鍋についたカレーの焦げを簡単に落とす方法と焦げつかないために

カレーを作ったら、鍋が焦げてしまうことがあると思います。

鍋の底が焦げ付いてなかなか落ちにくいので、鍋を洗うのが面倒になってしまいませんか。

鍋についた焦げは、その素材に合わせた落とし方をしましょう。

素材別の落とし方や必要な物を紹介します。

またカレーを作るときに捨ててしまう物でも焦げを落とすことが出来ました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の鳴き声で気持ちがわかる!?クーンと鳴くときの気持ち

犬の鳴き声で「クーン」はどんなときにしてくるのでしょうか?子犬のうちなら可愛いクーンも大きくなってく...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

雨の日にスニーカーではなくサンダルを履く場合の注意点

雨の日はどうしても靴が濡れてしまいますよね。「どうせ濡れるなら」とあきらめてスニーカーを履く人も多い...

体を柔らかくする方法!正しい前屈でキレイな姿勢をGETしよう

体が固くて前屈することができない人もいますよね!体を柔らかくする方法が知りたいという人もいるかもしれ...

子犬の噛み癖は2ヶ月でもしっかりと直そう!その方法を教えます

生後2ヶ月のかわいい子犬。しかし、噛み癖に悩まされている飼い主も多いと言われています。 しかし...

子猫は甘えん坊がカワイイ!育て方と性格の関係性について

子猫は遊ぶのが大好きで、飼い主に対しても甘えん坊でかわいいですよね。 ちょっといたずらをされて...

ラムネの中にあるビー玉を取り出す時の開け方と上手な飲み方

ラムネを飲んだ後、瓶のの中に入っているビー玉を取り出したいと思う人もいますよね。お子さんのおもちゃに...

大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。 ...

鉄のフライパンに必要な「最初の手入れ」と「普段の手入れ」

鉄のフライパンは熱の伝わりが良いので、料理の仕上がりに違いが出ます。またフライパンのままオーブンで加...

女性の肩幅は広いのがいい?狭いのがいい?男性目線から見た件

肩幅が広い女性から見ると、肩幅の狭い女性は華奢に見えたり女の子らしく見えたり、羨ましく感じることもあ...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

ベランダに置いている洗濯機は何時までOK?常識的な時間帯とは

ベランダにある洗濯機を使える時間は何時から何時までなら常識的な時間なのでしょうか? 朝が早すぎ...

絶叫系が苦手でも友達と遊園地を楽しみたいときの対処法と克服法

絶叫系が苦手でも友達と一緒に遊園地を楽しみたいと思う人は多いはずです。 しかし、絶叫系が苦手な...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

寝坊をした時に使える言い訳【学校編】寝坊を防ぐ方法も解説

前の晩夜更かしをして寝坊しまい、学校にはなんて言い訳をしようかと考えてしまうこともあると思います。 ...

スポンサーリンク

カレーで焦げついた鍋は素材に合わせた落とし方をしましょう

カレーが焦げ付いてしまったら、とにかくこすって落としたくなります。

でもこれでは鍋を傷めてしまうだけ!力を入れて無理にこすらなくても簡単に落とす方法があるんですよ。

気をつける点は、カレーを作った鍋によって対処方法が違ってくるところ、まずはここに注意をしましょう。

よく使う鍋は?と聞かれると、汚れが落ちやすいテフロン加工の鍋という方はたくさんいらっしゃいますよね。

この鍋を使ってカレーが焦げ付いてしまったのなら、焦げを落とす方法はごく簡単です。鍋に水を入れて火にかけ沸騰させる。後は焦げが浮いてきたら、いつもどおりにスポンジと洗剤で洗い流します。

頑固なコゲ汚れも、するりと簡単に鍋から剥げ落ちていきますよ。

次に鉄鍋の場合ですが、この場合は空焼きをして焦げを焼き落とす方法もあります。鉄鍋は空焼きをしても鍋を傷めてしまうことはないので、焦げを炭にしてしまい落とすことが可能です。

