日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

クマを隠すメイク術とは?クマの種類によってメイク方法は違う

2018.12.11

クマがあると疲れた印象になってしまいますよね。
自分としては沢山寝ているつもりでもクマは出現します。

寝不足以外でもクマは出てきてしまいます。
もし目の下にクマがあったら、あなたはどうやってメイクをしているでしょうか。

きっとクマを隠すメイク方法をしているかと思います。
実はクマって1種類だけじゃなくて、いくつかの種類があります。
まずはあなたのクマはどんな種類なのかを調べることが重要です。

今のメイク自分としてはバッチリだとしても、クマを隠しているつもりが目の周りだけが浮いてしまっているかもしれません。そんなメイクだと恥ずかしいですよね。
今回はそんな残念メイクを阻止するためのメイク術やポイントをご紹介します。

クマを隠すメイクをする前に。茶クマを隠す方法

まず最初にあなたのクマの種類をチェックしてみましょう。
実はチェックの仕方は非常に簡単です。
人差し指を目の下にあてて、目の下の皮膚を下に引っ張るだけです。

そこでクマが薄くなった人は茶クマ、クマが薄くなった人は青クマ、たるみや涙袋が影のようになれば黒クマという種類になります。
あなたはどのクマだったでしょうか。

クマは一つしか種類がないと思っていたのに3つもあることに驚きますよね。
クマの種類が分かったところで、次はクマの対処法を調べていきましょう。

最初に茶クマについてご紹介します。
茶クマの原因は、色素沈着が原因です。
メイクが落としきれなかったりするとその汚れが色素沈着になっていくんです。
そんなやっかいな茶クマってどうやって隠すことがベストなのでしょうか。

茶熊の隠し方でポイントになるのが、コンシーラーが不要なことです。
クマ隠しと言えばコンシーラーと思っている方が多いかもしれませんが、実はいらないです。
今回使用するのはオレンジカラーのチークです。

最近チークにはクリームタイプや粉タイプなどありますが、ここではクリームタイプがおすすめです。
手持ちのメイク道具でオレンジ系のコンシーラーがあるという方はそれを代用してもOKです。

まず最初にクマの上にチークを塗ります。
クリームタイプのチークを手に取り、クマの上に優しくポンポンとのせていきましょう。次にチークが肌に馴染むように、なじませていきます。
ポイントはチークを広げることです。
目の皮膚は薄いので擦らずに優しく伸ばしてあげてくださいね。仕上げにファンデーションを重ねてください。
ファンデーションをスポンジで適量とり、クマの上にさらにのせましょう。
あら不思議、これで茶クマはいなくなります。

青クマをメイクで隠すにはこの方法がオススメ

次に青クマを上手に隠すメイクについてご紹介します。
その前に青クマにも原因があります。
青クマの原因は皆さんクマができる原因としてすぐに思い浮かぶ寝不足や体調不良が原因です。
体調不良によって目元が血行不良になってしまうのです。
もし気になるようなら、目元の結構を良くするといいでしょう。

例えば目元のセルフマッサージをするとか、寝不足を解消するなど生活習慣を整えることで、青クマは薄くなります。
急に出現した青クマもメイクで簡単に隠すことができますよ。
青クマを隠すメイク道具にはコンシーラーがおすすめです。
コンシーラーは厚塗りにならないように気をつけてください。
手の甲の親指の付け根あたりを出して少し温めてから、優しくぬってみましょう。

コンシーラーは伸ばして境目が目立たないようにすると、肌と綺麗に馴染みます。
コンシーラーはいつつけるか意外とご存知ない方もいるようです。
コンシーラーはパウダーの前につけましょう。

もしファンデーションがパウダータイプであれば、ファンデーションの前ですし、リキッドタイプであればお粉の前にコンシーラーをつけます。
青クマにはオレンジやピンク系のコンシーラーがおすすめです。
青色の補色はオレンジやピンク系なので、暖色を選ぶと上手にクマを隠すことができますよ。

