赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこすると赤ちゃんが泣くというお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんはママのことが大好きなはずなのに、どうして自分が抱っこをした時に赤ちゃんが泣いてしまうのか、心を傷めている人もいますよね。

ここでは、母親に抱っこをされて泣く赤ちゃんの気持についてお伝えします。「赤ちゃんに嫌われているかもしれない」と不安を感じている人は、是非参考にしてみてください。
初めての育児はとても大変です。一人で抱え込まずに、誰か相談したり、リフレッシュをすることで、大切な赤ちゃんをたっぷりの愛情で育ててあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大...

夜に洗濯物を干しっぱなしにすることが良くない理由を教えます

仕事しているママは、夜夕食を食べてから洗濯する人も多いのではないでしょうか。 しかし、夜に洗濯...

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。 縫い目の方が気に...

靴底のゴムの音鳴りが気になる!原因と対処法・靴の音の改善方法

靴底のゴムからキュッキュッと音が鳴ってしまうことが気になってしかたないという人もいますよね。歩いてい...

家の玄関の方角に迷ったときの決め方のポイントや気をつけること

家の玄関の方角を決めることで、他の部屋の配置や庭の位置などが変わってきますよね。なので、玄関の方角や...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

158cmの平均体重はどのくらい?女性の標準体重や美容体重

女性に生まれたからには美しくいたいと思うのは誰しもが持つ願いです。 それはきっと老若男女変わらない...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。 し...

食パンにオリーブオイルを使った簡単美味しい食べ方

朝はパン派という方は食パンを食べることが多いと思いますが、どうしてもメニューがワンパターンになりがち...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

夫が許せない!妻が離婚を考えてしまう理由や許せない行動とは!

夫をどうしても許せない、だから離婚しようかと考えている。 このような奥さん、いませんか? 夫...

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

栄養満点バナナの美味しい食べ方と長持保存方法!

バナナって手頃に食べられて美味しいですよね。そのままでも十分に美味しいバナナですが、食べ方によっては...

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。 怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

スポンサーリンク

ママの不安な気持ちが伝わると母親の抱っこで赤ちゃんが泣く事がある

お母さんの精神状態が不安定なときに赤ちゃんを抱っこすると泣くことがあります。

初めての育児は初めてのことだらけで不安になったり、分からないことがあるとイライラしてしまったり、母親である自分が何とかしなくてはと焦ってしまったりなど、多くの心配ごとが出てきます。
お母さんがそういった精神状態が不安なときには、赤ちゃんへの声かけが大きくなりすぎてしまうなど行動に出てしまうこともあるでしょう。
赤ちゃんは話すことが出来なくても、ピリピリとしたいつもと違う雰囲気などを身体で感じることが出来ます。
実際に、お母さんがイライラしているときほど赤ちゃんのグズグズ泣く時間が長くなってしまって、なかなか寝てくれないという経験を持つお母さんは多いのです。
赤ちゃんが産まれてから数ヶ月は、産後の疲れを癒しきれていなかったり、慣れない育児や環境の変化へのストレスなど、イライラしてしまうことがたくさんあります。
もしも、赤ちゃんに伝わってしまうほど自分がイライラしている状態の場合には、少しの間だけでも赤ちゃんと離れる時間を作ってみませんか?

母親が不安やストレスを感じている時の対処法

お母さんが不安やストレスを感じているときには、一人で頑張らずにまわりの誰かに協力をしてもらいましょう。
まわりに実母や義母、夫など頼れる人はいませんか?
まわりにそういった頼ることの出来る人がいる場合には、少しの時間赤ちゃんを預けてお世話をしてもらいましょう。
そして、赤ちゃんから離れた時間はお母さんの自由な時間にあてます。
美容室で髪を切ってリフレッシュしたり、ショッピングに出かけるのもいいでしょう。
何か趣味を持っている場合には、その時間を思い切り趣味に没頭するのもいいです。
赤ちゃんから離れる時間を作ることによって、お母さんがリフレッシュすることの出来る時間を設けるようにしましょう。
もしも、まわりに頼ることが出来る人がいない人の場合には、一時保育を利用する方法もあります。
0歳児から利用できる一時保育もあるので、住んでいる地域の情報を調べてみましょう。

母親の抱っこの仕方が原因で泣く赤ちゃんもいる

お母さんの抱っこの仕方が原因で泣いてしまう赤ちゃんもいます。
初めての育児の場合には、赤ちゃんを抱くのがぎこちなくなってしまうのは仕方がないことです。
ですが、お母さんの抱っこの仕方がぎこちないと赤ちゃんも怖くなってしまうので泣いてしまいます。
また、産まれたばかりの赤ちゃんであっても抱っこの姿勢に好みがあります。
お母さんの抱っこが上手であったとしても、赤ちゃんの好きな抱き方ではない場合に泣くことがあります。
そのため、抱っこが原因で赤ちゃんが泣いてしまっている場合には、抱っこの仕方を工夫してみましょう。

抱っこの仕方を変えて赤ちゃんが好きな抱き方を見つけよう

赤ちゃんによって、好きな抱かれ方は様々です。
そのため自分の赤ちゃんが好きな抱かれ方を知る必要があります。
赤ちゃんを抱っこすると言っても、色々な抱き方があるので試して見ましょう。

まずは、赤ちゃんの頭が右側か左側かによっても赤ちゃんの表情が変わってくることがあります。
たったそれだけで?と思うかもしれませんが、赤ちゃんから見える世界が大きく変わるためです。
そのため、いつも赤ちゃんの頭が左側にあるという人は赤ちゃんの頭が右側にくるように抱っこしてみましょう。
その他にも、縦抱きや横抱きだけではなく、タオルやブランケットなどを挟んで赤ちゃんを抱っこする方法もあります。
抱っこしたときにお母さんの骨が当たるのが痛くて泣く赤ちゃんもいるので、タオルやブランケットを挟んで抱くとその柔らかさに安心する赤ちゃんもいるのです。
その他にも、赤ちゃんを抱くときの手は暖かいですか?
お母さんの手が冷たいと、その冷たさに赤ちゃんはびっくりしてしまって泣くことがあります。
そのため、赤ちゃんを抱くときにはお湯で手を温めるなどしてから抱くといいでしょう。

母親の抱っこで赤ちゃんが泣くのは安心感や甘えの気持ちのことも

赤ちゃんがお母さんの抱っこで泣いてしまうのは、安心をしたときや甘えの気持ちから泣いてしまうことがあります。
他人の赤ちゃんを抱いているときは泣かれないのに、自分の赤ちゃんを抱っこすると泣かれてしまうという経験をしているお母さんが多くいます。
赤ちゃんの中にはお母さんではない知らない人に抱かれると、何をされるのかわからず不安で固まってしまう赤ちゃんがいるのです。
お母さんに抱っこをしてもらえると安心することが出来るので、お母さんに甘えた気持ちが出てきて泣いてしまうことがあります。
抱っこした赤ちゃんが泣いてしまうと、自分が赤ちゃんから嫌われているかのような気持ちになるかもしれませんが、それは違います。
赤ちゃんが抱っこで泣くというのは、安心できる人だと認識している証でもあるのです。
初めての育児は一人で抱え込まずに誰かに相談をしたり、時には赤ちゃんと離れる時間を作ってお母さんがリフレッシュすることの出来る時間を作りましょう。
赤ちゃんの抱き方は色々と工夫することが出来るので、試してみてください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691