洗濯機の排水口掃除の頻度や掃除方法と臭いやつまりの防止策

洗濯機の排水口の掃除は、気がつくと汚れが溜まっているものです。

しかし、掃除せずに放置していると悪臭やつまりの原因になるので定期的に掃除をするようにしましょう。

そこで、洗濯機の排水口掃除の頻度や自分でできる掃除方法などについてご紹介致します。

臭いやつまりの防止策も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

まつげに白髪が生える原因と対策・長い時間目を酷使するのはNG

ふと鏡を見ると、まつげに白髪が生えているのを発見!まつげに白髪が生えるなんて思っても見なかったという...

芸人の出待ちをしてプレゼントする場合に喜ばれるものとは

誰しもが好きな芸能人っていますよね。最近すごくイケメンが多くてアイドルのように人気なのがお笑い芸...

セキセイインコが野菜を食べない場合に飼い主ができることとは

セキセイインコの健康のためにも飼い主としては野菜を食べてもらいたいですよね。でも、中には野菜...

158cmの平均体重はどのくらい?女性の標準体重や美容体重

女性に生まれたからには美しくいたいと思うのは誰しもが持つ願いです。それはきっと老若男女変わらない...

おみくじの内容を人に話すのは大丈夫?おみくじのメッセージとは

初詣で神社に行ったり、旅行先で訪れた神社でおみくじを引くこともありますよね。このおみくじの内...

10月始まりの手帳が売られているのはなぜ?始まり月の多様化

毎年12月になると、店頭に翌年のカレンダーと手帳が並びますよね。毎年同じ手帳を使うという方も...

期末テスト攻略法!中1の英語のテストで高得点を狙おう

中学校になってから英語を勉強して、初めての中間テストで良い点数が取れたとしても期末テストで良い点数が...

石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。...

【アラフォー女子】一人暮らしを初めてする時に考えるべきこと

今まで実家で生活をしてきた女性もアラフォー前後になると、今後のことをいろいろと考えるようです。...

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。縫い目の方が気に...

料理が上手い人の基準はどこ?これができれば料理上級者に見える

女性ならば、やはり料理は上手になりたいもの。最初はみんな料理初心者ですが、周りの人から見た時の料...

肉じゃがはお弁当にNG?夏場は腐る可能性も!保存方法に注意を

肉じゃがはお弁当に入れると腐りやすいという話を聞いたこともありますよね。お弁当の保存状態や季節によっ...

猫が逃げたときの捕まえ方とは?探すポイントやコツを紹介

猫が逃げたときには慌ててしまいますが、まずは落ち着いてこの場所を探してみましょう。猫が逃げた...

【包丁の研ぎ方】シャープナーの使い方とデメリットについて

簡単に包丁を研ぐことができるグッズとして人気のシャープナー。しかし、使ったことがない人にとってはどん...

スポンサーリンク

洗濯機の排水口は月1回掃除しよう

気がつくと排水口から嫌な臭いがするということはありませんか?
排水口の臭いの原因はヌメリだけではなく、洗濯機フィルターでは取りきれない糸くずや埃も原因となっています。

このような排水口の汚れを放っておくと、次第に悪臭を放ち、洗濯機の故障にもつながってきます。このようなトラブルが起きないよう、排水口はこまめにお掃除をしておくことが肝心です。

では、どれくらいの頻度で掃除が必要となってくるでしょう?それは月に1回を目安にするといいでしょう。
2ヶ月以上あいてしまうと汚れがひどくなり、手に終えない汚れはお掃除をするにも大変になってきます。

月に1回のペースで、重曹や専用の洗剤などを利用して、まめにきれいにしておくことが大切です。洗濯機の長持ちにもつながります。

洗濯機の排水口を掃除する前に準備すること

いざ掃除を始める前にやっておきたいことがあります。

洗濯機の排水口の掃除をするなら、最初にコンセントを抜いておきます。

故障や感電の危険を避けるためにも、まずはコンセントを抜いておきましょう。ブレーカーを落としておくとより安心です。

水道の蛇口を閉めておきましょう。

洗濯機を移動させたときに給水ホースから水が漏れてしまうことも考えられます。水漏れは洗濯機の故障の原因にもなりかねません。あらかじめ蛇口を閉めておき、余計なトラブルを起こさず安全に作業できるようにしておきましょう。

