飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。
店員さんから言われたちょっとした一言が嬉しいと感じたり、さりげない気配りが嬉しいと感じたこともあると思います。
逆にどんなに料理が美味しくても、ひどい接客だともう行きたくなくなりますよね。

飲食店での感動した経験やサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

歌の習い事は子供に最適!得られる効果やメリットを解説

子供の習い事でも人気のある音楽系の習い事。「歌」もその1つではないでしょうか。楽器を使って学...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

セラミックのフライパンが焦げる理由と正しいお手入れ方法

焦げないことがメリットのセラミックのフライパン。しかし、実際に使ってみると「焦げた」という人が多いと...

靴を履いて歩くと痛い!足の甲が痛くならない靴の選び方

靴を履いて歩くと痛いのって、最悪ですよね。その反対で、自分の足にピッタリと合う靴を履くとどんなに...

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

8ヶ月の赤ちゃん。起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。でも、せっかく気持ちよく寝...

包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。まずは、基本の姿勢や持ち...

ハムスターがトイレ砂を食べるのはナゼ?予防方法をご紹介

ハムスターがトイレ砂を食べるときには、どんなことが原因なのでしょうか?ハムスターの性格にもよ...

温水洗浄便座の取り付け方法!自分での取り付け方と注意点

温水洗浄便座が壊れてしまったり、新しく買い替えをしようと思ったり、そんなときに自分で取り付けることが...

白シャツの黄ばみを重曹で綺麗に!衣類の黄ばみ汚れを落とす方法

着ようと思っていた白シャツに、黄ばみ汚れを見つけてしまった経験がある人もいますよね。旦那様やお子...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった!もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

ハムスターは疑似冬眠で硬直することも!死後硬直との見分け方

ペット用として販売されているハムスターは冬眠をすることがありませんが、疑似冬眠によって硬直することが...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

スポンサーリンク

飲食店でのサービス、こんなことが嬉しい

美味しいと評判の飲食店であれば、予約してでも行ってみたくなりますよね。初めて訪れた飲食店の印象を左右するのは、味や価格はもちろんのこと、やはりお店の雰囲気や、店員さんの対応によるところが大きいのではないでしょうか?

寒い時期であれば、バッグの他にもコートなどの上着はかさばるため、スマートに預かってくれるととても気が利いているなと思えますよね。中には上着を脱がずに着たままの人や、ひざかけ代わりにする人もいますので、そうした状況も見てから声掛けをしてくれる店員さんには、より好感が持てるものです。

また、予約している際には名前を確認した上で、出来るだけ待たせることなく席まで案内してもらえたり、お店によっては予約席に名前入りのメッセージカードなどが用意されていることも。そういったひとつひとつの何気ないサービスが、来店を待ちわびてもらえたように感じて、とても嬉しいものですよね。

飲食店のサービスは一人ひとりに合わせた接客が嬉しい

チェーン展開をしている飲食店などでは、接客がすべてマニュアル化されているケースが多いため、なかなかそのお店独自のサービスであるとか、お客さん一人一人に合わせた対応を求めるのは難しいかもしれませんが、いつも行くお店であれば、顔を覚えて声をかけてくれたり、コミュニケーションを大切にする姿勢は、利用する側にとっても実に気持ちが良いものですよね。

私が以前に働いていた居酒屋は、お客さんは会社帰りのサラリーマンが大半で、慣れないうちは同じようなスーツ姿のオジさんたち(失礼)の見分けがつかず、苦労することもありましたが、慣れて顔と名前を覚えてくると、常連さんたちと会話しながら働くのも楽しく感じるようになりました。
お客さんへの気遣いや声掛けは、接客サービスの一環かもしれませんが、それと同時に飲食店の店員さんにとっても、より楽しんで働くための必要なスキルだと言えるでしょう。

観光地に近い飲食店では、言葉の通じない外国人の観光客がお客さんとして来店することもあります。日本語で書かれた文字ではなく、たどたどしい英語でメニューを一つずつ丁寧に説明する姿にはとても好感が持てますし、お客さんに美味しい料理を提供して、楽しんでもらおうという心意気も感じられる、素晴らしいサービスだと言えますね。

飲食店での嬉しいサービスはちょっとした心遣い

飲食店の第一印象は、店員さんの挨拶で決まるといっても良いでしょう。笑顔で気持ちよく挨拶をされると、こちらもとても嬉しくなり、それだけでもお店に対しての印象は格段に良くなります。反対に、いくら忙しいからと、入り口にしばらく立たされたままにされたり、笑顔もなく席へ案内されたりすると、こちらもやはり人間ですから、それだけでもなんだかガッカリしてしまいますよね。

飲食店の質は、店員さんがいかにイレギュラーな事態にもスムーズに対応出来るかで決まってきます。例えば、子供がうっかりテーブルに水をこぼしてしまった時、ただ濡れたところを拭くだけではなく、まず先に「服は濡れませんでしたか?」と一言かけてもらえるだけで、こちらも気持ちがラクになりませんか?

このような、ほんのちょっとした心遣いが感じられるだけで、目に見えたサービスよりも何倍も心に響くものがありますよね。真の接客とは、お客さんから求められたことだけに徹するのではなく、それ以上に満足してもらえる気遣いが出来てこそのものであり、それが集客に繋がると言えるでしょう。

店員さんの接客で感動した経験

飲食店においては、それが社員であろうがアルバイトであろうが、飲食店で働く人間であることには変わりありません。日頃から笑顔で接するのはもちろん、お客さんのためのほんのわずかな心遣いがあるかどうかで、お店の印象を左右するのです。

例えば、何か困ったことがあった時に助けてもらえたら、そのお店をまた利用したいと思えますよね。反対に、忙しいのはわかりますが、なかなか対応してもらえなかったり、そこまで迷惑をかけるようなことではなくても、決まりだからと融通を利かせてもらえなかったりすると、残念な気持ちになって、今後そのお店は利用しなくなるかもしれません。

さりげない一言や気遣いは、人の心に残るものです。寒い日にそっとひざ掛けを貸してくれたり、子供連れのお客さんには、通るたびに優しく声掛けをしてくれたり。そんな些細なサービスがあるだけで、また来たいと思えますよね。

とくに、子供連れでの外食は、いかに周囲に迷惑をかけないかと、親も正直そればかりが気になり、なかなか楽しめないものです。そんな中でも、子供目線で優しく接してくれる店員さんたちがいると、こちらもホッとして嬉しくなってしまうのです。

店員さんの人柄が出る接客

例えば、誕生日のお祝いをかねて飲食店に行った際に、ケーキの持ち込みをお願いしたとします。その際に、お店側の計らいで一品サービスされたりといった経験はありませんか?ただでさえ誕生日という特別な日に、そんなサービスをされたら、その接客はより印象に残り、再びその店を利用したいと感じるのではないでしょうか?

席が満席で待っている際にも、予約もしていないのだから待たせて当然というような態度ではなく、待ち時間が苦痛に感じないように、あらかじめ待ち時間の目安を伝えてくれたり、子供向けには絵本などを貸し出してくれるなどの配慮があると、待ち時間の感じ方も違ってきますよね。

常連客だけに限らず、誰にでも分け隔てなく、おもてなしの心を持って接する姿勢が伝われば、お客さんには必ず伝わります。繁盛している飲食店には、そんな店員さんがいるものですよね。