飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。
店員さんから言われたちょっとした一言が嬉しいと感じたり、さりげない気配りが嬉しいと感じたこともあると思います。
逆にどんなに料理が美味しくても、ひどい接客だともう行きたくなくなりますよね。

飲食店での感動した経験やサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関のタイルをDIYで貼り替える方法と貼替え時の注意点

玄関の古いタイルを新しいタイルにしたいなら、思い切ってDIYに挑戦してみませんか? プロに頼むのも...

モラハラ離婚での子供への伝え方や影響と知っておきたいこと

モラハラ夫との離婚したいと思っていても、子供がいることでなかなか踏み込めないという人もいるかもしれま...

No Image

プロ野球の契約更改の仕組みとは?一般人とは違う世界を解説!

個人事業主であるプロ野球選手。シーズンが終了すると年棒の金額が発表になったり、FAするというニュース...

PTAが廃止されている小学校も多い!現在のPTAの形と現状

最近の小学校ではPTAが廃止されているところも増えてきています。以前は当たり前だったPTAの活動も、...

アメリカの結婚式は招待状から式のスタイルまで日本とは大違い!

アメリカの結婚式について調べてみたところ、招待状からその式のスタイルまで日本とは大きく違うことが分か...

家の玄関の方角に迷ったときの決め方のポイントや気をつけること

家の玄関の方角を決めることで、他の部屋の配置や庭の位置などが変わってきますよね。なので、玄関の方角や...

一人暮らしをもっと楽しい毎日に!寂しい気持ちの乗り越え方

念願の一人暮らしにワクワクして新しい生活を始めたのに、少し経つと部屋の中にポツンといることが寂しく感...

大学受験に失敗した人の立ち直り方!考えすぎないようにしよう

大学受験に失敗すると、「こんなはずではなかった。」と立ち直ることができない人も多いでしょう。 ...

ハムスターがトイレ砂で砂浴びはOK?砂浴びの役割と対処法

ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしてしまう事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ト...

ハムスターの初日の餌やりについて。水やケージの準備も万端に

ハムスターを自宅につれていく準備は出来ていますか。 初日はどうやって迎えたらいいのか心配ですね...

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか? 学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

風呂場に洗濯物を干すと、部屋干しよりもこんなにいいことが!

皆さん洗濯物はどこに干していますか? リビングで部屋干しや使っていない部屋に干すという人もいる...

旦那が自営業で不安…。もう、腹をくくって不安を楽しもう!

旦那が自営業で、収入が安定しないことが不安でしかない。そんな奥さんはたくさん居ると思います。 ...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか? 卵かけご飯やす...

スポンサーリンク

飲食店でのサービス、こんなことが嬉しい

美味しいと評判の飲食店であれば、予約してでも行ってみたくなりますよね。初めて訪れた飲食店の印象を左右するのは、味や価格はもちろんのこと、やはりお店の雰囲気や、店員さんの対応によるところが大きいのではないでしょうか?

寒い時期であれば、バッグの他にもコートなどの上着はかさばるため、スマートに預かってくれるととても気が利いているなと思えますよね。中には上着を脱がずに着たままの人や、ひざかけ代わりにする人もいますので、そうした状況も見てから声掛けをしてくれる店員さんには、より好感が持てるものです。

また、予約している際には名前を確認した上で、出来るだけ待たせることなく席まで案内してもらえたり、お店によっては予約席に名前入りのメッセージカードなどが用意されていることも。そういったひとつひとつの何気ないサービスが、来店を待ちわびてもらえたように感じて、とても嬉しいものですよね。

飲食店のサービスは一人ひとりに合わせた接客が嬉しい

チェーン展開をしている飲食店などでは、接客がすべてマニュアル化されているケースが多いため、なかなかそのお店独自のサービスであるとか、お客さん一人一人に合わせた対応を求めるのは難しいかもしれませんが、いつも行くお店であれば、顔を覚えて声をかけてくれたり、コミュニケーションを大切にする姿勢は、利用する側にとっても実に気持ちが良いものですよね。

