飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。
店員さんから言われたちょっとした一言が嬉しいと感じたり、さりげない気配りが嬉しいと感じたこともあると思います。
逆にどんなに料理が美味しくても、ひどい接客だともう行きたくなくなりますよね。

飲食店での感動した経験やサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼稚園のランチ会の進め方とは?幹事でもこの流れでいけば大丈夫

幼稚園のランチ会で幹事となったときにはどんな進め方をしたらいいのでしょうか?一番、緊張するラ...

平成生まれと昭和生まれの違い!こんな言動が時代を感じる

高度経済成長時代に生まれた昭和生まれと、バブル崩壊後に生まれた人が多い平成生まれ。生まれた時代が...

夫が許せない!妻が離婚を考えてしまう理由や許せない行動とは!

夫をどうしても許せない、だから離婚しようかと考えている。このような奥さん、いませんか?夫...

犬に目薬を差すときに暴れる場合の上手な差し方と、便利な方法

犬が結膜炎などの目の病気になってしまった場合は、目薬を差さないとならないこともありますね。で...

野菜ジュースはパックがいいかペットボトルがいいか選び方を解説

スーパーやコンビニはもちろん、自動販売機にも野菜ジュースが売られていて野菜不足を気にする人にとっては...

ジムの持ち物、仕事帰りに寄るならできるだけ少なくが鉄則!

仕事帰りのジム通いで悩むのが、ジムに必要な持ち物たちの存在。あれもこれもと用意してしまうと、大き...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。新たに腕時計を買い...

期末テスト攻略法!中1の英語のテストで高得点を狙おう

中学校になってから英語を勉強して、初めての中間テストで良い点数が取れたとしても期末テストで良い点数が...

隙間収納はDIYで!隙間にピッタリの収納ラックを手作りしよう

冷蔵庫横や洗濯機横など、家には無駄な隙間がたくさんあります。その隙間をDIYで収納スペースにすれ...

お札の数え方!縦読み横読みの手の動きと指の動かし方

銀行員の人はお札の数え方が上手ですが、どう手を動かしてあんなに素早くお札を数えることができるのかと気...

父親・母親から受け継ぐ遺伝。二つの遺伝子の行方について

父親の遺伝が強いとか、母親からしか受け継がれない遺伝子があるとか、子供への遺伝については諸説様々あり...

背中についている贅肉の落とし方を知りたい!

背中って、自分で認識しにくい身体の部位ですよね。意識的に見ようとしても身体をひねらないと、見るこ...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか?卵かけご飯やす...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか?調べてみると、やは...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

スポンサーリンク

飲食店でのサービス、こんなことが嬉しい

美味しいと評判の飲食店であれば、予約してでも行ってみたくなりますよね。初めて訪れた飲食店の印象を左右するのは、味や価格はもちろんのこと、やはりお店の雰囲気や、店員さんの対応によるところが大きいのではないでしょうか?

寒い時期であれば、バッグの他にもコートなどの上着はかさばるため、スマートに預かってくれるととても気が利いているなと思えますよね。中には上着を脱がずに着たままの人や、ひざかけ代わりにする人もいますので、そうした状況も見てから声掛けをしてくれる店員さんには、より好感が持てるものです。

また、予約している際には名前を確認した上で、出来るだけ待たせることなく席まで案内してもらえたり、お店によっては予約席に名前入りのメッセージカードなどが用意されていることも。そういったひとつひとつの何気ないサービスが、来店を待ちわびてもらえたように感じて、とても嬉しいものですよね。

飲食店のサービスは一人ひとりに合わせた接客が嬉しい

チェーン展開をしている飲食店などでは、接客がすべてマニュアル化されているケースが多いため、なかなかそのお店独自のサービスであるとか、お客さん一人一人に合わせた対応を求めるのは難しいかもしれませんが、いつも行くお店であれば、顔を覚えて声をかけてくれたり、コミュニケーションを大切にする姿勢は、利用する側にとっても実に気持ちが良いものですよね。

