ジムの持ち物、仕事帰りに寄るならできるだけ少なくが鉄則!

仕事帰りのジム通いで悩むのが、ジムに必要な持ち物たちの存在。
あれもこれもと用意してしまうと、大きなバックを持って出勤しなくてはならなくなります。せっかくのジム通いも、これでは挫折してしまいます。

仕事帰りにジムへ行く時は、どのような持ち物で抑えておくべきなのでしょうか。仕事帰りにジムへ寄る場合にベストなジムバックは?

仕事帰りのジム通いを長く続けるコツもご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カレーライスとサラダの献立にあと一品!簡単おすすめ副菜

カレーライスとサラダという献立はとても相性の良い組み合わせですよね。しかし、育ち盛りのお子様...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

体脂肪を増やす方法。食事・運動・睡眠!痩せるも太るも同じこと!

体脂肪を増やす方法は、いくつかあります。痩せることに必死な人が多い世の中で、太りたいなんて贅...

隣人との騒音トラブル。一戸建てでも注意が必要

隣人との騒音トラブルといえば集合住宅の場合が多いものですが、一戸建てであってもたびたび起こってしまい...

建築学科の就職先にはどんなところがある?女子の就活

建築学科に通っている女子の就職先にはどのようなところがあるのでしょうか?男性社会のイメージが強い建築...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

【猫の返事】無駄鳴きするときは何かを訴えている可能性も!

名前を呼ぶと返事する猫ちゃんもいますよね。名前を呼んで返事をしてくれると、とっても可愛くて思わずにや...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね...

ご飯を使った簡単安心おやつ!お子様に人気のレシピをご紹介

皆さんはお子様のおやつにはどんなものを出していますか?理想は手作りという方も多いと思いますが...

革製品をクリームで再生させよう!100均グッズも使えます

長く革製品を使っているとどうしてもツヤがなくなってきてしまいますが、クリームを使って磨くことで再生さ...

男性が結婚指輪をつけるのを嫌がった時の解決方法と妥協案

結婚したら男性も結婚指輪をつけるものだと思っていたのに、彼から「結婚指輪はつけたくない」と抵抗された...

生おからとおからパウダーは代用することができる?特徴と使い方

スーパーなどでよく見かけるおからは「生おから」と言われるタイプですが、サラサラと粉状になったタイプが...

スポンサーリンク

仕事帰りにジムへ行くときは、なるべく持ち物を少なくすることがポイント

突然ですが、皆さんはジムに行く理由にはどんな理由がありますか?

「結婚が決まってウェディングドレスを着ることになった」
「正月に食べ過ぎた」「単純に痩せたいと思った」
理由には様々なものがあると思いますが、どちらにしても「痩せたい」という気持ちは同じですよね。
しかし、働いていると仕事帰りにジムに通わなければいけない場合もあり、その際の持ち物はどうしようかと悩む方もいらっしゃると思います。

ポイントは、必要最低限の持ち物だけにすること

特に電車通勤の場合などは、出勤するのに荷物が多くなってしまってはジムに行くのも嫌になってしまいます。
着替えや靴など、本当に必要なものだけを用意してジムに行くことが大切です。

また、初めてジムに通うという方はジムの設備やサービスなど確認しておくと良いかもしれません。
ジムに備えてあるものはそれを利用し、無駄な荷物が増えないようにしましょう。

仕事帰りでも大丈夫!ジムに必要な持ち物を入れるジムバックの選び方

ジムに通うためには、荷物を入れるための「ジムバック」も用意しなければいけませんよね。
ただ、ひとつにジムバックと言ってもジムバックには様々な種類があります。
そこで、以下にて主な種類をご紹介しますので選ぶ際の参考にしてみて下さい。

ジムバックの種類について

軽くてナイロン製のジムバック

荷物は仕事用とジム用で分けたい!という方はこちらのタイプがオススメ。
このタイプは、バックを2つ持つことになりますが軽量且つコンパクトなため、2つ持ちでも手間に感じることが少ないでしょう。
また、ジムで汗をかいた場合でも、ナイロン製だから濡れたタオルや着替えがバックに染みる心配もありません。

ただし、軽量でナイロン製ということはスポーティな印象が強い可能性があります。
仕事で使うバックとのデザインバランスを考えて選ぶことが大切です。

仕事用と兼用できるジムバック

バックは2個も3個も持ちたくない!という方にはこちらのタイプがオススメ。
少し大きくはなりますが、仕事で使うものとジムで使うものの両方をまとめて入れることができます。
また、素材もレザー系のものが多く仕事面でも使いやすいほか、撥水加工のしてあるものを選べば、ジムで使ったタオルなども安心して入れることができます。

ですが、ジムで使ったものを仕事のものと一緒に入れるのは抵抗があるという方には、あまりオススメできません。

毎回仕事帰りにジムに通うのであれば、持ち物を契約ロッカーに預けるのも方法の1つ

ジムの荷物は、なるべく必要最低限にしようと思っていても増えてしまう場合もあると思います。
またジムに通う頻度が高ければ、仕事帰りに毎回持ち歩くのを面倒に感じる場合もあるでしょう。

そんな時は「契約ロッカー」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
例えば、ランニングシューズや運動後に使うお風呂グッズやスキンケア用品など、運動中や運動後に毎回使うようなものは契約ロッカーに仕舞っておけば、持ち歩く荷物も少なく留めることができます。

ただ、契約ロッカーを借りるためには費用がかかる場合が殆どです。
料金はジムにより異なりますので、使用を検討している方は一度ジムに確認してみると良いかもしれません。

仕事帰りにジムへ寄る人におすすめの便利グッズ

仕事帰りにジムに行く方にオススメの便利グッズをご紹介します。

シワ取り専用スプレー

仕事帰りにジムに行くとなるとスーツや制服の場合が多く、長時間ロッカーに入れておくとシワができてしまうこともあると思いますが、スタイルガードスプレーなどがあればその心配もありません。
「明日の仕事で着れない」なんてことにならないためにも、ジムに行く際にはひとつ用意しておくのがオススメです。

ボディシート

仕事帰りにジムに行ったはいいものの急用が入ってシャワーを浴びる時間が無い!
そんな場合にはボディシートが活躍します。
ボディシートがあれば、サッと手短に体を拭き取ることができべたつく汗やニオイを取り除くことができます。

仕事帰りのジム通いを長く続けるためには

「ジムに行こう!」と決意しても、仕事で疲れた体を更に追い込むようなジムに通い続けるのはそう簡単なことではありません。
ただ、理想のボディラインを手に入れるためには、ジム通いを「習慣化」しなければいけません。

ジムを習慣化するためのポイントは1つ!

自宅近くのジムを利用すること。

ジムでみっちりと体を使った後は「なるべく早く帰宅して家で休みたい」と思うのが殆どで、逆に帰るのに時間がかかってしまってはジムも嫌になる可能性が高いです。

そんな気持ちに陥りジムを断念することにならないためにも、ジムは自宅近くのところを利用するのがオススメ。
また、ジムと自宅の距離が近ければ休日でも気軽に「ジムに行こうかな」と思うことができ、ジムの習慣化に繋がります。

一方で最近では24時間営業しているジムもあります。

急な残業等で遅くなった場合でも時間を気にせず利用することができますので、ジムを選ぶ際のポイントとして考えてみると良いかもしれません。