駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか?

いっそのこと、スリットは埋めてしまったほうがいい?雑草対策にも様々な方法があります。どんな方法やアイテムであれば駐車場に使いやすい?

見た目ややりやすさなど、ぜひあなたに合ったもので対策してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

幼稚園バスがあるのにナゼ送迎は自家用車?その理由と注意点

幼稚園には園バスがあり園児の送迎を行ってくれます。しかし自家用車で送迎をする保護者の方も。な...

趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。では女性で趣味がドライブと...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

ワンカールパーマで失敗しないためのコツと防ぐためにできること

ワンカールパーマをかけたはずが失敗してしまったとお悩みのあなた。実は、ワンカールパーマとは失...

雨で湿度が高い!ジメジメした嫌な湿度を下げる方法を教えて!

雨が降っていると家の中の湿度が高くなってジメジメ・・・。湿度が原因で気が滅入ったり、なんだかイライラ...

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか?産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りた...

中学1年生くらいからの女子の反抗期!特徴と対処法・関わり方

娘が中学生になってからなんだか反抗的な態度を取る、返事もしないし口答えも多くなった・・・。こんな風に...

猫が尻尾の付け根を嫌がる理由とは?猫の急所を紹介します

猫は尻尾の付け根を触られると嫌がるのはどうして?実家の猫は尻尾の付け根を撫でると喜んでいたような…?...

中学受験で失敗しないために親が心得ておくべきこと

中学受験をするというお子様の場合には、ご両親も教育熱心が方が多いと思います。熱心なあまり、つい自...

インディアンの言葉。子育て中のあなたに送る魔法の言葉

インディアンの子育て4訓を知っていますか?インディアンに語り継がれる言葉を、子育て中のあなた...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

ゆるふわの巻き方でボブをふんわりともっと可愛くする方法

ふんわりとしたボブってとても魅力的です。こんな髪型になりたいと思っている女性も多いはずです。ボブ...

スポンサーリンク

駐車場のスリットの雑草が気になるときの対処方法

駐車場のスリットは見た目もオシャレで素敵ですが、スリット部分に雑草が生えてきて気になることも少なくありません。

スリット部分に雑草がボウボウだと、せっかくのオシャレな駐車場の外見も台無しですよね。

そこで雑草が気になるときの対処方法ですが、まずこれから先もスリット部分の雑草を気にせずに過ごしたいのなら、思い切ってモルタルやコンクリなどで埋めてしまう方法があります。

モルタルで埋めるなんて業者に頼まなくては!と思ってしまいますが、意外とモルタルは手軽に扱うことが出来るので、DIYに興味がある方なら自分でスリットを埋めることは可能です。

またせっかくのスリット部分ですから、そのままモルタルで埋めてしまうのはチョット。という方におすすめなのが、ピンコロ石をスリット部分に並べて、回りをモルタルで埋める方法です。

この場合はスリット部分に埋まるかどうか、ピンコロ石の大きさをしっかりと確認する必要があるのでご注意を!

駐車場のスリットに雑草が生えるのを防ぐ方法

駐車場のスリット部分にモルタルよりも、もっと安く雑草が生えるのを防ぐ方法として、砂利を使うという手もあります。

砂利の値段は、その材質によって価格が大きく違ってきます。安上がりにDIYを済ませたいのなら、ホームセンターなどで価格の低い砂利を購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに余ってしまった砂利は家のコンクリになっていない部分などに使用すれば、防犯対策にもなります。

家の回りを人が歩くとコンクリでは音がなりませんが、砂利なら石が擦れ合う音が聞こえてきます。このような対策がしてある家としていない家では、空き巣に入る側も心構えが違ってきます。よりリスクの低い方を選ぶのは当たり前ですよね。

