高校でバイト禁止なら内職はしてもいい?高校生のアルバイト事情

高校がバイト禁止なら内職をすればいい?と単純に考えるのは危険かもしれません。確かに、内職なら働いていることがバレないかもしれませんがそもそも内職を見つけるのが難しかったりします。

高校生がバイトや内職をしたいと思ったときには、まずこのことを確認してみましょう。

内職やバイトを探すときのポイントとは?バレてしまったときのデメリットをよく考えてから決めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

ラインが未読のままの友達がスルーする理由、返信してもらう方法

ラインが未読のままだと友達に何かあったのではと心配になることはありませんか。 友達がラインを未...

肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい! 力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。 ...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

夢と潜在意識の関係は?潜在意識は夢でメッセージを伝えてくれる

夢と潜在意識には関係があるという話を聞くこともありますが、実際にそんなことは起こり得ることなのでしょ...

妊娠中プールウォーキングをするメリットや方法、注意点

妊娠中の運動不足解消に役立つのが、プールウォーキングです。水中なので浮力もあり、足腰に負担をかけるこ...

水彩色鉛筆の使い方!初心者向けのポイントやコツを紹介します

水彩色鉛筆の使い方は初心者には難しい?普通の色鉛筆よりもなんだか敷居の高い水彩色鉛筆ですが、コツやポ...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

韓国人男性は似てる人が多い!顔立ちの特徴と韓国人イケメンとは

韓国人男性の顔立ちのイメージは「塩顔でイケメン」ではないでしょうか。 また韓国人男性は顔が似ている...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

幼稚園の子供におすすめの工作!夏休みは折り紙で楽しく工作

幼稚園のお子さんの夏休みの工作を、折り紙使って作ろうと考えているお母さんもいるのではないでしょうか。...

下ネタが苦手な時の男性への接し方と対処法!モテ女子の対応とは

下ネタが苦手な女性も多いかと思いますが、どうして男はこんなにも下ネタが好きなのか、対応に困ってしまう...

バレエ発表会!子供の肌に負担をかけないメイク落としの方法

バレエの発表会では、子供が普段はしないような派手なメイクを施します。子供にとっては、可愛い衣装やメイ...

うさぎは果物も大好き?甘い香りの桃を食べさせたい!

うさぎをペットとして飼育する時は牧草やペレットを主食にして飼育していると思いますが、思いのほかいろい...

スポンサーリンク

内職ならしても大丈夫?高校がバイト禁止の場合

高校生になると、友達と遊びに行くのも行動範囲が広がり、色々お金がかかるものですよね。
お小遣いをもらっていたとしても、それだけでは満足できないという人もいるでしょう。
その場合、バイトをしようと考えると思いますが、高校ではバイト禁止の場合もありますよね。
そこで内職なら大丈夫ではないかと思うでしょう。

しかし、これは契約上の問題から委託してくれる会社は少ないのです。
そして、内職は「いつまでにこれだけ仕上げて」という期限があります。
ちょっと空いた時間にできるだけするという仕事ではないのです。
突然、明日までに仕上げてと、大量の仕事が入る事だってあります。これは徹夜するしかないのです。

学校で勉強して帰宅し、それから徹夜で内職のバイトができますか?
大変でもそれに見合った収入があれば、考えも変わるかもしれませんが、時給で換算すると100~200円という場合がほとんどですよ。

ちょっと考えなおしましたか?

バイト禁止の高校でもこんな内職やバイトはバレにくい

高校はバイト禁止でも、それでもバイトや内職したいという人へ、バレにくいバイトについてポイントなど紹介します。

まず、バイトするならそのお店の場所を気をつけましょう。
大通りにあるお店だと、学校の先生が立ち寄ったり、見つかってしまう可能性が高いですよ。なので、大通り沿いは避けるようにしてください。

