

そして、石粉粘土は手につきにくいため形が作りやすかったり、アクリル絵の具で色付けもできるのでハンドメイドをするには最適な原料といえるでしょう。

また、乾燥させてから色付けをした後、ニスなのでコーティングしてあげると陶器のような風合いを出すことができてとてもおしゃれです。

本物の陶器よりも重さも軽いのでイヤリングやピアスなどのアクセサリー作りにも適していると言えるでしょう。

また、ホームセンターや100円ショップなので手軽に手に入れることができるため、試しにやってみたいという人でも手軽に挑戦することができますので是非一度試してみてください。

石粉粘土で作る簡単ブローチの作り方

石粉粘土で作るブローチの作り方についてお伝えしていきます。
使用する材料などは、ほとんど100円ショップなどで手に入れることが可能なものばかりなので集めるもの大変ではありません。

まず準備するものとしては、材料となる石粉粘土の他に色付けする際のアクリル粘土、コーティングする水性アクリルニスが必要です。

そして、形を成型する際の型には粘土ベラを使いますが、クッキー型を使うのもおすすめですので準備しておきましょう。

粘土を伸ばすために必要な粘土を伸ばす棒や、ブローチ用のピン、接着剤、ハサミ、色付け用・ニス用の筆等準備してください。

作り方の手順としては、まずブローチの型を作ります。
厚紙などに作りたいブローチの形を書き、ハサミで切り取ります。

そして粘土をこねてある程度柔らかくしましょう。
使わない分の粘土はラップにくるみ、ジッパーがついた袋に入れて保存すれば乾燥することなくまた別の機会に使用することができます。

石粉粘土でブローチ作り、厚みを揃えるためのコツ

粘土をこねたら次に重要な粘土の成型を行っていきます。

粘土の型取りをする前に、粘土は均等な厚さに整えておく必要があります。
伸ばし棒で粘土を伸ばしていく際、粘土を挟んで両端に割りばしを並べて置きましょう。
そうすればその厚さで粘土を均等に伸ばすことができます。
粘土を均等に伸ばすことで、より仕上がりが綺麗なブローチを作ることができます。

粘土を伸ばし棒でこねて平らにしたあと、粘土の上に先ほど作った型を置きます。方の形に粘土ベラで粘土を切り取って形を作っていきましょう。
クッキー型を使う場合はクッキーを作る要領で型をくりぬいていきましょう。

切り取った後、側面の粘土の形が少しぼさぼさといますので指などで平らに直してください。

粘土が柔らかいうちに割りばしや竹串などで模様をつけてもよいでしょう。
粘土は2~3日ほど平らな場所で乾かしましょう。

乾かした石粉粘土の着色方法

そして粘土が完璧に乾いたらアクリル絵の具で色付けしていきます。
他の画材でも色付けすることはできますが、アクリル絵の具は発色もよいのでお勧めです。
しかも乾くと耐水性も付くのです。
色の風合いを変えたい場合は水の量を調節してください。
水を多めにして色を作ると水彩画のような質感を出すことができます。

色付けが終わったら最後に水性アクリルニスでコーディングをしていきましょう。

ニスを塗ることで光沢感を出すだけでなく、色落ち防止にもなります。

ニスは何度か重ね塗りをすることでより陶器にちかい質感を出すことができます。

ニスを塗ったら完全に乾くまでよく置いておきましょう。
ニスを乾かす場合は牛乳パックの上などに置くとくっつかないのでお勧めです。

完全に乾いたら最後にブローチ用のピンを接着剤などでつければ完成です。

石粉粘土はブローチ以外にもいろいろなアクセサリーで楽しめる

ブローチは、シンプルな洋服やバッグなどに一つつけるだけでかなり印象が変わります。

小さいブローチを重ね付けしてもおしゃれでかわいくなり、一段階上な小物に変身させることができるのでお勧めです。

石粉粘土で作ったモチーフは、ブローチの他にもイヤリングやピアス、ネックレスのモチーフとして利用することもできます。

陶器のような質感を出すことができるので丈夫でしっかりした印象をもったアクセサリーにすることができます。
陶器よりも軽いのでイヤリングやピアスなどのモチーフに利用するのにとても適しているといえるでしょう。

材料なども100円ショップなどで手に入れることができるのでとても気軽に始められますよね。
ぜひ一度石粉粘土を使ったハンドメイド作成に取り組んでみてはいかがでしょうか。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691