アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。
日本は湯船にゆったりとつかり、時には小学生の子供と一緒に入浴することも多いですが、アメリカでは違います。

アメリカ人女子のお風呂の入り方とは?アメリカ人のお風呂の入り方が日本人と異なる理由とは?

アメリカのお風呂だと日本のような入り方が難しいのはなぜなのか、についてもご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大...

庭の芝生の代わりとなるクラピアの特徴や育て方について

庭のお手入れはできるだけしたくないという人におすすめなのが「クラピア」です。芝よりも柔らかく、白や薄...

役立つ本の収納術、大量にある本の収納のコツや便利なアイテム

本やマンガが好きな人にとって大変なのは、本の収納をどうするかです。数冊や数十冊くらいでしたらさほ...

上司の紹介で付き合うのはアリ?上司の紹介も出会いのひとつ

上司の紹介で付き合うと別れたときに気まずいのでは・・・。そもそも会ってみて気に入らない、気に入られな...

旦那が自営業で不安…。もう、腹をくくって不安を楽しもう!

旦那が自営業で、収入が安定しないことが不安でしかない。そんな奥さんはたくさん居ると思います。...

家の玄関の方角に迷ったときの決め方のポイントや気をつけること

家の玄関の方角を決めることで、他の部屋の配置や庭の位置などが変わってきますよね。なので、玄関の方角や...

ゆるふわの巻き方でボブをふんわりともっと可愛くする方法

ふんわりとしたボブってとても魅力的です。こんな髪型になりたいと思っている女性も多いはずです。ボブ...

犬がシャワーを嫌がるときの対処法とシャンプーを嫌がる理由

「飼っている犬にシャワーをすると嫌がるので困る」というお悩みを抱えている飼い主さんもいますよね。シャ...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

大安ではなく仏滅に結婚式!離婚率やメリットについて紹介します!

大安に結婚式を挙げたいと思っている人が多いですよね?それは、仏滅に結婚式を挙げると離婚率が高いな...

果物ジュースの基本の作り方!野菜や豆乳も使ってみて!

果物はたくさん食べることは出来ないけれど、 ジュースにしたら忙しい朝でも手軽に摂れそうですね!...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

大学に行ったら彼氏・彼女ができるって思ってたのにできないよ!

大学へ進学したら彼氏や彼女ができる!そう、感じていたのに実際のところは…高校のように...

ハムスターがトイレ砂を食べるのはナゼ?予防方法をご紹介

ハムスターがトイレ砂を食べるときには、どんなことが原因なのでしょうか?ハムスターの性格にもよ...

スポンサーリンク

アメリカ人女子のお風呂の入り方

日本でお風呂というと、湯船にゆっくりと浸かり、一日の疲れをリセットするというイメージです。
わざわざ家のお風呂ではなく、銭湯や温泉にまで行くほど、日本人はお風呂好きです。

しかしアメリカでいうお風呂とは、基本的にシャワーのことを言います。
入浴をするという文化は、日本独自のことだと考えていいでしょう。

これだけでも、アメリカと日本の違いを感じますが、さらに違いを感じるポイントがあります。
それは洗い方です。

日本人は一日の汚れを念入りに洗い流しますよね。
一方アメリカでは、石鹸を泡立ててサラッと体を撫でる程度です。

そしてその泡を完全には流さずに上がってしまいます。

日本人の感覚からすると、汚れも落ちているのか?と思いますし、その汚れを含んでいる泡をきれいに洗い流さないことにも衝撃を受けますね。

アメリカと日本では、そのようにお風呂の入り方が全然違うのです。

アメリカ人のお風呂の入り方が日本人と異なる理由

それぞれの国には、独自の文化や風習がありますが、アメリカと日本ではなぜこんなにもお風呂の入り方が違うのでしょう。

そこにはまず、お風呂に対しての意識の違いが挙げられます。

先ほども言ったように、日本人がお風呂に入る目的は、一日の汚れを落とし清潔にする他に、疲れを取りリラックスするという効果を求めます。
ゆっくりと湯船に浸かり、日によって入浴剤を変えたりして、楽しみながらお風呂に入ります。

アメリカの場合は、あくまでも体を清潔にするという目的のみで、湯船に浸かってリラックスしようということを最初から求めていません。

こまめにシャワーに入り、清潔に出来るということが最優先なのです。

アメリカ以外の海外では、水の事情によってお風呂に入らないという国もあります。
一日に30分や1時間お湯を使うと、蛇口から水が出なくなったり、お湯が出なくなるという理由から、シャワーも毎日ではなく数日に一度という文化になっているようです。

当然のようにお湯が出る環境が、どれだけ幸せなことなのか再認識します。

アメリカのお風呂だと日本のような入り方が難しいのはなぜなのか

アメリカのお風呂では、文化の違いを取っ払ったとしても、日本のようには入浴することは難しいでしょう。

まずはお風呂そのものの構造の違いです。
日本では浴槽と洗い場がセットになって「お風呂」ですよね。

アメリカでは浴槽とシャワーだけがあり、洗い場はありません。
浴槽に立ってシャワーを浴びるので、あくまでもお湯を排出する場所になっているのです。

もしこの浴槽にお湯を溜めたとしても、浴槽自体が浅いのでゆっくり肩まで浸かれるほどではありません。

次にお湯の出る量の違いです。
日本では蛇口をひねると、上限なくお湯を使える環境がほとんどですよね。

しかし海外では、お湯を沸かすタンクがあり、そのタンクから供給できるお湯の量に限界があります。

上限を超えると徐々に水に変わってしまうのです。

浴槽にお湯を溜めているうちに、お湯の上限に到達してしまうでしょう。

アメリカで日本のお風呂のように使う工夫とは

アメリカへ旅行へ行ったり、移住した人たちは口を揃えて日本のお風呂は優秀だと言います。
日本のお風呂しか体験していないと、当たり前の光景ですが、シャワーヘッドが固定されていないことや追い焚き機能があることは、本当にすごいことなのです。

もしアメリカのお風呂でも日本のように入る場合は、少々不便を感じる部分はあると思いますが、工夫をすると解消出来ることもあります。

例えばシャワーカーテンです。
バス・トイレ一緒だと、浴槽外が濡れないようにカーテンをします。

このシャワーカーテンを、お風呂に入るときは使わないようにするか、外側に垂らしておきます。
浴槽内に入っていると、カーテンの汚れなども一緒に入っていそうで気分のいいものではありません。

バス・トイレ一緒ということから、お湯も浴槽いっぱいには入れない方がいいです。
いっぱいに入れてしまうと、少しの衝撃でも外にこぼれてしまいますからね。

追い焚き機能がないので、だんだんお湯の温度は下がっていきます。
温かいお湯を楽しむ場合は、少しずつ熱湯を足しながら温度をキープしましょう。

アメリカでは小学校から一人でお風呂に入るのが常識

アメリカでは、小学生以上の子供と一緒にお風呂に入ることは、絶対といっていいほどありません。
日本では小学校低学年くらいなら、普通に親と一緒に入りますよね。

小学校入学前の小さな子供でさえも、一緒に入浴ということはしません。
親が服を着た状態で、頭や体を洗ってあげるのです。

日本人の感覚からすると、少しドライな親子関係に思います。
しかしこれがアメリカでは当たり前で、健全な親子関係なのです。

アメリカで子供と一緒にお風呂に入ることは、虐待と同じだという認識があり、犯罪になってしまうことがあるのです。
特に異性の親との入浴は性的虐待を加えたのと、同じような考えをされてしまうのです。

なので小学生くらいになると、自分で体や頭を洗うことが出来るのが当たり前のことになります。