日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

2018.12.20

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。
自分の好きなことを仕事にできるのは難しいことですが、やっぱりそれが理想ですよね。
ピアノを活かした音楽に関われる仕事にはどのような種類があるのでしょうか?
自分で演奏する以外にもさまざまな仕事があります。

ピアノ演奏を仕事にするプロのピアニストは音楽以外の要素も必要

ピアノ演奏を仕事にするプロのピアニストは音楽以外の要素も必要です。

ピアノの経験を活かした仕事の最高峰といえば、プロのピアニストですよね。
日本中のコンサートホールでコンサートを開いて、多くの観客が集まるなんて、素晴らしい事ですよね。
しかし、そのようにお客さんを呼べるようなピアニストはごくわずかです。
しかもピアノが上手いだけではそのようにはなれません。

卓越した表現力
舞台度胸
トークスキル
容姿
交渉力

などなど、これら全てとは言いませんが、ピアノ技術以外にもこういったいくつかの能力がないと、プロのピアニストとしてはやっていけません。
このような厳しく狭き門を目指して、毎日ピアニストの卵たちが努力をし続けているのです。

ピアノなど音楽を仕事としたい場合に有利な進路

ピアノなど音楽を仕事としたい場合に有利な進路をご紹介します。

大学、短大

ピアノを学ぼうとする多くの人が選ぶのがこちらの進路ですよね。
特にクラシックピアノを極めようと思うのなら、迷わず大学の方を選ぶと良いでしょう。
音楽大学は海外留学やコンサートホールのつてがありますので、自分の技術を磨くのに充分な環境と言えます。
短大は、学ぶ年数は少ないものの、保育士や音楽教師などの進路を目指している人におすすめの進路です。

専門学校

こちらは、同じピアニストでもロックやジャズ、ポップスなどを学ぶのに向いている進路です。
バンドとしてピアノを演奏したい人や、音楽を純粋に楽しみたい人におすすめです。
こちらは、ピアノを活かした職業に強いです。

音楽を一生の仕事に!ピアノの先生

「音楽を一生の仕事に!」そんな人は、ピアノの先生をおすすめします。

ピアノの先生には二通りがあり、「大手のピアノ教室に所属する」という場合と、「個人でピアノ教室を運営する」という場合があります。

大手のピアノ教室に所属することの利点は、「安定した給料が貰えること」と「レッスンのノウハウが学べること」などがあるのではないでしょうか。
音大を出て、いきなり個人の教室を開いても、あまり生徒が集まらず、「これだったら、アルバイトと変わらない」なんて事があったり、若いうちは子供の扱いがわからず教室を辞めてしまう生徒が続出したり、自分自身の心が疲弊してしまうなんて事も考えられます。

しかし、大手のピアノ教室でしたら、安定した生徒と給料が見込め、レッスンのノウハウが学べますので、生徒に手を焼いても、先輩などからアドバイスを受けることも出来ます。
ただし、大手のピアノ教室によっては「音大出身者のみ採用」など厳しい条件があることもありますので、下調べをしっかりしてから受けるようにしましょう。

対して個人経営の教室は音大出身である必要もなく、自分のペースで教室を開くことが出来ます。
家に防音スペースがあったり、周囲に家がなく気兼ねなくピアノが弾ける環境であれば、こちらを選択してみるのも良いのではないでしょうか。

ピアノの経験を活かす音楽に関わるいろいろな仕事

ピアノの経験を活かす、音楽に関わるいろいろな仕事があります。

調律師

繊細な技術と確かな音感が必要なこの仕事は、ピアノがこの世にある限りは、絶対に必要な職業です。
こちらも狭き門ではありますが、一生の仕事になります。

演奏家

世の中では、大きなコンサートホール以外にもピアノが弾ける人は求められます。
場所は結婚式場やレストランや、ホテルのバーなどBGMとして演奏を依頼されたり、お客さんを呼ぶためのイベントとして招かれることもあります。
見た目には華やかですが、そのレストランやホテルの専属にでもならない限り、収入が安定しないのが正直なところです。
アルバイトを掛け持ちしてでもピアノを弾きたいという人は、こちらの道も良いのではないでしょうか。

楽器店

音楽の知識を活かせる職業には、楽器店もあります。
ただし、ピアノ専門の楽器店は少ないですので、他の楽器についても勉強が必要になります。

音楽にまつわる仕事は多岐に渡る

音楽にまつわる仕事は多岐に渡ります。

楽団員

ピアノを演奏する人の中には、オーケストラに所属する場合もあります。
また、テーマパークでもピアノなどの楽器を演奏できる人が求められており、そこに所属することが出来れば、ピアノの技術を活かした職業に就くことが出来ます。
テーマパークの場合は、技術だけではなく、表現やアドリブ力などを求められますので、高い能力が必要です。

アーティストのバックバンド

自分自身でバンドを結成しても良いですが、それはちょっと難しいという人は、バックバンドのメンバーの一員として活躍するのはいかがでしょうか。
こちらもアーティストの要求に答えられる高い能力が必要となる大変な仕事ですが、達成できた時の感動はひとしおです。

音楽の雑誌の編集者

音楽関係の雑誌は数多くありますが、記事を書いたり、楽譜を編集する上で、音楽の高い基礎知識が必要になります。
音楽の学校で学んだ知識をフルに活かすことの出来る、音楽雑誌の編集者も選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

 - 簡単な問いに対する答え