日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

綿のワンピースのしわをどうにかしたい!シワの伸ばし方や予防法

2018.12.21

綿のワンピースにしわがついてしまった!?こんなときにはどうやってしわを伸ばしたらいいのでしょうか?

家であれば、洗濯やアイロンでしわを伸ばすことができますが旅行先のようなときには困ってしまいますよね。そんなときにはこの方法でしわを伸ばすことができますよ。

綿のワンピースのしわの取り方や洗濯のときにつくしわを予防する方法などを紹介します。

綿のワンピースのしわを取る方法とは

綿100%の衣類は自宅で洗濯できて通気性も良いので、好んで着用している方も多いのではないでしょうか。

しかし洗濯をした際には脱水や乾燥機などで、しわがくっきりと付いてしまうことがあります。

これは濡れたり、力が加わることにより形が変わりやすいという綿の特徴からくるものです。

綿の特性を利用して「しわ」を伸ばす

しわを取る方法として一番効果的なのがアイロンです。そして水を布に含ませることでしわ取りの効果がさらに発揮されます。

ちなみに水を加えるというとスチームアイロンを思い浮かべがちですが、しっかりとついてしまったしわを取るときは霧吹きなどで、生地を濡らしたほうが取れやすくなります。

スチームよりも霧吹きのほうが、水の粒が大きいのでより綿に浸透して、ワンピースのしわなども伸ばしやすくなるというわけです。

綿のワンピースのしわを伸ばすときのアイロンのかけ方

綿のワンピースなどのしわを伸ばすときにはアイロンが一番効果的だと、先述しましたが、アイロンがけの方法についてご紹介していきたいと思います。

まずはアイロンをかける前に、洗濯表示のマークを確認してください。ここには洗濯の注意点だけではなく、干し方やアイロンの温度なども表示されています。

同じ綿でも生地の糸の織り方や染色方法などによって違いがありますので、必ず確認が必要となります。

洗濯表示を確認してアイロンの使用が可能で適した温度がわかったら、次にアイロンをその温度まであげて用意をします。

アイロンの温度が上がるまでの間、アイロン台にワンピースをセットしましょう。

そしてアイロンがけですが、霧吹きで水をワンピースのシワ部分にかけたら、その上を滑らせるようにしてアイロンをかけていきます。

ここでポイントなのが滑らせるように、ここです。力を入れすぎると今度はアイロンによってしわが出来てしまいます。

熱と水が加わったしわは自然に出来てしまったしわよりも取れにくくなりますので気をつけてくださいね。

綿のワンピースにしわがつきにくくする方法

綿素材のワンピースに取れにくいシワが付いてしまうのは、洗濯によるものが多いと最初にお話をしました。

そこで洗濯時にしわをつきにくくするのは、どうしたら良いのか?そこが気になる点ですよね。

まずは、やはり洗濯表示を確認することが大切です。綿素材でも装飾品がついていたり、混紡されている素材によってはお家で洗濯が不可能な場合もあります。はじめにしっかりと確認をしましょう。

ワンピースの洗濯表示に「洗濯機が可能」マークがついていた場合

お湯の温度などに注意をして洗濯機で洗うことが出来ます。しかしこの場合も通常の洗濯物と一緒に洗ってしまうと、ワンピースが絡み合ってしまいしわがついてしまいます。必ず洗濯ネットを使用して洗ってください。

洗濯機マークにバツがついて、手洗いマークがついている場合

こちらは洗濯機ではあらえませんが手洗いは出来ます。という表示です。

洗い桶などにお湯をはり、おしゃれ着用の洗剤を溶かしてワンピースを押し洗いしましょう。手洗いマークに数字の40と書かれていることが多いと思いますが、これは洗うときのお湯の温度は40度までということを表しています。それ以上熱い温度のお湯を使うと変色や縮みの原因となりますので注意をしましょう。

洗った後は水を数回変えながらすすぎを行い、脱水します。軽く手で絞った後はタオルで挟んで水分を取り除くと、しわがつきにくくなりますよ。

綿のワンピースにしわをつけないように干す方法

綿のワンピースなどをしわを付けないように洗ったら、今度は干し方ですよね。

洗濯表示に陰干しのマークがついていたら、直接日光が当たらない場所で乾燥させます。

しわを付けないようにするには

  1. 濡れたまま放っておかずに洗濯が終わったらすぐに干すこと
  2. 干すときにしわを十分に伸ばすこと

この2点が重要なポイントとなります。

ハンガーにかける前に、ワンピースの方の部分を持って上下に大きく振って、しわを取り除き形を整えましょう。そしてハンバーに吊るしたら細かいシワを手で引っ張りながら伸ばしていきます。織り方によって引っ張りすぎると形が変わってしまう場合もありますので、そのような場合は生地を挟むようにして両手で叩くとしわが伸びますよ。

また縫い目は糸がつり、しわが付きやすくなりますので、こちらも軽く引っ張ってしわを取り除いてください。

綿のワンピースについたしわを伸ばすにはドライヤーも使えます

お家にいるときはアイロンを使ってしわを伸ばすことが出来ますが、旅先などでワンピースにしわがついてしまった場合などは、困ってしまいますね。

しかし、こんな時もしわが出来る原因を考えてみると、旅先でも代用できるしわ取りがあることが見えてきます。

熱や水分によって形が変わりやすいのが綿の特徴

この特徴がしわになる原因ですから、熱と水分を加えることができれば、逆にしわを取り除くことが出来ます。

旅先のホテルなどではドライヤーが設置されていますので、ワンピースにドライヤーで熱を加えながらしわを伸ばしてください。

また水分はお風呂の蒸気を利用することが可能です。お風呂に入った後は、風呂場にワンピースを吊るしてしわを伸ばしましょう。

2つの注意点はドライヤーは意外と温度が高くなるので、生地が焦げないように、やけどをしないようにすること。

お風呂場の湿気を利用する際は、適度に水分を含んだらお風呂場からワンピースを出しておくことを忘れないでください。

綿のワンピースのしわ取りも、まずは洗濯表示の確認を!家庭で無理な場合はプロの力を借りましょう

綿のワンピースのしわを伸ばすには、綿の特徴を利用することが効果的だということがわかりました。

しわが付くのも、伸ばすのも熱と水分、また力が加わることが大きく関係をしていましたね。

しかし綿のワンピースと言っても綿100%のものや、綿とレーヨンなど混紡されている生地もあります。その混紡されている素材によっては熱を加えることや、水分を含ませることがNGな場合もあることを頭に入れておく必要があります。

綿が入っているから洗濯がOK!アイロンも大丈夫だろう。と、確認をせずに行ってしまうとお気に入りのワンピースが台無しになってしまうことも!

必ず洗濯表示を確認して、表示にそって対処をする必要があります。

もしアイロン、洗濯どちらも家庭ではNGならクリーニング店でプロの力を借りてくださいね。

 - 簡単な問いに対する答え