ラムネの中にあるビー玉を取り出す時の開け方と上手な飲み方

ラムネを飲んだ後、瓶のの中に入っているビー玉を取り出したいと思う人もいますよね。お子さんのおもちゃにしたり、好奇心から取り出してみたいと思う事もあるでしょう。

では、ラムネの瓶の蓋を開けるには一体どうすれば良いのでしょうか。上手な開け方を知って安全にビー玉を取り出しましょう。

そこで今回は、ラムネの中に入っているビー玉を取り出す方法と、ビー玉が入っている理由についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性のパンツスーツはベルトなしでもいいの?着こなし方のコツ

女性のパンツスーツは「デキる女風」でとてもかっこいいため、就活の際に着用する方も増えていますが、ベル...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか? 卵かけご飯やす...

猫が尻尾の付け根を嫌がる理由とは?猫の急所を紹介します

猫は尻尾の付け根を触られると嫌がるのはどうして?実家の猫は尻尾の付け根を撫でると喜んでいたような…?...

外国人から見た日本人の印象はこんなイメージだった!

日本にも多くの外国人の観光客が訪れますよね。 有名な観光地では、必ず海外の観光客の姿を多く見かけま...

バイクツーリング初心者の女性必見!ツーリングのコツと楽しみ方

バイクの楽しみの1つといえば「ツーリング」。女性が初めてツーリングを始める時は、色々気になることや疑...

魚のお手軽簡単レシピ!フライパンで美味しく片付けもラクラク

ご家庭で焼き魚を食べる時には、魚焼きグリルで焼くご家庭が多いと思います。 でも、この魚焼きグリ...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

職場の虐めが退職理由だった場合の注意点と転職する時のポイント

職場の退職理由が虐めということもあると思います。 職場で虐めに合うのはとても辛いものです。1日の大...

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

お昼のコンビニに飽きたからお弁当生活に!時短弁当のコツ

働く女子の皆さんは、お昼はどのようなものを食べていますか? 近くの飲食店で外食、コンビニのお弁...

高校の卒業式に保護者が出席する割合と親や子供の気持ち

お子さんの小学校・中学校の卒業式には出席された保護者の方も多いと思います。 仕事の都合で出席で...

子供の育て方で性格に影響が?性格が良い子とはこんな子!

子供の育て方で、性格にはどのような影響があるのでしょうか? 結果だけ褒めていると、努力しない子供に...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。 ...

身体が柔らかくなりたいならストレッチ!そのポイントとは

身体が柔らかくなりたいならストレッチがおすすめ。 お金もかかりませんし、毎日コツコツ続けることで身...

スポンサーリンク

ラムネのビー玉を取り出す時の開け方・回すタイプ編

夏祭りなどで見かける夏の風物詩であるビンラムネですが、季節商品なこともあってかなかなか開け方が難しいですよね。

ラムネの瓶はメーカーごとにラムネの栓が違う

ご存知でしたか?
ネジ式のものとキャップ式のものがありそれぞれビー玉が出てこないようにと抑えてくれている部分です。

どちらも開封しプラスチックの玉押しパーツでビー玉を押し込むと飲むことはできるのですが、ビー玉を取り出すことはできませんよね。

ネジ式タイプの場合は、名前の通りくるくると反時計回りに回すことでビー玉を取り出すことができるようになります。

※取り出す際はビー玉誤飲の恐れがあるため、飲み終わってから取り出しましょう。

湿ったナプキンや炊事用のゴム手袋、軍手などをはめるとキャップを握りやすくなるため開けやすくなります!

ラムネのビー玉を取り出す時の開け方・キャップ式編

もし飲んでいたラムネ瓶がネジ式キャップではなく打ち込み栓と呼ばれる回せないキャップだった場合は次の方法でビー玉を取り出しましょう!

