目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね。

目玉焼きの黄身が真ん中になるように焼くには一体どうしたら良いのでしょうか。簡単にできる方法とコツをチェックして、目玉焼きの焼き方をマスターしましょう。

そこで今回は、目玉焼きの黄身を真ん中にして綺麗に焼く方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

雨の日の休日は家族で何をして過ごす?雨の日を楽しく過ごす方法

せっかくの休日なのに雨!家族でお出かけの予定を立てていたのに、雨が降ってその予定がキャンセルになって...

アメフト部とチア部はアメリカスクールカーストのトップ?を調査

アメリカの高校を描いたドラマや映画を見ると、アメフト部やチア部が人気者で生徒のリーダー的存在というイ...

多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか?もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの...

雷が近い時は家が一番安全とは限らない?落雷からの避難方法

雷が家から近いととても怖いものですが、家にいれば安全だと思っていませんか?野外よりも確かに安全か...

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

メイクでスポンジの代用に使えるアイテムと上手な選び方

メイクをするときにスポンジを忘れてしまったら、なにか代用できるアイテムはないかと探しますよね。...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

文房具をアレンジで簡単可愛くさせるコツ!仕事の効率もアップ

文房具は簡単にアレンジするだけで自分だけのオリジナル文房具へと変身できちゃいます。では、簡単...

スマホの自撮りでかわいく見せるコツ!テクニックでもっと好印象

今は多くの人がスマホを持ち、SNSなどに投稿する人も増えています。スマホで自撮りをする機会もますます...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

グルーガンのグルーで作る簡単可愛いアクセサリーの作り方

グルーガンを使う時には、接着剤として購入する方が多いと思います。接着剤としても優秀なグルーガンですが...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。...

アロマハンドクリームの作り方のコツと気をつけたい注意点

アロマハンドクリームの作り方は材料が揃えばどなたでも簡単です。水洗いなどで手が荒れてしまっても、自分...

スポンサーリンク

目玉焼きの黄身を真ん中にして綺麗に焼く方法

朝ごはんの定番である目玉焼き。毎朝のように作っている主婦の方もいらっしゃると思います。
”フライパンに卵を落として焼くだけ”の目玉焼きですが意外と真ん中に黄身を乗せるのが難しいですよね。

そこで真ん中に黄身があるきれいな目玉焼きを作る方法を紹介します。

いろんな主婦の方が独自の方法で工夫をされ、真ん中に黄身のあるきれいな目玉焼きを作っていらっしゃるようです。

準備するものなど全くなしで忙しい朝にでも試せる方法です。

卵の殻で黄身の位置を調整

今割ったばかりの卵の殻でテクニックもいらず簡単に真ん中に黄身を寄せられます。
まずはフライパンを火にかけて目玉焼きを焼く準備をしましょう。

準備ができたら温めたフライパンに油を引きます。そして卵を割るのですが、ここでポイントがいくつかあります。

卵は綺麗に半分に割る

卵を割るときには殻を半分になるように割ることを心がけましょう。

完璧に半分でなくていいのですが、なるべく半分になるように割ると今後の工程がうまくいきます。

卵に亀裂を入れて、フライパンの上に落とし、そこでそのまま半分になった殻のひとつを黄身の上にかぶせてしまいます。

かぶせて真ん中に持っていきそのまま10秒ほど待ってから殻を外してみてください。

するときれいに真ん中に黄身がある目玉焼きを作ることが出来ます。

黄身が丁度良い位置に来ないと苦戦していた日々が懐かしく思い出されてしまうほどです。

これから捨ててしまうものを役立てているため、気負わず手軽に試すことができるお薦めの方法です。

ハムエッグの目玉焼きの黄身を真ん中にするには

ハムエッグを作る場合に、黄身が真ん中にくる方法を紹介します。

必要な材料は、ハムと卵といったシンプルなものです。

フライパンを温め、乗せる前にハムに丸く穴を開けてしまいます。そのハムのくぼみに卵を割り入れて下さい。

大した事はないですが、見た目が綺麗なハムエッグを作ることが出来ます。

くり抜く部分をハートや星型にすることで、お子さんも喜ぶのではないでしょうか。くり抜いた部分に白身だけを入れて焼くという方法もあります。見た目にも可愛いのでお弁当にもお薦めです。

くり抜いたハムを飾り付けに使うことも出来ます。

時間のある時にでも、試して見て下さいね。

目玉焼きの黄身を半熟トロトロに仕上げる方法

目玉焼きで加減が難しい、半熟トロトロの目玉焼きにも挑戦してみましょう!

早速作っていきましょう。

  1. まずはフライパンを弱火で温めます。フライパンにサラダ油をごく少量引いて、卵を落とします。
  2. さらにここで黄身を真ん中にする殻テクニックを使ってみましょう。
  3. 10秒ほど待って殻を取り去ったら蓋をしないままじっくり焼いていきます。
  4. 白身の縁に焼き色が付き始めたら蓋をして、更に殆ど消えてしまうのではないかというくらいに弱火にします。
  5. そのまま2~3分放置すると、あっという間に半熟トロトロの目玉焼きが完成します!

最初から最後まで弱火でじっくりがポイントです。本当に簡単にできてしまいますので一度試してみてはいかがでしょうか。

これを覚えるだけで毎朝半熟トロトロの目玉焼きにありつけます。

ゆで卵の黄身も真ん中に!上手に作るコツ

ゆで卵の黄身も真ん中にすることが出来ます。

早速紹介していきます。

まず、ゆで卵にする卵は産みたてよりも時間の経ったものを使いましょう。更に茹でる前には常温にしておきます。

冷蔵庫から出してすぐの卵では急激な温度差で殻が割れてしまうため、常温に戻してから使うか、10分ほど水につけて卵の温度をなじませましょう。

黄身が真ん中のゆでたまごを作る方法

  1. 菜箸で転がしながら茹でる
  2. やかんなどの底が丸い容器で茹でる
  3. 卵の殻の底の部分に小さな穴を開ける
  4. お猪口などで固定して茹でる

 

などの方法があります。

①は本当に転がすだけですし、②に至っては待っていれば出来上がります。
③は殻も剥きやすくなるので時短になりますし、④は卵の尖っている方を下にして茹でることさえ間違えなければ簡単にできます。

見てみると様々なやり方があります。
時間のある日、急いでいる日、作りたいお料理や食べ方などでも使い分けることができるかと思います。
こうしたちょっとした工夫次第で美味しくたのしく卵を食べられるといいですね!