包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。

では、包丁の基本的な使い方とは、置き方や握り方などどこに気をつけたらいいのでしょうか。

また、材料によって切り方が変わるところにもきをつけましょう。

そこで、包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違いなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。 怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

子供の育て方で性格に影響が?性格が良い子とはこんな子!

子供の育て方で、性格にはどのような影響があるのでしょうか? 結果だけ褒めていると、努力しない子供に...

夫が育児に協力的!イクメンの特徴と育児に非協力的な時の考え方

夫が家事や育児に協力的だとママもとっても助かりますよね!子供のお世話や家事に追われている時に夫が助け...

夏休みの課題【家庭科編】オススメ簡単作品や攻略ポイントとは

夏休みの課題の中には、家庭科からも課題が出されることがありますよね。 家庭科の課題に何を作った...

セキセイインコが野菜を食べない場合に飼い主ができることとは

セキセイインコの健康のためにも飼い主としては野菜を食べてもらいたいですよね。 でも、中には野菜...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか? あ...

母の一人暮らしは寂しい思いをしていないか心配。出来る事を紹介

男性の寿命よりも女性の寿命の方が長いため、老後は女性が残されることになるケースは多いのではないでしょ...

朝の電車で寝るのは睡眠不足の可能性も!質の良い睡眠が大切!

朝の通勤時間に眠くなって電車で寝る癖がどうしても直らないという人もいますよね。朝に電車の中で眠くなっ...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。 もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか? 調べてみると、やは...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によって...

包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。 まずは、基本の姿勢や持ち...

ショパンの「革命のエチュード」の弾き方のコツを徹底解説!

ショパンの曲は全体的に難易度が高くなっていますが、「革命のエチュード」も上級の中でも高い方ですよね。...

セキセイインコはおしゃべり上手!オスが話し出す時期と練習方法

「セキセイインコのオスはおしゃべりが得意だ」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

包丁の基本的な使い方【置き方や握り方】

包丁には基本的な使い方があります。

包丁を使う前にまな板がズレないようにしましょう

包丁を使用する前にまな板がしっかりとズレないか確認します。

もしもズレたりグラグラとしてしまうようだったら、滑り止めをしましょう。

滑り止めがなければ、軽く濡らして絞ったタオルなどを、まな板の下全体的に敷きましょう。

基本的な包丁の握り方

包丁の握り方はいくつかあって、その食材や使いみちによっても変わります。

  • 基本的な「握り型」
    親指と人差し指で、刃元辺りの真ん中を握ります。残りの中指、薬指、小指で柄を握ります。
  • 細かい動きをする時は「指差し型」
    包丁の動きをコントロールして細かく動かすときは、人差し指を、包丁の背の部分(峰)に立てます。

包丁の置き方

刃先を自分の反対側に向けて、安定するところに横に置きます。

包丁の使い方の基本姿勢と動かし方とは

包丁を使うときには基本の姿勢があります。

姿勢を正しくする事で包丁が更に扱いやすく、まな板に対して直角になりやすくなります。

また、姿勢を意識していないと、慣れれば自然と正しい姿勢が身につくわけではないので注意しましょう。

包丁を使うときの距離

  1. 自分の体と、調理台の間をこぶし1つ分位空けます。
  2. 利き手側の足を、少しだけ後ろに引きます。
  3. 腰を少しだけひいたように力を入れて安定させましょう。
  4. 肩に力が入らないようにして、両腕が自然と前に出るような感覚で包丁を使用します。
  5. 利き手の反対側の手を猫の手のように丸めて親指など全てが出ないようにします。
  6. 食材を押さえて、中指の関節と関節の間を立てるようにします。
  7. 包丁の腹が沿うようにして切り、左手をずらしていき切っていく事の繰り返しです。

食材を押さえている方の手首を、できるだけ下げて、まな板につけるとよりしっかりと押さえられます。

包丁の使い方は基本が大切!材料によって切り方が変わる

包丁の使い方は、その食材や、どのような切り方をするかによっても違ってきます。

●包丁の使い方の基本

  • お肉や魚
    包丁を刃元方面から手前の方に引いて切るのが「引き切り」といいます。
  • 野菜など
    野菜の硬さや、どのような切り方をするかによって使い分けます。包丁を直角にまっすぐと降ろすように切ったり、奥の方へ押すように切ったりします。

●繊維にそって切るメリット

  • 形がくずれにくくなる
  • 野菜などシャキッとする

●繊維に逆らって切るメリット

  • 食べる時に柔らかくなる
  • 野菜などしんなりとする

包丁の使い方

  1. 利き手の反対側の手で、しっかりと食材をおさえる
    丸めて猫の手のようにして、中指に沿うように包丁の腹が触れる位がずれにくくなります。
  2. まな板と包丁が直角になるようにする
    真っすぐになるようにする事で余分な力が入る事やケガの予防になります。

包丁で切るときは必ず猫の手を使う

包丁を使うときには、包丁の刃の軌道を見て、その先に指がないようにします。

包丁で切る時の注意

左手の指を丸めて猫の手のようにして、中指の第一関節と第二関節の間を立てて、包丁の腹に触れる位にします。

親指などが出ていないかをしっかりと確認しましょう。

指先は必ず丸めた中に入れます。

また、人差し指を少し丸めたようにして食材に立てて、爪をガイドにする人もいます。

食材を押さえている指よりも包丁を上に上げずにしっかりとガイドに腹を沿わせていれば、どちらの押さえ方でも大丈夫です。

怖がって食材を押さえる方の手を離してしまっていれば、ズレてしまい逆にケガをしてしまう原因になる事があります。

慌てずに余分な力を入れずに、ゆっくりと切っていきましょう。

慣れてくると自然とスピードが出てきます。

包丁はしっかりと磨くとスムーズに切れるようになる

よく切れる包丁を怖がる人がいますが、切れ味が悪い包丁の方が危ないです。

切りにくい包丁を使用していれば、もちろん食材を切りにくく、余分な力が入ったりズレたりしてとても危ない事です。

また、切りにくいのでいつまでも早く切る事が出来にくくなってしまいます。

食材の切れ目のキレイさも違ってきますし、切りたいところとズレが生じたりしてしまう事もあります。

最初は普通に切れていた包丁も、いつの間にか切れ味が悪くなってきている場合があります。

食材の繊維が、切りにくい包丁によって押されてしまうのでは味や栄養面でも劣ってしまいますので、包丁を磨ぐことは大切です。

自分で簡単に磨ぐ事ができるグッズは様々な種類が市販されています。
包丁も、磨ぐグッズもお値段も様々ですので自分に合うものを選びましょう。

また、包丁はいくつか種類がありますが、可能ならその食材に合わせて変えるといいでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691