このタイプの栓だった場合は栓抜きを使って取り外す方法をおすすめします。

ラムネが打ち込み栓タイプに使える栓抜きの条件

  • 栓抜きの口の広さが14mm以上あり上部分が下に弧をえがいているもの
  • 栓抜きの口の広さが16mm以上あり上部分がまっすぐのもの
  • 缶切りと一体になっているタイプのもの

 

打ち込み栓の場合は、商品の衛生状態を保つためという理由でキャップを強めにはめ込まれている場合がほとんどです。

外しにくくできていますので、外したいときは50℃前後のお湯につけて温めることで取り外しやすくなると思います。

やけどと怪我には十分注意して作業を行ってください。

ラムネの蓋の開け方はビー玉が落ちてもそのまま押さえること

ここまでラムネ瓶からビー玉を取り出す方法についてお話しましたが、開け方についてのコツもお話しします。

ラムネ瓶のキャップは二種類ありますが開け方はどちらもおなじです。

ラムネの開け方

  1. まずはラムネをよく冷やしておきましょう。そして決して振らないようにします。ラムネのキャップシールを剥がして、キャップを取り出しましょう。
    ※開栓前に開栓用キャップを捨てないようご注意ください。
  2. 開栓用キャップ(プラスチックのパーツ)を玉押しと呼ばれる横から見たらT字のパーツとリングに分けてください。
  3. 平らな場所にラムネ瓶を置き、滑らないようにラムネ瓶の下にタオルやナプキンを敷きます。
  4. ラムネの口に玉押しを当ててまっすぐ上から押し込みましょう。
  5. ビー玉が落ちるとシュワーッと液が上がってきますのでしばらく押したまま待ちます。
    ※栓を押して、ビー玉が落ちてもしばらくそのまま抑え続けるのがポイントです。
  6. 泡が引いたら静かに手を離します。

しっかりと栓が開きましたね!

ラムネを上手に飲む方法

ラムネを飲んでいるとビー玉が口を塞いでしまい上手に飲むことができない!なんて経験をなさった方も意外と多いのではないでしょうか?

ビー玉が口とぴったりのサイズなのでなかなか難しいと感じるかもしれませんが、それは瓶の形状で解消される場合がほとんどです。

ラムネの瓶の形の理由

ラムネ瓶をよく観察してみるとビー玉がとどまる中間の地点の少し上、若干膨らんでいるところにふたつくぼみがあるのがわかると思います。

そのくぼみを下にしてラムネを飲んでみてください。

するとコロコロとラムネ瓶の中を転がるビー玉がくぼみに止められて口のところまでやってきません。

ビー玉により口が塞がれないので飲みづらいと悩んでいた方は上手に飲めるようになったのではないでしょうか。

ラムネにビー玉が入っている理由

すこし飲むのを難しくしてまでラムネにビー玉を入れている理由ってなんなのでしょうか?

今では栓にまでなっているこのビー玉、昔のラムネ瓶には入っていませんでした。

現在ラムネといえばビー玉で栓をした炭酸飲料をラムネと呼びますが、昔ラムネが生まれたばかりの頃はコルクで栓がされていました。

ラムネの始まり

由来とされるレモネード(レモン風味のソーダ水)がイギリスで発祥したことがきっかけです。

それが次第に「コルクでは炭酸が抜けてただの甘い水になってしまう」という失敗を機に、ビー玉で栓をする方法が開発され実際に今まで続いてきました。

ビー玉で栓をする理由

王冠で栓をするサイダーよりも炭酸が強いまま保持できるためです。

仕組みとしては、まずシロップを瓶に注入します。
そして瓶の中の空気が外に逃げる道を作った状態で炭酸水を一気に吹き込みます。逃げ道から瓶の中の空気が抜けていきます。
そのとき炭酸水で瓶がちょうどいっぱいになった瞬間、瓶を逆さにします。

すると瓶の中にあったビー玉が瓶の口まで移動して中の炭酸ガスの圧力でビー玉が口のところに押し付けられます。

結果、ビー玉で栓ができるのです。

炭酸水には圧力がかかっているので一気に便に吹き込むことにより内部の圧力が強くなるのですね。

こうした理由でラムネにはビー玉が入っています。

ですがここ数年でラムネは衰退の一途をたどっているようです。
夏の風物詩で人気な飲み物のままではありますが、容器代が高く生産性もある程度の水準を保っているといった様子のため、今後のラムネは日本人の夏の思い出としてスローフードの一つであるスロードリンクとして生き残っていくのではないでしょうか。

また来年の夏もラムネをおいしく飲めますように。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691