その他にも砂利は草が生えにくかったり、水はけが良かったりというメリットがあります。

駐車場のスリットに雑草が生えてくるならグランドカバー植物がおすすめ

駐車場のスリットに雑草が生える前に、植物を植えませんか。同じグリーンでも雑草だと見た目が悪いですが、グランドカバー植物ならスリットの緑も素敵です。

グランドカバー植物って?という方もいらっしゃると思いますが、こちらは横に土部分を覆うようにして成長していく植物です。

一言でグランドカバー植物と言っても、種類があり特徴も違ってきます。

常緑性のあるもの、多年草の花、ハーブ、耐陰性のあるものなど、植える場所や好みによって選ぶことが出来ますが、駐車場のスリット部分に使用する場合は、いつも踏みつけられることが考えられますので踏み圧にも強いグランドカバー植物、また常緑性のある物がおすすめです。

庭木専門店やネットでも購入が可能で、春から秋にかけてなら大型ホームセンターでも取り扱っていることがあります。

駐車場のスリットにはこんなアイテムも効果的

駐車場のスリット部分の雑草の手入れが面倒な方に、スリット部分をモルタルで埋めてしまう方法を最初にご紹介しましたが、その他にも雑草対策として防草シートや除草剤があります。

どちらもホームセンターなどで手に入れることが出来て、雑草の繁殖を防いでくれますがメリットとデメリットがあるので覚えておいてください。

まずは防草シートがなぜ雑草に効果があるのかをお話します。雑草などの植物は光合成をして成長するものがほとんどです。しかし防草シートを使用することで光が遮られ、光合成が行えないので雑草が成長することができなくなってしまうのです。

メリットとしては薬剤を使用していないので、ペットなどがいらっしゃる方や家庭菜園をしている方にも安心して使用が出来るという点です。しかし防草シートにも耐用年数があり長年使用していると効果がうすれてきたり、隙間から雑草が生えてきてしまうこともあります。

次に除草剤のメリットですが、一番は使用方法が簡単なこと、手軽に手に入りすぐに使用できる点です。また効果をすぐに実感できるものも販売されています。

デメリットはペットがいても大丈夫!と言われる除草剤でも、やはりチョット心配という方も。そして他の植物を植えている方は、そちらに影響がないかどうかも気になる点でしょう。

駐車場はスリットがあることでコンクリートが長持ちする

スリットに雑草が生えてしまうのなら、いっそ駐車場にはスリットがないほうが良いのでは。コンクリートを一面に敷き詰めたほうが、手入れが楽になりそうですよね。

しかしスリット部分に植物を植える緑化スリットにすることで、コンクリートの劣化を軽減させることが出来ます。

なぜ軽減できるのかというと、スリットに植物があることでコンクリートへの雨水の浸水を防いでくれる役割があるからです。

植物が水を吸収してくれる事で、コンクリートへの雨水のダメージが少なくなります。

またスリット自体もコンクリートの劣化に役立ち、いくつかにわけることによって引っ張り合う力を小さくして、長い目で見ると劣化のしにくい長持ちする駐車場になっているというわけです。

駐車場のスリットは雑草に占拠される前に、対処して素敵な駐車場を維持しましょう

駐車場のスリットはオシャレで見た目も良いですが、手入れが面倒では?雑草が生えてきたときにはどうすればいいの。と敬遠してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、工夫次第でスリットのお手入れが要らなくなったり、さらに素敵で個性的な駐車場を作ることが可能です。

またスリットがあることによって、コンクリート部分が長持ちすることもわかりましたね。

植物をスリット部分に植えることでメリットもありました。しかし毎日車を出し入れする場所ですからスリット部分には踏圧がかかっても大丈夫な植物を選ぶことは重要です。

車を止める場所や、よく通るところには丈夫な植物を。そして駐車場でもあまり踏圧がかからないような場所なら、花が咲くような可愛らしいグランドカバー植物を植えても、変化が合って良いと思います。

もちろん植物の手入れの必要がない、人工芝や砂利を使う方法もあります。

スリット部分は雑草に占拠されないうちに、早めに対処をして素敵な駐車場を手に入れてください。