私が以前に働いていた居酒屋は、お客さんは会社帰りのサラリーマンが大半で、慣れないうちは同じようなスーツ姿のオジさんたち(失礼)の見分けがつかず、苦労することもありましたが、慣れて顔と名前を覚えてくると、常連さんたちと会話しながら働くのも楽しく感じるようになりました。
お客さんへの気遣いや声掛けは、接客サービスの一環かもしれませんが、それと同時に飲食店の店員さんにとっても、より楽しんで働くための必要なスキルだと言えるでしょう。

観光地に近い飲食店では、言葉の通じない外国人の観光客がお客さんとして来店することもあります。日本語で書かれた文字ではなく、たどたどしい英語でメニューを一つずつ丁寧に説明する姿にはとても好感が持てますし、お客さんに美味しい料理を提供して、楽しんでもらおうという心意気も感じられる、素晴らしいサービスだと言えますね。

飲食店での嬉しいサービスはちょっとした心遣い

飲食店の第一印象は、店員さんの挨拶で決まるといっても良いでしょう。笑顔で気持ちよく挨拶をされると、こちらもとても嬉しくなり、それだけでもお店に対しての印象は格段に良くなります。反対に、いくら忙しいからと、入り口にしばらく立たされたままにされたり、笑顔もなく席へ案内されたりすると、こちらもやはり人間ですから、それだけでもなんだかガッカリしてしまいますよね。

飲食店の質は、店員さんがいかにイレギュラーな事態にもスムーズに対応出来るかで決まってきます。例えば、子供がうっかりテーブルに水をこぼしてしまった時、ただ濡れたところを拭くだけではなく、まず先に「服は濡れませんでしたか?」と一言かけてもらえるだけで、こちらも気持ちがラクになりませんか?

このような、ほんのちょっとした心遣いが感じられるだけで、目に見えたサービスよりも何倍も心に響くものがありますよね。真の接客とは、お客さんから求められたことだけに徹するのではなく、それ以上に満足してもらえる気遣いが出来てこそのものであり、それが集客に繋がると言えるでしょう。

店員さんの接客で感動した経験

飲食店においては、それが社員であろうがアルバイトであろうが、飲食店で働く人間であることには変わりありません。日頃から笑顔で接するのはもちろん、お客さんのためのほんのわずかな心遣いがあるかどうかで、お店の印象を左右するのです。

例えば、何か困ったことがあった時に助けてもらえたら、そのお店をまた利用したいと思えますよね。反対に、忙しいのはわかりますが、なかなか対応してもらえなかったり、そこまで迷惑をかけるようなことではなくても、決まりだからと融通を利かせてもらえなかったりすると、残念な気持ちになって、今後そのお店は利用しなくなるかもしれません。

さりげない一言や気遣いは、人の心に残るものです。寒い日にそっとひざ掛けを貸してくれたり、子供連れのお客さんには、通るたびに優しく声掛けをしてくれたり。そんな些細なサービスがあるだけで、また来たいと思えますよね。

とくに、子供連れでの外食は、いかに周囲に迷惑をかけないかと、親も正直そればかりが気になり、なかなか楽しめないものです。そんな中でも、子供目線で優しく接してくれる店員さんたちがいると、こちらもホッとして嬉しくなってしまうのです。

店員さんの人柄が出る接客

例えば、誕生日のお祝いをかねて飲食店に行った際に、ケーキの持ち込みをお願いしたとします。その際に、お店側の計らいで一品サービスされたりといった経験はありませんか?ただでさえ誕生日という特別な日に、そんなサービスをされたら、その接客はより印象に残り、再びその店を利用したいと感じるのではないでしょうか?

席が満席で待っている際にも、予約もしていないのだから待たせて当然というような態度ではなく、待ち時間が苦痛に感じないように、あらかじめ待ち時間の目安を伝えてくれたり、子供向けには絵本などを貸し出してくれるなどの配慮があると、待ち時間の感じ方も違ってきますよね。

常連客だけに限らず、誰にでも分け隔てなく、おもてなしの心を持って接する姿勢が伝われば、お客さんには必ず伝わります。繁盛している飲食店には、そんな店員さんがいるものですよね。