コンサートのうちわが目立つ色とは?背景と文字とのバランス

アイドルのコンサート=うちわというくらい、目立つ色でメッセージを書いた自作のうちわは定番グッツとなっています。

ただ、目立つ色だと思って作ったうちわでも、実は目立たない組み合わせの色ということもあるので注意が必要です。

では、メッセージうちわが目立つ色はどんな配色なのでしょうか。

色の知識を身に付けて、アピールできるうちわを作ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

チンチラのケージに必要な大きさとケージ選びのポイント

チンチラを飼う場合には色々な飼育道具が必要になりますが、中でも重点を置きたいのがケージです。 チン...

着物でトイレに行くときに気をつける事とは?行き方や入り方

着物でトイレに行きたくなったときにはどのように行けばいいのでしょうか? ずっとトイレを我慢する...

ハムスターがトイレ砂で砂浴びはOK?砂浴びの役割と対処法

ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしてしまう事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ト...

髪を染めない女性が急増中!地毛に戻すメリットは以外と大きい

「髪を染めないなんて考えられない!」特に白髪が目立つ女性にとって髪染めは必須ではないでしょうか。 ...

ジムの持ち物、仕事帰りに寄るならできるだけ少なくが鉄則!

仕事帰りのジム通いで悩むのが、ジムに必要な持ち物たちの存在。 あれもこれもと用意してしまうと、大き...

インディアンの言葉。子育て中のあなたに送る魔法の言葉

インディアンの子育て4訓を知っていますか? インディアンに語り継がれる言葉を、子育て中のあなた...

プリン作りで失敗しやすい原因と簡単美味しいリメイクレシピ

おやつの定番、プリンを手作りしたことがある方も多いと思います。材料も少なく、思い立った時にすぐに作れ...

夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいの...

本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判...

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

ラインが未読のままの友達がスルーする理由、返信してもらう方法

ラインが未読のままだと友達に何かあったのではと心配になることはありませんか。 友達がラインを未...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管理...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。 ちょうど...

女性の肩幅は広いのがいい?狭いのがいい?男性目線から見た件

肩幅が広い女性から見ると、肩幅の狭い女性は華奢に見えたり女の子らしく見えたり、羨ましく感じることもあ...

スポンサーリンク

コンサートのメッセージうちわが目立つ色とは

薄暗いコンサート会場の中でも一番目立つのは、やはり蛍光色です。たとえどんなにステキなメッセージが書かれていたとしても、そもそも目に入らなければ何の意味もありませんよね。他の人よりもうちわをより目立たせたいのであれば、「蛍光イエロー×黒文字」がベストです。反対に黒いうちわに蛍光文字だと、光っているのは文字の部分だけになりますので、パット見では視界に入りづらくなってしまいますのでご注意ください。

文字のフォントは太めのゴシック系が読みやすいです。丸文字も確かにかわいいのですが、文字が潰れて読みにくい場合もありますので、ゴシック系のほうが良いでしょう。

基本はうちわの表にお目当てのアイドルの名前を書き、裏には短い一言を書きます。シンプルに「こっち見て!」「指さして!」などのお願い系と、「大好き!」「結婚して!」などの愛のメッセージ系の2パターンがありますが、出来るだけ短い言葉でわかりやすいメッセージにすると良いでしょう。

コンサートのうちわで目立つ色にするためには

「蛍光イエロー×黒文字」以外にも、コンサート会場で目立つうちわにするための、色の組み合わせはいくつかありますが、それらにはある共通した色の法則があります。

目立つうちわを作る時の色選びで大切なのは、お互いに補色関係にある色どうしを選ぶということです。補色という言葉は聞いたことがないかもしれませんが、これはわかりやすく言うと、反対色とか対象色と言い換えることが出来ます。ここで、代表的な補色の組み合わせをご紹介しましょう。

  • 黄×青紫
  • 赤×青緑
  • 緑×赤紫
  • 青×黄橙
  • 紫×黄緑

この補食関係を利用してうちわを作ると、確かに目立つのは間違いありません。ですが、この組み合わせだと反対に目立ちすぎて、見ているうちに目がチカチカしてしまって、反対に見にくくなる可能性もあるため、実際にうちわを作る前に色の組み合わせをいくつか試してみて、少し離れてみて見づらくないかどうか確認してみることをオススメします。

コンサートのうちわを目立つ色を使って自作する方法

では、実際にうちわを手作りしてみましょう。材料は土台となるうちわ本体と、色紙です。色紙は出来れば蛍光色のものを用意します。その他に使う道具は、ハサミと糊、カッターです。どれも100円ショップや文房具店で簡単に揃えることができますね。

うちわの表を好きなメンバーの名前にするのでしたら、インターネットで検索すれば、名前の型紙が数多く出てきますので、好みの文字が見つかったらそれを印刷して使います。もちろん手書きでもOKですし、パソコンを使って自分で作成しても良いでしょう。

印刷した文字をハサミやカッターで切り抜き、文字を裏返しにした状態で色紙の裏側に重ねます。そのままズレないように抑えながら、鉛筆などで型紙通りに線を付けていきます。あとは線に沿って色紙を切り抜くば、文字の部分は完成です。

さらに文字を目立たせるためには、切り取った文字の下に違う色の色紙を敷き、何センチか縁を残した状態で切れば、文字のふちどりのようになり、いっそう目立ちますよ。ふちどりをする際には、うちわや文字の色とは同系色にならないようにしましょう。

文字が出来上がったら、うちわに貼り付ければ完成です。

うちわ以外でコンサートで目立つ方法

コンサートに目立つうちわは必須アイテムですが、それ以外の方法で目立つには、やはり目立ちやすい服の色を選ぶことです。通常、目立つ色と言えば赤や黄色が挙げられますが、コンサート会場のような薄暗い場所では、かえって白のほうが断然目立つのです。

会場内の鮮やかな照明の色にも影響されないのも、やはり白い服です。ただし、アイドルグループの中にはメンバーによって担当カラーが決まっている場合がありますよね。自分の好きなアイドルには特にそのような決まりごとがないのであれば、ぜひ白いトップスを試してみてください。

コンサートで目立つために白い服を着て行く以外には、友達同士で同じ色の服を着ていくという方法もあります。席が連番であれば、隣同士や3人4人と横並びで同じ色の服を着ていると、少し離れた場所からでもかなり目立つのだそうです。

友達同士でお揃いコーデにしたら、テンションも上がってよりコンサートを楽しめるかもしれませんね。

コンサートに行く時の基本装備!うちわがすっぽり入るバックは必須

コンサート会場までは電車やバスなどの、公共交通機関を利用する人が多いと思いますが、皆さんは手作りのうちわやグッズをどのように会場まで持っていきますか?
ファンであることを公言している人であれば、堂々とそのまま持っていく場合もあるでしょうが、「ファン以外の一般の人に見られるのはちょっと恥ずかしい」という人も多いのではないでしょうか。

その場合は、大きめのトートバッグなどに入れるのが無難でしょう。好きなメンバーの担当カラーに合わせると、ツアーグッズではなくてもなんとなくテンションも上がりますよね。会場でグッズをたくさん買うことも想定して、バッグは少し大きめものを持参すると良いでしょう。

きっとコンサート帰りの車内は同じようにアイドルのグッズを持ったファンたちでいっぱいでしょうから、いまさらうちわを隠す必要もないでしょうけどね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691