原付に乗ることが怖いと感じる人のための練習方法を教えます

原付の免許は持っているものの、実際に乗ってみると怖いと感じてしまう人が多いと言います。普段車に乗り慣れていると、そう感じてしまうのは当然かもしれませんね。

では、怖いという恐怖心は練習することによって克服することは可能なのでしょうか?そのための練習方法とは?

原付に乗ることが怖いと感じる人のための練習方法と公道を走る時の注意点について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

メイクでスポンジの代用に使えるアイテムと上手な選び方

メイクをするときにスポンジを忘れてしまったら、なにか代用できるアイテムはないかと探しますよね。...

温水洗浄便座の取り付け方法!自分での取り付け方と注意点

温水洗浄便座が壊れてしまったり、新しく買い替えをしようと思ったり、そんなときに自分で取り付けることが...

幼稚園のママ友が挨拶しないのはなぜ?ママ友との関わり方

幼稚園のママ友と上手に付き合っていますか?ママの中には、幼稚園で会ってこちからから挨拶をしたのに...

朝の電車で寝るのは睡眠不足の可能性も!質の良い睡眠が大切!

朝の通勤時間に眠くなって電車で寝る癖がどうしても直らないという人もいますよね。朝に電車の中で眠くなっ...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

旦那がケチ過ぎてムカつく!離婚する前にちょっと考えてみて!

旦那がケチで、ケチすぎて離婚したい!でも、ちょっと待って!浪費家の旦那より、ケチな旦那の...

漢検準1級の効率的な勉強法とは?短期間で一発合格を目指そう

履歴書に書くなら漢検2級まで取得しておけば十分ですが、やっぱり準1級に挑戦してみたいですよね。...

10月始まりの手帳が売られているのはなぜ?始まり月の多様化

毎年12月になると、店頭に翌年のカレンダーと手帳が並びますよね。毎年同じ手帳を使うという方も...

字を綺麗に書くなら文字を綺麗に書く練習をしないこと

字を綺麗に書くコツは、ひたすら練習すること!?そんなことはありません。綺麗に書けない...

雨の日にスニーカーではなくサンダルを履く場合の注意点

雨の日はどうしても靴が濡れてしまいますよね。「どうせ濡れるなら」とあきらめてスニーカーを履く人も多い...

外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはか...

黒いマスクが韓国で流行っているのはなぜ?の疑問を調査!

日本でも見かけることが多い黒いマスクですが、韓国はそれ以上。特に10代~20代の若者の利用が高く...

【包丁の研ぎ方】シャープナーの使い方とデメリットについて

簡単に包丁を研ぐことができるグッズとして人気のシャープナー。しかし、使ったことがない人にとってはどん...

学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景

小学校一年生になって楽しく学校に通っていると思いきや、「学校が楽しくない、行きたくない」とある日突然...

スポンサーリンク

原付に乗ることが怖いと感じる場合の練習方法とは

今まで原付に乗ったことがない人は原付を運転するのが怖いと感じる人も多くいるでしょう。
この恐怖心をなくすためにはまず原付になれることが大切です。

その為には、まず広くて安全なところで基本的な動きができるように練習する必要があるでしょう。
8の字走行をしたり、止まったり、曲がるという基本的な動きができるようになれば徐々に自信がついてきて恐怖心もなくなってきます。

そして、自転車が乗れるのであれば原付と思わないで自転車だと考えるとより恐怖心を減らすことが出来ます。

まずはイメージトレーニングを行うのも有効でしょう。

原付のアクセル操作に慣れるために右手の手首の使い方をイメージして、もし恐怖を感じた場合はアクセルを戻すというイメージをしっかり植えつけてください。

アクセルを戻すことが出来れば自転車と大して乗り方は変わりません。

そして徐々に慣れてきたとしても、最初に走る場所は交通量の少ない場所を選ぶようにしましょう。

原付に乗るのが怖いなら、まず乗る前に確認・押す練習をしてみよう

原付は普通の自動車免許を取れば乗ることができます。

ですが、運転の練習は教習所でも行わないので原付をいざ乗ろうとした時にちゃんと乗れるのか不安になりますよね。

ここでは原付に乗るコツを教えていきます。

まず、原付に乗る時の服装は長そで長ズボンを着るようにしましょう。

バイクと同じで転倒した時のケガを少しでも減らすことが出来ますし、スカートなどはタイヤに巻き込まれて事故になりかねません。

マフラーの場合も巻き込まれて首が閉まることの内容にマフラーの端はしまいましょう。
原付に乗る際は、まず原付を押してみて慣れていきましょう。

そして実際に原付に座ってみて姿勢をしっかり確認してみましょう。

平らな場所で、左右の足が地面にしっかりつくようにしてください。

正しい姿勢で原付に乗ることが大切で、怖くて緊張すると前かがみになりがちですが力を抜いて乗りましょう。

原付が怖い人はカーブを曲がるコツを理解して練習しよう

原付は便利な乗り物ですが、公道では規制が厳しいため、違反と判断されて減点や違反金を請求されやすいです。

安全で正しい原付の乗り方をマスターすればうっかりした違反をすることもないですし、恐怖心も抑えることが出来るでしょう。

原付でカーブを曲がる際のコツをお伝えします。
原付は二輪車なのでハンドルだけでコーナーは曲がれませんので、車両を傾けて曲がる必要があります。

曲がる際のコツとしては、コーナーが近付いてきたらまず減速するためにスロットルを戻し、速度を10kmほどにしてから曲がります。

速いままだと転倒する恐れがありますので適度な減速が必要なのです。

あまりに遅いのも問題なので自分が恐怖心を感じない適度な速さでコーナーを曲がりましょう。

このような乗り方をしていれば転倒して事故を起こすことがないので正しい乗り方をしっかりマスターしましょう。

原付で公道を走行する時に注意することとは

原付で公道を走る際には注意すべき点は多くあります。

原付は他の車両よりもエンジンが脆弱であったり、車両も小さいので事故に巻き込まれる可能性が高くなります。

その為、原付の存在が見落とされやすいので、ほかの車に原付の存在をしっかりアピールして危険を回避する必要があるのです。

車に抜かしてもらう場合は抜かしてもらいやすい状況を作ったりと、原付の存在が回りからどのように見られているのかをイメージしながら走行しましょう。

危険回避のためには、つねにリスクを考えて防衛運転を心掛けることが大切です。

車の死角になり得る場所にいることはなるべく避けて運転することで巻き込まれ事故を防ぐことが出来ます。

そして、服装も周りに目立つような反射材を使ったベストを着用するのもよいでしょう。夜だと特に必要になります。

夜だと原付の存在が更に認識されず楽なりますので、自分の原付のヘッドライトを相手の車のミラーに見えるようにするのも危険回避に繋がりますので是非実践してみてください。

原付最大の難関「二段階右折」のやり方とは?

原付を乗る際にマスターしておかなければならないのが「二段階右折」です。

「二段階右折」とは二段階に分けて右折するもので、やり方を説明していきます。

三車線以上の道路や、二段階右折の標識がある場所で左折する際、まず交差点の左端まで走ります。

その後左側の道路の端で停止した後、曲がりたい方向へ原付の向きを向けます。

そして次の信号が青になったらそのまま真っすぐ行きたい方向へ走るというものです。

この二段階右折は三車線以上の道路、もしくは二段階右折の標識があるところでのみ行ってください。

二段階右折をする必要のない場所では普通に小回りで右折して問題ありません。