雨の日にスニーカーではなくサンダルを履く場合の注意点

雨の日はどうしても靴が濡れてしまいますよね。「どうせ濡れるなら」とあきらめてスニーカーを履く人も多いようです。

しかし、濡れてもいいならサンダルを履いてみませんか?サンダルでもコーディネート次第ではおしゃれに見えるのです。

ただし、雨の日にサンダルを履いた場合は注意しなくてはいけないこともあります。今回は雨の日にスニーカーではなくサンダルを履いた場合のおすすめコーディネートとメリット、そして注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アラフィフ独身女性の実家暮らしは悩みばかり?その実態とは

「アラサー」という言葉が生まれてから50代前後の人を「アラフィフ」を呼ぶようになりましたが、アラフィ...

指のサイズの平均値を紹介します。簡単に測る方法とポイント

エンゲージリングやカップルリングなど指輪を購入する時に必要なのが、指のサイズです。女性の薬指...

No Image

女性の事、好きな人の事を思い出す男性の気持ちとタイミングとは

好きだった女性、付き合っていた女性など男性が好きな人を思い出す事はあるでしょう。どんな瞬間、どん...

卵の白身が水っぽい原因!傷んだ卵の見分け方と鮮度別の調理法

卵を食べようと思って割ってみたら、なんだか白身が水っぽい。こんな経験をしたことがある人もいるのではな...

大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。...

顔が揺れる女子が嫌われる理由と緊張で揺れないための対処法とは

顔が揺れる女子に対して嫌悪感を抱く人が多いのはどうしてなのかご存知でしょうか。そもそも顔が揺...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

ジムに必要な持ち物!バッグの選び方から便利グッズまでご紹介

運動不足解消のためにもジムへ通おう!となったら、ジム用のバッグ、ジムに必要な持ち物まで色々揃えなくて...

スーツの後ろに付いてる糸は?ベントについている糸について

スーツの後ろに糸がバッテンについていますよね。スーツを着慣れない方はコレって何?と思われるのではない...

雷が近い時は家が一番安全とは限らない?落雷からの避難方法

雷が家から近いととても怖いものですが、家にいれば安全だと思っていませんか?野外よりも確かに安全か...

夜中のカップラーメンで太る理由と食べても太らないコツとは

夜中にカップラーメンを食べると太ると言いますが、それには理由があるのです。では、夜中にカップ...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

芸人の出待ちをしてプレゼントする場合に喜ばれるものとは

誰しもが好きな芸能人っていますよね。最近すごくイケメンが多くてアイドルのように人気なのがお笑い芸...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

救急車と警察先にどっちを呼ぶべき?交通事故の正しい対応

交通事故に遭ったり交通事故を目撃した場合、救急車と警察先にどっちを呼ぶべきかで迷います。では...

スポンサーリンク

雨の日にはスニーカーよりもサンダルを履いてみませんか

雨の日の靴選び困りますよね。スニーカーなら洗うことも出来て良いという理由で、履いて出かけることも多いです。
スニーカーは通気性が良いですが、それは逆に水を浸透しやすい事になりますので、雨の日に履いてしまうと足がずぶ濡れになってしまうでしょう。

そんな時におすすめな靴を紹介します。

雨の日は濡れても良い靴を履く

そこでどうせ濡れてしまうのなら、その後にお手入れがスニーカーよりもさらにしやすい、サンダルを履いて出掛けてみてはいかがでしょうか。

ビーチサンダルならその名の通り、海で濡れてもOKなサンダルですから洗うのも簡単です。またオシャレに着こなすことも出来て、男性だけでなく女性にも人気のアイテムとなっています。

その他にもおすすめなのがスポーツサンダル!定番の人気となっていますよね。

カラーバリエーションも多く、こちらも男性女性問わずの人気です。もちろんコーディネートもしやすく、いろいろな形のものが販売されているので自分に似合うものを探すことが出来ます。

雨の日にはスニーカーやレインブーツよりもサンダルの方が蒸れません

雨の日はスニーカーの他にもレインブーツを利用されている方も多いですよね。

レインブーツはその名の通り、雨の日ように作られているので中に水が浸透してくることはありません。オシャレな長靴です。

しかしゴムで出来ているので通気性の問題があります。

雨の日にサンダルが向いている理由

少しくらいのお出かけなら気になりませんが、長時間レインブーツをはいてお出かけする際には、足の蒸れや臭いが気になる方も少なくはないのではないでしょうか。

その点でもサンダルは優れています。完全に足が濡れてしまいますが蒸れることはなし!タオルを1枚カバンの中に潜ませておけば、屋内に入るときは足とサンダルの水分を拭き取る事でスッキリです。

