洗濯機の排水口掃除の頻度や掃除方法と臭いやつまりの防止策

洗濯機の排水口の掃除は、気がつくと汚れが溜まっているものです。

しかし、掃除せずに放置していると悪臭やつまりの原因になるので定期的に掃除をするようにしましょう。

そこで、洗濯機の排水口掃除の頻度や自分でできる掃除方法などについてご紹介致します。

臭いやつまりの防止策も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。...

青い着物にぴったりのメイク。基本のメイクやリップやチークの色

一生に一度の成人式は思い出に残るものにしたですね。 晴れ着の色も何色にしようか迷ってしまいます...

バレエのコンクールは何歳から受けられる?対象年齢について

バレエのコンクールは何歳から受けることができるのでしょうか?先生からお声をかけてもらった、そろそろコ...

水彩色鉛筆の使い方!初心者向けのポイントやコツを紹介します

水彩色鉛筆の使い方は初心者には難しい?普通の色鉛筆よりもなんだか敷居の高い水彩色鉛筆ですが、コツやポ...

髪の染め方!市販のヘアカラーを使って自分でキレイに染めるコツ

美容室で髪を染めている方もいますが、時間がなくてなかなか美容室に行く時間が取れないという方や、もっと...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。 男性に対...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

救急車と警察先にどっちを呼ぶべき?交通事故の正しい対応

交通事故に遭ったり交通事故を目撃した場合、救急車と警察先にどっちを呼ぶべきかで迷います。 では...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。 新たに腕時計を買い...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのよ...

親への挨拶…。結婚前提の彼女の両親に挨拶する時のマナーとは

彼女の親へ挨拶・・・。結婚前提で付き合っている彼女の両親に挨拶に行く時は緊張するでしょう。 その場...

タコさんウインナーが広がらない悩みを解決。切り方にコツあり

お弁当のおかずの定番のタコさんウインナーですが、足の部分が上手く広がらないというお悩みはありませんか...

雲の流れが早いのはなぜ?流れや動きと種類・天気の関係を解説

ふと空を見上げると、雲の流れが早いことに気がつく事もあります。雲の流れが速い時、天気にはどんな影響を...

スポンサーリンク

洗濯機の排水口は月1回掃除しよう

気がつくと排水口から嫌な臭いがするということはありませんか?
排水口の臭いの原因はヌメリだけではなく、洗濯機フィルターでは取りきれない糸くずや埃も原因となっています。

このような排水口の汚れを放っておくと、次第に悪臭を放ち、洗濯機の故障にもつながってきます。このようなトラブルが起きないよう、排水口はこまめにお掃除をしておくことが肝心です。

では、どれくらいの頻度で掃除が必要となってくるでしょう?それは月に1回を目安にするといいでしょう。
2ヶ月以上あいてしまうと汚れがひどくなり、手に終えない汚れはお掃除をするにも大変になってきます。

月に1回のペースで、重曹や専用の洗剤などを利用して、まめにきれいにしておくことが大切です。洗濯機の長持ちにもつながります。

洗濯機の排水口を掃除する前に準備すること

いざ掃除を始める前にやっておきたいことがあります。

洗濯機の排水口の掃除をするなら、最初にコンセントを抜いておきます。

故障や感電の危険を避けるためにも、まずはコンセントを抜いておきましょう。ブレーカーを落としておくとより安心です。

水道の蛇口を閉めておきましょう。

洗濯機を移動させたときに給水ホースから水が漏れてしまうことも考えられます。水漏れは洗濯機の故障の原因にもなりかねません。あらかじめ蛇口を閉めておき、余計なトラブルを起こさず安全に作業できるようにしておきましょう。

あとは、洗濯機の下に排水口がある場合は洗濯機を移動させる必要があります。
これらの準備をしておくことで、排水口の掃除がしやすくなります。

自分でできる洗濯機の排水口の掃除方法

まずは次のものを用意しておきましょう。
重曹とお酢
スポンジや使用済み歯ブラシ
雑巾や古いタオルなど
バケツ(取り外した器具を洗浄するときに便利です)
手荒れが気になる方はゴム手袋

