石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。
陶器のように焼く必要もなく、仕上がりは軽量なので、アクセサリーのアレンジにぴったりです。
そこで、石粉粘土を使った、ブローチの作り方をご紹介します。

今回のブローチは、初心者にも作りやすい簡単な作り方です。
とっても簡単なので、お子様と一緒に作っても楽しいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

ピアノの楽譜を暗譜する方法!コツを掴めば絶対に忘れずに弾ける

ピアノを発表会などでで演奏するときには、楽譜を暗譜することを求められますよね。では、ピアノの...

多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか?もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの...

高校の卒業式に保護者が出席する割合と親や子供の気持ち

お子さんの小学校・中学校の卒業式には出席された保護者の方も多いと思います。仕事の都合で出席で...

女性のパンツスーツはベルトなしでもいいの?着こなし方のコツ

女性のパンツスーツは「デキる女風」でとてもかっこいいため、就活の際に着用する方も増えていますが、ベル...

太もも裏側のストレッチ・ハムストリングスを伸ばす方法と効果

太ももの裏側にはハムストリングスという筋肉があります。この部分のストレッチを行うと、一体どんな効果が...

ライブに行くために仕事を早退する場合に使える言い訳を教えます

好きなアーティストのライブは自分た休みの日にあるとは限らないですよね。平日の夜に開催されるということ...

犬がトイレシートからずれるのを防ぐには?対処方法をご紹介

犬がトイレシートからずれてしてしまうときには、どのようにして教えてあげたらいいのでしょうか?...

妊娠中プールウォーキングをするメリットや方法、注意点

妊娠中の運動不足解消に役立つのが、プールウォーキングです。水中なので浮力もあり、足腰に負担をかけるこ...

アパートでの騒音!気になるテレビの音量などを徹底調査

アパートで暮らしていると隣の生活音が気になることありますよね。テレビの音量もその一つです。相...

下ネタが苦手な時の男性への接し方と対処法!モテ女子の対応とは

下ネタが苦手な女性も多いかと思いますが、どうして男はこんなにも下ネタが好きなのか、対応に困ってしまう...

服の生地の種類や特徴を理解して、上手に着こなしましょう

服を洗濯する時に表示を確認すると「綿」など生地の種類が必ず書いてありますが、いったいどのくらいの種類...

反抗期の息子。母子家庭だからひどいの?母子家庭は関係ない!

反抗期の息子。どのように接していいのか悩んでしまう…。ウチが母子家庭だから、こんなにもひどい...

返信が来ない!友達から返信が来ない時に考えられる原因

友達にメールやLINEを送ったのに中々返信が来ないこともありますよね。友達に嫌われてしまった?何かあ...

ミシンにはコツがあります!まっすぐ縫えない人へアドバイス

ミシンをまっすぐ縫うにはコツがあります。そのコツさえわかれば、ミシン初心者のあなたも問題なくまっ...

スポンサーリンク

石粉粘土の特徴と普通の粘土との違い

石粉粘土とは名前の通り、石を粉状にしたものが原料となります。
石粉粘土は空気にさらすと固まり、素焼きの陶器のような質感になります。

石粉粘土は普通の粘土とは違い、粘土が固まってからも削ることができます。
固まるとある程度強度がでるので、やすりなので削って形を直すこともできます。
しかも、粘土をさらにつけてまた削ることできるので、納得できない仕上がりでも手直しができるので失敗しづらいのが特徴です。

石粉粘土はアクセサリー作りにも適している。

そして、石粉粘土は手につきにくいため形が作りやすかったり、アクリル絵の具で色付けもできるのでハンドメイドをするには最適な原料といえるでしょう。

また、乾燥させてから色付けをした後、ニスなのでコーティングしてあげると陶器のような風合いを出すことができてとてもおしゃれです。

本物の陶器よりも重さも軽いのでイヤリングやピアスなどのアクセサリー作りにも適していると言えるでしょう。

また、ホームセンターや100円ショップなので手軽に手に入れることができるため、試しにやってみたいという人でも手軽に挑戦することができますので是非一度試してみてください。

