駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか?

いっそのこと、スリットは埋めてしまったほうがいい?雑草対策にも様々な方法があります。どんな方法やアイテムであれば駐車場に使いやすい?

見た目ややりやすさなど、ぜひあなたに合ったもので対策してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか?...

猫のトリミングのポイントやコツとは?やり方を紹介します

猫のトリミングはどんなことをしたらいいのでしょうか?また、猫のトリミングのやり方とは?愛猫を...

大相撲の力士の気になる給料や退職金について解説します

大相撲のテレビ中継を見ていると、力士はどのくらい給料がもらえるのだろうと気になる人も多いでしょう。...

車のブレーキが効かない夢の基本的な意味と夢の内容別の意味

車を運転しているときにブレーキが効かない夢を見たら、夢の中であっても恐怖心や焦りを感じてしまうもので...

断捨離とは単純に片付けや掃除の類義語ではない。

断捨離とは単純に片付けや掃除のことを指しているのではありません。モノを通して、そのモノへの執...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

温水洗浄便座の取り付け方法!自分での取り付け方と注意点

温水洗浄便座が壊れてしまったり、新しく買い替えをしようと思ったり、そんなときに自分で取り付けることが...

夏休みの宿題は最終日までにやるコツと効率的に終わらせる方法

夏休みの宿題は最終日までに計画的に終わらせておくのが理想です。しかし、どうしてもギリギリにな...

鉄のフライパンに必要な「最初の手入れ」と「普段の手入れ」

鉄のフライパンは熱の伝わりが良いので、料理の仕上がりに違いが出ます。またフライパンのままオーブンで加...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

スモック【保育園・幼稚園用】の簡単かわいいアレンジアイデア

保育園や幼稚園で着るスモック。もう少しかわいくアレンジしたいと思うことがあると思います。そこで、...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

大学に行ったら彼氏・彼女ができるって思ってたのにできないよ!

大学へ進学したら彼氏や彼女ができる!そう、感じていたのに実際のところは…高校のように...

スポンサーリンク

駐車場のスリットの雑草が気になるときの対処方法

駐車場のスリットは見た目もオシャレで素敵ですが、スリット部分に雑草が生えてきて気になることも少なくありません。

スリット部分に雑草がボウボウだと、せっかくのオシャレな駐車場の外見も台無しですよね。

そこで雑草が気になるときの対処方法ですが、まずこれから先もスリット部分の雑草を気にせずに過ごしたいのなら、思い切ってモルタルやコンクリなどで埋めてしまう方法があります。

モルタルで埋めるなんて業者に頼まなくては!と思ってしまいますが、意外とモルタルは手軽に扱うことが出来るので、DIYに興味がある方なら自分でスリットを埋めることは可能です。

またせっかくのスリット部分ですから、そのままモルタルで埋めてしまうのはチョット。という方におすすめなのが、ピンコロ石をスリット部分に並べて、回りをモルタルで埋める方法です。

この場合はスリット部分に埋まるかどうか、ピンコロ石の大きさをしっかりと確認する必要があるのでご注意を!

駐車場のスリットに雑草が生えるのを防ぐ方法

駐車場のスリット部分にモルタルよりも、もっと安く雑草が生えるのを防ぐ方法として、砂利を使うという手もあります。

砂利の値段は、その材質によって価格が大きく違ってきます。安上がりにDIYを済ませたいのなら、ホームセンターなどで価格の低い砂利を購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに余ってしまった砂利は家のコンクリになっていない部分などに使用すれば、防犯対策にもなります。

家の回りを人が歩くとコンクリでは音がなりませんが、砂利なら石が擦れ合う音が聞こえてきます。このような対策がしてある家としていない家では、空き巣に入る側も心構えが違ってきます。よりリスクの低い方を選ぶのは当たり前ですよね。

