味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。

お味噌汁にはさいの目切りとされていますが、基本の豆腐の切り方を紹介します。

さいの目切りの他「あられ切り」や「角切り」の切り方についてもみていきましょう。

また豆腐の切り方は色々です。手の上で切ることのメリットとは。

料理に合わせてカットすることで豆腐がより美味しくなります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませなが...

夏休みの課題【家庭科編】オススメ簡単作品や攻略ポイントとは

夏休みの課題の中には、家庭科からも課題が出されることがありますよね。家庭科の課題に何を作った...

カレーライスとサラダの献立にあと一品!簡単おすすめ副菜

カレーライスとサラダという献立はとても相性の良い組み合わせですよね。しかし、育ち盛りのお子様...

お札の数え方!縦読み横読みの手の動きと指の動かし方

銀行員の人はお札の数え方が上手ですが、どう手を動かしてあんなに素早くお札を数えることができるのかと気...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

脳の疲労回復にはこの音楽がオススメ!癒される理由と効果につて

脳の疲労回復に音楽を!音楽には、リラックス効果があることは医学的にも証明されています。...

食パンにオリーブオイルを使った簡単美味しい食べ方

朝はパン派という方は食パンを食べることが多いと思いますが、どうしてもメニューがワンパターンになりがち...

子猫を捕獲したい!ダンボールで捕獲する方法とポイントを解説

近所にいる野良猫の子猫を捕獲して飼いたいと考えている人もいますよね。子猫を捕獲する時は、捕獲器を使う...

着物でトイレに行くときに気をつける事とは?行き方や入り方

着物でトイレに行きたくなったときにはどのように行けばいいのでしょうか?ずっとトイレを我慢する...

アパートでの騒音!気になるテレビの音量などを徹底調査

アパートで暮らしていると隣の生活音が気になることありますよね。テレビの音量もその一つです。相...

昭和に流行ったこんな言葉…。昭和死語でレッツバブリー!

昭和に流行った言葉はたくさんあります。平成生まれの方には理解の難しい言葉がたくさんあると思い...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。コンサート...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

スポンサーリンク

味噌汁の豆腐の切り方の基本はさいの目切り

味噌汁の中に入れる豆腐の切り方として、まずは基本的なさいの目切りの方法をお伝えしていきます。

さいの目の「さい」の意味は賽(サイコロ)を意味します。
その為、さいの目切りとはサイコロの形に切る事を言います。

まず、豆腐をいったん水洗いしてから、1㎝幅で縦方向に包丁を入れて切っていきます。

その後、切った豆腐を横に寝かしてまた1㎝幅で豆腐を縦方向に切ります。
その豆腐を1㎝幅で横方向に切ればサイコロのような形に切る事ができます。

ちなみに、豆腐の切り方としては、さいの目切り、あられ切り、角切りという方法もあります。
基本的にはさいの目切りと切り方は全く同じで、違う点としてはサイコロの1辺あたりの長さが違う点のみです。

さいの目切りの場合は1㎝幅ですが、あられ切りは5㎜幅のサイコロ、角切りは1㎝以上の切り方となります。

味噌汁の豆腐の切り方はまな板よりも手のひらがいいという理由

味噌汁に入れる豆腐を切る際はまな板を使わないで手のひらで切る人も多くいるのではないでしょうか。

包丁を使う際はまな板を使った方が良いと思う人もいるとは思いますが、手のひらで豆腐を切ることにもメリットがあります。

なによりまな板を使わないので洗い物を減らすことができます。

そして、鍋に豆腐を入れる場合もまな板から移動する必要がなく、手でそのまま入れることができるので楽なのです。

とはいっても豆腐を手の上で切ると包丁で手を切ってしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。

しかし、そこまで心配する必要はないのです。
包丁の切れる原理を考えると、包丁はただ歯を当てただけでは切れずに、刃をスライドさせることで食材を切ることができるのです。

豆腐の場合は柔らかいため、刃を垂直に当てるだけで切れますが、その下にある手は切れないので安心してくださいね。

味噌汁に入れる豆腐の切り方を変えたら美味しかった

味噌汁に入れる豆腐の切り方を変える事でいつもの味噌汁がちょっと違うものに感じることができるかもしれません。

豆腐の入れるタイミングとしては、水をまず火にかけて沸騰したら顆粒だしと入れてひと煮立ちさせます。
その後味噌を適量入れてから豆腐を入れましょう。

豆腐の切り方としては、手のひらで薄くスライスさせて入れてみてはどうでしょうか。

そしてひと煮立ちさせてから薬味を入れる事をお勧めします。

薬味の入れ方としては、鍋に入れる方法とお椀に入れて味噌汁をかける方法、味噌汁をお椀に入れてから薬味を入れる方法がありますのでお好みで入れるようにしましょう。

おいしい味噌汁を作るコツとしては味噌を入れた後は味噌汁を沸騰させないことです。

味噌汁を沸騰させると味噌の風味が損なわれてしまうので注意です。

そして塩分を控えめにしたい場合はダシを多めにすることをお勧めします。

味噌汁などの豆腐を一瞬でカット出来る便利グッズ

味噌汁に入れる豆腐を一瞬でカットすることができる便利グッズも売っているようです。
豆腐はそのまま食べても味噌汁に入れてもマーボー豆腐に入れてもおいしいですよね。
様々な料理に使うことができて便利な食材です。

しかし、さいの目に切る場合は少し面倒ですよね。
まな板で切れば洗い物も増えてしまいますし、手のひらできることに慣れていなければ少し怖いと感じてしまうでしょう。

どちらにしても時間と手間もかかってしまいます。

そんな場合に豆腐を一瞬でさいの目に切ることができるグッズを使用してみてはどうでしょうか。

切り方は簡単です。
専用の豆腐カッターがあるので、豆腐一丁を水洗いしたあと、豆腐カッターの上に乗せるだけです。

乗せると豆腐カッターのプラスチックの刃で豆腐が長方形に切れるのでその後内側についているカッターをスライドさせれば一瞬でさいの目の豆腐が出来上がります。ぜひ試してみてくださいね。

豆腐の切り方を変えたら美味しさアップ

豆腐はそのままでもおいしいですし、湯豆腐にしてもお味噌汁に入れてもおいしいです
マーボー豆腐やお鍋に入れても豆腐は大活躍する食材ですよね。

この豆腐の切り方を変えるだけで料理の仕上がりも味の感じ方も変化すると思いますので、様々な豆腐の切り方をマスターしておくとよいでしょう。

マーボー豆腐に入れる豆腐として、ひし形の豆腐の切り方をマスターしてみてはどうでしょうか。

まずは、豆腐は横に3等分、縦に4等分にして切って、その後斜めに切れば豆腐はひし形の形に切る事ができます。

湯豆腐や鍋に入れる豆腐はなるべくなら崩れにくい方が良いですよね。
そうした場合は豆腐は三角に切ると崩れにくいですし鍋から掬いやすいです。

あんかけ豆腐を作る場合、いつもと違って豆腐を棒状に切って食べる方法も試してみると見た目にも変化があって楽しいかもしれませんね。