赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこすると赤ちゃんが泣くというお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんはママのことが大好きなはずなのに、どうして自分が抱っこをした時に赤ちゃんが泣いてしまうのか、心を傷めている人もいますよね。

ここでは、母親に抱っこをされて泣く赤ちゃんの気持についてお伝えします。「赤ちゃんに嫌われているかもしれない」と不安を感じている人は、是非参考にしてみてください。
初めての育児はとても大変です。一人で抱え込まずに、誰か相談したり、リフレッシュをすることで、大切な赤ちゃんをたっぷりの愛情で育ててあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

息子の一人暮らしは母親の子離れタイミング!心配でもできること

息子の一人暮らしは母親にとってはとても心配な出来事ですよね。いくつになっても子供は親にとって...

セキセイインコはおしゃべり上手!オスが話し出す時期と練習方法

「セキセイインコのオスはおしゃべりが得意だ」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。...

ピアノの楽譜を暗譜する方法!コツを掴めば絶対に忘れずに弾ける

ピアノを発表会などでで演奏するときには、楽譜を暗譜することを求められますよね。では、ピアノの...

野菜ジュースはパックがいいかペットボトルがいいか選び方を解説

スーパーやコンビニはもちろん、自動販売機にも野菜ジュースが売られていて野菜不足を気にする人にとっては...

自転車に乗れるようになるには?子供の自転車練習方法

子供から自転車に乗りたいと言われたら、どのようにしてサポートしてあげたらいいのでしょうか?自...

長時間運転をする時の休憩の目安!眠気や疲労を感じた時は休憩を

長時間運転をする場合、事故を防ぐためにもこまめに休憩をはさみながら運転をすることが大切です。...

お弁当のおかずに煮物を冷凍して使う場合の工夫と注意

毎朝のお弁当作りは本当に大変。できるだけ作り置きや冷凍を活用したいものです。食卓の定番である...

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?これを防ぐためには、ゆ...

大学の入学式はスーツ以外でもOK!服装や靴の選び方について

大学の入学式というとみんな黒系のスーツを着ているという印象が強いですが、女子ならスーツ以外の服装を着...

日本で面積が一番小さい県と世界で一番小さい国について解説

日本の中で面積が小さい県は「大阪府」だと聞いたことはありませんか。しかし、今は「香川県」が一番面積が...

部活で女子との人間関係で悩んだときに読んで欲しい対処法

部活の女子との人間関係に悩む人は意外と多いのではないでしょうか。部活や練習は好きだけど、人とのコミュ...

土間コンクリートをDIY!必要な道具や作業工程などを解説

土間コンクリートをDIYできたら…と思っていませんか?ちょっとした広さであれば業者に依頼しな...

部活で運動量の多い高校生のお弁当。がっつり男子弁当

部活をしている男子のお弁当はとにかくボリュームが大切です。少ない量やあっさりとしたおかずばかりでは、...

冬なのに湿度が高い?そんな場合の湿度を下げる簡単な方法!

冬の期間は湿度は低くなりますが、室内の湿度は高いということもあります。最近のマンションなどは...

鍋についたカレーの焦げを簡単に落とす方法と焦げつかないために

カレーを作ったら、鍋が焦げてしまうことがあると思います。鍋の底が焦げ付いてなかなか落ちにくい...

スポンサーリンク

ママの不安な気持ちが伝わると母親の抱っこで赤ちゃんが泣く事がある

お母さんの精神状態が不安定なときに赤ちゃんを抱っこすると泣くことがあります。

初めての育児は初めてのことだらけで不安になったり、分からないことがあるとイライラしてしまったり、母親である自分が何とかしなくてはと焦ってしまったりなど、多くの心配ごとが出てきます。
お母さんがそういった精神状態が不安なときには、赤ちゃんへの声かけが大きくなりすぎてしまうなど行動に出てしまうこともあるでしょう。
赤ちゃんは話すことが出来なくても、ピリピリとしたいつもと違う雰囲気などを身体で感じることが出来ます。
実際に、お母さんがイライラしているときほど赤ちゃんのグズグズ泣く時間が長くなってしまって、なかなか寝てくれないという経験を持つお母さんは多いのです。
赤ちゃんが産まれてから数ヶ月は、産後の疲れを癒しきれていなかったり、慣れない育児や環境の変化へのストレスなど、イライラしてしまうことがたくさんあります。
もしも、赤ちゃんに伝わってしまうほど自分がイライラしている状態の場合には、少しの間だけでも赤ちゃんと離れる時間を作ってみませんか?

