木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。
この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っていますか。

広く使われているのは絹ごし豆腐なのですが、木綿豆腐との違いはなんでしょう。

また木綿豆腐を使ってもふんわりと美味しい麻婆豆腐が出来ます。

豆腐の下茹てとは。便利な市販の素を使った場合の、美味しく仕上がるコツをご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

牛乳のペットボトルがない理由【日本】や保存期限と海外事情とは

牛乳はペットボトルでは販売されているのを見かけませんが、その理由はどうしてなのでしょうか?で...

旦那が転職?離婚したいなんて言わず旦那を支えるのが得策

旦那が急に転職すると言い出したら、妻としてあなたはどうしますか?妻が離婚したいと思うタイミングに夫の...

【猫の出産】出産後の猫は食欲旺盛!栄養価の高い食事が大切!

飼っている猫が妊娠して出産をした時、飼い主さんが気になるのは猫の栄養や食事など、猫の健康面についてで...

嫁が介護を苦に離婚したいと言っている…。当たり前だ!

嫁の介護問題。義両親の介護で離婚される夫婦が増えているようです。日本には「嫁」が「夫の両...

友達の嫉妬がめんどくさいときの対処法と上手な関わり方とは

友達からの嫉妬がめんどくさいと感じるときってありますよね。例えば、嫉妬深い友達とは時にその嫉...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

別居はするけど離婚しない!浮気されても離婚しない理由と対処法

パートナーに浮気をされていたことがわかると、とてもショックですよね。悲しい気持ちを抱えて辛い時間を過...

多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか?もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの...

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。縫い目の方が気に...

神と妖怪の違いは?神様になった妖怪と幽霊と妖怪の違いを解説

神と妖怪の違いは一体何なのかご存知ですか?どちらも人間の目で見ることができない存在であり、存在してい...

ウエストの腹筋をくびれさせるコツやトレーニング方法とは

ウエストは腹筋をトレーニングで鍛えることによってくびれさせることができます。では、ウエストを...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

一人暮らしの女子料理の頻度と上手に作るコツ

進学や就職などで一人暮らしを始める人も多いですよね。はじめて一人暮らし女子の料理頻度はどのくらいなの...

大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。...

スポンサーリンク

麻婆豆腐には木綿派か絹ごし派か

麻婆豆腐は家庭でもよく食べられる一品かと思います。簡単に作ることが出来るレトルトタイプのものもありますし、イチから自分で作られるという方もいらっしゃるでしょう。どちらにしても豆腐は用意するわけですが、麻婆豆腐を作る時の豆腐は絹ごし豆腐と木綿豆腐のどちらを使われるでしょうか?外食のときに食べる麻婆豆腐には絹ごし豆腐を使っている場合が多いようです。絹ごし豆腐はツルッとした食感でのどごしが良く、食べやすさもあって美味しく感じられるのはないかと思います。家庭で作られる時にも絹ごし豆腐を使われる方が多いようです。では木綿豆腐では美味しく出来ないのかと言うと、そういうわけではありません。それぞれの豆腐の特徴を活かして、味や食感の違いを楽しんでみるのもいいかと思います。

麻婆豆腐の基本は絹ごし豆腐、木綿豆腐でも美味しくなるコツ

絹ごし豆腐で麻婆豆腐を作る場合、一番の問題は豆腐の崩れやすさではないかと思います。でもこれはしっかりと下準備をしておくことでかなり変わってきます。絹ごし豆腐は湯通ししておくことで崩れにくくなります。鍋に湯をわかし、そこへひとつまみの塩を入れてください。絹ごし豆腐の場合は切らずに塊のまま湯の中に入れます。調味料を合わせる直前まで、この湯の中に入れて温めておいてください。カットするときは、調味料と合わせた時に多少崩れてもいいように大きめにカットします。こうすることで、少々崩れてしまっても形が残っているので問題ありません。木綿豆腐の場合も同様に湯通しをすると良いでしょう。ただし木綿豆腐の場合はカットしてから湯通しをします。このように湯通しをしておくことで、豆腐の中の水分が程よく出て調味料と馴染みやすくなります。

麻婆豆腐には木綿でも絹ごしでもアリ。その違いとは

木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いは、その作る過程にあります。どちらも豆乳ににがり(凝固剤)を加え、四角い型箱の中に入れて固めて作るのは一緒です。木綿豆腐の場合は、たくさんの穴が開いた型箱を使います。そこに木綿の布を敷いて、更に上から重しをして、水分を切るようにして作ります。木綿豆腐は崩れにくいので、焼いたり炒めたりする料理に使うといいでしょう。一方、絹ごし豆腐を作る時は穴の開いていない型箱を使います。木綿豆腐と違って水分を多く含んでいるのでつるんとした口当たりになります。食欲のない時でも食べやすいですね。木綿豆腐の方はしっかりとした食感でより大豆のうまみが感じられるのが特徴と言えます。一般的には6割の方が絹ごし豆腐のほうが好きだそうです。生で食べるなら絹ごし豆腐の方が食べやすそうですし、崩れにくい木綿豆腐は調理のしやすさが魅力で、もちろん麻婆豆腐にも向いていると思います。それぞれの特徴に合わせて使い分けるのがいいですね。

木綿豆腐で麻婆豆腐を作る場合のとっておきのコツ

TV番組で麻婆豆腐には木綿豆腐を使った方が良いとやっていました。ミシュラン2つ星の中華料理店シェフのオススメだそうです。木綿豆腐に開いている穴のおかげで味が染み込みやすくなるようです。市販のレトルトの素を使って美味しく作るコツもやっていましたので、それもご紹介します。

用意するのは木綿豆腐、豚ひき肉、にんにく、生姜、そして市販の麻婆豆腐の素です。にんにくと生姜はみじん切りしておき、木綿豆腐は適度な大きさに切っておきます。まずは鍋又はフライパンに油をしいてひき肉を炒め、それからにんにくと生姜を加えます。にんにくと生姜を先に炒めてしまうと、ひき肉を炒めている時に香りが閉じてしまうそうなので、ひき肉を先に炒めるのがポイントです。そして麻婆豆腐の素を入れて豆腐を加えたら5分程煮詰めます。ちょっとしたコツでいつもの麻婆豆腐が美味しく出来上がります。

豆腐はどちらでも。美味しい麻婆豆腐のレシピの紹介

イチから手作りする麻婆豆腐の作り方をご紹介します。簡単なのに本格的で、いつもとは違う麻婆豆腐になります。用意する材料は、豆腐1丁。木綿豆腐でも絹ごし豆腐でもどちらでも構いません。豚ひき肉150g、にんにくのみじん切り1かけ分、生姜のみじん切り1かけ分、長ネギのみじん切り1/2本分、豆板醤小さじ1~2、水溶き片栗粉、ごま油大さじ1/2、万能ねぎ少々。調味料として甜麺醤大さじ1、紹興酒なければ酒大さじ2、醤油大さじ1、鶏ガラスープの素大さじ2、砂糖大さじ1/2、水250ccです。油をしいたフライパンでにんにく・生姜・長ネギを炒めます。香りが立ってきたらひき肉を加えて色が変わるまで炒めてください。そこへ豆板醤を加えます。辛味はお好みで調整してください。更に調味料を加えてひと煮立ちしたら、豆腐を入れて少し煮ます。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、火を止める直前にごま油を回し入れます。万能ねぎをちらしたら出来上がりです。もしも思ってたよりも辛く出来上がってしまった時は、水切りしたヨーグルトを加えてみてください。更に溶き卵を加えると味がまろやかになり辛味も抑えられて、また卵がふわっとしてお子様も喜ぶと思います。