石粉粘土で作る簡単ブローチの作り方

石粉粘土で作るブローチの作り方についてお伝えしていきます。
使用する材料などは、ほとんど100円ショップなどで手に入れることが可能なものばかりなので集めるもの大変ではありません。

まず準備するものとしては、材料となる石粉粘土の他に色付けする際のアクリル粘土、コーティングする水性アクリルニスが必要です。

そして、形を成型する際の型には粘土ベラを使いますが、クッキー型を使うのもおすすめですので準備しておきましょう。

粘土を伸ばすために必要な粘土を伸ばす棒や、ブローチ用のピン、接着剤、ハサミ、色付け用・ニス用の筆等準備してください。

作り方の手順としては、まずブローチの型を作ります。
厚紙などに作りたいブローチの形を書き、ハサミで切り取ります。

そして粘土をこねてある程度柔らかくしましょう。
使わない分の粘土はラップにくるみ、ジッパーがついた袋に入れて保存すれば乾燥することなくまた別の機会に使用することができます。

石粉粘土でブローチ作り、厚みを揃えるためのコツ

粘土をこねたら次に重要な粘土の成型を行っていきます。

粘土の型取りをする前に、粘土は均等な厚さに整えておく必要があります。
伸ばし棒で粘土を伸ばしていく際、粘土を挟んで両端に割りばしを並べて置きましょう。
そうすればその厚さで粘土を均等に伸ばすことができます。
粘土を均等に伸ばすことで、より仕上がりが綺麗なブローチを作ることができます。

粘土を伸ばし棒でこねて平らにしたあと、粘土の上に先ほど作った型を置きます。方の形に粘土ベラで粘土を切り取って形を作っていきましょう。
クッキー型を使う場合はクッキーを作る要領で型をくりぬいていきましょう。

切り取った後、側面の粘土の形が少しぼさぼさといますので指などで平らに直してください。

粘土が柔らかいうちに割りばしや竹串などで模様をつけてもよいでしょう。
粘土は2~3日ほど平らな場所で乾かしましょう。

乾かした石粉粘土の着色方法

そして粘土が完璧に乾いたらアクリル絵の具で色付けしていきます。
他の画材でも色付けすることはできますが、アクリル絵の具は発色もよいのでお勧めです。
しかも乾くと耐水性も付くのです。
色の風合いを変えたい場合は水の量を調節してください。
水を多めにして色を作ると水彩画のような質感を出すことができます。

色付けが終わったら最後に水性アクリルニスでコーディングをしていきましょう。

ニスを塗ることで光沢感を出すだけでなく、色落ち防止にもなります。

ニスは何度か重ね塗りをすることでより陶器にちかい質感を出すことができます。

ニスを塗ったら完全に乾くまでよく置いておきましょう。
ニスを乾かす場合は牛乳パックの上などに置くとくっつかないのでお勧めです。

完全に乾いたら最後にブローチ用のピンを接着剤などでつければ完成です。

石粉粘土はブローチ以外にもいろいろなアクセサリーで楽しめる

ブローチは、シンプルな洋服やバッグなどに一つつけるだけでかなり印象が変わります。

小さいブローチを重ね付けしてもおしゃれでかわいくなり、一段階上な小物に変身させることができるのでお勧めです。

石粉粘土で作ったモチーフは、ブローチの他にもイヤリングやピアス、ネックレスのモチーフとして利用することもできます。

陶器のような質感を出すことができるので丈夫でしっかりした印象をもったアクセサリーにすることができます。
陶器よりも軽いのでイヤリングやピアスなどのモチーフに利用するのにとても適しているといえるでしょう。

材料なども100円ショップなどで手に入れることができるのでとても気軽に始められますよね。
ぜひ一度石粉粘土を使ったハンドメイド作成に取り組んでみてはいかがでしょうか。