あとは、洗濯機の下に排水口がある場合は洗濯機を移動させる必要があります。
これらの準備をしておくことで、排水口の掃除がしやすくなります。

自分でできる洗濯機の排水口の掃除方法

まずは次のものを用意しておきましょう。
重曹とお酢
スポンジや使用済み歯ブラシ
雑巾や古いタオルなど
バケツ(取り外した器具を洗浄するときに便利です)
手荒れが気になる方はゴム手袋

ネジをはずす必要がある場合に備えてドライバーなどの工具も用意しておくと良いでしょう。

 

排水口が洗濯機の横にある場合はそのまま作業に取り掛かることができますが、排水口が洗濯機の下にある場合は洗濯機を移動させる必要が出てきます。この場合、移動させる前に給水ホースの蛇口を閉めることを忘れないでください。

では、作業にとりかかります。

  1. エルボや蓋を外します。
    排水口にはめ込まれているL型の管をエルボといいます。エルボと蓋が一緒になっているタイプのものもありますが、別々になっている場合は、まずはエルボを持ち上げて外し、続いて蓋も外します。
  2. 排水トラップを外します。
    半時計回りに回して外すことができます。排水トラップはパイプ内の悪臭が上がってこないようになっています。
  3. 重曹とお酢を入れます。
    まずは排水口の中に重曹を振りかけてください。その後で振りかけた重曹の上からお酢をかけていきます。そうすると化学反応によって炭酸ガスの泡が出てきますので、そのまま15~30分放置しておきます。この間に他の器具も洗っておきます。
    (炭酸ガスは二酸化炭素です。人体に影響はありません。)
  4. トラップをきれいに掃除します。
    排水トラップにたまっていたゴミを捨てて、スポンジや歯ブラシなどで掃除をします。
  5. 水で流します。
    放置していた排水口の中にバケツで水を流します。
    この時、なるべく水をたっぷりと流しいれるようにします。
  6. 排水トラップを取り付けます
    排水トラップは排水口から上がってくる悪臭を防ぐために水がたまっている状態になっています。排水トラップを取り付けたら、必ずもう一度水を流しいれておきます。
  7. 蓋を取り付けます
    蓋を取り付けて、エルボもはめ込み、洗濯機から出ている排水ホースをつないで完了です。この時、必ずロックしていることを確認してください。

洗濯機の排水口の臭いやつまりの防止法とは

こまめに排水口の掃除をやっておければ良いのですが、なかなかできないこともあると思います。そんな場合は普段からできることを実践しておくことも大切です。

洗濯槽の掃除。

洗濯槽に雑菌やゴミがついたままにしておくと、その汚れが排水口にもたまってしまいます。定期的に洗濯槽をきれいにしておくようにしておきましょう。
その場合は酸素系漂白剤が効果的です。水10リットルにつき100~150gの洗剤を入れるといいでしょう。

できればお風呂の残り湯はつかわない

お風呂の残り湯には多くの雑菌や皮脂から出た油分や垢があり、それらが臭いやつまりの原因となってきます。
残り湯を使わずに水道水を使うことをお勧めしますが、どうしても残り湯を使いたい時はすすぎの回数を1回増やすと良いでしょう。

洗濯機の蓋は開けたままにしておきます。

洗濯機の蓋を閉めたままにしておくと湿気がこもって雑菌が繁殖してしまいます。
洗濯を終えた後は蓋は開けたままにして、洗濯機の中が乾くようにしておきましょう。

洗濯機の排水口詰まりが解消できない時は修理専門業者に

洗濯機の排水口が詰まったときは洗濯機の故障が原因かどうかを確認してみてください。それには排水ホースをエルボから外し、ホースの中や排水口の中を見てみてみます。ヘドロ状に汚れていると排水口のつまりが原因と考えられます。

その場合は専門業者に相談することをお勧めします。
どこに修理を依頼したらいいのか迷った場合は水道修理屋業者に依頼してみてください。水道修理屋は洗濯機の排水口の詰まりや臭いといった問題以外にも、トイレやキッチン、洗面所などのトラブルにも対応してくれます。
修理料金の見積もりや出張料金も無料ですし、明確な料金案内なので金銭的な面でも不安なく依頼できます。