母親が不安やストレスを感じている時の対処法

お母さんが不安やストレスを感じているときには、一人で頑張らずにまわりの誰かに協力をしてもらいましょう。
まわりに実母や義母、夫など頼れる人はいませんか?
まわりにそういった頼ることの出来る人がいる場合には、少しの時間赤ちゃんを預けてお世話をしてもらいましょう。
そして、赤ちゃんから離れた時間はお母さんの自由な時間にあてます。
美容室で髪を切ってリフレッシュしたり、ショッピングに出かけるのもいいでしょう。
何か趣味を持っている場合には、その時間を思い切り趣味に没頭するのもいいです。
赤ちゃんから離れる時間を作ることによって、お母さんがリフレッシュすることの出来る時間を設けるようにしましょう。
もしも、まわりに頼ることが出来る人がいない人の場合には、一時保育を利用する方法もあります。
0歳児から利用できる一時保育もあるので、住んでいる地域の情報を調べてみましょう。

母親の抱っこの仕方が原因で泣く赤ちゃんもいる

お母さんの抱っこの仕方が原因で泣いてしまう赤ちゃんもいます。
初めての育児の場合には、赤ちゃんを抱くのがぎこちなくなってしまうのは仕方がないことです。
ですが、お母さんの抱っこの仕方がぎこちないと赤ちゃんも怖くなってしまうので泣いてしまいます。
また、産まれたばかりの赤ちゃんであっても抱っこの姿勢に好みがあります。
お母さんの抱っこが上手であったとしても、赤ちゃんの好きな抱き方ではない場合に泣くことがあります。
そのため、抱っこが原因で赤ちゃんが泣いてしまっている場合には、抱っこの仕方を工夫してみましょう。

抱っこの仕方を変えて赤ちゃんが好きな抱き方を見つけよう

赤ちゃんによって、好きな抱かれ方は様々です。
そのため自分の赤ちゃんが好きな抱かれ方を知る必要があります。
赤ちゃんを抱っこすると言っても、色々な抱き方があるので試して見ましょう。

まずは、赤ちゃんの頭が右側か左側かによっても赤ちゃんの表情が変わってくることがあります。
たったそれだけで?と思うかもしれませんが、赤ちゃんから見える世界が大きく変わるためです。
そのため、いつも赤ちゃんの頭が左側にあるという人は赤ちゃんの頭が右側にくるように抱っこしてみましょう。
その他にも、縦抱きや横抱きだけではなく、タオルやブランケットなどを挟んで赤ちゃんを抱っこする方法もあります。
抱っこしたときにお母さんの骨が当たるのが痛くて泣く赤ちゃんもいるので、タオルやブランケットを挟んで抱くとその柔らかさに安心する赤ちゃんもいるのです。
その他にも、赤ちゃんを抱くときの手は暖かいですか?
お母さんの手が冷たいと、その冷たさに赤ちゃんはびっくりしてしまって泣くことがあります。
そのため、赤ちゃんを抱くときにはお湯で手を温めるなどしてから抱くといいでしょう。

母親の抱っこで赤ちゃんが泣くのは安心感や甘えの気持ちのことも

赤ちゃんがお母さんの抱っこで泣いてしまうのは、安心をしたときや甘えの気持ちから泣いてしまうことがあります。
他人の赤ちゃんを抱いているときは泣かれないのに、自分の赤ちゃんを抱っこすると泣かれてしまうという経験をしているお母さんが多くいます。
赤ちゃんの中にはお母さんではない知らない人に抱かれると、何をされるのかわからず不安で固まってしまう赤ちゃんがいるのです。
お母さんに抱っこをしてもらえると安心することが出来るので、お母さんに甘えた気持ちが出てきて泣いてしまうことがあります。
抱っこした赤ちゃんが泣いてしまうと、自分が赤ちゃんから嫌われているかのような気持ちになるかもしれませんが、それは違います。
赤ちゃんが抱っこで泣くというのは、安心できる人だと認識している証でもあるのです。
初めての育児は一人で抱え込まずに誰かに相談をしたり、時には赤ちゃんと離れる時間を作ってお母さんがリフレッシュすることの出来る時間を作りましょう。
赤ちゃんの抱き方は色々と工夫することが出来るので、試してみてください。