その他にも砂利は草が生えにくかったり、水はけが良かったりというメリットがあります。

駐車場のスリットに雑草が生えてくるならグランドカバー植物がおすすめ

駐車場のスリットに雑草が生える前に、植物を植えませんか。同じグリーンでも雑草だと見た目が悪いですが、グランドカバー植物ならスリットの緑も素敵です。

グランドカバー植物って?という方もいらっしゃると思いますが、こちらは横に土部分を覆うようにして成長していく植物です。

一言でグランドカバー植物と言っても、種類があり特徴も違ってきます。

常緑性のあるもの、多年草の花、ハーブ、耐陰性のあるものなど、植える場所や好みによって選ぶことが出来ますが、駐車場のスリット部分に使用する場合は、いつも踏みつけられることが考えられますので踏み圧にも強いグランドカバー植物、また常緑性のある物がおすすめです。

庭木専門店やネットでも購入が可能で、春から秋にかけてなら大型ホームセンターでも取り扱っていることがあります。

駐車場のスリットにはこんなアイテムも効果的

駐車場のスリット部分の雑草の手入れが面倒な方に、スリット部分をモルタルで埋めてしまう方法を最初にご紹介しましたが、その他にも雑草対策として防草シートや除草剤があります。

どちらもホームセンターなどで手に入れることが出来て、雑草の繁殖を防いでくれますがメリットとデメリットがあるので覚えておいてください。

まずは防草シートがなぜ雑草に効果があるのかをお話します。雑草などの植物は光合成をして成長するものがほとんどです。しかし防草シートを使用することで光が遮られ、光合成が行えないので雑草が成長することができなくなってしまうのです。

メリットとしては薬剤を使用していないので、ペットなどがいらっしゃる方や家庭菜園をしている方にも安心して使用が出来るという点です。しかし防草シートにも耐用年数があり長年使用していると効果がうすれてきたり、隙間から雑草が生えてきてしまうこともあります。

次に除草剤のメリットですが、一番は使用方法が簡単なこと、手軽に手に入りすぐに使用できる点です。また効果をすぐに実感できるものも販売されています。

デメリットはペットがいても大丈夫!と言われる除草剤でも、やはりチョット心配という方も。そして他の植物を植えている方は、そちらに影響がないかどうかも気になる点でしょう。

駐車場はスリットがあることでコンクリートが長持ちする

スリットに雑草が生えてしまうのなら、いっそ駐車場にはスリットがないほうが良いのでは。コンクリートを一面に敷き詰めたほうが、手入れが楽になりそうですよね。

しかしスリット部分に植物を植える緑化スリットにすることで、コンクリートの劣化を軽減させることが出来ます。

なぜ軽減できるのかというと、スリットに植物があることでコンクリートへの雨水の浸水を防いでくれる役割があるからです。

植物が水を吸収してくれる事で、コンクリートへの雨水のダメージが少なくなります。

またスリット自体もコンクリートの劣化に役立ち、いくつかにわけることによって引っ張り合う力を小さくして、長い目で見ると劣化のしにくい長持ちする駐車場になっているというわけです。

駐車場のスリットは雑草に占拠される前に、対処して素敵な駐車場を維持しましょう

駐車場のスリットはオシャレで見た目も良いですが、手入れが面倒では?雑草が生えてきたときにはどうすればいいの。と敬遠してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、工夫次第でスリットのお手入れが要らなくなったり、さらに素敵で個性的な駐車場を作ることが可能です。

またスリットがあることによって、コンクリート部分が長持ちすることもわかりましたね。

植物をスリット部分に植えることでメリットもありました。しかし毎日車を出し入れする場所ですからスリット部分には踏圧がかかっても大丈夫な植物を選ぶことは重要です。

車を止める場所や、よく通るところには丈夫な植物を。そして駐車場でもあまり踏圧がかからないような場所なら、花が咲くような可愛らしいグランドカバー植物を植えても、変化が合って良いと思います。

もちろん植物の手入れの必要がない、人工芝や砂利を使う方法もあります。

スリット部分は雑草に占拠されないうちに、早めに対処をして素敵な駐車場を手に入れてください。