高校でバイト禁止なら内職はしてもいい?高校生のアルバイト事情

高校がバイト禁止なら内職をすればいい?と単純に考えるのは危険かもしれません。確かに、内職なら働いていることがバレないかもしれませんがそもそも内職を見つけるのが難しかったりします。

高校生がバイトや内職をしたいと思ったときには、まずこのことを確認してみましょう。

内職やバイトを探すときのポイントとは?バレてしまったときのデメリットをよく考えてから決めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターは疑似冬眠で硬直することも!死後硬直との見分け方

ペット用として販売されているハムスターは冬眠をすることがありませんが、疑似冬眠によって硬直することが...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

シナモンが苦手!美味しく食べられる食べ方は?おいしいレシピ

シナモンが苦手で日頃からあまり食べないという人もいますよね。ですが、シナモンを食べられるようになりた...

綺麗なママについ嫉妬してしまう!でも態度に出すのはNGです

綺麗なママって、何をしたわけでは無くても周りから嫉妬されてしまうことがあるんですよね・・・。 ...

女性のパンツスーツはベルトなしでもいいの?着こなし方のコツ

女性のパンツスーツは「デキる女風」でとてもかっこいいため、就活の際に着用する方も増えていますが、ベル...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。 ちょうど...

クレープのトッピングで人気のものは?美味しいクレープのレシピ

クレープのトッピングで人気のものは一体何なのか気になる人もいますよね。大人から子供まで人気のクレープ...

原付に乗ることが怖いと感じる人のための練習方法を教えます

原付の免許は持っているものの、実際に乗ってみると怖いと感じてしまう人が多いと言います。普段車に乗り慣...

名前の由来がないのはだめ?名前の由来が必要な理由とは

あなたの名前には由来がありますか?中には「ない」という人もいると思います。 実は私の名前にも由来が...

旦那がスキンシップを拒否します。こんな方法を試して!

旦那がスキンシップを嫌がる、拒否するという夫婦は結構います。 旦那がスキンシップを拒否するには...

大学の入学式に親は出席するかしないか。出席率と注意点

小・中・高校の入学式は子供の成長も楽しみに出席したという保護者の方は多いでしょう。 では大学の...

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大...

【特急券の変更】 日付の変更は1回に限り手数料なしで可能です

新幹線に乗る時に購入した特急券。しかし、何らかの理由で購入後に日付の変更が必要になる場合もあるでしょ...

子供の育て方で性格に影響が?性格が良い子とはこんな子!

子供の育て方で、性格にはどのような影響があるのでしょうか? 結果だけ褒めていると、努力しない子供に...

掛け布団と毛布がずれるのはどうして?毛布がずれるのを防ぐ方法

掛け布団と毛布が寝ている間にいつの間にかずれるのはどうしてでしょうか? そんなに寝相が悪いわけ...

スポンサーリンク

内職ならしても大丈夫?高校がバイト禁止の場合

高校生になると、友達と遊びに行くのも行動範囲が広がり、色々お金がかかるものですよね。
お小遣いをもらっていたとしても、それだけでは満足できないという人もいるでしょう。
その場合、バイトをしようと考えると思いますが、高校ではバイト禁止の場合もありますよね。
そこで内職なら大丈夫ではないかと思うでしょう。

しかし、これは契約上の問題から委託してくれる会社は少ないのです。
そして、内職は「いつまでにこれだけ仕上げて」という期限があります。
ちょっと空いた時間にできるだけするという仕事ではないのです。
突然、明日までに仕上げてと、大量の仕事が入る事だってあります。これは徹夜するしかないのです。

学校で勉強して帰宅し、それから徹夜で内職のバイトができますか?
大変でもそれに見合った収入があれば、考えも変わるかもしれませんが、時給で換算すると100~200円という場合がほとんどですよ。

ちょっと考えなおしましたか?