私が以前に働いていた居酒屋は、お客さんは会社帰りのサラリーマンが大半で、慣れないうちは同じようなスーツ姿のオジさんたち(失礼)の見分けがつかず、苦労することもありましたが、慣れて顔と名前を覚えてくると、常連さんたちと会話しながら働くのも楽しく感じるようになりました。
お客さんへの気遣いや声掛けは、接客サービスの一環かもしれませんが、それと同時に飲食店の店員さんにとっても、より楽しんで働くための必要なスキルだと言えるでしょう。

観光地に近い飲食店では、言葉の通じない外国人の観光客がお客さんとして来店することもあります。日本語で書かれた文字ではなく、たどたどしい英語でメニューを一つずつ丁寧に説明する姿にはとても好感が持てますし、お客さんに美味しい料理を提供して、楽しんでもらおうという心意気も感じられる、素晴らしいサービスだと言えますね。

飲食店での嬉しいサービスはちょっとした心遣い

飲食店の第一印象は、店員さんの挨拶で決まるといっても良いでしょう。笑顔で気持ちよく挨拶をされると、こちらもとても嬉しくなり、それだけでもお店に対しての印象は格段に良くなります。反対に、いくら忙しいからと、入り口にしばらく立たされたままにされたり、笑顔もなく席へ案内されたりすると、こちらもやはり人間ですから、それだけでもなんだかガッカリしてしまいますよね。

飲食店の質は、店員さんがいかにイレギュラーな事態にもスムーズに対応出来るかで決まってきます。例えば、子供がうっかりテーブルに水をこぼしてしまった時、ただ濡れたところを拭くだけではなく、まず先に「服は濡れませんでしたか?」と一言かけてもらえるだけで、こちらも気持ちがラクになりませんか?

このような、ほんのちょっとした心遣いが感じられるだけで、目に見えたサービスよりも何倍も心に響くものがありますよね。真の接客とは、お客さんから求められたことだけに徹するのではなく、それ以上に満足してもらえる気遣いが出来てこそのものであり、それが集客に繋がると言えるでしょう。

店員さんの接客で感動した経験

飲食店においては、それが社員であろうがアルバイトであろうが、飲食店で働く人間であることには変わりありません。日頃から笑顔で接するのはもちろん、お客さんのためのほんのわずかな心遣いがあるかどうかで、お店の印象を左右するのです。

例えば、何か困ったことがあった時に助けてもらえたら、そのお店をまた利用したいと思えますよね。反対に、忙しいのはわかりますが、なかなか対応してもらえなかったり、そこまで迷惑をかけるようなことではなくても、決まりだからと融通を利かせてもらえなかったりすると、残念な気持ちになって、今後そのお店は利用しなくなるかもしれません。

さりげない一言や気遣いは、人の心に残るものです。寒い日にそっとひざ掛けを貸してくれたり、子供連れのお客さんには、通るたびに優しく声掛けをしてくれたり。そんな些細なサービスがあるだけで、また来たいと思えますよね。

とくに、子供連れでの外食は、いかに周囲に迷惑をかけないかと、親も正直そればかりが気になり、なかなか楽しめないものです。そんな中でも、子供目線で優しく接してくれる店員さんたちがいると、こちらもホッとして嬉しくなってしまうのです。

店員さんの人柄が出る接客

例えば、誕生日のお祝いをかねて飲食店に行った際に、ケーキの持ち込みをお願いしたとします。その際に、お店側の計らいで一品サービスされたりといった経験はありませんか?ただでさえ誕生日という特別な日に、そんなサービスをされたら、その接客はより印象に残り、再びその店を利用したいと感じるのではないでしょうか?

席が満席で待っている際にも、予約もしていないのだから待たせて当然というような態度ではなく、待ち時間が苦痛に感じないように、あらかじめ待ち時間の目安を伝えてくれたり、子供向けには絵本などを貸し出してくれるなどの配慮があると、待ち時間の感じ方も違ってきますよね。

常連客だけに限らず、誰にでも分け隔てなく、おもてなしの心を持って接する姿勢が伝われば、お客さんには必ず伝わります。繁盛している飲食店には、そんな店員さんがいるものですよね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691