パーティーに差し入れするならコレがおすすめ!大人数でも大丈夫

大人数のパーティーの差し入れはどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。

みんなが喜ぶものと考えると、意外とかぶってしまうのがケーキ。このケーキはホールで持って行ったり、いまいちな手作りだと残念な差し入れになってしまうことも…。

気にしすぎてもう何を持っていけばいいのかと悩んだときには、呼んでくれた人や呼ばれている人がどんな人なのかを考えることで、差し入れして喜ばれるものが浮かんでくるはずです。一緒に行く人に相談するのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

夜にどうしてもカップラーメンが食べたいと思った時の対処法

夜、小腹が空いてカップラーメンが食べたいと思った経験がある人もいますよね。夜にカップラーメンを食べる...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

夜に洗濯物を干しっぱなしにすることが良くない理由を教えます

仕事しているママは、夜夕食を食べてから洗濯する人も多いのではないでしょうか。しかし、夜に洗濯...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

お札の数え方!縦読み横読みの手の動きと指の動かし方

銀行員の人はお札の数え方が上手ですが、どう手を動かしてあんなに素早くお札を数えることができるのかと気...

漢検準1級の効率的な勉強法とは?短期間で一発合格を目指そう

履歴書に書くなら漢検2級まで取得しておけば十分ですが、やっぱり準1級に挑戦してみたいですよね。...

青い着物にぴったりのメイク。基本のメイクやリップやチークの色

一生に一度の成人式は思い出に残るものにしたですね。晴れ着の色も何色にしようか迷ってしまいます...

背中についている贅肉の落とし方を知りたい!

背中って、自分で認識しにくい身体の部位ですよね。意識的に見ようとしても身体をひねらないと、見るこ...

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

カロリーは体重にすぐ反映する?なかなか落ちない体重の仕組み

カロリーを取りすぎてしまったときには、体重に反映されるまでどのくらいの遺憾がかかるのでしょうか?次の...

誕生日なのに友達から祝われない。誕生日はお母さんに感謝する日

誕生日なのに友達から祝われない…あなたは友達の誕生日をお祝いしてあげていますか?自分...

アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?アイシャドウしてからアイプチ?今の主流は、アイシャドウから...

スポンサーリンク

大人数のパーティーに差し入れするときの心得

知り合いのパーティーに呼ばれたときには、差し入れに悩みますね。
特に、たくさんの人が参加するパーティーの時には、他の参加者とかぶる心配もありますし、人数分の物を用意するためコストの面も気になります。

まずは、パーティーの差し入れの基本をしっかり押さえて、失敗のない差し入れを選べるように準備をしましょう。

差し入れの心得

料理の邪魔にならないものを選ぶ

主催者は、参加者以上にパーティーのことを考えているはず。
前菜、メイン、デザートなど、何度も試行錯誤を重ねて用意してくれた料理を見劣りさせてしまうような豪華な手土産や、料理ジャンルとかけ離れた差し入れは、パーティーを台無しにしかねません。

参加者が喜ぶものを用意する

料理の邪魔をせずに、サポート的な役割を果たす差し入れは、大変喜ばれます。
料理や飲み物を引き立てるような、その場にそのまま出せる差し入れを選びましょう。

生ものは避けるか、小分けになったものを

他の参加者からの差し入れや、料理の品数によっては、差し入れが余ってしまうことが多くあります。
差し入れするものは、そんな時にも持ち帰ったり、後日食べたりできるようなものを選ぶのがおすすめです。

大人数のパーティーに差し入れすると喜ばれるもの

差し入れのポイントは押さえていても、実際に何を持っていくかアイデアが浮かばない方も多いでしょう。
ここからは、実際に喜ばれる差し入れを紹介していきたいと思います。

喜ばれる差し入れは、サッと手でつまんで食べることができ、話題性があるものです。

「サンドイッチ」は、いろいろな種類の物があって、見た目も華やかなため、差し入れに喜ばれます。
卵サンドが苦手な人はハムサンドにするなど、種類が豊富だからこそできる、選び取る楽しさもありますね。

近くに有名なサンドイッチ屋さんや、変わり種のサンドイッチを知っている時には、ぜひ差し入れに使って見ましょう。
参加者がワッと驚くような具材や味のサンドイッチは、話題としても盛り上がります。

「おいなりさん」や「エッグタルト」「シュークリーム」などは、一口で食べられる小さいサイズのものがおすすめです。
手でつまめる差し入れは、手軽に食べることが出来ますし、性別年齢を問わず好まれるものなので、安心して差し入れが出来ます。

パーティーの差し入れで大人数のときにコレはNG

大人数のパーティーの時に、絶対にしたくない差し入れが、主催者に手間をかけてしまうものです。
パーティーの準備や進行で忙しい主催者の方に、切り分けなくてはいけない大きなホールケーキや、取り箸や皿などを追加で用意してもらわなくてはいけないような料理を渡すことは大変失礼です。

また、差し入れはほんの気持ちというていで持っていく物だということも忘れてはいけません。
値段が高すぎるものを用意して、逆に相手に気を遣わせてしまったり、もらってほしい物を押し付けたりするのは迷惑になりますので、やめましょう。

主催者や他の参加者に気を遣わせることなく、自然に「ありがとう」、「ごちそうさま」と言ってもらえるようなものを選びたいですね。

大人数のパーティーの差し入れで定番といえばスイーツ

差し入れの定番といえばやはりスイーツです。
しかし、大人数のパーティーでは、他の人達とかぶってしまったり、他の人もスイーツを用意している場合があるので、この場合には日持ちのするものを選ぶのが正解です。

箱入りの差し入れは、テーブルの上にそのまま出すことが出来るので差し入れとしては最適です。
小分けに包装されている、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子は、パーティーの後にそれぞれが自宅に持ち帰ることもできるので、処理に困ることもなく喜ばれます。

ポップコーン、チョコレートなど、一口で食べることが出来て見た目にも可愛いお菓子も人気の差し入れです。
大人数でも分けることが出来るミニ菓子は、見栄えも味も豪華な物を選ぶようにすると、パーティー感が出ていいですね。

スイーツを差し入れするときには、一口サイズか包装されたものを用意し、日常では味わえないプレミアム感で相手に満足してもらえるものを意識してみましょう。

パーティーの差し入れを手作りするなら自信のあるものを

ホームパーティーの差し入れで手作りのものを用意したいと思う方もいると思います。
しかし、手作りの差し入れは、チョイスを間違えると、返ってありがた迷惑に思われてしまう可能性もありますよ。

実際に、

  • 「手作りのクッキーの味がいまいちだった」
  • 「普段家で食べているようなサラダの出来栄えで、差し入れとしては…」
  • 「努力は認めるけども、味が…。買ってきてくれた方がありがたい」

などといった、マイナスの評価も見受けられます。

もしも手作りの差し入れをするときには、何度も作っていて家族や友人から高評価を得ているもの、味に自信があるものを作れば、間違いなしです。

パーティーの主催者と仲が良い方は、事前に主催者や参加者と打ち合わせをして、差し入れがかぶらないようにすることも大切です。