塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験しておくことは大切です。

では、どうしても塾の体験授業に緊張して行きたくないときはどうしたらいいのでしょうか。また、体験授業の申し込みをするときはどんなことに注意したらいいのか。

そこで、塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体が柔らかくなる期間は?柔軟の効果を感じるのに必要な時間とは

体が柔らかくなるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか? 個人差があり、どのくらいのストレッ...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった! もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

拘置所の差し入れに食べ物は制限あり!差し入れで嬉しいものとは

拘置所の差し入れに食べ物はできるのか疑問に思う人もいるでしょう。 拘置所では食べ物の持ち込みは...

桃の色々レシピ。シロップがジュースやゼリーやジェラートに変身

そのまま食べても美味しい桃ですが、たくさんあったりちょっと固いなという場合には桃を使って色々な食べ方...

洗濯機の排水口掃除の頻度や掃除方法と臭いやつまりの防止策

洗濯機の排水口の掃除は、気がつくと汚れが溜まっているものです。 しかし、掃除せずに放置している...

旦那がスキンシップを拒否します。こんな方法を試して!

旦那がスキンシップを嫌がる、拒否するという夫婦は結構います。 旦那がスキンシップを拒否するには...

産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのよ...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。 ...

七五三の着物の着付け方法!3歳の女の子の着付けとポイント

女の子の七五三は3歳の頃と7歳の頃の2回です。七五三は、子供の健やかな成長を願って行われる行事でもあ...

卵のカラザの簡単な取り方、カラザの役割や栄養について

卵を割ると黄身の横に白いカラザがありますが、その取り方に苦戦する方も多いのではないでしょうか。 ...

大学に行ったら彼氏・彼女ができるって思ってたのにできないよ!

大学へ進学したら彼氏や彼女ができる! そう、感じていたのに実際のところは… 高校のように...

おみくじの恋愛運が『あきらめなさい』そんな時でも解決策はある

お正月には、毎年神社に初詣に行き、おみくじを引くと言う方は多いですよね。 または、旅行で訪れた先の...

玄関のタイルに付着する白い粉の正体と掃除に必要な物と手順

ふと見た時に、玄関のタイルの部分に白い粉のような物が付着していることはありませんか? どこから...

目つきが怖いのを治す方法!怖く見える原因と改善方法

周りの人から「目つきが怖い」とか「何か怒ってるの?」と言われたことはありませんか?自分では、普通の真...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。 し...

スポンサーリンク

塾の体験授業が緊張で行きたくないときの対処法

「成績をあげるために塾に行く!でもその前に体験授業!」なんて、意気揚々と申し込んだものの、いざ当日となると、緊張しがちなタイプの子ですと腹痛を起こしてしまったりすることがありますよね。
塾の体験授業が緊張で行きたくないときの対処法は、このようなものがあります。

それは、素直に「塾に欠席の連絡を入れること」です。
塾としても、急なトラブルなどで体験授業の欠席はよくあることですから、怒り出したりすることはありません。
また、予定通り体験授業は受けられたものの、途中で具合が悪くなることもあるでしょう。
そういった時も無理をせず、講師やスタッフなどに申し出るようにしましょう。

この時に絶対にやめて欲しいのは、「連絡をせずに欠席すること」です。
塾の方でも体験授業で来る生徒のために準備を行っています。
たった一人でも、来ないのであれば「もしかしたら、少し遅れるのかもしれない」と心配をし、体験授業の開始時間を遅らせることになるなど、他の人にも迷惑をかけてしまいます。

塾の体験授業が緊張する!申し込む前の注意点

「塾の体験授業が緊張する!」そんなデリケートなお子さんが申し込む前の注意点をご紹介します。

普通の人ですと、初めての場所はちょっと緊張する程度でしょう。
しかし、過緊張をしてしまうなど、デリケートなタイプのお子さんでしたら、その緊張によるストレスの度合いは計り知れません。
ですので、まず申し込む時は「自分の子供に合っているか」、「子供へのケアはどのようにしているのか」など、気になる点を確認しておきましょう。
「塾の受講費は予算内か」、「有名学校への合格率がどのくらいか」なども気になるかも知れませんが、塾の雰囲気がお子さんに合っていないのであれば、入ってもすぐに辞めてしまったり、通うのを嫌がったりするかも知れません。

ですので、自分の子供にとって、「授業は少人数制が合っているのか」、「大人数での授業の方が負担が少ないのではないか」などということも子供と話し合って決めましょう。
また、自宅との距離なども塾に通う時の条件のうちのひとつですよね。

塾の体験授業に緊張する生徒は多い

大人からすると、「たかが体験」と思う方も多いと思いますが、子供からすると塾の体験授業に緊張する生徒は意外に多いのです。

大人はある程度経験がありますから、「体験授業はあくまでも体験だから気軽に受けよう」とあまり重く考えませんが、子供はそうはいきません。
「『授業』っていうからには、先生から問題とか当てられるのかな?」、「わからなくてみんなから笑われたらどうしよう」など、不安でいっぱいです。
間違えたって笑われたって別にどうという事はありませんが、子供にとっては重大な問題です。
それに静かに授業を受けるタイプの塾でしたら、「自分の物音でみんなに睨まれたらどうしよう」などといった不安や、みんながワイワイと仲よさげに授業しているところでも、「みんなの輪に入れなかったらどうしよう」などといった不安もあるのです。

良い塾を選ぶためには体験授業を受けることは大切

塾を受けさせる時は、口コミやチラシの内容、友達も入っているかどうかなどで決めると思いますが、それで本当に子供に合うかは、誰にもわかりません。
ですので良い塾を選ぶためには体験授業を受けることは大切なのです。

お子さんは緊張してしまうかも知れませんが、「合わないと思ったら、他のところでも良いんだよ」と伝えて、いくつかの塾の体験授業を受けさせて、その中から選ばせるようにすると良いでしょう。

親からすると、「こっちの塾の方が成績が上がりそう」など、不安や不満があるかも知れません。
しかし、実際に授業を受けるのはお子さんなのです。
自分の肌に合わない塾で無理矢理勉強させても、上がる成績も上がらなくなってしまうかも知れません。
つい結果を求めがちですが、本当に大切なのは「子供がどうやったら楽しく勉強出来るか」という事です。
それに、もし1年経っても子供の成績に変化が内容であれば、思い切って辞めてしまっても良いのです。

塾に行くのが緊張するなら気になる授業を体験してみよう

塾に行くのが緊張するなら、気になる授業を体験してみましょう。

親も一緒に見学できる場合もありますので、先生の授業のわかりやすさや、生徒たちの雰囲気、使われている教材が子供に合いそうかなどを見ると良いでしょう。
一見怖そうな先生でも、授業はすごく丁寧でわかりやすかったり、ガリ勉そうに見える生徒たちも、発言の時は生き生きとしているかも知れません。
塾の方でもその地域の学校の授業に合わせた授業をしてくれますので、教科書と教材を照らし合わせると、とてもわかりやすく解説されていることもあります。

そういった事は、ホームページを見たり、電話で聞くだけではわかりません。
初めは緊張するかも知れませんが、思い切って見に行ってみると、新しい体験が出来るはずです。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691