ネジをはずす必要がある場合に備えてドライバーなどの工具も用意しておくと良いでしょう。

 

排水口が洗濯機の横にある場合はそのまま作業に取り掛かることができますが、排水口が洗濯機の下にある場合は洗濯機を移動させる必要が出てきます。この場合、移動させる前に給水ホースの蛇口を閉めることを忘れないでください。

では、作業にとりかかります。

  1. エルボや蓋を外します。
    排水口にはめ込まれているL型の管をエルボといいます。エルボと蓋が一緒になっているタイプのものもありますが、別々になっている場合は、まずはエルボを持ち上げて外し、続いて蓋も外します。
  2. 排水トラップを外します。
    半時計回りに回して外すことができます。排水トラップはパイプ内の悪臭が上がってこないようになっています。
  3. 重曹とお酢を入れます。
    まずは排水口の中に重曹を振りかけてください。その後で振りかけた重曹の上からお酢をかけていきます。そうすると化学反応によって炭酸ガスの泡が出てきますので、そのまま15~30分放置しておきます。この間に他の器具も洗っておきます。
    (炭酸ガスは二酸化炭素です。人体に影響はありません。)
  4. トラップをきれいに掃除します。
    排水トラップにたまっていたゴミを捨てて、スポンジや歯ブラシなどで掃除をします。
  5. 水で流します。
    放置していた排水口の中にバケツで水を流します。
    この時、なるべく水をたっぷりと流しいれるようにします。
  6. 排水トラップを取り付けます
    排水トラップは排水口から上がってくる悪臭を防ぐために水がたまっている状態になっています。排水トラップを取り付けたら、必ずもう一度水を流しいれておきます。
  7. 蓋を取り付けます
    蓋を取り付けて、エルボもはめ込み、洗濯機から出ている排水ホースをつないで完了です。この時、必ずロックしていることを確認してください。

洗濯機の排水口の臭いやつまりの防止法とは

こまめに排水口の掃除をやっておければ良いのですが、なかなかできないこともあると思います。そんな場合は普段からできることを実践しておくことも大切です。

洗濯槽の掃除。

洗濯槽に雑菌やゴミがついたままにしておくと、その汚れが排水口にもたまってしまいます。定期的に洗濯槽をきれいにしておくようにしておきましょう。
その場合は酸素系漂白剤が効果的です。水10リットルにつき100~150gの洗剤を入れるといいでしょう。

できればお風呂の残り湯はつかわない

お風呂の残り湯には多くの雑菌や皮脂から出た油分や垢があり、それらが臭いやつまりの原因となってきます。
残り湯を使わずに水道水を使うことをお勧めしますが、どうしても残り湯を使いたい時はすすぎの回数を1回増やすと良いでしょう。

洗濯機の蓋は開けたままにしておきます。

洗濯機の蓋を閉めたままにしておくと湿気がこもって雑菌が繁殖してしまいます。
洗濯を終えた後は蓋は開けたままにして、洗濯機の中が乾くようにしておきましょう。

洗濯機の排水口詰まりが解消できない時は修理専門業者に

洗濯機の排水口が詰まったときは洗濯機の故障が原因かどうかを確認してみてください。それには排水ホースをエルボから外し、ホースの中や排水口の中を見てみてみます。ヘドロ状に汚れていると排水口のつまりが原因と考えられます。

その場合は専門業者に相談することをお勧めします。
どこに修理を依頼したらいいのか迷った場合は水道修理屋業者に依頼してみてください。水道修理屋は洗濯機の排水口の詰まりや臭いといった問題以外にも、トイレやキッチン、洗面所などのトラブルにも対応してくれます。
修理料金の見積もりや出張料金も無料ですし、明確な料金案内なので金銭的な面でも不安なく依頼できます。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691