柴犬が洋服を嫌がる時の対策!洋服を着せるメリットと嫌がる理由

柴犬に洋服を着せようと思っても、洋服を嫌がるためになかなか着てくれないこともありますよね。柴犬が洋服を嫌がる時は一体どうしたら良いのでしょうか。

そもそも洋服を着せるとどんなメリットがあるのかや、洋服を嫌がる理由について確認してみましょう。

そこで今回は、柴犬が洋服を嫌がる時の対策と嫌がる理由・洋服のメリットについてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大相撲の力士の気になる給料や退職金について解説します

大相撲のテレビ中継を見ていると、力士はどのくらい給料がもらえるのだろうと気になる人も多いでしょう。...

髪にシャンプーの匂いを残す方法!これで男性からも好感度UP!

髪からシャンプーの良い匂いがする女性って憧れますよね。自分もそうなりたいって感じる人も多いのでは?...

仕事の失敗で落ち込む時の対処法!失敗を自分の成長に活かすには

仕事で失敗やミスをしてしまうと落ち込むことがあります。どうして失敗したのか、自分は仕事ができないので...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

お葬式に出席する場合の香典の渡し方と服装のマナーを理解しよう

お葬式に出席することになった場合、香典袋はどれがいいのか、渡す時のタイミングや渡し方はどうしたらいい...

中学時代はヤンキーだった女子の特徴と友達としての付き合い方

あなたの周りに「この人中学時代はもしかしてヤンキーだったかも…」と思うような人はいませんか?ふと...

アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても...

【包丁の研ぎ方】シャープナーの使い方とデメリットについて

簡単に包丁を研ぐことができるグッズとして人気のシャープナー。しかし、使ったことがない人にとってはどん...

猫の居場所は?雨の日に野良猫がいる場所とエサや過ごし方を解説

しとしとと雨が降っている雨の日、野良猫たちが一体どこで過ごしているのか気になる人もいますよね。家の中...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。日本は湯船にゆったりとつかり、時には小...

スポンサーリンク

柴犬が洋服を嫌がるときの対処法

ドッグカフェのような公共の場へお出かけするとき、または、雨の日のレインコートや寒さが厳しい日の防寒具などお洋服を着せてあげたいときがありますよね。

でも、いざ着せようとすると嫌がってしまう場合があります。

柴犬は神経質な性格、洋服を嫌がる事も多い

洋服を着ていることに違和感を感じてしまうとそれがストレスとなり、そのために体調を崩していまうこともあるようです。

小さなうちはトイレや待てなどの基本的なしつけが終わったら、すぐに洋服を着せるとスムーズに慣れていくようです。

それが無理な場合でも、まずは着ることに慣れてもらうことを目標に、少しずつ始めていくことが大切です。

そのためには、体に違和感を感じないデザインのものを選んであげましょう。慣れている場所でリラックスしている時に試してみることも大事です。

もしも嫌がったらすぐに脱がせてあげて安心させてあげてください。そして洋服への抵抗がなくなり、少しでも着ていたれたらたくさん褒めてあげます。
これを繰り返すことで、少しずつ洋服を着ることに慣れていってもらいましょう。

柴犬が洋服を嫌がる!着せるメリットについて

犬に洋服なんて必要ないのでは?無理に着せて虐待なのでは?という意見をお持ちの方もいらっしゃると思います。

犬に洋服を着せると良いこと

洋服は抜け毛が散らばるのを防ぐことができる

知人宅へ一緒に出かける時やドッグカフェなどでは、洋服を着ることで抜け毛が散らばらずお店に迷惑をかけなくて済みます。
お店によっては洋服着用を入店の条件としているところもあるようです。

お散歩時に被毛が汚れるのを防ぐ

雨上がりのお散歩での泥はねを防いだり、また、花粉症などのアレルギーを持っている犬なら帰宅して服を脱がせることで花粉を落とすことができます。

防寒具として

被毛が薄い犬種は寒さに弱いので、無理をさせずに防寒具を着せてあげた方がいいでしょう。ダウンジャケットやオーバーなど、今はいろいろなデザインのものがあるので、選ぶのも楽しくなります。

病気や怪我などで舐めたり触ったりしてほしくないとき

手術をした後や怪我をしたとき、その傷を気にして舐めたりして傷口を悪化させてしまうこともあります。そのような行動を防ぐときにも重宝します。

柴犬が洋服を嫌がるときはこうしよう

子犬でお迎えしたときは、小さいうちから洋服を着せて慣れさせてあげることが一番です。洋服を着ることが自然なことと受け入れて成長することが多いようです。

洋服は子犬の時から慣らすことが大切

成犬となって洋服を着ることを嫌がるようであれば、少しずつ慣れさせていくことが大切です。
まずは犬の負担となるような洋服、厚いもの、重たいもの、硬いもの、耳が隠れたり袖が長すぎたり、きつかったりするようなサイズが合わないものなどはやめましょう。

洋服を着たらご褒美としておやつをあげたり、散歩に連れて行ったりなど、その犬が喜ぶことをしてたくさん褒めてあげます。

ご主人が喜ぶから洋服を着ることを我慢している犬もいます。私たち飼い主もなるべくストレスを与えないように心がけることも大切です。

犬が洋服を嫌がる理由について

犬は皮膚と毛で体温をコントロールしています。

人間と違い「寒いから洋服を着る」「暑いから脱ぐという概念はない」

犬が洋服を着ていることがストレスにならず、また、着ることによって体調を崩すようなことがないよう、洋服選びにも配慮が必要です。

まずは、動きに制限が起きるようなデザインの洋服はやめましょう。特に関節の動きを妨げるような服は動きにくさから怪我の原因にもなります。

また、必要以上に体に熱がこもるようなものは湿気が高くなり、体温調節の妨げになります。体調を崩してしまう結果になることもあります。

洋服を着る習慣のない犬の負担とならないように心がけていきましょう。

犬に洋服を好きになってもらうには

洋服を着せなくてはならなくなった時にいきなり着せるのは難しいことです。普段から少しずつ着ることに慣れる練習をすることが必要となってきます。

まずは洋服を着ることに慣れてもらう

犬と遊んでいる時や犬がリラックスしている時に着せてみるのも良いです。毎日、1回は着せてみましょう。

服を着て窮屈さを感じると服が嫌いになってしまうこともありますので、練習用に少しサイズが大きめのものを用意し、まずは慣れさせることも良いでしょう。

市販のものでサイズのあったものが見つからない場合は、ハンドメイドも良いと思います。着せる時は決して無理な体勢にならないよう気をつけてください。
小型犬の場合は足を折ってしまったり、捻挫をさせてしまうことも考えられます。無理のないよう優しく着せてあげてください。

洋服を着ることを好きにさせる方法

服を着たらご褒美をあげて褒めてあげることが大切です。
おやつを与えるのでも良いですし、洋服を着たら大好きなお散歩に出かける、車が好きなコならドライブに連れて行くなど”洋服を着る=好きなことが起こる”という条件反射を利用するのもコツです。

犬は人と違い、寒いから服を着たいとか、今日はこんな服の気分ということはありませんが、服がご褒美アイテムと思ってもらうとすんなりと着てくれるようになると思います。
洋服を着ることもしつけと同じく、少しずつ繰り返しトレーニングしていくことが大切です。大切な愛犬のためにもストレスにならないペースで楽しんで行ってみてください。