黒クマを隠すメイク術とは?色はオレンジ

先程のチェックで黒クマだと思った方は、どんなことが原因なのかと疑問に思っているかもしれません。
実はこの黒クマは若い人には少なく、年齢を重ねた人に多く見られるのです。
目元の皮膚のたるみによってできてしまったり、眼球を保護する脂肪が加齢によって前方に飛び出すことが原因に挙げられます。

加齢が原因と聞くと、治らないのではと思ってしまうかもしれません。
最近では若い女性の間でも黒クマは急増中だったんです。
そんな黒クマも解消する方法があります。
それは目の下の筋肉をトレーニングすることだったのです。

トレーニングはとても簡単で、舌を軽くだして、上下の歯で軽く噛みながら、下まぶたで目を閉じるように下まぶたに力をいれるだけです。
最初はちょっときついかもしれませんが、やっていくうちに慣れます。
では気になる黒クマを隠すメイク方法についてご紹介します。

まず必要なものはオレンジ系とベージュ系のコンシーラーを用意してください。
最初にオレンジ系のコンシーラーをぬって、肌になじませます。
次にベージュ系のコンシーラーをうっすら重ねるだけでOKです
これで黒クマが目立たなくなりますよ。

特にクマが濃いという方は、コンシーラーを目頭から放射線状にのせてください。
ここで注意するのは厚塗りを避けることです。
またアイシャドウの下地を全体を上瞼に乗せることでクマの暗さが目立たくなります。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

クマを隠すにはハイライトを使ったメイクもおすすめ

クマを隠すメイクはコンシーラーがなくてもできますよ。
そんなメイクに必要なものはハイライトだったのです。
というのもハイライトは顔に乗せることで光が拡散し、反射効果でクマが目立たなくなるのです。

さらに顔のトーンも明るくなるので、自然に顔が立体的になって小顔に見えちゃうなんて嬉しい効果もあります。
ハイライトは自分の種類にあったものを選ぶのが重要です。
種類も沢山あるので、じっくり肌の色にあったものを探してみましょう。

ではクマを隠すのに効果的なハイライトの入れ方をご紹介します。
目の下にトントンとハイライトを入れていきましょう。
この時指で広く伸ばすことで、きれいに仕上がります。
ファンデーション後に上からハイライトを入れると厚塗り感が出てしまうので、塗らないことをおすすめします。
目元は乾燥しやすい場所ですし、時期によって乾燥がひどい時期もありますよね。
そこで粉状のハイライトを使ってしまうと粉っぽくなってしまう可能性があるのでクリームタイプのものがおすすめですよ。
クリームタイプでもツヤがあるものがいいでしょう。
どうしてもクマがあると化粧を厚塗りしてしまうことがありますが、実は薄くハイライトをいれるだけでもクマ隠しができちゃいます。
クマのない薄いナチュラルメイクで外に出かけてみましょう。

メイクでクマを隠すときにはこのタイミングで

先程からご紹介しているメイクによく使われるコンシーラーですが、コンシーラーにも種類があるのはご存知ですか。
コンシーラーにはリキッドタイプやパウダータイプのものがあります。

そして種類によってコンシーラーを使うタイミングってバラバラだったのです。
リキッドコンシーラーの場合は、ファンデーションを塗った後で塗り、パウダータイプのコンシーラーは化粧下地を塗った後に使用し、その後にファンデーションをつけることになります。
ここで使い方を間違ってしまうと、メイクが厚塗りに見えてしまったりするので、使い方はチェックしておきたいポイントです。
クマがあるとどうしても目元のメイクが重要だと感じていませんか。
そんなことありませんよ。

ポイントメイクで上手に人の視線をずらすことができるのです。例えば口元のメイクも、クマを目立たなせなくするためには明るいリップにするのが効果的です。
リップが明るいと視線は口元に自然にうつるので、クマはまったく他人から気にならなくなります。

急に明るいリップは恥ずかしいという方はどうしてもベージュ系のリップを使うことが多くなりますよね。
けど最近は明るい色のリップはトレンドなので、ぜひこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

アイメイクもしっかりすればクマには目がいきません。
しっかりアイラインを引けば女性のキュートさを演出できますし、しっかりマスカラをして更にデカ目を主張すれば、クマよりもあなたの吸い込まれる目にしかみんな目がいかないはずです。

 - 簡単な問いに対する答え