鉄鍋が冷めたら金属タワシなどで焦げを削り落としてください。

カレーを作った鍋が焦げた場合は重曹が効きます

テフロン加工、鉄鍋についたカレーの焦げの落とし方についてご紹介しましたが、ほうろうやステンレスの鍋なら重曹を使った方法もおすすめです。

焦げ付いたカレー鍋に水を張り、重曹を入れて火にかけます。10分程度沸騰させたら、ぬるま湯程度になるくらいまで冷まし、洗ってください。

この時点で焦げは浮き上がり取れやすくなっていますが、スポンジにカレーの油汚れが付着するのが嫌な方は、調理用のスクレーパーを使用して先に汚れを取り除くと良いでしょう。

スクレーパーはシリコンやゴムで出来ていて、汚れをそぎ取ってくれるのでお家に一つあると便利ですよ。

ほうろうなどにしっかりとついてしまった焦げには、重曹に水を少し混ぜて作った重曹ペーストを使って、スポンジでこすり磨きをしてみてください。

重曹には研磨作用があるのでキレイに焦げを落とすことが出来ます。このときに力を入れすぎると鍋に傷を付けてしまうので注意をしましょう。

カレーを作ったアルミ鍋の焦げ落としには酢が効きます

カレーの鍋の焦げ落としは、鍋によって対処方法が違ってきます。ではアルミ鍋はどのような方法で焦げを落とすのがベストなのでしょうか。

重曹は万能な洗剤として、いろいろな場所の掃除に使われたり、消臭剤としても活躍しますが。アルミ鍋の焦げ落としにも効果はあるのか?

結論から言うとアルミ鍋に関してはNOです。重曹をアルミ鍋に入れて煮ると鍋が真っ黒に変色してしまいます。

アルミ鍋に有効な焦げ落としの方法は酢を水に入れて、お湯を沸騰させて焦げを落とす方法です。

これは重曹で黒ずんでしまった鍋の色を、落とす方法としても有効なので、すでに失敗してしまった方は試してみてください。

また重曹はアルミ鍋に不向きなだけではなく、テフロン加工された鍋も加工が落ちてしまうので注意をしましょう。

カレー鍋の焦げつきには玉ねぎの皮を使ってみてください

カレー鍋の焦げ付きを洗剤を使わずに落とすなら、玉ねぎの皮を使った方法もおすすめです。

焦げ付いてしまった鍋に水を入れて、玉ねぎの茶色い部分の皮を入れて沸騰させます。冷めたら水を捨てて、後は普段どおりに鍋を洗うだけです。

これだけなのに焦げ付いた鍋はとってもキレイに!じつは玉葱の皮には弱酸性の性質があり、その性質がカレーの焦げ付きを落としやすくしてくれるのです。

カレーを作るときには、玉ねぎを使用する方が大半だと思いますので、作っているときに玉葱の皮は捨てずに、カレーの鍋を洗うまで保管しておくと良いですね。

特にホーロ鍋やステンレス鍋はスチールだわしが使えずに、そしてテフロン加工の鍋と違って汚れも落ちにくいので、この裏技が効果を発揮しますよ。

焦げやすいカレーを焦がさない方法を紹介します

カレーを作ったときの鍋についてしまった焦げ付きの落とし方をご紹介してきましたが、簡単な方法があっても焦げがついてしまうと、皿洗いのときのテンションが下がってしまいます。

そこで焦げ付きやすいカレーを焦がさない方法をご紹介いたしますね。

まずはカレーを作るとき、カレーのルーを入れたら皆さんどうしていますか?カレーのルーの箱の裏を見ると、作り方としてルーを入れたら火を止めましょうと書かれているのをご存知でしょうか。

ここがポイントです。焦げ付くのはルーを入れた後!火を止めてルーを溶かせば焦げ付くことはありません。

ルーが溶けたらもう一度火を入れて、とろみを出していくのですが、このときはカレーをかき混ぜながらその場を離れずに仕上げに取り掛かってください。

次に作ったカレーを温める時、この場合は強火はもちろんNG!中火もすぐに焦げ付きます。

温めるときは少し時間がかかりますが、弱火でじっくりと温めてください。ふつふつしてきたらかき混ぜて温め直しをしましょう。

テフロン加工された鍋なら、この方法でカレーが焦げ付きにくくなります。我が家にはいくつか鍋がありますが、カレー用の鍋を決めているので焦げ付きもなく、鍋洗いもラクラク終わらせることが出来ます。

鍋選びもポイントとして、頭に入れておいてくださいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691