バイト禁止の高校でもこんな内職やバイトはバレにくい

高校はバイト禁止でも、それでもバイトや内職したいという人へ、バレにくいバイトについてポイントなど紹介します。

まず、バイトするならそのお店の場所を気をつけましょう。
大通りにあるお店だと、学校の先生が立ち寄ったり、見つかってしまう可能性が高いですよ。なので、大通り沿いは避けるようにしてください。

また、土日だけ働きたい場合は、短期のバイトがオススメです。短期のバイトは場所が固定されていないので、先生に見つかる可能性が低くなります。

そして、夏休みなどの長期休暇は、リゾート地でバイトをすると遠い場所なので先生に会う事がないでしょう。

内職については、在宅でパソコンの仕事はいかがでしょうか。
空いた時間で仕事をする事ができますよ。
在宅ワークは学校の先生にバレません。

家にあるパソコンを使い仕事をするので、親からもただパソコンをいじっているんだなとしか見えないでしょう。

内職やバイト禁止の高校でも前もって言えば出来ることも

高校が内職やバイト禁止の場合でも、前もって言えばバイトが出来る事もあります。

バイトが禁止の高校も多いなか、それでもバレないようにドキドキしながらバイトをしている人もいます。
しかし、見つかってしまうと停学になってしまうかもしれないリスクがありますよね。

そんなリスクにビビりながらバイトをするのではなく、正当に高校にバイトの許可をお願いする事を考えてみませんか?

これで許可がおりるかどうかは高校次第ですが、届け出を出すとバイトを許可してくれる高校もあります。
また、親から話せば許可されたり、授業料が払えないなどのどうしようもない理由は許可されるでしょう。

あなたの高校はどうでしょうか?届け出だけで許可してくれませんか?
もし、届け出だけで許可してくれるのなら、バイトをする理由を社会経験を積んでおきたいと伝えるといいでしょう。

高校生が内職や在宅のバイトをするときに気をつける事

高校生でも内職や在宅のバイトをする場合、気をつけてほしい事があります。

それは、他のアルバイトと違う点がある事です。

在宅バイトは高校生でもできますが、時給があまり高くありません。
一生懸命に仕事をしても、他のバイトのように時給が1,000円以上になるバイトはほとんどないでしょう。時給は数百円ですよ。
また、アンケートに回答するだけの簡単はバイトは、数百円にもならず数十円です。

しかし、在宅でバイトができ、しかも空いた時間でお金を稼ぐ事ができる事が魅力でもあります。高額バイトではないですが、時間を有効利用していると考えて取り組んてにてはいかがでしょうか。

また、在宅バイトの報酬は、スマホを通じて行える仕事が増えているので、現金ではなくポイントとして支払われる場合があります。
サイトごとに決められた最低ポイントを超えると現金と交換できる仕組がほとんどですよ。

高校生でもできる在宅バイトですが、このように他のアルバイトと違う点があるので注意してくださいね。

高校生がバイトをするには親の許可が必要な場合も

高校生がバイトをする場合は、親の同意書が必要になるでしょう。
そして、場合によっては、学校の許可も必要になります。

バイト禁止でも許可をとらないでバイトをした場合、バレたらバイト先から解雇され、高校によっては停学の可能性もあります。

なので、バイトをする時は少し面倒でも、ちゃんと手続きをしてからバイトをしましょうね。後々もっと面倒な事にならないようにしましょう。

バイトが禁止の高校は、基本的にバイトをすることはできないと思っていた方が無難でしょう。

しかし、特別な事情がある場合は任の先生などに相談するようにしてください。高校生はまだ未成年です。
バイト先の雇う側にも責任があるので、高校生がバイトする場合は、面接の時に許可証の提出を求められることが多いと覚えておいてくださいね。

高校生がバイトをするのなら、色々よく考えてからにしましょう!

高校がバイト禁止だとわかっても、授業料が払えないぐらい生活が苦しいというわけでもなく、自分が自由に使えるお金が欲しいからバイトをしたいという人がほとんどだと思います。

私の娘も同じです。
新しい服も欲しいし、メイクにも興味を持って、お金がいくらあってもたりないようです。

でも、高校がバイト禁止なのに黙ってバイトをすると、リスクがある事がわかりましたよね?
バレにくいバイトもありますが、大切な学業に影響が出てしまうほどバイトをしなくてはいけないと後々困ってしまうでしょう。

なのでバイトをしたいと思っているなら、色々よく考えてからにしてほしいのです。
そしてバイトをすると決めたなら、少し面倒でも、ちゃんと手続きをしてからバイトをしましょうね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691