また、土日だけ働きたい場合は、短期のバイトがオススメです。短期のバイトは場所が固定されていないので、先生に見つかる可能性が低くなります。

そして、夏休みなどの長期休暇は、リゾート地でバイトをすると遠い場所なので先生に会う事がないでしょう。

内職については、在宅でパソコンの仕事はいかがでしょうか。
空いた時間で仕事をする事ができますよ。
在宅ワークは学校の先生にバレません。

家にあるパソコンを使い仕事をするので、親からもただパソコンをいじっているんだなとしか見えないでしょう。

内職やバイト禁止の高校でも前もって言えば出来ることも

高校が内職やバイト禁止の場合でも、前もって言えばバイトが出来る事もあります。

バイトが禁止の高校も多いなか、それでもバレないようにドキドキしながらバイトをしている人もいます。
しかし、見つかってしまうと停学になってしまうかもしれないリスクがありますよね。

そんなリスクにビビりながらバイトをするのではなく、正当に高校にバイトの許可をお願いする事を考えてみませんか?

これで許可がおりるかどうかは高校次第ですが、届け出を出すとバイトを許可してくれる高校もあります。
また、親から話せば許可されたり、授業料が払えないなどのどうしようもない理由は許可されるでしょう。

あなたの高校はどうでしょうか?届け出だけで許可してくれませんか?
もし、届け出だけで許可してくれるのなら、バイトをする理由を社会経験を積んでおきたいと伝えるといいでしょう。

高校生が内職や在宅のバイトをするときに気をつける事

高校生でも内職や在宅のバイトをする場合、気をつけてほしい事があります。

それは、他のアルバイトと違う点がある事です。

在宅バイトは高校生でもできますが、時給があまり高くありません。
一生懸命に仕事をしても、他のバイトのように時給が1,000円以上になるバイトはほとんどないでしょう。時給は数百円ですよ。
また、アンケートに回答するだけの簡単はバイトは、数百円にもならず数十円です。

しかし、在宅でバイトができ、しかも空いた時間でお金を稼ぐ事ができる事が魅力でもあります。高額バイトではないですが、時間を有効利用していると考えて取り組んてにてはいかがでしょうか。

また、在宅バイトの報酬は、スマホを通じて行える仕事が増えているので、現金ではなくポイントとして支払われる場合があります。
サイトごとに決められた最低ポイントを超えると現金と交換できる仕組がほとんどですよ。

高校生でもできる在宅バイトですが、このように他のアルバイトと違う点があるので注意してくださいね。

高校生がバイトをするには親の許可が必要な場合も

高校生がバイトをする場合は、親の同意書が必要になるでしょう。
そして、場合によっては、学校の許可も必要になります。

バイト禁止でも許可をとらないでバイトをした場合、バレたらバイト先から解雇され、高校によっては停学の可能性もあります。

なので、バイトをする時は少し面倒でも、ちゃんと手続きをしてからバイトをしましょうね。後々もっと面倒な事にならないようにしましょう。

バイトが禁止の高校は、基本的にバイトをすることはできないと思っていた方が無難でしょう。

しかし、特別な事情がある場合は任の先生などに相談するようにしてください。高校生はまだ未成年です。
バイト先の雇う側にも責任があるので、高校生がバイトする場合は、面接の時に許可証の提出を求められることが多いと覚えておいてくださいね。

高校生がバイトをするのなら、色々よく考えてからにしましょう!

高校がバイト禁止だとわかっても、授業料が払えないぐらい生活が苦しいというわけでもなく、自分が自由に使えるお金が欲しいからバイトをしたいという人がほとんどだと思います。

私の娘も同じです。
新しい服も欲しいし、メイクにも興味を持って、お金がいくらあってもたりないようです。

でも、高校がバイト禁止なのに黙ってバイトをすると、リスクがある事がわかりましたよね?
バレにくいバイトもありますが、大切な学業に影響が出てしまうほどバイトをしなくてはいけないと後々困ってしまうでしょう。

なのでバイトをしたいと思っているなら、色々よく考えてからにしてほしいのです。
そしてバイトをすると決めたなら、少し面倒でも、ちゃんと手続きをしてからバイトをしましょうね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691