ちょっと恥ずかしい気持ちがしますが誰も気にしていませんし、雨の日の足元に注意をして良く見てみるとサンダルを履いている方も、意外と多いですよ。

雨の日にスニーカーではなくサンダルを履いたら、必ず足を洗おう

雨の日にサンダルを履くと雨が靴に浸透するのが気にならなくなるばかりか、蒸れが気にならなくなったりと今まで気が付かなかった良い点を発見することが出来ましたが、デメリットもあります。

サンダルで雨に日に出掛けるデメリット

それは雨で足が濡れているので気が付きにくいですが、汗や水に濡れてしまったことで雑菌が繁殖しやすくなている点です。

雑菌が繁殖すると、それに伴い臭いが気になります。逆に臭いが発生しているときは、雑菌が繁殖している証拠です。

屋内に入るときは足についた水分を拭き取ること。そしてお家に帰ったときは必ず足を石鹸を使ってキレイに洗い流しましょう。

特に爪や足の指の間などは洗いにくく、雑菌が繁殖しやすい場所となるのでしっかりと泡立てた石鹸でキレイにすることをオススメします。

サンダルも雨の日用の靴も持っていない人のための靴の防御方法とは

レインブーツの他にもサンダルが雨の日には意外に良いアイテムだというお話をしましたが、どちらも持っていない方はどうすればよいか?

また会社に出勤するOLやサラリーマンの方は、外へ営業に出ることもありますからサンダルというわけには行きませんよね。

雨の日に便利な防水スプレー

靴に吹きかけるだけで撥水効果があり、靴に水が浸透するのを防いでくれる便利グッズです。

また革靴は表面の目に見える場所だけではなく、靴の底も革でできている場合があり、雨の日に使用すると皮に水が染み込んでシミとなってしまったり、靴底の減りが早くなってしまうこともあるので注意が必要です。

修理が必要となる前に、そのような革靴は靴屋さんに頼んで靴の裏張りをしてもらうと良いですよ。

靴を長持ちさせたい方は、買ってすぐに裏張りをする方が多いですね。靴の裏張りは底にラバーを貼り付けるので痛みを防ぐだけではなく、雨が靴の中に染み込んでくる防御方法としても役立ちます。

雨の日におすすめのサンダルとスニーカーを履きたい人のためのおすすめグッズについて

スポーツサンダルやビーチサンダルの他にも、雨の日におすすめなサンダルがあります。

いくらサンダルと言っても、なるべくなら水たまりに足が浸かるのは避けたいと思いますよね。

底に厚みのあるサンダルがよりおすすめ

そこで少しくらいの水たまりならサンダルを履いたままでも大丈夫なのは、厚底サンダル!これなら足が水に浸かってしまうことを防いでくれます。

しかし厚底は足をくじくと普段の靴よりも大きな被害となりますので、特に屋内に入り雨で床が滑りやすくなっているような場所では、歩くときに注意が必要となります。

またクリアサンダルも夏らしく、ファッション性も優れているのでおすすめなサンダルです。もしかしたら雨が降るかも?そんなときは、隠れた雨対策として活用してみてはいかがでしょうか。

ちなみにサンダルよりもスニーカー派で、雨の日に履けるようなサンダルをお持ちでないのならスニーカーカバーを利用して、雨の日を快適に過ごすことも可能ですよ。

雨の日はサンダルとスニーカーどちらを選ぶ?対処方法次第でストレスフリーにする事ができます

雨の日は通常、濡れないように防御をする方法を取りますが、逆に濡れてOKなサンダルを履くことで嫌な蒸れや臭いを気にすることなく過ごせる事がわかりました。まさに逆転の発想ですよね。

またファッション性に優れたサンダルが多く販売されているので、雨の日のコーディネートとして楽しむことも出来るのも嬉しい点です。

しかしデメリットとして濡れることにより、雑菌が繁殖する可能性が高い事があります。
屋内に入ったときは濡れてしまったサンダルや足をそのままにせず、タオルなどで水分を拭き取りましょう。

そしてお家に帰ってきたときは、必ず足を石鹸でキレイに洗うことも忘れてはいけません。

スニーカー派の方は、雨の日にスニーカーを履く場合防水スプレーを施したり、スニーカーカバーを使用することで雨の被害を最小限に防ぐことが出来ますよ。

どちらの方法が自分に合っているか、ちょっとしたストレスをなくすために試してみてください。