赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこすると赤ちゃんが泣くというお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんはママのことが大好きなはずなのに、どうして自分が抱っこをした時に赤ちゃんが泣いてしまうのか、心を傷めている人もいますよね。

ここでは、母親に抱っこをされて泣く赤ちゃんの気持についてお伝えします。「赤ちゃんに嫌われているかもしれない」と不安を感じている人は、是非参考にしてみてください。
初めての育児はとても大変です。一人で抱え込まずに、誰か相談したり、リフレッシュをすることで、大切な赤ちゃんをたっぷりの愛情で育ててあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

バイクツーリング初心者の女性必見!ツーリングのコツと楽しみ方

バイクの楽しみの1つといえば「ツーリング」。女性が初めてツーリングを始める時は、色々気になることや疑...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった!もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

ジムの持ち物、仕事帰りに寄るならできるだけ少なくが鉄則!

仕事帰りのジム通いで悩むのが、ジムに必要な持ち物たちの存在。あれもこれもと用意してしまうと、大き...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

夜中のカップラーメンで太る理由と食べても太らないコツとは

夜中にカップラーメンを食べると太ると言いますが、それには理由があるのです。では、夜中にカップ...

男装メイクのやり方!コスプレでなりたい顔に近づけるポイント

最近、コスプレのイベントは増えてきていますよね。趣味で楽しむものから本格的なものまで、たくさんの方が...

ワンカールパーマで失敗しないためのコツと防ぐためにできること

ワンカールパーマをかけたはずが失敗してしまったとお悩みのあなた。実は、ワンカールパーマとは失...

包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。まずは、基本の姿勢や持ち...

先生との生徒のLINE交換は禁止って言われました。そのワケ

携帯やスマホは必需品で、いつもLINEやSNSをやっているという学生さんも多いでしょう。連絡...

母の一人暮らしは寂しい思いをしていないか心配。出来る事を紹介

男性の寿命よりも女性の寿命の方が長いため、老後は女性が残されることになるケースは多いのではないでしょ...

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

母子家庭でも保育園に入れないことがある?その理由と対策方法

母子家庭だと保育園に入りやすいと言われているようですが、実際には入れないというシングルマザーの人も多...

スポンサーリンク

ママの不安な気持ちが伝わると母親の抱っこで赤ちゃんが泣く事がある

お母さんの精神状態が不安定なときに赤ちゃんを抱っこすると泣くことがあります。

初めての育児は初めてのことだらけで不安になったり、分からないことがあるとイライラしてしまったり、母親である自分が何とかしなくてはと焦ってしまったりなど、多くの心配ごとが出てきます。
お母さんがそういった精神状態が不安なときには、赤ちゃんへの声かけが大きくなりすぎてしまうなど行動に出てしまうこともあるでしょう。
赤ちゃんは話すことが出来なくても、ピリピリとしたいつもと違う雰囲気などを身体で感じることが出来ます。
実際に、お母さんがイライラしているときほど赤ちゃんのグズグズ泣く時間が長くなってしまって、なかなか寝てくれないという経験を持つお母さんは多いのです。
赤ちゃんが産まれてから数ヶ月は、産後の疲れを癒しきれていなかったり、慣れない育児や環境の変化へのストレスなど、イライラしてしまうことがたくさんあります。
もしも、赤ちゃんに伝わってしまうほど自分がイライラしている状態の場合には、少しの間だけでも赤ちゃんと離れる時間を作ってみませんか?

母親が不安やストレスを感じている時の対処法

お母さんが不安やストレスを感じているときには、一人で頑張らずにまわりの誰かに協力をしてもらいましょう。
まわりに実母や義母、夫など頼れる人はいませんか?
まわりにそういった頼ることの出来る人がいる場合には、少しの時間赤ちゃんを預けてお世話をしてもらいましょう。
そして、赤ちゃんから離れた時間はお母さんの自由な時間にあてます。
美容室で髪を切ってリフレッシュしたり、ショッピングに出かけるのもいいでしょう。
何か趣味を持っている場合には、その時間を思い切り趣味に没頭するのもいいです。
赤ちゃんから離れる時間を作ることによって、お母さんがリフレッシュすることの出来る時間を設けるようにしましょう。
もしも、まわりに頼ることが出来る人がいない人の場合には、一時保育を利用する方法もあります。
0歳児から利用できる一時保育もあるので、住んでいる地域の情報を調べてみましょう。

母親の抱っこの仕方が原因で泣く赤ちゃんもいる

お母さんの抱っこの仕方が原因で泣いてしまう赤ちゃんもいます。
初めての育児の場合には、赤ちゃんを抱くのがぎこちなくなってしまうのは仕方がないことです。
ですが、お母さんの抱っこの仕方がぎこちないと赤ちゃんも怖くなってしまうので泣いてしまいます。
また、産まれたばかりの赤ちゃんであっても抱っこの姿勢に好みがあります。
お母さんの抱っこが上手であったとしても、赤ちゃんの好きな抱き方ではない場合に泣くことがあります。
そのため、抱っこが原因で赤ちゃんが泣いてしまっている場合には、抱っこの仕方を工夫してみましょう。

抱っこの仕方を変えて赤ちゃんが好きな抱き方を見つけよう

赤ちゃんによって、好きな抱かれ方は様々です。
そのため自分の赤ちゃんが好きな抱かれ方を知る必要があります。
赤ちゃんを抱っこすると言っても、色々な抱き方があるので試して見ましょう。

まずは、赤ちゃんの頭が右側か左側かによっても赤ちゃんの表情が変わってくることがあります。
たったそれだけで?と思うかもしれませんが、赤ちゃんから見える世界が大きく変わるためです。
そのため、いつも赤ちゃんの頭が左側にあるという人は赤ちゃんの頭が右側にくるように抱っこしてみましょう。
その他にも、縦抱きや横抱きだけではなく、タオルやブランケットなどを挟んで赤ちゃんを抱っこする方法もあります。
抱っこしたときにお母さんの骨が当たるのが痛くて泣く赤ちゃんもいるので、タオルやブランケットを挟んで抱くとその柔らかさに安心する赤ちゃんもいるのです。
その他にも、赤ちゃんを抱くときの手は暖かいですか?
お母さんの手が冷たいと、その冷たさに赤ちゃんはびっくりしてしまって泣くことがあります。
そのため、赤ちゃんを抱くときにはお湯で手を温めるなどしてから抱くといいでしょう。

母親の抱っこで赤ちゃんが泣くのは安心感や甘えの気持ちのことも

赤ちゃんがお母さんの抱っこで泣いてしまうのは、安心をしたときや甘えの気持ちから泣いてしまうことがあります。
他人の赤ちゃんを抱いているときは泣かれないのに、自分の赤ちゃんを抱っこすると泣かれてしまうという経験をしているお母さんが多くいます。
赤ちゃんの中にはお母さんではない知らない人に抱かれると、何をされるのかわからず不安で固まってしまう赤ちゃんがいるのです。
お母さんに抱っこをしてもらえると安心することが出来るので、お母さんに甘えた気持ちが出てきて泣いてしまうことがあります。
抱っこした赤ちゃんが泣いてしまうと、自分が赤ちゃんから嫌われているかのような気持ちになるかもしれませんが、それは違います。
赤ちゃんが抱っこで泣くというのは、安心できる人だと認識している証でもあるのです。
初めての育児は一人で抱え込まずに誰かに相談をしたり、時には赤ちゃんと離れる時間を作ってお母さんがリフレッシュすることの出来る時間を作りましょう。
赤ちゃんの抱き方は色々と工夫することが出来るので、試してみてください。