木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。
この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っていますか。

広く使われているのは絹ごし豆腐なのですが、木綿豆腐との違いはなんでしょう。

また木綿豆腐を使ってもふんわりと美味しい麻婆豆腐が出来ます。

豆腐の下茹てとは。便利な市販の素を使った場合の、美味しく仕上がるコツをご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

男性が結婚指輪をつけるのを嫌がった時の解決方法と妥協案

結婚したら男性も結婚指輪をつけるものだと思っていたのに、彼から「結婚指輪はつけたくない」と抵抗された...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

髪の染め方!市販のヘアカラーを使って自分でキレイに染めるコツ

美容室で髪を染めている方もいますが、時間がなくてなかなか美容室に行く時間が取れないという方や、もっと...

夏祭りの浴衣に合うかわいい髪型!ミディアムヘアの簡単アレンジ

夏には楽しい行事がいろいろとありますよね。夏祭りや花火大会など、浴衣を着る機会もあると思います。 ...

旦那がスキンシップを拒否します。こんな方法を試して!

旦那がスキンシップを嫌がる、拒否するという夫婦は結構います。 旦那がスキンシップを拒否するには...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。 ニー...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

アパートでの騒音!気になるテレビの音量などを徹底調査

アパートで暮らしていると隣の生活音が気になることありますよね。テレビの音量もその一つです。 相...

犬は亡くなる前に鳴くというのはホント?最期を見届けるために

どんなに長生きするようになったとは言っても、人間よりは先に愛犬は亡くなってしまいますよね。 犬...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

日本の民族衣装「和服」と男性和服のオシャレなスタイルとは!

日本の民族衣装「和服」。 主に男性や子供が着る甚平なども、伝統的な日本在来の衣服です。 この...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。 し...

バレンタインの手作り友チョコにおすすめ!大量生産できるレシピ

バレンタインの友チョコ用に毎年たくさんのチョコのお菓子を作るという方も多いと思います。 周りの友達...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。 私立の理...

床の張り替えは一部だけでも可能だが、高い技術が必要なため注意

床の傷が気になり、一部だけでも張り替えることができれば…と誰しも思うのではないでしょうか。 そ...

スポンサーリンク

麻婆豆腐には木綿派か絹ごし派か

麻婆豆腐は家庭でもよく食べられる一品かと思います。簡単に作ることが出来るレトルトタイプのものもありますし、イチから自分で作られるという方もいらっしゃるでしょう。どちらにしても豆腐は用意するわけですが、麻婆豆腐を作る時の豆腐は絹ごし豆腐と木綿豆腐のどちらを使われるでしょうか?外食のときに食べる麻婆豆腐には絹ごし豆腐を使っている場合が多いようです。絹ごし豆腐はツルッとした食感でのどごしが良く、食べやすさもあって美味しく感じられるのはないかと思います。家庭で作られる時にも絹ごし豆腐を使われる方が多いようです。では木綿豆腐では美味しく出来ないのかと言うと、そういうわけではありません。それぞれの豆腐の特徴を活かして、味や食感の違いを楽しんでみるのもいいかと思います。

麻婆豆腐の基本は絹ごし豆腐、木綿豆腐でも美味しくなるコツ

絹ごし豆腐で麻婆豆腐を作る場合、一番の問題は豆腐の崩れやすさではないかと思います。でもこれはしっかりと下準備をしておくことでかなり変わってきます。絹ごし豆腐は湯通ししておくことで崩れにくくなります。鍋に湯をわかし、そこへひとつまみの塩を入れてください。絹ごし豆腐の場合は切らずに塊のまま湯の中に入れます。調味料を合わせる直前まで、この湯の中に入れて温めておいてください。カットするときは、調味料と合わせた時に多少崩れてもいいように大きめにカットします。こうすることで、少々崩れてしまっても形が残っているので問題ありません。木綿豆腐の場合も同様に湯通しをすると良いでしょう。ただし木綿豆腐の場合はカットしてから湯通しをします。このように湯通しをしておくことで、豆腐の中の水分が程よく出て調味料と馴染みやすくなります。

麻婆豆腐には木綿でも絹ごしでもアリ。その違いとは

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いは、その作る過程にあります。どちらも豆乳ににがり(凝固剤)を加え、四角い型箱の中に入れて固めて作るのは一緒です。木綿豆腐の場合は、たくさんの穴が開いた型箱を使います。そこに木綿の布を敷いて、更に上から重しをして、水分を切るようにして作ります。木綿豆腐は崩れにくいので、焼いたり炒めたりする料理に使うといいでしょう。一方、絹ごし豆腐を作る時は穴の開いていない型箱を使います。木綿豆腐と違って水分を多く含んでいるのでつるんとした口当たりになります。食欲のない時でも食べやすいですね。木綿豆腐の方はしっかりとした食感でより大豆のうまみが感じられるのが特徴と言えます。一般的には6割の方が絹ごし豆腐のほうが好きだそうです。生で食べるなら絹ごし豆腐の方が食べやすそうですし、崩れにくい木綿豆腐は調理のしやすさが魅力で、もちろん麻婆豆腐にも向いていると思います。それぞれの特徴に合わせて使い分けるのがいいですね。

木綿豆腐で麻婆豆腐を作る場合のとっておきのコツ

TV番組で麻婆豆腐には木綿豆腐を使った方が良いとやっていました。ミシュラン2つ星の中華料理店シェフのオススメだそうです。木綿豆腐に開いている穴のおかげで味が染み込みやすくなるようです。市販のレトルトの素を使って美味しく作るコツもやっていましたので、それもご紹介します。

用意するのは木綿豆腐、豚ひき肉、にんにく、生姜、そして市販の麻婆豆腐の素です。にんにくと生姜はみじん切りしておき、木綿豆腐は適度な大きさに切っておきます。まずは鍋又はフライパンに油をしいてひき肉を炒め、それからにんにくと生姜を加えます。にんにくと生姜を先に炒めてしまうと、ひき肉を炒めている時に香りが閉じてしまうそうなので、ひき肉を先に炒めるのがポイントです。そして麻婆豆腐の素を入れて豆腐を加えたら5分程煮詰めます。ちょっとしたコツでいつもの麻婆豆腐が美味しく出来上がります。

豆腐はどちらでも。美味しい麻婆豆腐のレシピの紹介

イチから手作りする麻婆豆腐の作り方をご紹介します。簡単なのに本格的で、いつもとは違う麻婆豆腐になります。用意する材料は、豆腐1丁。木綿豆腐でも絹ごし豆腐でもどちらでも構いません。豚ひき肉150g、にんにくのみじん切り1かけ分、生姜のみじん切り1かけ分、長ネギのみじん切り1/2本分、豆板醤小さじ1~2、水溶き片栗粉、ごま油大さじ1/2、万能ねぎ少々。調味料として甜麺醤大さじ1、紹興酒なければ酒大さじ2、醤油大さじ1、鶏ガラスープの素大さじ2、砂糖大さじ1/2、水250ccです。油をしいたフライパンでにんにく・生姜・長ネギを炒めます。香りが立ってきたらひき肉を加えて色が変わるまで炒めてください。そこへ豆板醤を加えます。辛味はお好みで調整してください。更に調味料を加えてひと煮立ちしたら、豆腐を入れて少し煮ます。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、火を止める直前にごま油を回し入れます。万能ねぎをちらしたら出来上がりです。もしも思ってたよりも辛く出来上がってしまった時は、水切りしたヨーグルトを加えてみてください。更に溶き卵を加えると味がまろやかになり辛味も抑えられて、また卵がふわっとしてお子様も喜ぶと思います。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691